【半妖の司籐姫・全29話・最終回まで】ネタバレ全話とあらすじ一覧と感想|はんようのしとうひめ〜運命に導かれた愛~

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「半妖の司籐(スー・トン)姫 ~運命に導かれた愛~」について、全56話のネタバレ一覧・あらすじ全話・管理人の感想を最終話まで掲載していきます。

日本初放送でDVDも未発売!放送後に追記していきますので、いつものようなネタバレは期待しないでね。


「半妖の司籐(スー・トン)姫 ~運命に導かれた愛~」全話まとめ

「半妖の司籐姫」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ ) 1・2・3

4・5・6

7・8・9

10・11・12

13・14・15

16・17・18

19・20・21

22・23・24

25・26・27

28・29・30(最終話)

概要

  • 原題「司藤」
  • 英題「RATTAN」
  • 原作「半妖司籐」
  • 製作年:2020年
  • エピソード:全30話、日本版では全29話
  • 主演:チャン・ビンビン、ジン・ティエン
  • ジャンル:ファンタジー

あらすじ

時は 2020年、青年・秦放(チン・ファン)と恋人の安蔓(アン・マン)は、秦放の曾祖母の恩人を探すため、達那を訪れていた。

しかし、謎の男たちに恋人のアン・マンと共に連れ去られ、チン・ファンは車ごと深い谷底に落とされてしまう。

瀕死のチン・ファンの前に一人の女性が現れる。

司籐(スー・トン)と名乗る彼女は 100 年ほど前、地球外物質によって植物が変異し生まれた生命体“苅族(がいぞく)”だった。

チン・ファンの身体から流れ出た血によってスートンは永い眠りから目覚めたのだった。

スー・トンの持つ特異な能力によりチン・ファンの命は助かるが、スー・トンのそばを離れると死んでしまう体になってしまう。

チン・ファンは生きるため、そしてアン・マンを探すためスー・トンからの要求をのみ、スー・トンに従う道を選ぶ。

純粋で心優しいチン・ファンと、人間に裏切られ信じられなくなってしまったスー・トンの奇妙な関係が始まる…

登場人物一覧


【全30話】「半妖の司籐姫」あらすじ・ネタバレ・感想

第1話「眠りの地へ」

1900年代中期、人々から司籐(スー・トン)と呼ばれていた女が殺される。現場を目撃していた車夫は、司籐を殺した者に亡骸をダーナまで運ぶように頼まれる。2020年、恋人と共にそのダーナに向かう男がいた。建築士の秦放(チン・ファン)だ。ダーナへの車中、秦放は苅族(がいぞく)という地球外生命体の逸話を耳にする。その逸話を全く意に介さない秦放だったが…。

ネタバレ

感想:

第2話

ネタバレ


感想:

第3話

ネタバレ

感想:

次回、4・5・6話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。