( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

【大明皇妃・全62話】13・14・15話のあらすじとネタバレ|建文帝の行方

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「大明皇妃〜Empress of the Ming〜」(全62話)について

あらすじとネタバレと感想を書いていきます。

未視聴の方はご注意ください。

全話まとめ

【大明皇妃・全62話まとめ】1分でわかる!あらすじ・ネタバレ・キャストにその他情報

DVD情報

「大明皇妃」あらすじネタバレ感想まとめ

「大明皇妃」登場人物

  • 孫若微そんじゃくび…本名:景若微。靖難せいなんの役の混乱時、若微の両親は孫愚に娘を託した。
  • 胡善祥こぜんしょう…本名・景蔓茵。若微の妹。孫愚に預けられるが混乱の中はぐれてしまい、皇太子・朱高熾と朱高煦に助けられる。胡尚儀の養子として育つ。
  • 朱瞻基しゅせんき…永楽帝の孫。父は皇太子・朱高熾、母は張妍。
  • 孫愚そんぐ…若微の親に救われた過去から、その娘を助け育てる。将軍をしていた。
  • 聶興じょうきょう…靖難の役で都を追われた者の一人。熱血。
  • 徐浜じょひん…靖難の役で都を追われた。若微に寄り添う。
  • 永楽帝えいらくてい朱棣しゅてい。甥であった建文帝を討ち皇帝になる。
  • 朱高熾しゅこうし…永楽帝の長男であり皇太子。慈悲深く体が弱い。肥満体型。
  • 朱高煦しゅこうく…永楽帝の次男。腕っぷしが強く思い切りがいい。
  • 朱高燧しゅこうすい…永楽帝の三男。従順に見えて狡猾。
  • 張妍ちょうけん…皇太子妃。弟がいる。
  • 胡尚儀こしょうぎ…尚儀局を管理する役人。胡善祥を引き取り冷たいながらも、愛情を持って育てる。
  • 建文帝けんぶんてい…どこかに逃げ延びたらしいが…?

第13話 交換条件

朱瞻基は孫若微に孫愚たちを捜し出し、遺児たちのためにも靖難の役の間違いを正してやると約束するが、金令牌を没収されてしまったため、調査は難航していた。瞻基と散歩に出掛けたはずの若微が姚広孝と話している姿を見た永楽帝は帰りが早かった理由を若微に尋ねる。若微は瞻基が早々に帰った理由を伝え、己の願いも永楽帝に申し出る。一方、宮中では王妃たちが朴妃の懐妊の有無を探っていて……。

第13話予告

ネタバレ

第3皇子・朱高燧のもとに第2皇子・朱高煦が来る。

朱高煦は3人(孫愚・徐浜・聶興)を引き渡すよう言うが、

「あれは私の護身符なので」と拒絶された。


鶏鳴寺。

永楽帝は姚広孝に江南の一族のぐちを言っている。

そこへ朱瞻基が無理やり押しかけてきた。

朱瞻基は皇太子の昔話を聞いて「隠密な行動こそ成果を得られる」と理解した話をする。

永楽帝は金令牌を投げてよこすが「自力で得る」と朱瞻基は受け取らない。

永楽帝はさらに1万両の金を渡し、皇太子に渡すよう命じた。


永楽帝に言われ、散歩中の若微を探す朱瞻基。

朱瞻基は孫愚たちが連れ去られたことを教え、過去に若微を捕らえた事を謝った。

そして「靖難の役が間違いだったと認める、だから生きてほしい、3万人の服役者や仲間のために」と言う。

若微は建文帝に会いたいのなら父を探してと返した。


第3皇子・朱高煦は「皇太子が1万両を持ってきた」と永楽帝に報告。

そして「官吏から巻き上げたのでは…」と吹き込もうとする。

永楽帝が渡したとも知らない朱高煦の姿は滑稽だ。


鶏鳴寺。

若微は朱瞻基が「陛下の心の病を治す」と言って出ていったと話す。

そして「何でも与えれるなら、かつての恩讐を解き3万人の遺児を許してほしい」と叩頭する。

永楽帝は「建文帝を連れてこられたら、天に誓って水に流す」と言った。


3人を捕らえたのが第3皇子だと知った朱瞻基。

馬車で移動していた皇甫雲和を捕らえ、若微に会わせる。

若微は「陛下を漢王だと知って私達を騙していた、目的はなに」と聞く。

皇甫雲和は敵対心を見せる。

すると若微は鶏鳴寺で盗み聞いた話を始めた。

永楽帝の前で暗殺者を拷問する第3皇子。

「アデン国とは結託していないが、靖難の遺児とは繋がっている様子」

永楽帝は実の息子に裏切られていたと嘆く。

第3皇子はさらに「皇甫雲和というものが偽名を使い官吏として潜り込んでいる、捕らえて尋問を」と永楽帝に報告。

これを知った皇甫雲和は朱瞻基の話を聞くことに。


朴妃に食事を運ぶ、胡尚儀と胡善祥。

そこへ趙王妃と漢王妃が来る。

二人は朴妃が懐妊しているか探りに来たのだ。

だが胡尚儀の機転で二人を追い払った。


第2皇子・朱高煦は皇甫雲和から例の3人を見つけたと報告を受ける。

その頃、第3皇子・朱高煦は暗殺者に漢王の名前を言わせようと拷問していた。

そこへやってきた第2皇子。

第3皇子はごまかすが腹を殴られてしまう。

第2皇子はすぐに3人を引き渡すよう命じた。


朱高燧は3人の牢へ。

拷問にかける気らしいが、徐浜に「以前皇上に使えるものだと言ったが、真実かも知れないぞ?」と煽られる。

そこへ勅命が、

「趙王は罪人を連れて御前へ」


鶏鳴寺。

第3皇子が到着すると、門前で朱瞻基が居眠りをしている。

第3皇子はまた厭味ったらしい事を言うが、

朱瞻基は「陛下の伝言です、罪人を御前に、朱高燧は外で待て、朕を欺く愚か者とよく話し合ってから会いに来い」と告げる。

朱高燧は唖然とする。

感想:やっとスッキリ!?

なんかぐるぐるぐちゃぐちゃスッキリしない話だな!

次できれいにまとまるかしら?

おじいちゃんを全面的に信頼していいのかというと、なんかそういうわけじゃないのがまた怖い。

普通に可愛がってた孫、殺しそうなとこあるもん。

姚広孝の前で愚痴ってるときはその態度が強く出ている感じ。

むずこの前では一応父親なんだろうけど、

誰も誰のことも信用していなくてこわいんご。

聶興が死にかけなので解放されて一安心ではあるが、永楽帝の居座ってる鶏鳴寺に連れてこられたところで一件落着とはならないような…ムズムズ…

安貴妃があれだけ朴妃に目をかける理由もわからん。

あんなにしつこくしたら普通に嫌われるのに、懐妊してたら殺して自分が育てようって?いかんいかん、宮廷ドラマの見過ぎで…

第14話 消えた妃

朱瞻基に助けられた孫愚・徐浜・聶興の3人は、鶏鳴寺へ身を隠す。瞻基は3人に対し、永楽帝と建文帝を引き合わせることに協力すれば、流罪となった3万人の遺児たちを解放するという取引を持ち掛けたが、聶興だけは瞻基にくみすることを拒み、寺から逃げ出してしまう。孫若微は、聶興が出ていったことに強い憤りを感じる。ちょうどその頃、後宮では、皇帝の寵愛を受けていた朴妃が姿を消し、大きな騒ぎとなっていた。

第14話予告

ネタバレ

第3皇子・朱高燧は締め出されてしまった。

そこへ第2皇子・朱高煦が来て口論になる。


後宮。

胡善祥は朴妃の食事を記録している。

見張られていることに嫌気が差した朴妃は立ち上がって記録を取り上げた。

そして「朴妃が子を授からなければ笑いものになる」と女官が噂していると憤る。


胡善祥は朴妃に仕える侍女を呼び出した。

そして噂について話し、叱責。

だが急に態度を変えて「噂の出どころは大監かも知れない、漢王妃や趙王妃も尋ねてくる、懐妊がわかるまでは力を合わせて頑張りましょう」と場を和ませた。

朴妃はその様子を扉の外で聞いていた。


鶏鳴寺。

朱瞻基と徐浜は建文帝のことについて話している。

朱瞻基は永楽帝が遺児を赦免し解放するというが、徐浜はどうも信じられない。

朱瞻基は命をかけてやり遂げると誓った。

部屋の中では若微が怪我をした聶興の面倒を見ている。

聶興は「朱瞻基の犬になるのか」と若微を責めた。

そして「ここを出てどこかで静養し、戻ってきたら永楽帝を殺す、そのときはお前も敵」と言い出す。

若微は都に来てから操られてきたことを語り、今は生きている命を救いたいと話した。

だが結局、聶興は姿を消してしまう。


安貴妃はまた朴妃の様子を見にやってきた。

だが部屋の中に彼女の姿はなく、出入りしたものもいないというのだ。

すぐに胡尚儀は皇太子妃と安貴妃のもとへ。

責任を押し付け言い争いを始めた二人を止め、胡尚儀は女官たちを総動員し捜索させることに。


鶏鳴寺。

朱瞻基は徐浜を連れて永楽帝のもとへ。

徐浜は「霊山寺にてお会いいただく、だが顔を合わせることはできない。本人である証は示す。」と伝える。

徐浜が去ると、朱瞻基は「遺児を赦免してください」と永楽帝に願い出た。

だが永楽帝は「それは私の役目ではない、私は遷都と異民族の平定ができれば満足、遺児のことはお前たちに任せる」という。


夜になっても朴妃は見つからない。

胡尚儀は尚儀局の長である自分が責任を取るとひざまずいた。

皇太子妃・張妍は「遺体が出てこなければどうするのだ」と聞く。

その話を聞いていた胡善祥は「遺体は用意できる」と口を挟んだ。


皇太子妃を送っていく胡善祥。

胡善祥は「皇太子に命を救われた恩がある、夜明け前に毒を飲むので朴妃の遺体として使ってくれ」と申し出た。

皇太子妃は「その忠誠心は生きてこそ役に立つ」と止める。


胡尚儀のもとに帰ってきた胡善祥。

胡尚儀は奥の部屋へ胡善祥を連れていき、勝手に責任を取ろうとしたことを叱責した。

感想:行方不明

この時代、神隠しとかすごい信じそうである。

ひと1人いなくなっただけでこの騒ぎよ。

え〜胡善祥への腹いせでどこかに隠れてるだけだと思うけどなあ。

簡単に出入りできるはずもないから、寝台の下に潜り込んでるとかさあ。

とにかく子供はできてなさそう、さすがに精子死んでるよ。

なに考えてんのかいまいちよく分かんない若微ちゃんでしたが、ようやく前を向いて進んでいく様子。

ただいなくなった聶興は後で出てきて足かせになりそうね。

これだから熱い男は嫌いだわ。

これからは料理洗濯裁縫掃除に子供の世話までして自分の身の回りのことは全部自分でこなす心のバランスもバッチリな男よやっぱ。いる…?

女の子と結婚した〜い。

第15話 上り始めた階段

朴妃失踪の責任を取るに当たり胡尚儀と胡善祥が言い争っていると、朴妃が見つかったとの知らせが届く。そして再び皇太子妃からのお達しを携えた使者が現われる。一方、皇太子は永楽帝の機密の任務を負っているという朱瞻基に、永楽帝に全幅の信頼を置くのは危険だと説き、瞻基とともに永楽帝に会いに行き、自分の想いを伝えるのだった。そのころ、孫若微たちは永楽帝と建文帝を引き合わせるための最終確認を進めていた。

第15話予告

ネタバレ

責任をとって自害するという胡善祥。

胡尚儀は「お前には生きてほしい」と本心を吐露した。

2人はお互いの気持を知り涙している。

そこへ皇太子妃の使いが来て「事は済んだか」と焦らせる。

胡尚儀は怒鳴りつけ「胡尚儀はもう死んだと伝えろ」と追い返した。

胡善祥は生き残るため「鶏鳴寺にいる女性を調べてほしい、姉に似ている気がする、最後の望みだ」と話す。

その頃、安貴妃は物音で目を覚ました。

部屋にあったタンスを開けると、中では朴妃が眠っていた。

朴妃は「あの晩陛下は、私に触れていない」と泣き出してしまった。

夜が明けて、また皇太子妃の使いが来る。

胡尚儀は覚悟を決め「私の腕なかで育った子に生きてほしい」と部屋を出ようとする。

だが、胡善祥はしがみつき離れない。

そこへまた使いが来て「朴妃が見つかった」と告げた。

胡尚儀は胡善祥を突き飛ばし出ていく。

朝になって戻ってきた皇太子妃。

のんきに犬と遊んでいた皇太子に当たり散らす。

すると「瞻基が父上に届けたのは、私が飲んでいた咳止めの薬だ」と笑う。


胡尚儀に会いに来た胡善祥。

胡尚儀は「妃の管理は私の努め、失態があれば償う」と話し、胡善祥が出世欲に駆られ事件を利用し皇太子妃に取り入ろうとしたことを叱責した。

そこへ皇太子妃の使いが、

「胡善祥を尚儀局副署に封じ、浣衣と食事の管理を任せる、屋敷も与える」

胡尚儀は「もし妃に選ばれれば血縁がないと露呈し殺される」と引き止める。

だが胡善祥は拝命してしまった。

朱瞻基が皇太子府に戻ってくる。

のんきな父に、朱瞻基は「機密の任務についている」と得意顔で話した。

建文帝との密会で朱瞻基が人質になると知った皇太子は慌てふためき出かけていく。


鶏鳴寺。

皇太子は謁見を申し込んでこいと朱瞻基を急かす。

だが朱瞻基は「私が人質になるのだから、建文帝を殺すことはない」と笑っている。

皇太子は「父上が守りたいのは皇帝の座だけ、お前の命などなんでもない」と真剣だ。

胡善祥は官服を身に着け、皇太子妃に謁見した。

どうやら皇太子妃は頭の固い胡尚儀ではなく、その娘を取り込み利用する気らしい。

胡善祥は宮中で育ち学んだ事を最大限に発揮し、皇太子妃の問いに答える。

だが「ある女官が秀女になりたいと皇太子にねだったとき、私は同じ部屋にいたの」と告げられた。

胡善祥の思惑は皇太子妃に筒抜けだったのだ。

皇太子妃は「出自を隠し、不祥事は起こさないこと」と胡善祥に忠告した。


皇太子と朱瞻基は永楽帝に会う。

永楽帝は皇太子が聖人であると理解しながらも、いつか謀反を起こすのではという疑念がはらえない。

皇太子の最近の行いを並べたてると、怒鳴り散らした。

皇太子は「体の弱い私を休ませるため弟を監国にされた、私は父上の子でいられれば満足です。しかし朱瞻基のことは信用してほしい。この子は朱家の希望、それなのに人質にすると聞きました。その気まぐれが変わらないのなら、私は謀反を起こすでしょう」

永楽帝は気が抜けたようになり去っていった。

骨董店。

若微と孫愚と徐浜は、建文帝と永楽帝を引き合わせるため最終確認をしていた。

孫愚は若微も徐浜も割に合わないことで命を落とすのでは…と作戦の危うさを口にする。

だが若微はすでに覚悟を決めていた。

感想:気まぐれ

おじいちゃんの気まぐれ^^で済む話かーーーーい!!!

ちゃぶ台持ってこ〜い!!

人間不信っていうかもうカウンセリングが必要なレベルの精神疾患では?

和尚はカウンセラーじゃないの?何一緒に遊んでんの???

もうね、毎回毎回、永楽帝が何考えてんのか訳わかんなくなって視聴者は大混乱なんですけど大丈夫なんですかこれ。

「みんな仲良くしような!」って誓わせたと思ったら、次の回で「どうせお前も謀反!むほーん!」って…

しかも皇帝の座にしがみついているときた。

なんかね、朱瞻基が殺すのは叔父じゃなくて祖父なんじゃないかって気がしてきたよ。

次回、16・17・18はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。