双花伝(そうかでん)31話32話33話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全60話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「双花伝~運命を分かつ姉妹~(そうかでん)」のネタバレを掲載しています。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

双花伝の登場人物

  • 花木槿かもくきん…双子の姉、小五義、六子の帥、父譲りの頭脳と善良な魂で道を切り開く
  • 花錦繍かきんしゅう…双子の妹、小五義、六子の1人、武術が得意、紫の瞳を持つ
  • 原非白げんひはく…双子、謝梅香と原青江の息子
  • 司馬遽しばきょ…双子、原非黛、謝梅香と原青江の息子、暗宮の主
  • 段月容だんげつよう…南国豫王の息子、紫の瞳を持つ
  • 于飛燕うひえん…潘正越の息子、小五義、六子の1人、妓楼で育ち六子の1人として原家へ
  • 宋明磊そうめいらい…明風揚と原青舞の息子、本名 明煦日、小五義、六子の1人
  • 姚碧瑩ようへきえい…明鳳卿の娘、小五義、六子の1人
  • 斉放さいほう…花木槿と花錦繍の幼馴染、六子の1人だが1人だけ金谷真人に育てられる
  • 張之厳ちょうしげん…江州侯府
  • 青江せいこう…原家当主
  • 青舞せいぶ…原青江の妹、明風揚に嫁ぐ
  • 謝梅香しゃばいこう…原青江の側室、原非白と司馬遽の母
  • 非清ひせい…原青江の息子
  • 非煙ひえん…原青江の娘
  • 非珏ひかく…原青江と肱月国女皇 阿史那古麗雅の息子、視力が弱い
  • 非雲ひうん…原青江と連夫人の息子
  • 非流ひりゅう…原青江の息子
  • 連夫人…原青江の妻、意地が悪い
  • 史慶陪しけいばい…原青江の側近
  • 陳玉嬌ちんぎょくきょう…原家隠密
  • 韓修竹かんしゅうちく…原家参謀
  • 沈昌宗しんしょうしゅう…原家副将
  • 林卒延りんそつえん…名医
  • 柳言生りゅうげんせい…原家幕僚、うんこ野郎
  • 謝三娘しゃさんじょう…原非白の乳母
  • 謝素輝しゃそき…謝三娘の息子、原非白の側仕え
  • 花斌かひん…双子の父、将苑と商訓を花木槿に託す
  • 花斌の妻…双子の母
  • 金谷きんこく真人…神出鬼没のおじいさん、原青江に予言を授ける
  • 竇英華とうえいか…原家と争う竇家当主
  • 宣姜せんきょう…原家副将
  • 潘正越はんせいえつ…原家将軍
  • 明風揚めいふうよう…明家当主、謝梅香を捨て原青舞をめとる
  • 明鳳卿めいほうけい…明家の生き残り、復讐のために生きる
  • 明煦日めいくじつ…明風揚と原青舞の息子、原青江の甥
  • 張徳茂ちょうとくほう…明家密偵
  • 段剛だんごう…南国豫王、南国皇帝の弟、段月容の父
  • 段光義だんこうぎ…南国皇帝
  • 夕顔せきがん…花木槿と段月容が拾った娘
  • 初画しょかく…小五義と同じ訓練生
  • 香芹こうきん…訓練生、親が紫園で働いているため態度がでかい
  • 原奉定げんほうてい…訓練生
  • 青媚せいび…暗宮隠密、原家の暗宮を守っている
  • 軒忠けんちゅう…東庭皇帝
  • 連皇后…軒忠の正妃、連夫人の姉
  • 張貴妃…軒忠の側室
  • 世顕せけん…張貴妃の兄
  • 軒復徹けんふくてつ…軒忠と連皇后の息子、第3皇子、西庭皇帝
  • 軒復昱けんふくいく…軒忠の息子、第4皇子、東庭皇帝
  • 王皇后…軒復徹の正妃
  • 麗貴妃…軒復徹の側室
  • 軒本復けんほんふく…軒復徹の長子、母は王皇后
  • 軒本緒けんほんしょ…軒復徹の次子
  • 本孝ほんこう皇子…麗貴妃の息子
  • 王浣灕おうかんり…王皇后の姪
  • 淑儀しゅくぎ公主…軒復徹の娘
  • 軒本斉けんほんさい…軒復徹の息子
  • 阿史那古麗雅あしなこれいが…肱月国女皇、原非珏の母
  • 果爾仁かじじん…原青江と女皇を巡って争ったことがある、原非珏の側近
  • 君樹涛くんじゅとう…君家寨の長老
  • 君翠花くんすいか…君樹涛の娘

【全60話】「双花伝~運命を分かつ姉妹~」あらすじとネタバレと感想

「双花伝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第31話「紫の瞳の女の正体」ネタバレ

西庭皇帝の第二皇子・軒本緒(けん・ほんしょ)は、原青江のもとを訪ねて協力を求める。しかしそれは、王(おう)皇后の罠だった。皇帝は太子を選ぶにあたり、原青江にすり寄る者は罪人だと考えていたのだ。一方、木槿は生生不離の毒にやられ、どんどん弱っていく。段月容は、自分が知らない間に木槿と非白が会っていたことで、不安が募っていく。しかし、そのことを木槿に問うことはできなかった。

紫棲山荘。

第2皇子 軒本緒は密かに紫園を訪ね、原青江に協力を依頼した。

西庭皇宮。

王皇后は軒本緒の行動をすぐ西庭皇帝の耳に入れる。

軒本緒とともに原青江も排除する策のようだ。

西庭皇帝は原青江にすり寄るものは罪人だと考えていた。

朝廷で立太子についての議論が行われる。

大臣たちは第2皇子 軒本緒を推薦。

すると原青江は「協力を求められたので推薦を取り消す」と申し出た。

この一件により、西庭皇帝は第1皇子 軒本復を皇太子に指名する。

しかし西庭皇帝は「最終的に誰が継ぐかはわからない」と王皇后に話す。

王皇后は第2皇子 軒本緒の動きを探るため、姪の王浣灕を嫁がせた。

君家寨。

生生不離の毒により花木槿の体はどんどん弱っていた。

目に見えて痩せていく花木槿を心配しながらも、段月容は2人の関係が気になって仕方ない。

自分にも目を向けてほしいという気持ちが募るばかりだ。

そんな時、また翠花が客を連れてきた。

花木槿は胡勇に居場所がバレる危険を考え、客商売をやめてほしいと言う。

段月容はただ花木槿と夕顔にいいものを食べさせたいのだと本心を語った。

そして生い立ちを話し始める。

母が亡くなり、身を守るために不真面目な世子を演じてきた。

何人も女をあてがわれたが、その女達が見ているのは世子としての段月容だった。

しかし花木槿はただの段月容として扱ってくれる。

段月容は「ずっと3人で暮らしたい」と告白した。

花木槿は一時しのぎの家族ごっこを愛情だと誤解させてしまったと焦る。

段月容の気持ちを知って自らの原非白への気持ちも自覚した。

紫園の襲撃について証言したあとで段月容から離れることにする。

その話を緑水が聞いていた。

花木槿に拒否され自暴自棄になった段月容は衣を脱いで山をさまよう。

そこへ胡勇の配下が現れた。

武術が使えず段月容は気を失う。

そこへ緑水が現れ段月容を助けた。

「あなたの善良さに惹かれ愛してしまった…」

緑水は南国皇帝の密偵だが段月容を守ると決める。

肱月国。

姚碧瑩の前に香芹が現れる。

香芹は「紫園襲撃を逃れ さまよう内に肱月にたどり着いていた」と嘘をついた。

姚碧瑩は香芹をそばに置くことにする。

香芹は「あの時、玉佩は原非煙の命令で花錦繍が部屋に置いた」と暴露した。

姚碧瑩は双子姉妹に恨みを持つ。

君家寨。

胡勇は段月容と花木槿が君家寨にいると突き止める。

花木槿は危険を知らせるため君家寨に戻った。

話を聞いた長老たちは500年前からの故郷を捨てられないという。

そこで花木槿は父がしたのと同じように、からくりを作って敵を追い払うと決めた。

段月容は蒙詔と合流し、蓄えていた屯田兵を連れてくるよう命じる。

しかし蒙詔は豫王府のために蓄えている兵を動かさなかった。

紫棲山荘。

宋明磊は西営総帥の印を手に入れる。

ここまで来ればいつでも復讐が可能だ。

宋明磊は伯母 明鳳卿に知られないよう密偵を脅す。


感想:花斌の娘

紫園にいると才能を発揮できなかった花木槿が、外の世界で人々を助ける。

いい話ねえ(っ’ヮ’c)

紫園は人の才能を潰すところなのかな(っ’ヮ’c)

なんか10話くらいどの問題も解決してない気がするんだけど、一個くらい解決してください。

宋明磊だけはメキメキと出世中。

しかしおじさんがあまりの聡明さに手放すことを恐れ、利用されることを警戒しているのであまり目立たないほうがいいのではとも思うのであるがどうであるか?

第32話「戦いを前に」ネタバレ


木槿先導のもと、君家寨の村人たちは胡勇(こ・ゆう)の軍に戦いを挑むことに。木槿の窮地を知った非白も救出に向かおうとするが…。そんな中、木槿は長老に真実を語ろうとするも、長老は全てを見抜いていた。そして改めて木槿に感謝を伝え、君(くん)家の系譜に入ることを提案する。一方、原青江からの許しが得られず軟禁状態の錦繍を心配する司馬遽(しば・きょ)は、陰から見守ることしかできなかった。

君家寨。

女子供は先に下山し安全な場所へ逃げる。

翠花を追ってきた君二苟は「お前が好きだ」と愛を告白。

翠花は気持ちを受け入れる。

長老 君樹涛は村のために尽くす花木槿に感謝を示した。

花木槿は良心が痛み「騙していました、胡勇の狙いは私達」と素直に話す。

長老はすでに2人の身分を見抜いていた。

その昔、君家寨は大難に見舞われ豫王が食料を届けてくれたため餓死を免れたという。

長老はその子息と愛する人を守ると微笑んだ。

さらに「帰る家がないなら君家寨の系譜に」と提案。

花木槿は君家寨の系譜に男として君莫門と記された。

紫棲山荘。

青媚からの密書が届く。

そこには花木槿のために勝手な行動をしていることが全て書かれていた。

原青江は激怒し「原非白を連れ戻し、花木槿を殺せ」と命じる。

そこへ花錦繍が飛び込んできた。

司馬遽が残飯をまともな食事にすり替えたため、花錦繍は原青江に許されたと勘違いし飛び出してきたのだ。

話を聞いた花錦繍は「私におまかせを、功を立てて罪を償います」と申し出る。

原青江はそれを認めた。

2人きりになると「形見に触れて申し訳ありません、お子は害していません」と抱きつく。

その夜、花錦繍は再び原青江に寵愛された。

花錦繍はベッドで「姉の罪を軽くしてほしい」と願う。

原青江は2人を連れ戻れば全て許すと言った。

君家寨。

花木槿の策により、君家寨の人々は胡勇の軍に抵抗する。

しかし花木槿も村人も捕らえられてしまった。

花木槿は自ら人質になると名乗り出て村人たちを助ける。

その頃、助けを呼びに行っていた段月容は蒙詔に気を失わされる。

蒙詔は段月容と国を守るため仕方なく行動したようだ。

目を覚ました段月容は胡勇に果たし状を送り花木槿を助けに向かった。

胡勇は捕らえた花木槿の見張りに緑水をつける。

緑水は「あなたを殺しても彼は愛してくれない」と衣を取り替え花木槿を逃した。

何も知らない胡勇は指定された場所へ人質を連れて向かう。

段月容と対峙、そこへ原非白が助けに現れた。

戦闘中に緑水は段月容を守って死ぬ。

そこへ花木槿が助けを連れて駆けつける。

肱月国。

姚碧瑩は母 明鳳卿が樹母神の下で宝石を採掘していると知った。

明鳳卿はすべて宋明磊のためだと話す。

姚碧瑩は仕方なく条件を出して見て見ぬ振りをすることにした。

肱月の民も原非珏も傷つけないこと

財宝を手に入れたらすぐに立ち去ること

二度と顔を見せないこと

姚碧瑩は明鳳卿との親子の縁を切る。


感想:残飯

司馬遽が花錦繍のために取り替えたのは残飯に見せかけた普通のご飯?

食べてからハッとしてたよね?

そんな事も知らず原青江のもとに駆けていき、許しを懇願する哀れな花錦繍ちゃん(‘∵`)なんかこの子は絶対に幸せにならない運命なんだろうね。

自分に素直に生きたほうが幸せになれるのかなあ。

さてさて、なんやかんやありましたが花木槿は原非白を受け入れそうな雰囲気。

ここで双子だと明かせばスッキリ爽快だけど、そうも行かないのであった。

第33話「姉妹の絆」ネタバレ


木槿は非白に自分の本当の思いを語り、ずっとそばにいたいと伝える。だが非白は、青媚(せいび)から使命を忘れたのかと言われ、木槿に剣を向ける。原青江からの命令で木槿を追っていた錦繍は、非白の軍と出会う。そして木槿の所在を確認するのだが…。西庭では、第二皇子の妻となった王浣リ(おう・かんり)が王皇后に軒本緒のことを密告していたが、その様子を軒本緒は遠くから見つめていた。

段月容と原非白の結託により胡勇は捕らえられた。

助けに来た緑水と段月容を助けに来た花木槿は原非白と再会し、ずっと見守っていた事を知る。

そして思いに応えるため気持ちを明かした。

かんざしを持っていたのはあなたを思うため。

命をかけて守ってくれた、あなたと離れたくない。

そこへ青媚が現れ原青江の命令を伝える。

原非白は花木槿に剣を向け振り下ろした。

花木槿の髪が一房 地面に落ちる…

少し遅れて花錦繍が到着した。

原非白は花木槿は死んだと遺髪を渡す。

その後、花木槿は姉を殺した原非白に剣を向ける。

怪我を負わせるが、原非白は誰にもそのことを明かさない。

西庭皇宮。

王浣灕は「文書は書斎の隠し場所に」と伯母に報告。

その様子を見ていた第2皇子 軒本緒は王浣灕を憐れみ、王家か自分を選ばせることにした。

世間知らずで素直な王浣灕は軒本緒を選ぶ。

紫棲山荘。

屋敷に戻った原非白は花木槿を殺したと報告。

そこへ連夫人が来て「原非白の怪我は花錦繍の仕業」と明かした。

原青江は「謝梅香との子供を傷つけた」と激怒する。

花錦繍は「連れ帰れば姉の罪を軽くすると約束したはず、しかし親子で共謀し姉を葬った」と非難した。

原青江は花錦繍を罪を犯したものが入る安楽観へ連行させる。

原非白は勝手な行動をした罰として地下牢に入れられた。

安楽観。

花錦繍は身ごもっていた。

それに気づいた連夫人は堕胎の薬を密かに飲ませようとする。

花錦繍は違和感に気づき薬を飲まずに済んだ。

このままでは殺されると考え、子供の命を守るため原青江のもとへ。

子供だけは産ませてほしいと懇願する。

原青江は花錦繍を許し安楽観から出した。

3年後。

皇太子 軒本復は原非清と宋明磊を頼って策を出し、第2皇子 軒本緒と功を争っている。

軒本緒はなんとか原非白を取り込みたいが、原非白は3年前から地下牢に入れられたままだ。

そこで妹の淑儀公主を原非白に輿入れさせ、地下牢から出す作戦を立てた。

2年前に辺境に送られ、倭寇との戦に敗退した于飛燕は軍を離れている。

潘正越に解放されたため、西庭皇帝が疑いを持ったのだ。

地下牢。

司馬遽が婚儀の勅旨を持ってくる。

原非白は婚儀を取り消すため司馬遽の力を借りることにした。

君記。

3年前、突如君莫問という男が現れ「君記」を各地に開店した。

君莫問は商売の奇才で何をやっても繁盛させる。

さらに情に厚く民に救いの手を差し伸べ、私財を使って道を作り繁栄を呼び込んだ。

君莫問は物々交換の差額で稼いでいるらしい。

その正体はもちろん花木槿。

3年前、原非白に助けられた花木槿は段月容とともに豫王府へ。

豫王の力を借り商売を始めたのだ。

地下牢。

原非白は花木槿への愛を綴った花西詩集を出版する。


感想:愛する人の産んだ子供

謝梅香の産んだ子供を言う事聞かないからって3年も地下牢に繋いでおくの…?

わかんないもうわかんない(‘∵`)

なんだろう、原青江がうんこな話ってことでいいかな(‘∵`)

少々噂流した程度で世論が変わるなら、もう一回噂流して変えちゃえばいいじゃない。

連夫人もクズなのはそうなんだけど、何故か被害者に見えてくる不思議。

まあその間に花木槿は商才を発揮してバキバキのメキメキに成り上がっております。

やっぱり紫園にいると才能を潰されちゃうんだね…┏(ε:)

原青江が小五義を引き取ったのが大間違いだったのではないでしょうか、そこのところどうでしょうか金谷真人!

次回、34話35話36話はここから!

双花伝!全話まとめ記事はここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。