双花伝(そうかでん)43話44話45話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全60話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「双花伝~運命を分かつ姉妹~(そうかでん)」のネタバレを掲載しています。

全話のネタバレに加え、中国ドラマオタクの管理人が感想や考察を好き勝手言いながら書きなぐっております( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

完結でわかりやすくツッコミどころは全力で٩( ᐛ )و をモットーに突き進んでまいります(孤独なヲタクなので話しかけてください)

双花伝の登場人物

  • 花木槿かもくきん…双子の姉、小五義、六子の帥、父譲りの頭脳と善良な魂で道を切り開く
  • 花錦繍かきんしゅう…双子の妹、小五義、六子の1人、武術が得意、紫の瞳を持つ
  • 原非白げんひはく…双子、謝梅香と原青江の息子
  • 司馬遽しばきょ…双子、原非黛、謝梅香と原青江の息子、暗宮の主
  • 段月容だんげつよう…南国豫王の息子、紫の瞳を持つ
  • 于飛燕うひえん…潘正越の息子、小五義、六子の1人、妓楼で育ち六子の1人として原家へ
  • 宋明磊そうめいらい…明風揚と原青舞の息子、本名 明煦日、小五義、六子の1人
  • 姚碧瑩ようへきえい…明鳳卿の娘、小五義、六子の1人
  • 斉放さいほう…花木槿と花錦繍の幼馴染、六子の1人だが1人だけ金谷真人に育てられる
  • 張之厳ちょうしげん…江州侯府
  • 青江せいこう…原家当主
  • 青舞せいぶ…原青江の妹、明風揚に嫁ぐ
  • 謝梅香しゃばいこう…原青江の側室、原非白と司馬遽の母
  • 非清ひせい…原青江の息子
  • 非煙ひえん…原青江の娘
  • 非珏ひかく…原青江と肱月国女皇 阿史那古麗雅の息子、視力が弱い
  • 非雲ひうん…原青江と連夫人の息子
  • 非流ひりゅう…原青江の息子
  • 連夫人…原青江の妻、意地が悪い
  • 史慶陪しけいばい…原青江の側近
  • 陳玉嬌ちんぎょくきょう…原家隠密
  • 韓修竹かんしゅうちく…原家参謀
  • 沈昌宗しんしょうしゅう…原家副将
  • 林卒延りんそつえん…名医
  • 柳言生りゅうげんせい…原家幕僚、うんこ野郎
  • 謝三娘しゃさんじょう…原非白の乳母
  • 謝素輝しゃそき…謝三娘の息子、原非白の側仕え
  • 花斌かひん…双子の父、将苑と商訓を花木槿に託す
  • 花斌の妻…双子の母
  • 金谷きんこく真人…神出鬼没のおじいさん、原青江に予言を授ける
  • 竇英華とうえいか…原家と争う竇家当主
  • 宣姜せんきょう…原家副将
  • 潘正越はんせいえつ…原家将軍
  • 明風揚めいふうよう…明家当主、謝梅香を捨て原青舞をめとる
  • 明鳳卿めいほうけい…明家の生き残り、復讐のために生きる
  • 明煦日めいくじつ…明風揚と原青舞の息子、原青江の甥
  • 張徳茂ちょうとくほう…明家密偵
  • 段剛だんごう…南国豫王、南国皇帝の弟、段月容の父
  • 段光義だんこうぎ…南国皇帝
  • 夕顔せきがん…花木槿と段月容が拾った娘
  • 初画しょかく…小五義と同じ訓練生
  • 香芹こうきん…訓練生、親が紫園で働いているため態度がでかい
  • 原奉定げんほうてい…訓練生
  • 青媚せいび…暗宮隠密、原家の暗宮を守っている
  • 軒忠けんちゅう…東庭皇帝
  • 連皇后…軒忠の正妃、連夫人の姉
  • 張貴妃…軒忠の側室
  • 世顕せけん…張貴妃の兄
  • 軒復徹けんふくてつ…軒忠と連皇后の息子、第3皇子、西庭皇帝
  • 軒復昱けんふくいく…軒忠の息子、第4皇子、東庭皇帝
  • 王皇后…軒復徹の正妃
  • 麗貴妃…軒復徹の側室
  • 軒本復けんほんふく…軒復徹の長子、母は王皇后
  • 軒本緒けんほんしょ…軒復徹の次子
  • 本孝ほんこう皇子…麗貴妃の息子
  • 王浣灕おうかんり…王皇后の姪
  • 淑儀しゅくぎ公主…軒復徹の娘
  • 軒本斉けんほんさい…軒復徹の息子
  • 阿史那古麗雅あしなこれいが…肱月国女皇、原非珏の母
  • 果爾仁かじじん…原青江と女皇を巡って争ったことがある、原非珏の側近
  • 君樹涛くんじゅとう…君家寨の長老
  • 君翠花くんすいか…君樹涛の娘

【全60話】「双花伝~運命を分かつ姉妹~」あらすじとネタバレと感想

「双花伝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第43話「罪の償い」ネタバレ

錦繍が率いる奉徳(ほうとく)軍が西都付近の流民と反乱軍を制圧した。少人数ながらの功績に原青江は驚く。そして行方不明になっている于飛燕(う・ひえん)の代わりになるかもしれないと考える。その頃、肱月では祭祀が始まる。その様子を陰からうかがっていた明鳳卿。しかしそこに祭祀に参加しないはずの姚碧瑩が姿を現す。一瞬ためらいを見せる明鳳卿だったが、ついに明家の攻撃が始まる。

紫棲山荘。

原青江は東都を攻めるための人材を探している。

候補であった于飛燕は行方不明だ。

陳玉嬌は花錦繍が奉徳軍を率いて西都均衡の流民と反乱軍を制圧したと知らせる。

原青江は感心し、花錦繍を于飛燕の代わりにしようと考えた。

肱月。

その頃、肱月皇宮では祭祀が始まっていた。

明鳳卿と宋明磊の忠告から危機を察した姚碧瑩は祭壇に姿を表した。

娘の姿を見た明鳳卿はためらうが攻撃を開始する。

その戦闘の中で、原非白が段月容が武術の力を取り戻していることに気づいた。

姚碧瑩は母の手下たちから原非珏を守る。

明鳳卿はその場で姚碧瑩が娘だと明かした。

原非珏は姚碧瑩の木像を作り、それを贈ってやり直したかったのだと話す。

しかし目の前にいる妻が密偵だったと知ってショックを受けた。

明鳳卿は女皇に襲いかかり、そこへ果爾仁が助けに入った。

さらに原非珏も母を守ろうと飛び込んでいく。

姚碧瑩は原非珏をかばって母親の手で胸をひと突きにされた。

倒れ込んだ姚碧瑩はなりすました罪を命を持って償いたいと涙する。

「小屋での日々、輝いていたあの頃に戻りたい」

姚碧瑩は原非珏の腕の中で息を引き取った。

そこへアーミルが兵を率いて戻る。

花木槿が事前に助言していたのだ。

追い詰められた明鳳卿は花木槿を人質にして逃げた。

宋明磊、原非白と段月容はそれぞれ明鳳卿を追う。

段月容は唯一の解毒剤をもらったのだと明かした。

明家の拠点。

明鳳卿は我が子を殺し動揺している。

そこへ宋明磊が現れた。

明鳳卿は「原非白が後ろにいる、この先はお前が決めろ」と宋明磊に耳打ち。

宋明磊を誅殺しろと嘘の命令を出す。

隠れていた原非白と段月容は花木槿を助けて逃げ出した。

宋明磊は明鳳卿を殺し、明家の主が持つ指輪を拾う。

その後、原非白は宋明磊が仕込んだ毒に侵されてしまった。

花木槿は原非白が殺されそうになる様子を見て気を失う。

肱月。

砂漠に姚碧瑩の墓が作られる。

原非珏はそこに木像を供えた。

1人になっても姚碧瑩の愛した肱月を守ると誓う。

対象的に、宋明磊は明家の全ての恨みを1人で背負う決意をした。

娘の墓が見える場所に明鳳卿を葬る。

紫棲山荘。

原非流が3歳になった。

花錦繍は事前に千軍万馬をねだるよう息子に命じている。

原青江は8千の兵馬を奉徳軍に、と約束した。

しかしそれでは花錦繍の野望には程遠い。

そこで金を使って兵士と馬を集めることにする。


感想:反面教師

みんな失敗していった人たちを反面教師にして学んで╰( ^o^)╮なぜ同じ道をまっしぐらなの〜!

花錦繍なんて連夫人がやってきたこと踏襲してるし、宋明磊はまあここまで人生操られたら抜け出せないだろうという哀れみはあれど、そこでやめたら絶対違う人生あるのにってもったいなさも…

もうしらない╰( ^o^)╮みんな自由になりたいんだって

原非珏は最後の最後で姚碧瑩を密偵だと批判したのはいただけなかったな。

君が誰でもどんな事をしてても僕が守るよくらいの愛じゃないともう包み込めませんでした。

間違いを教えてあげるのも愛か?

第44話「壊れた心」ネタバレ


木槿は宋明磊のことを非白だと思い込むほど、心を病んでしまう。その頃、非白は木槿を必死に捜していた。一方、錦繍は私兵を募り兵士を増やそうとしていたが、3千ほどしか集まらず焦っていた。そしてさらに私財をつぎ込むことにする。そんな錦繍を心配した司馬遽(しば・きょ)は苦言を呈するが、錦繍は聞く耳を持たずに追い返す。すると司馬遽は、意味深な言葉を残していく。

原家陣営。

肉蓯蓉のおかげで元徳軍の疫病は解決した。

しかし原非白が無断で戦場を離れたことが公になれば罰は免れない。

韓修竹は原非白の帰りを待っている。

その頃、原非白は肱月から消えた花木槿の行方を必死に探していた。

居場所を見つけるが直接手は出さない。

花木槿をさらったのは宋明磊だ。

花木槿は心を病んで正気を失い、宋明磊のことを原非白だと思いこんでいる。

宋明磊は花木槿に優しく接するが、無理やり薬を飲ませようとして拒絶されてしまった。

花木槿は「あなたは原非白じゃない」と否定。

その後、斉放が助けに現れる。

しかし正気を失っているため気付け薬を飲ませ、その場を離れた。

斉放は人を助けてばかりでこんな事になってしまった花木槿を哀れむ。

紫棲山荘。

花錦繍は密かに私兵を増やそうと動いていた。

しかし集まったのは3000ほど。

更に集めるため司馬遽からもらった思い出の腕輪まで売り、人を集めることにした。

その夜、司馬遽が現れ原青江に気をつけろと忠告をする。

原家陣営。

竇英華が増援を送るとの知らせを受け、原非清は撤退を考えている。

しかし宋明磊は麟徳軍を勝たせて原非清を世子にするシナリオを描いていた。

そこで潘正越に原非白の不在を知らせ、元徳軍に夜襲を仕掛けさせる。

宋明磊は潘正越の通じていたため麟徳軍は被害を受けなかった。

これにより原非清の撤退は延期となる。

その頃、花木槿は正気を取り戻し脱出する方法を考えている。

斉放と合流し逃げようとするが、駆けつけた宋明磊と兵士に囲まれてしまった。

そこへ話を聞きつけた原非煙が現れ2人を逃がす。

夫が花木槿を諦めていなかったと気づき、原非煙はショックを受ける。

森。

花木槿は段月容や夕顔、蒙詔と再会。

その様子を隠れてみていた宋明磊に原非煙は「権力を手にした時、妾にすればいい」とささやいた。

宋明磊は仕方なく花木槿を諦める。

江州侯府。

広州に戻った花木槿は張之厳と友誼を結んだ。

そして段月容が止めるのも聞かず、原非白を探しに行くことにする。


感想:え???

悠悠って青媚なの!?

え!?ほんとに!?まったく気が付かなかった。

あまりタイプの顔じゃないので衣装でしか認識してなかった( ˆoˆ )まじで?

悠悠が花木槿の前に転がり出てきたときは別に何も紹介されてなかったよね?

原非白が君莫問に会いに来た時「私の旧友です」って紹介したあたりでネタバラシ?悠悠が出てきて青媚ってテロップ出たのは今回が初めてだとおもう。

え〜別人だと思いこんでたから、悠悠ちゃんは原非白のために改心したのね〜とか思ってた。

えーまあそれは置いといて、いろんな事が起こりすぎよ╰( ^o^)╮みんな落ち着いて!

宋明磊は戦とかどうでもいいので原非煙を不安にさせないで、花木槿は夕顔の気持ちも考えて、段月容はなんかいいママだな…ママァ(ヽ´ω`)

第45話「愛する人を守るため」ネタバレ


悠悠(ゆうゆう)は自分が木槿の前に現れた理由を語りだす。そして非白に愛される資格はないと言って、木槿を崖から突き落としてしまう。そこに非白が駆けつけるが…。一方、錦繍は紫棲(しせい)山荘で、原青江に景官(けいかん)城への出兵を直談判する。そんな中、目覚めた木槿の前には金谷(きん・こく)真人がいた。金谷真人から、一歩踏み出すことが大事だと言われた木槿が歩を進めると、懐かしい人と再会する。

山。

悠悠こと青媚は花木槿を山に呼び2人で話をする。

そして、原家の隠密という身分であり原非白の命令で花木槿を守るために来たと明かした。

花木槿が肉蓯蓉を探しに行くと知って、わざと張之厳に身を委ねた。

目的は原非白に協力するよう張之厳を説得するためだ。

花木槿は景官城に宋明磊がいるため、原非白が危ないと焦る。

その時、青媚は花木槿を崖から突き落とした。

花木槿を追って斉放、原非白、謝素輝が駆けつける。

そこへ潘正越の夜襲により元徳軍5000人が戦死したと急報が入った。

原非白は斉放にあとを任せ陣営に戻る。

山。

その頃、崖から落ちた花木槿は金谷真人に助けられていた。

金谷真人は他の護国の六子にもしたように意味深な助言と予言を残す。

言われた通り先へ進むと、そこで于飛燕と再会した。

桃花源村。

行方不明になっていた于飛燕は燕子軍の仲間とともに桃花源村を作って暮らしている。

初画と子供もいて幸せそうだ。

3年前、国境で潘正越の待ち伏せにあったが、潘正越が全滅寸前に逃したため皇帝に投降したと思われた。

その後、潘正越が父親だと知り隠居を決めた。

花木槿を探している斉放は金谷真人と再会。

金谷真人は「邪気が消えて真っ当になった!」と褒める。

紫棲山荘。

花錦繍は原青江に願い出て出兵を認めさせる。

その夜、花錦繍の前にも金谷真人が現れた。

金谷真人は同じように助言と予言を残して消える。

紫棲山荘。

花錦繍は奉徳軍と共に出発。

原奉定がつき従った。

原家陣営。

宋明磊は景官城のふもとの街 織州を制圧。

原非清は宋明磊の残虐さについていけない。

原非白を助けに行くため金印を返せと迫った。

宋明磊は全て原非清を世子にするためだと聞き入れない。

そこへ于飛燕が見つかったと知らせが入った。

気落ちする原非清のもとに淑儀公主が現れた。

2人は過去のわだかまりを捨て、心を通わせる。

景官城。

潘正越は景官城への道を塞いで奉徳軍と麟徳軍を殲滅しようと目論んでいる。

原非白は目論見を阻止する。

桃花源村。

初画は于飛燕を連れて行かないでほしいと花木槿に頼む。

話を聞いていた于飛燕は家族を守るため燕子軍と共に戦うことを決めた。

花木槿は斉放と再会。

原非白に無事を知らせてほしいと頼む。

しかし于飛燕のことは伏せるよう命じた。


感想:于飛燕兄さん安定安心

なんだろうな、于飛燕兄さんがお釈迦様に見えてきたよ。

いつ見ても安定安心のどっしりボディに、乙女のような優しい心…もしかしてヒロイン?

小五義は死なないのではないか説を勝手に立ててたんだけど、それを姚碧瑩ちゃんが見事にぶち壊していったので…花錦繍はフラグがたってるとして兄さんも不穏だよなあ…うっ

管理人のトラウマ代表「七人の侍」を思い出しちまった(ヽ´ω`)

次回、46話47話48話はここから!

双花伝!全話まとめ記事はここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。