双花伝(そうかでん)22話23話24話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全60話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「双花伝~運命を分かつ姉妹~(そうかでん)」のネタバレを掲載しています。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

双花伝の登場人物

  • 花木槿かもくきん…双子の姉、小五義、六子の帥、父譲りの頭脳と善良な魂で道を切り開く
  • 花錦繍かきんしゅう…双子の妹、小五義、六子の1人、武術が得意、紫の瞳を持つ
  • 原非白げんひはく…双子、謝梅香と原青江の息子
  • 司馬遽しばきょ…双子、原非黛、謝梅香と原青江の息子、暗宮の主
  • 段月容だんげつよう…南国豫王の息子、紫の瞳を持つ
  • 于飛燕うひえん…潘正越の息子、小五義、六子の1人、妓楼で育ち六子の1人として原家へ
  • 宋明磊そうめいらい…明風揚と原青舞の息子、本名 明煦日、小五義、六子の1人
  • 姚碧瑩ようへきえい…明鳳卿の娘、小五義、六子の1人
  • 斉放さいほう…花木槿と花錦繍の幼馴染、六子の1人だが1人だけ金谷真人に育てられる
  • 張之厳ちょうしげん…江州侯府
  • 青江せいこう…原家当主
  • 青舞せいぶ…原青江の妹、明風揚に嫁ぐ
  • 謝梅香しゃばいこう…原青江の側室、原非白と司馬遽の母
  • 非清ひせい…原青江の息子
  • 非煙ひえん…原青江の娘
  • 非珏ひかく…原青江と肱月国女皇 阿史那古麗雅の息子、視力が弱い
  • 非雲ひうん…原青江と連夫人の息子
  • 非流ひりゅう…原青江の息子
  • 連夫人…原青江の妻、意地が悪い
  • 史慶陪しけいばい…原青江の側近
  • 陳玉嬌ちんぎょくきょう…原家隠密
  • 韓修竹かんしゅうちく…原家参謀
  • 沈昌宗しんしょうしゅう…原家副将
  • 林卒延りんそつえん…名医
  • 柳言生りゅうげんせい…原家幕僚、うんこ野郎
  • 謝三娘しゃさんじょう…原非白の乳母
  • 謝素輝しゃそき…謝三娘の息子、原非白の側仕え
  • 花斌かひん…双子の父、将苑と商訓を花木槿に託す
  • 花斌の妻…双子の母
  • 金谷きんこく真人…神出鬼没のおじいさん、原青江に予言を授ける
  • 竇英華とうえいか…原家と争う竇家当主
  • 宣姜せんきょう…原家副将
  • 潘正越はんせいえつ…原家将軍
  • 明風揚めいふうよう…明家当主、謝梅香を捨て原青舞をめとる
  • 明鳳卿めいほうけい…明家の生き残り、復讐のために生きる
  • 明煦日めいくじつ…明風揚と原青舞の息子、原青江の甥
  • 張徳茂ちょうとくほう…明家密偵
  • 段剛だんごう…南国豫王、南国皇帝の弟、段月容の父
  • 段光義だんこうぎ…南国皇帝
  • 夕顔せきがん…花木槿と段月容が拾った娘
  • 初画しょかく…小五義と同じ訓練生
  • 香芹こうきん…訓練生、親が紫園で働いているため態度がでかい
  • 原奉定げんほうてい…訓練生
  • 青媚せいび…暗宮隠密、原家の暗宮を守っている
  • 軒忠けんちゅう…東庭皇帝
  • 連皇后…軒忠の正妃、連夫人の姉
  • 張貴妃…軒忠の側室
  • 世顕せけん…張貴妃の兄
  • 軒復徹けんふくてつ…軒忠と連皇后の息子、第3皇子、西庭皇帝
  • 軒復昱けんふくいく…軒忠の息子、第4皇子、東庭皇帝
  • 王皇后…軒復徹の正妃
  • 麗貴妃…軒復徹の側室
  • 軒本復けんほんふく…軒復徹の長子、母は王皇后
  • 軒本緒けんほんしょ…軒復徹の次子
  • 本孝ほんこう皇子…麗貴妃の息子
  • 王浣灕おうかんり…王皇后の姪
  • 淑儀しゅくぎ公主…軒復徹の娘
  • 軒本斉けんほんさい…軒復徹の息子
  • 阿史那古麗雅あしなこれいが…肱月国女皇、原非珏の母
  • 果爾仁かじじん…原青江と女皇を巡って争ったことがある、原非珏の側近
  • 君樹涛くんじゅとう…君家寨の長老
  • 君翠花くんすいか…君樹涛の娘

【全60話】「双花伝~運命を分かつ姉妹~」あらすじとネタバレと感想

「双花伝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第22「愛情より大事なもの」ネタバレ

木槿を捜そうとする非白を牢に閉じ込めた原青江。非白は木槿を許してほしいと懇願するが、原青江は耳を貸さない。非白を諦めきれない錦繍は、牢にいる非白に愛しているのは誰なのかと問うが…。その頃、宋明磊を救うために非煙は必死に働いていた。そんな非煙の姿に、宋明磊は紫園に連れて帰ろうとするが、すでに町には宋明磊の手配書が貼られ身動きが取れない状態だった。

牢。

原青江は花木槿を探しに行こうとする息子を牢に閉じ込めた。

街。

原非煙は洗濯の仕事をして宋明磊の薬代を稼いでいる。

しかし不慣れな仕事に手間取りノルマをこなせない。

原非煙は雇い主にひざまずいて給金を前借りした。

すべては宋明磊のためだ。

宋明磊は「自分を愛さない男になぜここまで尽くすのか」と胸を打たれる。

原非煙は紫園に二度と帰れなくとも2人でいられればいいと話した。

その後、宋明磊は回復し、原非煙も仕事に慣れる。

宋明磊はなんども紫園に帰るよう諭すが、原非煙は「汚れた娘だから原家には帰れない」と拒否した。

宋明磊は原非煙に大きな犠牲を払わせてしまっていることに苦しむ。

そして思いに心打たれ「結婚してくれ」と申し出た。

その夜、2人だけで儀式を行う。

宋明磊は原非煙を生涯かけて裏切らないと誓った。

双輝東貴閣。

原青江は花錦繍の腕輪に目を留め、原非白への恋心を指摘する。

そして諦めさせるため原非白のいる牢へ行かせた。

花錦繍は「愛しているのは誰?」と尋ねる。

原非白は兄 司馬遽のために「花木槿を愛している」と素直に話した。

花錦繍は悲しむが、それと同時に姉と原非白の仲を引き裂いてしまったことを後悔する。

そして「姉さんを探しに行って」と牢から出した。

双輝東貴閣。

原非白を脱獄させた花錦繍は自ら罰を求める。

しかし原青江は責めず罰も与えない。

原青江は原非白を解放し、自らの手で花木槿を殺させ決着をつけさせようと考えていた。

花錦繍は原青江を受け入れる覚悟をして一晩を共に過ごす。

南国皇宮。

胡勇は南国に戻り虚偽の報告をする。

南国皇帝 段光義は「竇英華と結託した紫園の襲撃は段月容の独断」と判断した。

原青江の配下 沈昌宗は「花西夫人が戻り真相が明かされるまで待つべき」と進言する。

胡勇は密かに花木槿と段月容を始末することにした。

紫棲山荘。

連夫人は男児を出産し紫棲山荘に戻る。

原青江は息子に原非雲と名付けた。

連夫人は側室になった花錦繍をいびろうとするが、原青江に止められる。

栄宝堂

怒りが収まらない連夫人は「柳言生を見殺しにした」と初画にあたる。

初画はひるまず「すべては柳言生のせい、自ら身を滅ぼした」と批判した。

初画は杖刑を受け雑役房へ送られる。


感想:生きていると知ったら

花木槿が死んだと思ってるから宋明磊は尽くしてくれる原非煙で妥協したんでしょ?

じゃあ生きていると知ったら…( ゚ω゚ )

こわいよう、妹ちゃんはおじさんに抱かれちゃうし、あの朝のイチャイチャシーン必要だった?視聴者の夢ぶっ壊してたけどほんとにあのシーン…

まあ連夫人がムカつくので、花錦繍が寵愛されて対抗馬になるしか道はないよな。

子どもたちには無駄に厳しかったり変な愛情押し付けるのに、惚れた女の言うことはホイホイ聞いてるしこのおっさんヽ(`Д´)ノ

第23話「守るべきもの」ネタバレ


南国へ向かう木槿と段月容のもとに、胡勇が現れる。八方塞がりの中、段月容の機転で胡勇を人質にすることに成功するが、不意を突かれ段月容は傷を負ってしまう。木槿を捜す非白は胡勇を見つけて居場所を問うが、敵兵に囲まれてしまう。その時、陳玉嬌が助けに来るのだが…。一方、非煙の行方を捜す非清(ひせい)は、非煙が通う済世堂にたどり着き、宋明磊が重傷だと知る。

栄宝堂。

原青江は怒り狂う連夫人をなだめる。

しかし連夫人に任されたのは俸禄の管理だけ、紫園は花錦繍が管理することになった。

山。

花木槿と段月容は胡勇に捕らわれてしまう。

段月容は肩を刺されながらも花木槿と一緒に逃げ出した。

2人を追う胡勇を原非白が目撃。

胡勇を追えば花木槿が見つかると考え、後をつける。

西庭皇宮。

西庭皇帝のもとに玉璽と遺詔を持って逃げた張が見つかったと知らせが入る。

西庭皇帝は原青江に回収を命じた。

山。

その頃、段月容に捨てられた緑水は1人でしょんぼりしている。

そこへ胡勇が現れた。

胡勇は緑水を利用し段月容を捕らえようと企む。

胡勇を追っていた原非白の前に陳玉嬌が現れる。

原青江が護衛としてつけたようだ。

済世堂。

原非煙は宋明磊の薬を求めるが、金が足りず渡してもらえない。

必死に懇願し薬を手に入れたが、それは毒が含まれたものだった。

原非煙が立ち去ると原非清が妹を探してやってくる。

渡した薬が毒入りだと知り、すぐに2人のもとへ。

そして、持っていた薬で宋明磊の解毒をした。

宋明磊は原非煙を連れ帰ってほしいと頼む。

しかし原非煙は「結婚した、一生離れません」と頑なに拒んだ。

2人を思う原非清は「玉璽と遺詔を先に回収して手柄を立てれば、功を認められ紫園に戻れるかもしれない」と提案する。

2人は張が目撃されたという牙川へ向かった。

砂漠。

原非珏と姚碧瑩と果爾仁は肱月を目指している。

その道中、穴に落ちた姚碧瑩をかばって原非珏は頭を強打した。

肱月皇宮。

原非珏の母 肱月国女皇 阿史那古麗雅は意識のない息子に寄り添う。

すると、原非珏が目を覚ました。

しかし目の前にいる誰のこともわからない。

唯一反応したのは姚碧瑩だ。

目の見えない原非珏は花木槿の匂いを覚えており、同じ匂いのする姚碧瑩を花木槿だと勘違いしている。

果爾仁は姚碧瑩に「花木槿のふりをしてほしい」と頼み込んだ。

拒否する姚碧瑩に「花木槿は薬に慢性の毒を仕込んでいた」と明かす。

姚碧瑩はショックを受ける。

その後、姚碧瑩は肱月国女皇の願いで皇太子妃となった。

山。

段月容と花木槿の前に緑水が現れた。

緑水は「拾った女よりも下に扱われた」と恨みをぶつける。

段月容ともみ合い、崖の下に落ちてしまった。

助かった段月容は花木槿にキスをする。

不貞を行ったため生生不離の毒が作動し、段月容は武術ができず四肢に力が入らない状態になってしまった。

花木槿も苦しみ吐血する。

そこへ原家の隠密が現れた。

段月容の機転で蜂の巣を使って攻撃し、なんとか逃げる。

2人は助かるすべを探すため南国に向かうことにした。

崖から落ちた緑水は危ないところで命をとりとめ、さらなる恨みをもつ。

紫棲山荘。

原青江のもとに「南国世子の体に異変が起きていた」と知らせが入った。

花木槿が不貞を犯したと知った原青江は激怒する。

双輝東貴閣。

原青江は花錦繍を連れて牙川へ向かうことにした。

身分と地位がほしければ、命をかけろと話す。


感想:大忙し

あっちこっちで火種が発生しまくって大変なことに(‘∵`)

姚碧瑩ちゃんだけは本人から話も聞かないうちに恨みを持つような人にならないで…

あれだけ一生懸命看病してたのに、それを台無しにするような毒を入れるわけ無いじゃん。代理ミュンヒハウゼン症候群とかぶっ壊れちゃってる人ならやりかねないけど、地味ヒロインNo.1花木槿先生ですよ?ありえね〜。

果爾仁もそんな珍しい毒を下女が手に入れられるわけがないとか、あれこれ考えなさいな。

一国の皇子の補佐なんでしょ(‘∵`)もう

今回、唯一可哀想だなと思ったのは緑水。

そんなに悪いこともしてないし、段月容に付き従ってたのにあの仕打ちはない。

ちゃんと愛を返せば最大の味方になったのに。

第24話「身代わりの皇太子妃」ネタバレ


非カクは頭を強く打って記憶喪失となり、姚碧瑩のことを木槿だと思い込んでいた。姚碧瑩はしかたなく身代わりとなり、肱月の皇太子妃になる。非白は史慶陪(し・けいばい)から父の指示を聞き、監視役として青媚(せいび)まで現れる。そして木槿を追っていた非白は、小さな村で木槿の弾弓を見つける。一方、連夫人からひどい扱いを受けていた初画(しょ・かく)を心配した于飛燕は、薪割りを手伝う。

肱月国。

姚碧瑩は皇太子妃となり肱月で暮らすことになる。

肱月国女皇は服を仕立てさせ姚碧瑩に贈った。

その時、姚碧瑩の背中にダリアの入れ墨があることに気づく。

山。

原非白のもとに父の側近 史慶陪がやってきた。

「貞操を失った花木槿を必ず捕殺せよ」と原青江の命令を伝える。

さらに暗宮の守護をしていた青媚を監視につけられてしまった。

紫棲山荘。

連夫人は原青江が花錦繍を連れて行ったと知りさらなる怒りを燃やす。

あたる場所がなく初画をいじめることにした。

雑役房に追いやられた初画は連夫人の配下からいじめを受ける。

于飛燕はその話を聞きつけ初画を助けに向かった。

杖刑を受け体がぼろぼろになった初画のかわりに薪割りをし、お粥を作って食べさせる。

于飛燕は妓楼で育った過去を明かして寄り添った。

「誰かが作ってくれた食事に小豆がしいてあれば好意のある証なんだ」

2人は急接近する。

村。

花木槿と段月容は人気のない村にたどり着く。

そこで置き去りにされていた赤ん坊を助けた。

胡勇が追ってきたため慌てて逃げる。

その時、弾弓(パチンコ)を落としてしまった。

後から駆けつけた原非白が弾弓(パチンコ)を見つける。

牙川。

陳玉嬌、宣姜はそれぞれの主の命令で遺詔と玉璽を探しに来る。

そこへ張が現れ2人は捕らわれてしまった。

宿。

原青江は花錦繍や部下たちを連れて牙川を目指している。

警戒し加工されていないみかんと皮のついた卵を食べた。

しかし食品には毒が混入されていて、原青江たちは動けなくなってしまう。

そこへ原非煙と宋明磊が駆けつけた。

2人は一行を助け、結婚したことを明かす。

原青江は受け入れない。

花錦繍も手柄を奪われまいと帰るよう話した。

しかし2人は一行を尾行し、危険を知らせる矢文を送り続ける。

山小屋。

張の潜む小屋に到着。

庭には陳玉嬌と宣姜がはりつけにされている。

そこに竇英華も現れた。

竇英華は張の持っていた遺詔を切り捨て、花錦繍は玉璽を奪う。

原非煙は陳玉嬌を助け、宋明磊は原青江を助けた。

逃げる途中、宋明磊は原青江と2人きりになる。

そこへ明鳳卿が現れた。

原青江は宋明磊が妹 原青舞の子供だと知る。

原青江は潔く「妹の子なら命をくれてやる」という。

しかし殺したのは盾にした明風揚だと明かした。

原家の隠密が駆けつけ明鳳卿は逃げ出す。

原青江は原非煙との仲を許し、宋明磊を婿にすると許可した。

棲城。

その頃、花木槿と段月容は拾った子供のためにもらい乳をしようと街へやって来る。

別行動で花木槿はもらい乳、段月容は買い物に向かった。

花木槿は「竇英華と結託した段月容を捕らえよ」と書かれた手配書を見て驚く。

買い物をしていた段月容の前には原非白が現れた。

原非白は花木槿に何をしたか問い詰める。

段月容はすきを見て逃げ出した。


感想:突然の子持ち

突然、花木槿と段月容のところに赤ん坊が加わってて一体何を見落としたのかと焦った。

ただ村に置き去りにされてたから花木槿が連れてきちゃったんだな?

いなくなったキッズ………ここですよ!ここにいます!

さてさて、おねえちゃんは慈善事業、妹ちゃんは死ぬ気で頑張ったのに手柄をかっさらわれてイライラしています。

私としては妹ちゃんのほうが人間臭くて好きなんですが、世界を救うのは六子の帥であるお姉ちゃんなんでしょうね。

離れ離れになった小五義の中で、一番真っ当に進んでいるのは長男 于飛燕だけ。

幼い頃から一緒に育った初画を助けていい雰囲気になってます。

于飛燕が妓楼育ちだと話していたけど、潘正越が妓楼で作ってそのままにしてた子ってことか。

次回、25話26話27話はここから!

双花伝!全話まとめ記事はここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。