扶揺|49・50・51話|あらすじ ネタバレ感想

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2018/09/animal_usagi-min.pngみるこ

こんにちわ〜みるこです。
今日も良い日になぁれ!ってことで、扶揺ネタバレ感想(49・50・51)いきます。

全話まとめはここから

【扶揺・全66話まとめ】🔥1分でわかるあらすじ・ネタバレ感想|ヤン・ミーのPVでございます

「扶揺(ふーやお)〜伝説の皇后〜」あらすじとネタバレ感想

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2018/09/animal_usagi-min.pngみるこ

前回までのあらすじ

雅蘭珠を傷つけてしまったこともあり、戦北野は戦南城と戦うことを決意する。

その兵力として夯蛟隠軍と呼ばれる、分裂した黒風騎を手に入れるため戦北野は雅蘭珠とともに葛雅砂漠へ向かう。だが途中の村で兵士に正体がバレて追い詰められ、雅蘭珠が怪我をした。

天煞に残った扶揺たちは、無極の提案で戦北恒を利用し戦南城の懐に入る計画を建てる。

扶揺は江楓のふりをして都統になり、戦南城の信頼を得て大将軍まで上り詰めた。

だが、扶揺の顔を知っていた戦北恒は平戎と通じて正体を見抜く。だが戦北恒も無極の策にはまっており…

斉韻と再会した宗越もまた苦しんでいた。

第49話 砂漠の隠軍

戦北恒の屋敷から大量の金と武器が見つかった。戦北恒は少しばかり横領していたようだが、残りは鉄成が屋敷に潜入し用意したものだった。この一件で、扶揺は天煞の禁衛軍を手に入れた。戦北恒は毒酒で処刑された。

一方の戦北野は、雅蘭珠の傷も治り葛雅砂漠へ向かっていた。

宗越のもとに、雲痕がやってくる。斉震が危篤になり牢から出して斉韻と会わせ治療を施したが、脱走されたというのだ。斉震が残した書状には、脱走したの斉韻を探すためで、なんとしても竜鱗甲を王家に返し決着をつける、と書かれていた。

宗越はまだ斉震を信じようとする雲痕を叱る。そして1人で斉震を探し旅立った。

扶揺の前に太妍が現れる。無極に助けられ事なきを得たが、扶揺は過去の話を聞くことに。無極は穹蒼の天機上師の弟子、太妍は非煙の弟子、同じ流派で付き合いは少ないが、師妹にあたる。

無極が穹蒼に行き修行をしたのは、皇帝に認められるためだった。それは幼い頃に目にした母と徳王の過ちを許してもらうため。徳王との関係を知りながら無極は苦しんでいた。

夯蛟古城に到着した戦北野一行。だが待っていても夯蛟隠軍は現れない。そこで蒼竜在野剣を使い呼び出す。夯蛟隠軍がやってきて、盟約をというなら証として命をかけろと言い出す。

指名された雅蘭珠は自ら死のうとするが、戦北野はそれを見て己の腹を蒼竜在野剣で深く突き刺した。

第50話 呪いと怨念

戦北野に王の器を見た夯蛟隠軍は秘術を使って彼を助ける。そして夯蛟隠軍は協力することを宣言し、天煞に向かって進軍を始めた。

天煞にいる斉震に会いに来た宗越だが、優しさを見せたところで襲われる。斉震は非煙に会い、命と引き換えに力を得ていたのだ。必死に斉震の看病をしていた斉韻は、町から戻って驚き涙を流す。斉震は斉韻を救うためだったというが、彼女は反発する。

戦南城は珍しい果物を得るため5万の兵力を割いていた。すでに天煞の都を守るのは10万程度だという。そこへ烈王 戦北野が猛烈な勢いで進軍してきていると情報が入る。焦る戦南城は扶揺に策を練らせるが、長孫無極の兵士を借りるしかない状況に。

無極は天機上師の呼び出しを何度も無視したことで罰を受けていた。そこへ扶揺が戻ってくる。静太妃を守るため、戦南城に戦北野の目の前で殺せと進言した扶揺。思ったよりも戦北野の戻りが早く時間がない。さらに宗越と雲痕は斉震のところに向かったため、問題が山積みである。

宗越のもとに駆けつけた雲痕は、斉震に兄を殺せと迫られる。

第51話 王位をめぐる決戦

斉震から宗越をかばった斉韻は死ぬ。斉震は怒り狂い兄弟を攻撃するが、斉韻は知らぬ間に宗越に竜鱗甲を着せていた。それを知った斉震は娘の亡骸を抱いて自害する。全ては斉韻を守るためにしてきたことだったが、その斉韻は宗越を守ったのだ。

斉韻は溶骨の毒に侵されており助けようがない。そこへ無極がきて、最後の牧霊果を渡す。斉韻は息を吹き返し、宗越は彼女を連れて毒を消す旅に出た。

天煞王宮に戻った扶揺は、皇太子が兵を貸す条件として兵権を要求したことを告げる。戦北野が迫る急報に焦った戦南城はその要求を飲む。

戦北野はついに城門にたどり着く。無益な血を流さないため兵に語りかけるが、彼らは折れない。門を抑えると、夯蛟隠軍は城内に入れないため盟約を違えない証として雅蘭珠を置いていくことになる。

戦北野を待ち構えていた無極とその兵士たちは、合流すると一気に王宮を攻める。

その頃、扶揺は戦南城に正体を明かし、臣下たちに語りかけていた。家族を想い国を思うなら戦南城を王としてはいけない。その場にいる誰も、もう戦南城の言うことは聞かなかった。

そこへ戦北野が。戦南城は命乞いをする。

斉震の最後はあっけない

あらーあっという間に決着が付いてしまった。しかも話の都合だったのか、回をまたがる構成で。燕驚塵と裴瑗のときもそうだったけど、残して熟成させておいた敵があとから出てきて数分で死んじゃうのは扶揺のやりかたなのけ?

お父さんは一応最初は娘のために動いていたのかもしれないけど、それにしたって欲望と野望に忠実すぎたんじゃないですか?そのためにどれだけの人が犠牲になったと思ってんだか。まあ娘は無罪なので助かるといいね。竜鱗甲外したのになんで生きてるのか知らないけど。

しかし助かったあと、雲痕と一緒になるのか宗越と一緒になるのかまた揉めそうだぞ???でも雲痕一応もう嫁がいるし…?

そんな感じで、やっと戦北野の問題に蹴りが付きそうです!良かったね!雅蘭珠の目はまだ治らないけど、本当に治る展開になるのか不安になってきたな。

えーとあとは、あんなに引っ張った静太妃ですが、江楓が救い出してました。場面なし!

残すところは、扶揺と帝非天の問題、それから太妍と天機上師なんかの穹蒼問題、あとは天権のお母ちゃんたちの三角関係かな。なんでいい年ぶっこいて三角関係やってんだろう、さくっと1人殺したら済みそうなもんなのに。人の心なんてそんなに長く続かない。

次回、52・53・54話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。