双花伝(そうかでん)25話26話27話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全60話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「双花伝~運命を分かつ姉妹~(そうかでん)」のネタバレを掲載しています。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

双花伝の登場人物

  • 花木槿かもくきん…双子の姉、小五義、六子の帥、父譲りの頭脳と善良な魂で道を切り開く
  • 花錦繍かきんしゅう…双子の妹、小五義、六子の1人、武術が得意、紫の瞳を持つ
  • 原非白げんひはく…双子、謝梅香と原青江の息子
  • 司馬遽しばきょ…双子、原非黛、謝梅香と原青江の息子、暗宮の主
  • 段月容だんげつよう…南国豫王の息子、紫の瞳を持つ
  • 于飛燕うひえん…潘正越の息子、小五義、六子の1人、妓楼で育ち六子の1人として原家へ
  • 宋明磊そうめいらい…明風揚と原青舞の息子、本名 明煦日、小五義、六子の1人
  • 姚碧瑩ようへきえい…明鳳卿の娘、小五義、六子の1人
  • 斉放さいほう…花木槿と花錦繍の幼馴染、六子の1人だが1人だけ金谷真人に育てられる
  • 張之厳ちょうしげん…江州侯府
  • 青江せいこう…原家当主
  • 青舞せいぶ…原青江の妹、明風揚に嫁ぐ
  • 謝梅香しゃばいこう…原青江の側室、原非白と司馬遽の母
  • 非清ひせい…原青江の息子
  • 非煙ひえん…原青江の娘
  • 非珏ひかく…原青江と肱月国女皇 阿史那古麗雅の息子、視力が弱い
  • 非雲ひうん…原青江と連夫人の息子
  • 非流ひりゅう…原青江の息子
  • 連夫人…原青江の妻、意地が悪い
  • 史慶陪しけいばい…原青江の側近
  • 陳玉嬌ちんぎょくきょう…原家隠密
  • 韓修竹かんしゅうちく…原家参謀
  • 沈昌宗しんしょうしゅう…原家副将
  • 林卒延りんそつえん…名医
  • 柳言生りゅうげんせい…原家幕僚、うんこ野郎
  • 謝三娘しゃさんじょう…原非白の乳母
  • 謝素輝しゃそき…謝三娘の息子、原非白の側仕え
  • 花斌かひん…双子の父、将苑と商訓を花木槿に託す
  • 花斌の妻…双子の母
  • 金谷きんこく真人…神出鬼没のおじいさん、原青江に予言を授ける
  • 竇英華とうえいか…原家と争う竇家当主
  • 宣姜せんきょう…原家副将
  • 潘正越はんせいえつ…原家将軍
  • 明風揚めいふうよう…明家当主、謝梅香を捨て原青舞をめとる
  • 明鳳卿めいほうけい…明家の生き残り、復讐のために生きる
  • 明煦日めいくじつ…明風揚と原青舞の息子、原青江の甥
  • 張徳茂ちょうとくほう…明家密偵
  • 段剛だんごう…南国豫王、南国皇帝の弟、段月容の父
  • 段光義だんこうぎ…南国皇帝
  • 夕顔せきがん…花木槿と段月容が拾った娘
  • 初画しょかく…小五義と同じ訓練生
  • 香芹こうきん…訓練生、親が紫園で働いているため態度がでかい
  • 原奉定げんほうてい…訓練生
  • 青媚せいび…暗宮隠密、原家の暗宮を守っている
  • 軒忠けんちゅう…東庭皇帝
  • 連皇后…軒忠の正妃、連夫人の姉
  • 張貴妃…軒忠の側室
  • 世顕せけん…張貴妃の兄
  • 軒復徹けんふくてつ…軒忠と連皇后の息子、第3皇子、西庭皇帝
  • 軒復昱けんふくいく…軒忠の息子、第4皇子、東庭皇帝
  • 王皇后…軒復徹の正妃
  • 麗貴妃…軒復徹の側室
  • 軒本復けんほんふく…軒復徹の長子、母は王皇后
  • 軒本緒けんほんしょ…軒復徹の次子
  • 本孝ほんこう皇子…麗貴妃の息子
  • 王浣灕おうかんり…王皇后の姪
  • 淑儀しゅくぎ公主…軒復徹の娘
  • 軒本斉けんほんさい…軒復徹の息子
  • 阿史那古麗雅あしなこれいが…肱月国女皇、原非珏の母
  • 果爾仁かじじん…原青江と女皇を巡って争ったことがある、原非珏の側近
  • 君樹涛くんじゅとう…君家寨の長老
  • 君翠花くんすいか…君樹涛の娘

【全60話】「双花伝~運命を分かつ姉妹~」あらすじとネタバレと感想

「双花伝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第25話「皇位奪還」ネタバレ

玉璽を奪還した原青江(げん・せいこう)は、西庭(せいてい)皇帝の軒復徹(けん・ふくてつ)に玉璽を渡し、錦繍(きんしゅう)と宋明磊(そう・めいらい)に報奨を与えるように請願する。そして錦繍は紫エキ(しえき)夫人の称号を、宋明磊は非煙(ひえん)との婚儀の臨席を賜る。一方、東庭(とうてい)の新帝となった軒復イク(けん・ふくいく)は、またしても原青江に邪魔をされて激怒するが、国相の竇英華(とう・えいか)は、遺詔を破棄したので正統は守られると告げる。軒復イクは竇英華に怯え、言いなりとなっていた。

西庭皇宮。

原青江は玉璽を西庭皇帝に届ける。

その場で、功を成した花錦繍と宋明磊の2人に褒美を与えてほしいと頼んだ。

花錦繍には黄金百両と紫暘夫人の称号。

宋明磊は原非煙との婚儀に臨席、東庭皇宮で公主としての婚儀を行うという褒美が与えられた。

さらに花錦繍には護衛として原家軍100人が贈られる。

原奉定の功績から軍の名は奉徳軍とし、花錦繍は軍の主となった。

棲城。

段月容と花錦繍は検問により棲城から出られなくなってしまう。

そこで段月容が女装、花錦繍が男装をし切り抜けることにした。

どうにか棲城を出られるがどこに行っても検問が敷かれている。

2人は南国への道を求めて右往左往…

東営。

初画は于飛燕のために食事を作り届けた。

于飛燕はその食事に小豆が入っていると気づく。

それは于飛燕の話した相思相愛の証だ。

2人は結ばれる。

肱月国。

姚碧瑩は目の悪い原非珏のため、上奏文に印をつけて読めるように工夫した。

原非珏は肱月国の砂漠化がひどく、緑地が半減してしまったことを明かす。

そこで姚碧瑩は花木槿の話していた「砂漠で育つ植物」のことを思い出した。

しかし肱月には「皇宮の下に大地の心がある」という伝説が伝わっているという。

姚碧瑩は伝説よりもできることをすべきと進言した。

2人は砂漠を緑地に戻すため動き始める。

西庭皇宮。

連夫人は花錦繍をいびるためわざわざ東都までやってくる。

花錦繍は庶民育ちで礼儀や作法を知らない。

そこに漬け込みあれこれ指導した。

そこへ麗貴妃が来て「戦場で功を立てたのだから礼儀を知らなくても仕方がない」と花錦繍に香り袋を贈った。

花錦繍は麗貴妃のことを原奉定に尋ねる。

麗貴妃は難産が原因でもう子供を産めない。

皇宮から逃げる時、泣き声で兵に気づかれると恐れた兄2人に実子である本孝皇子を捨てられた。

麗貴妃は別の馬車に乗っていたため、捨てられたことを知らず探し続けている。

紫棲山荘。

西庭皇帝は于飛燕に「大将軍として倭寇を一掃せよ」との勅旨を出した。

それは頭角を洗わす原家の東営を追いやる策。

憤る原青江。

宋明磊は「名ばかりの皇帝だと吹聴し、兵力を蓄えるべき」と進言した。

出発前夜。初画は于飛燕を部屋に呼び婚儀を上げる。

そして一晩を共にして家族となった。

一方、宋明磊は復讐に迷いが生じている。

家族のように接してくれる原非煙や原非清を裏切るわけには行かない。

優しくされるたび嘘をついていることが苦しくなる。

雑役房の花木槿の居所に向かうと、その後悔を一人語った。

原青江は宋明磊を疑い見張りをつけている。

花木槿に未練があると知り「情報を遮断し死んだと伝えろ」と命じた。

感想:本孝皇子の行方

皇宮から逃げる時どうしてたっけ?

なんかでかい皇子2人と麗貴妃が乗ってる馬車から、柳言生が乗ってる馬車に赤ん坊が移された?のは覚えてるけど…

見てきた( ˆoˆ )馬車に乗るときに麗貴妃から花錦繍が預かって、そこに竇英華の兵士が攻めてきたから軒復徹と麗貴妃と公主の乗った馬車が先に出発、軒復徹の息子二人に花錦繍が子供を預けたんだ。

だから花錦繍は本孝皇子のことを知ってるわけか。

さてさて、于飛燕はスピード婚で嫁をもらいました。

しかし政治の渦に巻き込まれ辺境で倭寇と戦わなくてはいけません( ˆoˆ )すまんな我が国の海賊が…

なんかほんとに昔の少女漫画みたいだね。

いっぱい登場人物が出てきて、それぞれに相手がいて、色んな場所で発展していく。

第26話「紅梅の思い出」ネタバレ

木槿(もくきん)と段月容(だん・げつよう)は、南(なん)国へ向かう道中で瘴気に侵され、気を失ってしまう。その頃、非カク(ひかく)と姚碧瑩(よう・へきえい)は、肱月(こうげつ)の砂漠化を阻止するために、根の張る植物を砂漠に植えることにする。木槿のふりをしている姚碧瑩は、非カクをだましていることに胸を痛めるが、絶対に非カクを裏切らないと心に誓う。ひょんなことから、君家寨(くんけさい)の村人に助けられた木槿たちは、しばらく村に身を寄せることに。

山。

段月容と花木槿は南国に向かう途中、瘴気に侵され気を失う。

君家寨。

2人は君家寨の民に助けられた。

長老 君樹涛は2人の苦境を察し「誰もが苦労する」と住む場所を提供してくれる。

しかし娘の君翠花は粗暴な性格で2人が気に入らないようだ。

与えられた家は数年人が住んでおらず荒れていた。

花木槿は掃除をして住む場所を整える。

段月容も気を利かせて梅の花をつんできた。

それを見た花木槿は原非白のことを思い出し苦しくなる。

紫棲山荘。

于飛燕は初画に必ず戻ると約束し辺境へ旅立った。

花錦繍と宋明磊も見送りに来るが、2人はあろうことか言い争いを始める。

于飛燕は「小五義の誓いを忘れるな」と諭した。

君家寨。

長老の娘 翠花は「ただでは泊まらせない」と花錦繍を力仕事に連れ出す。

しかし非力で何の役にも立たない。

さらに生生不離の毒により具合が悪くなってしまった。

一方、段月容は家事に育児に不器用ながら色々と頑張る。

紫棲山荘。

その頃、紫棲山荘では正妻VS側室バトルが勃発。

原青江が花錦繍に高級な布地を与えると、そこへ連夫人が現れ布地を所望した。

原青江は半分ずつ与え、服を仕立てるよう命じる。

気に食わない連夫人は原非煙を見つけ「さっき布地を頂いたから、きっと半分はあなたに贈られるわね〜」と嘘をついた。

原非煙は素直に喜ぶが、後に連夫人の罠だと気がつく。

花錦繍のもとに届けられた着物は、連夫人の命令で切り刻まれていた。

花錦繍は激怒する。

宋明磊は悩んだ末、両親の霊を救うため原青江への復讐を誓う。

その復讐は原家の者同士で殺し合いをさせるというものだ。

そのためにまずは地位を固めることにした。

感想:息抜き回

あんまり話が進まない息抜き回でした。

みんなちょっと一休み中です。

それにしても原青江おじさん元気ねえ、花錦繍にぞっこんでキモくてみてられないんだが。

花錦繍もどれだけ愛情向けられようと顔がひきつってるし、バカにされないためというのが第一優先だったとしても後々心がぶっ壊れちゃうわよこんなことしてたら。

でも好きな人はお姉ちゃんのことが好きだと思ってるしどうしようもないか。

第27話「二人をつなぐ簪」ネタバレ

男女が入れ替わったまま、夕顔(せきがん)とともに村で生活する木槿たち。段月容は慣れない家事や料理に苦戦するが、木槿は村人との仲を深めていた。一方、切り刻まれた着物が届き心を痛めていた錦繍。しかし原青江から、耐え忍ぶ必要はないと言われたことで気持ちが楽になる。そんな中、明鳳卿(めい・ほうけい)は、探し求めていた“大地の心”が肱月にあると知り、手に入れようと画策する。

君家寨。

段月容と花木槿は男女が入れ替わったまま、子供に「夕顔」と名付け暮らしている。

男として肉体労働にかり出された花木槿はとても耐えられず、竹を使って機械を作ることにした。

村人の生活は便利になる。

花木槿は文字も教えることにする。

双輝東貴閣。

連夫人に衣を切り刻まれた花錦繍はわざと地味な衣を着て原青江の前へ。

悪事が露見するよう仕向けた。

原青江は「耐え忍ばなくても、私が責任を持つ」と話す。

言質を取った花錦繍は短刀片手に栄宝堂へ乗り込んだ。

連夫人に襲いかかり、着ていた衣を切り刻む。

栄宝堂からの帰り道、偶然宋明磊を見かける。

花錦繍は原奉定に命じて後をつけさせた。

しかし原奉定は途中で見失う。

その頃、宋明磊は伯母 明鳳卿に呼び出されていた。

明鳳卿は肱月にある大地の心を探しに行くと話す。

花錦繍は自分を貶めるものを絶対に許さない。

その後、花錦繍は「罰を受けます」と自ら原青江の前へ。

連夫人の横暴な行いは原青江のためにもならないと批判した。

原青江は花錦繍を気に入り家計を任せるという。

花錦繍は連夫人を更に追い詰めるため、過去の帳簿を持ち出して横領を問い詰めることにした。

君家寨。

一方、段月容は子育てと家事に全力で取り組むがうまく行かない。

翠花は花木槿に文字を習うが全く覚えられない。

落ち込む翠花を慰めていた花木槿は、彼女に刺繍の才能があることを知った。

そこで刺繍工房を作り村の女達に稼がせる提案をする。

何もうまく行かない段月容は、なんとか花木槿と夕顔を養うため刺繍工房へ。

そこで刺繍の才能が開花した。

段月容の刺繍は誰よりも高く売れる。

お金を手にした段月容は市場を見に出かけた。

そこで偶然原非白に出くわす。

紫棲山荘。

原非清は宋明磊が「花木槿は死んだ」と思い込んだままであると偶然知った。

原非煙は兄に「黙っていてほしい」と頼む。

感想:貪欲な人間たち

追い詰められてるときは「それさえ手に入ればいい」っていうのに、いざ手にするともっともっとって言い始める人間臭い人たちがいますね。

そうです、花錦繍ちゃんと原非煙ちゃんです。

欲をかくと身を滅ぼしますよ…(っ*’-’)’ᵕ’*c)

宋明磊は親の敵討ちを諦めるわけにも行かず、原非煙と原非白を裏切るわけにも行かずなにやらコソコソ動いてます。

これだけ隠密がいるなら花木槿が生きてることなんてすぐ耳に入りそうなもんなのにな。

私が原非煙なら、どうにかこうにか手を回して花木槿を始末するか絶対に戻れないようにするけどなあ。

だってあんなに苦労して手に入れたんだよ。

絶対に逃したくないじゃん、飽きたとしても逃さないぞ( ˆoˆ )

次回、28話29話30話はここから!

双花伝!全話まとめ記事はここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。