( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

扶揺|52・53・54話|あらすじ ネタバレ感想

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2018/09/animal_usagi-min.pngみるこ

こんにちわ〜みるこです。
今日も良い日になぁれ!ってことで、扶揺ネタバレ感想(52・53・54)いきます。

全話まとめはここから

【扶揺・全66話まとめ】🔥1分でわかるあらすじ・ネタバレ感想|ヤン・ミーのPVでございます

「扶揺(ふーやお)〜伝説の皇后〜」あらすじとネタバレ感想

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2018/09/animal_usagi-min.pngみるこ

前回までのあらすじ

斉韻が宗越をかばって死ぬ。そして誰も知らぬ間に斉韻が宗越に竜鱗甲を着せていた事実は、斉震を絶望させるには十分だった。斉震は無駄なことをしてきたと自害する。

宗越は息を吹き返した斉韻を連れて、彼女の体から毒を抜くための旅に出た。

扶揺と無極は、戦南城と戦北恒を仲違いさせることに成功。戦北恒は処刑された。あとは王宮内部を掌握し、戦北野の帰りを待つだけである。

戦北野は命をかけて夯蛟隠軍と誓約をかわす。猛烈な勢いで天煞に進軍し、無極とも協力して戦南城を追い詰める。

第52話 師匠の贈り物

命乞いをする戦南城を戦北野は逃がそうとする。だがすきを見て戦北野に襲いかかろうとした戦南城は、側にいた花公公によって殺された。

戦北野は天煞国王に即位する。

即位した戦北野は功績を挙げたものに褒賞を与える。無極はそこに口出しし、扶揺を瀚王に、領地として長瀚山とその周囲を与えるよう言う。

無極と二人きりになると戦北野は、長瀚山を求めるとは警戒しているのか、と聞く。実は長瀚山の奥地に穹蒼と密接に繋がる場所があり、その場所を所有していれば国にも害が及ぶため手放すよう仕向けたのだという。

ある日、雅蘭珠は戦北野とその母 静太妃の会話を聞いてしまう。嫁のことを心配する母に、戦北野は扶揺を娶ると決めたと話す。更に続けて、だが今はどこまでも追いかけて思ってくれる雅蘭珠を娶りたいと話したのだが、雅蘭珠は大事な部分を聞かずに去ってしまう。

雅蘭珠は戦北野が扶揺を娶ると思い込み出ていこうとするが、王宮に忍び込んだ戦北野の師匠 雷動が彼女を誘拐する。

雷動は戦北野に書状を送っており、それを見た戦北野はすぐに追いかける。扶揺も行こうとするが、紀羽や花公公の様子から大事ではないと確信している無極は引き止めた。戦北野の師匠は十聖者の1人で、その中でも3番めに強いらしい。ちなみに2番目が聖霊、1番が天機上師だと話す。

雷動にさらわれた雅蘭珠は、なぜか刺繍に料理、楽器に暗唱と花嫁修業をさせられることに。

第53話 枯れゆく溶岩

雷動のやり方に雅蘭珠は反抗しふてくされている。だがとうとう我慢の限界がきたのか、戦北野に必要なのは従順な女ではなく いざという時に命を捨てられる女だと想いを口にする。雷動はそれに、何でもすると言うが口だけだと返す。

雅蘭珠の気持ちを揺るがせたのは戦北野の「扶揺を娶る」という言葉だった。望みがあれば諦めなかったが、扶揺を好きなのであれば自分の気持ちは戦北野を苦しめる。目が見えないことに罪悪感を感じてほしくない、独占や束縛がしたいわけではない、ただその姿を見ていたいだけ。

駆けつけた戦北野はその話を聞いてしまう。そして彼女に歩み寄ると、「私の心に住むのはお前だ」と思いを告げる。

雷動は祝いとして雅蘭珠の目を治してくれた。二人は幸せに満ち溢れている。

無極に届いた璇璣からの謎の暗号文。扶揺たちはその内容を読み解いている。暗号文には「女王が重病で民が動揺」と書かれているが、密偵を呼び話を聞くと璇璣の溶岩滝が枯れかけているという重大事が発覚した。

五州の貨幣は璇璣が鋳造しており、その原料は溶岩滝の黄金溶岩。これにより璇璣は商売の優位を握り、富の国となっている。

扶揺は宗越に変装し無極と小七とともに璇璣へ向かう。扶揺は璇璣王族が使う鳳凰の紋章を見ると、なにか過去の記憶が蘇りそうになる。

街に入ると璇璣の禁衛軍が鋳造工の口封じをするため片っ端から捕らえていた。扶揺たちも禁衛軍に囲まれ、璇璣国大王女 鳳浄執と対峙する。鳳浄執は宗越に扮した扶揺に一目惚れした様子。

鳳浄執から逃げた扶揺たちは、たまたま通りかかった屋敷の祝言に潜り込む。だがその屋敷は、鳳浄執が捕らえて回っている鋳造工の家だった。

その夜、無極はまた天機上師に呼び出され夢の世界で罰を受けている。扶揺は眠ったまま苦しむ無極に内力を与えて助けることに。しかしそこへ鳳浄執が鋳造工を捕らえにやってきて…

第54話 璇璣国の女王

無極の命を救うため内力を与えている扶揺は、李家の人間が惨殺されているのを知りながら助けることが出来ない。宗越からもらった「服用すれば内力が増えるが1ヶ月武術が使えない」という薬を服用し、花嫁だけを助けた。だが上座でもてなしたのに災難を見過ごしたと責められる。

扶揺は傷つき自害しようとするが無極が出てきて止める。無極は扶揺を洞窟に連れて行くと慰めるように話をした。そして事件の真相を調べるため璇璣王宮に乗り込む。

町で対峙した鳳浄執には、皇太子と宗越だったと身分を明かし女王への謁見を求める。扶揺は女王に謁見して脈診すると、宗越の解毒薬を渡した。だが女王は毒味係を用意しておりその男が服用すると意識を失い倒れてしまう。

扶揺は捕まりそうになるが、少し待つと男は起き上がり体に異変はない様子だ。渡したのは宗越の解毒薬で死に至らしめる作用はない。毒味係の男は天煞の競技会で出会った唐易中だった。

鳳浄執は無極を案内している。仏蓮聖女の話になると、幼い頃から邪なことを考え王族でなければ殺していたと話す。そして第2王女でなくとも、第1王女である自分と結婚すればいいと勧めた。璇璣では女王が即位すると、その姉妹は殺されるらしい。

禁足にされている仏蓮は、黙って部屋を出たため侍女が処刑されたと知っても部屋を出ようとする。仏蓮は無極の居場所を聞く。

無極は思い出の蓮池へ向かう。幼い頃そこで出会った少女を仏蓮だと思っていたがどうやら違う様子。

扶揺もまた王宮の中で見たことのある場所を見つけていた。無極、と呼びながら楽しそうに駆け回る少女。それは蓮池の少女と同じ人物だった。

扶揺は鳳浄執を誘惑し、璇璣のあらゆる出来事が記された文書が眠るという場所へ入る。すきを見て無極も侵入し…

百合展開なのに素直に喜べない

男前ヤン・ミー演出が大好物なんで、アマゾネス璇璣での百合展開最高じゃん!って思ったんですけど、鳳浄執ちゃんちょっとテレビに出るにはやりすぎな整形美人じゃない…?天然だったらごめん。

明らかに鼻筋入れてます‼入れ過ぎちゃって鼻が上むいちゃって!豚鼻ですけどすいません!ついでに唇にヒアルも入れときました!みたいな顔してます。

個人的に見たいのは、ヤン・ミー×仏蓮ちゃんですね。仏蓮ちゃんあのまま監禁されてるのかと思ったらちゃんと家に帰ってたんだ。それでこれから復讐をしますと、まあ頑張れそんなに悪いことしてるとも思えないしいいんじゃない。

そして、ここに来て無極の初恋の人の正体が出てきました。それはいいんだけどさ、王女なんでしょ?いや〜結局血筋信仰に持っていっちゃうのはいただけないわ。高貴な血族じゃないと大業をなせないのかしら。

次回、55・56・57話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。