双花伝(そうかでん)40話41話42話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全60話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「双花伝~運命を分かつ姉妹~(そうかでん)」のネタバレを掲載しています。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

双花伝の登場人物

  • 花木槿かもくきん…双子の姉、小五義、六子の帥、父譲りの頭脳と善良な魂で道を切り開く
  • 花錦繍かきんしゅう…双子の妹、小五義、六子の1人、武術が得意、紫の瞳を持つ
  • 原非白げんひはく…双子、謝梅香と原青江の息子
  • 司馬遽しばきょ…双子、原非黛、謝梅香と原青江の息子、暗宮の主
  • 段月容だんげつよう…南国豫王の息子、紫の瞳を持つ
  • 于飛燕うひえん…潘正越の息子、小五義、六子の1人、妓楼で育ち六子の1人として原家へ
  • 宋明磊そうめいらい…明風揚と原青舞の息子、本名 明煦日、小五義、六子の1人
  • 姚碧瑩ようへきえい…明鳳卿の娘、小五義、六子の1人
  • 斉放さいほう…花木槿と花錦繍の幼馴染、六子の1人だが1人だけ金谷真人に育てられる
  • 張之厳ちょうしげん…江州侯府
  • 青江せいこう…原家当主
  • 青舞せいぶ…原青江の妹、明風揚に嫁ぐ
  • 謝梅香しゃばいこう…原青江の側室、原非白と司馬遽の母
  • 非清ひせい…原青江の息子
  • 非煙ひえん…原青江の娘
  • 非珏ひかく…原青江と肱月国女皇 阿史那古麗雅の息子、視力が弱い
  • 非雲ひうん…原青江と連夫人の息子
  • 非流ひりゅう…原青江の息子
  • 連夫人…原青江の妻、意地が悪い
  • 史慶陪しけいばい…原青江の側近
  • 陳玉嬌ちんぎょくきょう…原家隠密
  • 韓修竹かんしゅうちく…原家参謀
  • 沈昌宗しんしょうしゅう…原家副将
  • 林卒延りんそつえん…名医
  • 柳言生りゅうげんせい…原家幕僚、うんこ野郎
  • 謝三娘しゃさんじょう…原非白の乳母
  • 謝素輝しゃそき…謝三娘の息子、原非白の側仕え
  • 花斌かひん…双子の父、将苑と商訓を花木槿に託す
  • 花斌の妻…双子の母
  • 金谷きんこく真人…神出鬼没のおじいさん、原青江に予言を授ける
  • 竇英華とうえいか…原家と争う竇家当主
  • 宣姜せんきょう…原家副将
  • 潘正越はんせいえつ…原家将軍
  • 明風揚めいふうよう…明家当主、謝梅香を捨て原青舞をめとる
  • 明鳳卿めいほうけい…明家の生き残り、復讐のために生きる
  • 明煦日めいくじつ…明風揚と原青舞の息子、原青江の甥
  • 張徳茂ちょうとくほう…明家密偵
  • 段剛だんごう…南国豫王、南国皇帝の弟、段月容の父
  • 段光義だんこうぎ…南国皇帝
  • 夕顔せきがん…花木槿と段月容が拾った娘
  • 初画しょかく…小五義と同じ訓練生
  • 香芹こうきん…訓練生、親が紫園で働いているため態度がでかい
  • 原奉定げんほうてい…訓練生
  • 青媚せいび…暗宮隠密、原家の暗宮を守っている
  • 軒忠けんちゅう…東庭皇帝
  • 連皇后…軒忠の正妃、連夫人の姉
  • 張貴妃…軒忠の側室
  • 世顕せけん…張貴妃の兄
  • 軒復徹けんふくてつ…軒忠と連皇后の息子、第3皇子、西庭皇帝
  • 軒復昱けんふくいく…軒忠の息子、第4皇子、東庭皇帝
  • 王皇后…軒復徹の正妃
  • 麗貴妃…軒復徹の側室
  • 軒本復けんほんふく…軒復徹の長子、母は王皇后
  • 軒本緒けんほんしょ…軒復徹の次子
  • 本孝ほんこう皇子…麗貴妃の息子
  • 王浣灕おうかんり…王皇后の姪
  • 淑儀しゅくぎ公主…軒復徹の娘
  • 軒本斉けんほんさい…軒復徹の息子
  • 阿史那古麗雅あしなこれいが…肱月国女皇、原非珏の母
  • 果爾仁かじじん…原青江と女皇を巡って争ったことがある、原非珏の側近
  • 君樹涛くんじゅとう…君家寨の長老
  • 君翠花くんすいか…君樹涛の娘

【全60話】「双花伝~運命を分かつ姉妹~」あらすじとネタバレと感想

「双花伝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第40話「久しぶりの再会」ネタバレ

木槿と非白は姚碧瑩の身の証しを立てるため、女皇のもとを訪れる。その様子を宋明磊も陰に隠れて見ており、小五義(しょうごぎ)の4人がその場に居合わせることに。しかし錦繍は冷ややかな目で見ていた。非カクが記憶を失い、姚碧瑩のことを木槿だと思っていると知っていたのだ。木槿たちの必死の訴えで疑いは晴れるが、姚碧瑩は全ての原因は家を乱すものの告げ口のせいだと訴える。

肱月皇宮。

原非白は原青江の嫡男、花木槿は花西夫人だと名乗る。

そしてここへ来た目的が「姉である姚碧瑩の身の証を立てるため」と告げた。

その昔、震えながらも仲間を守ろうとし、小五義のために尽くした姚碧瑩が悪事を犯すわけがない。

彼女だからこそ肱月のために植林を行った。

そこへ原非珏が現れ姚碧瑩をかばう。

追い詰められた花錦繍は「初恋のモクの名を皇太子妃に贈ったんですね」とわざと話した。

姚碧瑩が原非珏を騙していると知り、その弱みにつけ込もうというのだ。

女皇は若者たちをなだめ話をする機会を与えた。

しかし花錦繍は敵意むき出しで立ち去ってしまう。

肱月皇宮。

段月容は君莫問として肱月国女皇に謁見。

染め付けを献上し、ぶどう酒の通商を願い出た。

女皇は申し出を断る。

段月容はバラの花を贈り、女皇のもつ砂漠の薔薇という称号の話を始めた。

その昔、女皇は男の格好をして民を助けていたらしい。

心を許した女皇は砂漠を出て他の国を見てみたいと本心を語った。

段月容は女皇に旅の話をきかせ打ち解ける。

そしてぶどう酒の通商に成功した。

庭。

原非珏は花木槿にすべて思い出したことを明かす。

姚碧瑩には思い出した事は言わず記憶喪失のままでいるという。

原非珏は姚碧瑩のおかげで愛される喜びを知ったと微笑んだ。

2人の話す様子を見ていた姚碧瑩はショックを受けて立ち去る。

原非珏を避けて部屋に閉じこもってしまった。

姚碧瑩は記憶が戻ったことを知らず、原非珏を騙しているという罪悪感に襲われる。

皇太子妃の資格がなく追い出されると悲しんだ。

無憂城。

宋明磊は明鳳卿の手下に「お前たちは明鳳卿の道具に過ぎない、死を待つか殺して中原に帰るか選べ」と話す。

一部の手下は宋明磊に寝返った。

さらに花錦繍と手を組むことにする。

原非流を跡継ぎにしたい花錦繍は話に乗った。

無憂城。

女皇は明家拠点からの入り口を封鎖する。

花木槿はそこで通商と肉蓯蓉の話を持ち出した。

すると、女皇は昨晩君莫問と約束したと話す。

花木槿は知らない間に来ていた段月容に驚いた。

感想:お月さまをください

「君のためなら空から月でも取ってくるよ…」

言われて〜(σ・∀・)σ月はいらないけどどっちかと言うと金銀財宝がいいけど言われて〜!

でも言われるだけじゃだめだな、日本人にはいないようなイケメンと美しい宮殿くらい用意してもらわないと。

こうして妄想の中で庶民は死んでいくのか…

気を取り直して、せっかく4人揃った小五義だけどいろんな思惑が絡んで火花がバチバチしております。

姚碧瑩は花木槿と仲直りできるかと思ったけど、原非珏と地位を奪われる不安でおかしくなってますな。

原非珏が勘違いしたことが始まりだけど、3年もの間 見知らぬ土地でなれない文化で彼と国に尽くしたことは誇っていいとおもうよ。

自信がないって悲しいなあ、真実を見誤っちゃう。

でもここで花木槿が紅梅の接ぎ木の神業のごとく、砂漠を緑地に変えちゃったら…

早く帰ろう!紫園帰ろう!原青江は引退!跡継ぎは原非流でいいよ

第41話「残された最後の希望」ネタバレ

君莫問(くん・ばくもん)のふりをした段月容は、ぶどう酒の取り引きをするため、酒荘を訪れる。ぶどう酒を全て買い取ろうとするが、すでに君莫問が買い取ったと言われてしまう。そこに君莫問を名乗った非白が現れ、段月容のおかげで肉ジュ蓉を入手することができたことに対するお礼だと言い、買い取ったぶどう酒を譲るが…。一方、植樹の状況を見た木槿は、砂漠化を止めるために思案していた。

肱月の街。

段月容はぶどう酒を買うため酒荘へ。

しかし、すべての店の商品を君莫問が買い取ったと言われてしまう。

そこへ現れたのは原非白。

荷車いっぱいのぶどう酒を見せ「肉蓯蓉のお礼だ、借りを作りたくない」と譲る。

段月容は嫉妬心をむき出しにして、原非白と酒で勝負することに。

2人はしこたま酒を飲む。

そこへ花木槿が来てあまりの酒臭さに驚いた。

「一体、何してたの???」

砂漠。

花木槿は中原の土を運んで砂と混ぜ、そこに植物を植えれば根付くのではないかと考える。

原非白が大地の心のことを教えると、早速探しに行くことになった。

その話を段月容が盗み聞きしている。

その頃、姚碧瑩も大地の心を探すため無憂城へ。

後をつけていた原非珏は、姚碧瑩がなぜ無憂城を知っているのかと不審に思う。

花木槿と原非白が現れたため、2人はそれぞれ身を隠した。

花木槿は木仙女と大元神の伝説が記された石碑の蓮の花に気づく。

蓮の花は心臓だ。

段月容がからかい混じりに「血を塗りつければ開くのでは」と話すと、花木槿は直ぐに実行。

石碑の一部が開いて布袋が出てきた。

中には植物の種、大地の心だ。

そこへ明鳳卿が現れ大地の心を奪う。

姚碧瑩は必死に母から大地の心を奪い返した。

しかし頭を強く打って意識を失ってしまう。

肱月皇宮。

目を覚ました姚碧瑩に、女皇は感謝を示した。

そして原家と肱月のつながりを明かす。

1000年前、原家の先祖は外交使節だった。

天竺からの帰り肱月を通りかかり外交使節の息子は肱月の公主に恋をし結ばれた。

その頃、肱月を砂嵐が襲い国は滅亡に瀕した。

そこで君主は地下の無憂城に民を逃した。

原家は肱月を救うため天竺の宝の1つ、大地の心を1つだけ植えた。

宝を勝手に使ったと皇家に知られれば原家に累が及ぶため、残りは壁の中に隠した。

それが大地の心、樹母神の種だ。

女皇は大地の心を砂漠に植えた。

大地の心は砂漠に根を下ろす。

こうして肱月は救われた、しかし原非珏と姚碧瑩の心はすれ違ったままだ。

女皇は臣下の提案で祭祀を行うことにする。

花木槿と原非白は祭祀が終わり次第、国に帰ることを決めた。

原非白は名誉を捨ててでも花木槿と一緒に行きたいという。

その時、発作が起きて花木槿は吐血。

女皇は花木槿が生生不離の毒に侵されている事を知った。

明鳳卿は祭祀の日に肱月を乗っ取ると決める。

自分が女皇になれば姚碧瑩を公主に、優秀な男をいくらでも選ばせる事ができると息巻いた。

感想:中国ドラマの毒親たち

創作に神親が出てくることのほうが珍しいのかもしれないけど、それにしたって中国ドラマに出てくる親は毒々しすぎるぜ(σ・∀・)σ

親世代から子世代まで続く話だと、親世代の神親が死んじゃって毒親の無法地帯になってるよなあ。

もしかして:ハリーポッター

さてさて、肱月と原家の繋がりがちょっとだけ明らかになりました。

地下で研究して孤独のままに死んでしまうっていうのは、暗宮も無憂城も共通ですな。

明かされた伝説とまだ明かされてない伝説がどうつながるか楽しみ( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

第42話「散りゆく花の初心変わらず」ネタバレ

阿史那古麗雅は、肱月を救ってきたお礼に生生不離(しょうじょうふり)の解毒薬を木槿に贈る。実は女皇も生生不離に当たっていたのだった。その後、木槿のもとに宋明磊が現れ、“祭祀の日に明鳳卿が動くはず”とだけ言って去ろうとする。一方、非白のもとにやってきた段月容は、木槿が苦労していた間、どこにいたのだと責めたて、これから毎日監視をして木槿との仲を邪魔すると宣言する。

肱月皇宮。

女皇は花木槿を呼び出し過去の話をする。

一度だけ原青江と結ばれた女皇。

その後、原青江の父がやってきて愛と忠誠を誓うよう言われ生生不離を飲まされた。

原青江とは離れ離れになり、1年後解毒薬を持ってきた。

原青江は「一緒にいることはできない、愛する人ができた」と去っていった。

女皇はその解毒薬を飲まなかった。

一緒になれないなら解毒薬は不要と考えたらしい。

花木槿はその解毒薬を受け取った。

原非珏の寝室。

木尹の眠る横で、原非珏は花木槿の木像を見つめている。

木尹は眠ったふりをして、その木像を見ていた。

花木槿は明家の動きを危険視。

女皇に祭祀を取りやめるよう話す。

しかし女皇は自らやってくるならいい機会だと聞き入れない。

花木槿は見届けるため祭祀に参加することにした。

その後、花木槿は段月容を呼び出し無理やり解毒薬を飲ませる。

「これが唯一できる償いよ」

段月容は1つしかない解毒薬を飲まされたと知った。

段月容は「地の果てまで行っても解毒剤を見つけてくる」と約束する。

紫棲山荘。

紫園に戻った花錦繍は息子 原非流のため新たな行動を起こす。

原奉定を呼び出し「西都郊外にでかけている」と史慶陪に知らせるよう命じた。

史慶陪は原青江に報告。

原青江は花錦繍が何をしているのか不審に思う。

その間に、花錦繍は奉徳軍を鍛え反乱軍を討伐して実力を示すことにした。

肱月皇宮。

原非珏は木尹を連れて姚碧瑩のもとへ。

木尹の3歳の誕生日は一緒に過ごしたいと話す。

そこへ花木槿が。

花木槿を見た木尹は「父上の木像に似ている」と話してしまった。

原非珏はすでに木像は片付けたと話すが、姚碧瑩は聞く耳を持たない。

そんな姚碧瑩の前に宋明磊が現れ、中原に帰る提案をする。

流光散を盛ったのは回復すれば明家の道具にされるからだったと明かされ、姚碧瑩は一緒に帰ると約束した。

宋明磊は祭祀に近づかないよう警告して立ち去る。

すると今度は明鳳卿が現れ「祭祀には行かないで」と話す。

2人が同じ忠告をしたことで、姚碧瑩は企みに気づいた。

紫棲山荘。

君莫問が肉蓯蓉を手に入れたので疫病の件は解決。

しかし潘正越は景官城を死守している。

景官城を落とせば東都を攻められるが人材が必要だ。

その力を持つ于飛燕の居場所はわからない。

感想:好かれてなくても

本当に原非珏と息子を愛してるなら、疑ってても側にいればいいのでは(‘∵`)私はそうおもうよ、姚碧瑩ちゃん。

ちょっと優柔不断で弱々しいけど、わざと人に嫌なことしないので好きだよ姚碧瑩ちゃん。

自信もって「私が皇太子妃です」って言ってほしいよ。

彼女に自信をつけさせるにはどうしたらいいんだろうか。

花錦繍の爪の垢を煎じて飲ませたら…

花錦繍はね、かわいそうだけどね、やり過ぎです。

自分を脅かしそうなもの全て排除しなきゃ気がすまなくなってる様子だから、原青江の身も危ないぞ(σ・∀・)σ

次回、43話44話45話はここから!

双花伝!全話まとめ記事はここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。