【大明皇妃・全62話】10・11・12話のあらすじとネタバレ|運命の分かれ道

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「大明皇妃〜Empress of the Ming〜」(全62話)について

あらすじとネタバレと感想を書いていきます。

未視聴の方はご注意ください。

全話まとめ

【大明皇妃・全62話まとめ】1分でわかる!あらすじ・ネタバレ・キャストにその他情報

DVD情報

「大明皇妃」あらすじネタバレ感想まとめ

「大明皇妃」登場人物

  • 孫若微そんじゃくび…本名:景若微。靖難せいなんの役の混乱時、若微の両親は孫愚に娘を託した。
  • 胡善祥こぜんしょう…本名・景蔓茵。若微の妹。孫愚に預けられるが混乱の中はぐれてしまい、皇太子・朱高熾と朱高煦に助けられる。胡尚儀の養子として育つ。
  • 朱瞻基しゅせんき…永楽帝の孫。父は皇太子・朱高熾、母は張妍。
  • 孫愚そんぐ…若微の親に救われた過去から、その娘を助け育てる。将軍をしていた。
  • 聶興じょうきょう…靖難の役で都を追われた者の一人。熱血。
  • 徐浜じょひん…靖難の役で都を追われた。若微に寄り添う。
  • 永楽帝えいらくてい朱棣しゅてい。甥であった建文帝を討ち皇帝になる。
  • 朱高熾しゅこうし…永楽帝の長男であり皇太子。慈悲深く体が弱い。肥満体型。
  • 朱高煦しゅこうく…永楽帝の次男。腕っぷしが強く思い切りがいい。
  • 朱高燧しゅこうすい…永楽帝の三男。従順に見えて狡猾。
  • 張妍ちょうけん…皇太子妃。弟がいる。
  • 胡尚儀こしょうぎ…尚儀局を管理する役人。胡善祥を引き取り冷たいながらも、愛情を持って育てる。
  • 建文帝けんぶんてい…どこかに逃げ延びたらしいが…?

第10話 命の恩人

宮中では各国からの使節をもてなすべく園遊会が開かれることに。永楽帝は朱瞻基(しゅせんき)に、瞻基自らが選んで屋敷に住まわせている女子を連れてくるようにと命じる。孫若微が難色を示すと分かっていた瞻基は、若微を牢へ連れていきある人物と面会させる。その者の説得もあり若微は永楽帝の命を奪うことを目的として、園遊会に出席することを決心するのだった。

永楽帝は「連れ帰った女に合わせろ、今夜の園遊会に連れてこい」と命じる。

朱瞻基は困ってしまった。

東宮に戻り若微のいる部屋に入ると、陶器を投げつけられる。

若微は閉じ込められ不満な様子。

朱瞻基は「祖父が君に会いたいと言っている」と伝えた。


詔獄。

若微は捕らえられていた徐浜に会う。

孫愚も聶興も囚われているらしい。

若微が永楽帝に会うと知った徐浜は「機会があれば殺せるか」と聞いた。

若微は仲間を守るため決意する。


朱瞻基はじゃじゃ馬娘を園遊会につれていくため、着物や化粧品宝飾品の準備に余念がない。

何度も着替えさせられる若微は全く興味がなさそうだ。


その夜、園遊会が行われる。

朱瞻基とともに現れた若微。

永楽帝は若微を自分の席にへ連れて行ってしまった。

若微は各国の使者が謁見する永楽帝のそばに控え、果物を切りながら機会を伺っている。

第2皇子と第3皇子は若微に気が付き「なぜここに」と不審に思っている。

その時、永楽帝を狙う刺客が矢を放った。

若微はとっさに永楽帝をかばい、左胸に深く矢が刺さる。

朱瞻基はすぐに若微を東宮に連れ帰った。

それを見た皇太子妃・張妍は侍医を呼ぶ。

永楽帝を助けた娘ならばなんとしても救わなくてはならない。

若微は肺を損傷し、生き抜けるかは生命力次第だという。


息子たちは永楽帝の様子を伺っている。

永楽帝は息子たちに嫌味を言い追い出した。

はっきり明言されたわけではないが、第2皇子は禁足、皇太子と第3皇子で刺客を探すよう命じられている。


胡善祥は若微のことが気になっていた。

部屋を抜け出し若微の様子を見に行こうとするが、胡尚儀に止められてしまう。

それでも胡善祥は若微の部屋へ行き介抱を。

「あなたは若微なの」と問いかけた。


第3皇子・朱高燧は第2皇子・朱高煦の計画に巻き込まれたと激怒。

だが朱高煦は「父を殺して兄を即位させるはずがない」と否定。

黒幕は別にいるようだ。


皇太子と皇太子妃は若微を皇太孫妃にして永楽帝のご機嫌取りをしようと考える。

皇太子妃・張妍は朱瞻基から若微の家族や出自について情報を得ようとする。


永楽帝は朝臣・楊士奇を連行させる。

皇太子と結束し朝廷を混乱させたからだという。


東宮。

永楽帝の命で、東宮の官吏たちが連行される。

永楽帝は皇太子が暗殺を計画したと疑い、関与したであろうものを調べているらしい。

起きてきた朱瞻基は文句を言うが、永楽帝が会いたくないと言っていると伝言を聞き慌てふためく。


朱瞻基は意識が戻らない若微を鶏鳴寺に連れて行く。

感想:悪事は全部知っている

なんかまどろっこしいなあと思ってたんだけど、ちょっと腑に落ちました。

とにかく永楽帝は同族殺しを犯したくないと。

だから第2皇子が謀反を起こしたときにも処罰しなかった。

甥を殺したわけではないけど、靖難の役を起こしたことと同じように罪の意識に苦しんでいる。

それは自分の子供や孫にも同じように当てはまっていて、罪を犯させたくないからこそこれだけ回りくどい手を使ってわからせようとしている。

でもおバカ息子はなかなか改心しないと???おけ?

だから朱高煦が悪巧みしてんのなんか全部知ってるんじゃないかなと思うんだけど。

そして今回、絶対企ててないと思われる皇太子を疑う形に持っていって何がしたいのか。

第11話 死のふち

永楽帝は朱高煦(しゅこうく)を呼び出し、皇太子から監国の地位を引き継ぐよう命じる。地位を得て有頂天の高煦は、さっそく軍拡のための資金不足を三人の皇子で負担したいと皇太子に持ちかけ、皇太子を困らせる。一方、矢を受けて刺客から皇帝を守った孫若微の意識がなかなか戻らず、朱瞻基(しゅせんき)はひどく気をもむ。永楽帝は、かずかずの戦をくぐり抜けてきた自分が若い娘に守られたことに感じ入り、若微の家族を呼び寄せるようにと瞻基に命じる。

永楽帝は第2皇子・朱高煦を呼び、皇太子から監国の地位を引き継ぐよう命じる。

予想と違い、跡継ぎに一歩近づけた朱高煦は大はしゃぎだ。

一方の皇太子は東宮で犬と遊んでいた。

そこへ朱高煦がやってきて監国の任務を受け継ぐため資料を取りに来たという。

皇太子は怒ることも動揺することもなく、協力的だ。


姚広孝は若微の容態を見て「脈が弱っているが、信じて呼びかけろ」と朱瞻基に言う。

朱瞻基は若微と初めて会ったときのことを思い返す。


若微をひと目見て、自分の姿と重なった。

若微がうろたえ怯える表情は、朱瞻基が逆賊の孫としていつ排除されるともわからない日々を生きる不安と同じ種類のものだった。

語りかける朱瞻基。

だが若微は目覚めない。


鶏鳴寺。

朱瞻基は永楽帝に「父は無実」と訴える。

永楽帝は「少し休ませるのもいい、皇太子は犬と遊んでいるか?」と聞いた。

朱瞻基の聞いた話とはだいぶ違った様子。

永楽帝は寝込んでいる若微の様子を見に行く。

そして「女子に守られたのは初めて」と若微の家族を厚遇するため呼ぶよう言った。


監国になった第2皇子・朱高煦は着飾り大勢の従者を引き連れごきげんだ。

そして皇太子を呼び出すと「軍備強化のための予算を3兄弟で1万両ずつ出し合おう」と提案。

賄賂などを受け取らず金が無い皇太子は渋るが、押し切られてしまった。


漢王・朱高煦が監国になったことで漢王妃も気が大きくなっている様子。

皇太子妃・張妍の悪口を朱高煦に話す。

朱高煦は第3皇子と皇甫雲和に会う。

そして孫愚たちを始末したほうがいいと言うことになった。


朱瞻基は詔獄へ。

そして医術の心得があるという徐浜を連れ、鶏鳴寺に戻った。

若微の容態を見た徐浜は驚き、何があったのかと問い詰める。

若微を連れ帰ると言う徐浜と、連れ去られたくない朱瞻基の間でもみ合いになってしまった。

その時、若微が目覚める。

朱瞻基は若微に飛びつき嬉しそうだ。

若微は「私達を解放して、使命は果たした」と弱々しく話す。

そこへ「趙王(第3皇子)が孫愚と聶興を連れて行った」と報告が入る。


第3皇子・朱高燧は孫愚と聶興を捕らえた。

朱瞻基が会いに来ているが朱高燧は通さない。

そして、皇甫雲和を呼び「逆賊とのつながりが知れればお前の命はない」と脅す。

数時間後、朱瞻基に会うことにした朱高燧。

朱瞻基は二人を返すよう言うが、もちろん応じない。

一緒に来ていた徐浜は永楽帝の言付けだとでまかせを言う。

朱瞻基と徐浜は「応じないのなら…」と帰ろうとし、朱高燧はまんまとそれにハマった。


永楽帝は目覚めた若微のもとへ。

永楽帝は「なぜ命をかけてまで助けたのか、この世のものなら何でも与えてやる」という。

若微は泣き出し「私が死んでも誰も困らないが、皇帝が死ねば私の仲間にも累が及ぶ」と言った。

感想:運命の変わる瞬間

若微の運命が変わってしまったわけだが、あのシーンは鳥肌モノだった。

姚広孝の言うように山に身を潜めて生きていくのが幸せなのかも知れない、だって彼女を待ち受けているのは「大明皇妃」となる運命でしょ?

もちろん、永楽帝が謀反を起こした時点で彼女の運命は変わってしまったのだけど、どちらにしても彼女は皇族になる運命だったのかしら。

なんかとにかく今は胸糞悪い話にならなきゃいいなあと思ってる、

でもフラグが…フラグがビンビンなんだもん…

朱瞻基は姚広孝が予言したように同族殺しを犯しそうだし、姉妹の関係は一人の男を巡って壊れていきそう…

南無…

第12話 皇帝の苦悩

けがをした孫若微を永楽帝が見舞う。互いの心中を語り合う二人。永楽帝は、靖難の遺児を弾圧した苦悩を吐露(とろ)する。朱瞻基(しゅせんき)は、孫愚(そんぐ)らに協力を呼びかけ、都から逃そうとする。だが朱高燧(しゅこうすい)が孫愚たちを襲撃し、捕らえてしまう。皇太子は資金をねん出するため、市中で家具を売る。その様子を見て激怒する瞻基。そんな息子に皇太子は、皇帝の心中は計り知れないこと、臆病なくらい慎重にしなければ生き残れないことを説く。

永楽帝は若微と話をしている。

出身や暮らしぶりを尋ねられた若微は子供の頃に流行った民謡を永楽帝に教えた。

「鳳陽に朱という名の皇帝が表れ、それから10年のうち9年は大飢饉、叔父と置甥が争い民は苦しむばかり」

永楽帝は怒鳴り声を上げた。

そして「辺境の民を救うためだった、後世では評価される」と言い訳をする。


皇太子妃・張妍に蓄えは無いかと聞く皇太子。

だが取り合ってもらえないので街で家具を売ることにした。

それを聞いた第2皇子・朱高煦。

恥さらしだと言って辞めさせようとするが、利用できると気づき放っておくことにする。


骨董屋。

朱高燧に解放された3人が戻ってくる。

そこへ朱瞻基がやってきた。

朱瞻基は永楽帝が靖難の遺児とその家族を赦免し都に戻そうとししていること、建文帝に会い誤解をときたいと思っていることを話した。

聶興は反発する。


朱瞻基と話をする徐浜。

朱瞻基が朱高燧になにを言ったのかと尋ねると、

「靖難の遺児とあなたは関係がない、だが陛下に追求されれば巻き込まれる」と話したらしい。

徐浜は、朱高燧が無関係と推測し、永楽帝が第2皇子と打第3皇子を離反させるため調査を任せたことを利用した。


その夜、解放された3人は朱高燧の襲撃に会い再び囚われてしまう。


その頃、朱瞻基は若微に貴重な琴を贈っていた。

若微は琴を奏でながら幼少の頃を思い出す。

流罪になった若微たち、辺境の荒れ果てた土地であばら家に暮らした。

集団にいたお年寄りは字を教えてくれ、そのおかげで本が読めるようになった。

だが、書物の世界と現実はあまりにも違っていた。

そして、聶興が「朱棣を殺すため逃げよう」と提案したことにより若微はその地を離れることになる。

その後、服役者がどうなったか、宮中でも禁句とされている。

朱瞻基は若微を解放すると言った。


翌日、朱瞻基は襲撃のことを知る。

朱高燧は鶏鳴寺へ。

暗殺犯と証拠となる武器を持ってきた。

永楽帝は第2皇子は関係がないのかと疑っている。

朱高燧はそれを否定し、朱瞻基が金令牌を使って好き勝手にしていると中傷した。


朱高燧と入れ違いで鶏鳴寺にやってきた朱瞻基。

朱高燧から「父親は市中で家具を売って不興を買っているぞ」と教える。

朱瞻基は永楽帝に会おうとするが拒絶されてしまった。

しかたなく市中で家具を売る皇太子のもとへ。

「恥ずかしくないのですか」と辞めさせようとする。

だが皇太子の思惑は違っていた。


東宮。

皇太子は息子に昔話をする。

建文帝と争っていた頃、永楽帝は正気を失ったふりをしていた。

だがその裏で秘密裏に地下の基地で武器製造を行っていたのだ。

建文帝の兵にバレなかったのはその上でアヒルやガチョウを飼っていたから。

永楽帝の胸中は計り知れない、皇太子はおとなしくしておけと言う。

朱瞻基はなにか悟った様子で元気になり出ていった。


若微は永楽帝と遊んでいる。

永楽帝は自分ほどの功績を残した皇帝はいないと話し始めた、それに対し若微は「その裏で何人もが白骨に、そして涙を流したものも」と批判する。

反抗的な物言いをする若微に「怖くないのか」と聞く永楽帝。

若微は一度死んだので怖くない、今思えば一番幸せだったのは母のそばにいた時、と話した。

永楽帝は靖難の役について「大きな過ちを犯した」と言う。


すっかり実権を手に入れたと思っている第2皇子とその妃。

第3皇子の妃は「秀女を推薦し、その娘が嫁げば半分姑になれるかも…」と口にした。

感想:喜劇

のようでいて恐ろしく曇り空。怖いこの話。いつ雨が降るのかどきどきしている。

第2皇子が胡善祥のことを思い出して朱瞻基のとこに潜り込ませるんだろうな。

正妃は若微で側室が胡善祥。

こわいんご。

3人息子は父親を慕っているけど、正直誰が一番有能に見えるかって皇太子なんだけど。

争いを好まず、父親に進言できて、変な欲や見栄がない。

だからあのかわいい嫁と可愛い犬がいる最高の東宮で暮らせる…俺が暮らしたい!

でも犬蹴ったのは忘れませんから。

なんだかこの感じだと永楽帝が死んだあとも兄弟争いが続きそうな予感。

みんな幸せになってくれ〜と思いつつ、宮廷ものはもめなきゃたのしくないよね。

次回、13・14・15はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。