( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

🌝ミーユエ〜王朝を照らす月〜|第29話・第30話・第31話あらすじ・ネタバレ感想|華公子がマザコンでたまらん

こんばんわ~!みるこです!

ミーユエ〜王朝を照らす月〜のあらすじとネタバレ感想の記事です。

今回は29話から、えんとの婚姻同盟の話が持ち上がったものの相手が50の燕王で大公主がガチギレ、ユエは親友のために奔走するも…からの続きです。

独占見放題

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

ミーユエ|第29話「公主の宿命」あらすじ・ネタバレ感想

ビシュの寝殿を訪れた大王との間で孟エイの縁談が話題になるが、ビシュは大王に同意するだけだった。絶食して結婚に抗議する孟エイはミーユエを伴いエイ夫人を訪ね、大王の説得をお願いするが、逆に諭されてしまう

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第29話のネタバレ

サクッとネタバレ
泰王たいおうは大公主の縁談の件でユエを避けている。

しゅのもとを訪れるが政治に関しても、食の好みに関しても、あまり気が合わない。

ユエに頼まれていた大公主の婚約破棄についてしゅは泰王の意見に同意するだけ。

大公主は絶食し抗議するも状況は変わらない。

えい夫人に助けを求めるも王族して生まれたからにはそれを受け入れなければならないと逆に説得されてしまう。

嫁ぐことを受け入れた大公主はユエに後宮での暮らしに気をつけるよう助言し出宮符しゅっきゅうふを作ってくれた。

そしてえんへ出立していく。

そのころ秦の市場で計算がわからず言い争いになっていた現場に黄歇こうあつがやってくる。

黄歇こうあつはその場をあっさり収め、それを見ていた庸芮ようぜいの屋敷に招かれる。

そこでユエが泰王の寵愛を受け羋八子びはっしとなったことを知るのだった。
細かくネタバレ

  1. ユエを避けてしゅのもとに訪れはじめた泰王だが、しゅはユエを思うからこその行動だと理解している。
  2. 張儀ちょうぎの新しい策を「国のあり方を論じるためのものを博打のように扱うなど不謹慎」と批判したしゅは、ユエとは違うユエなら賛同するだろうと泰王から比較するような言動をとられる。
  3. ユエから縁談について泰王に頼むよう言われていたしゅだが、あっさりと同意してしまう。
  4. 大公主は絶食して婚姻に抗議している。叔母・嬴夫人のもとを訪れ婚約破棄を頼んでくれるよう求めるが、かつて大公主と同じように身を犠牲にして魏に嫁いだ嬴夫人は「秦の公主である以上受け入れるしか無い」という。
  5. 「国を失えば命さえ失いかねない」王族として生まれた矜持を嬴夫人はユエに語る。
  6. 大公主は燕王に嫁ぐ覚悟を決めて、ユエに出宮符を用意してくれる。
  7. 黄歇こうあつは秦に到着し庸芮ようぜいと出会っていた。そこで黄歇こうあつはユエが泰王の寵愛を受け羋八子となったことを知る。
  8. 大公主は燕へと出立した。
  9. 楚のじゅう威后いこうの妨害にあって領地を得られないという、冉もじゅうもまだまだ心配が尽きない。

叔母上は怪しいの?怪しくないの?

おば上がいつも見てるのって魏の舞だよね?なんか含みがあるような…

「今は楽しまないとたちまち老いてしまう」という意味の舞…

まいどまいどいい人がみんな裏切り者になるからうがった見方しかできなくなってるwまあそれも一献というか。

黄歇こうあつがやっと戻ってきたのにすでに他の男のものになっていたユエ、さてここからどう出るのか。

ミーユエ|第30話「変転」あらすじ・ネタバレ感想

秦王はミーユエに、討論の日には男装を条件に参加を許可した。威后いこうが亡くなり、威后いこうへの想いが異なるビシュとミーユエの間に距離が生じる。公孫衍こうそんえん義渠ぎきょ王に貸した符節は庸セイが買い戻したことを知る。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第30話のネタバレ

サクッとネタバレ
大公主の一件以来久々に泰王たいおうに対面したユエは不機嫌。

だが王后おうこうの書物の整理が終われば次は自分の書物と上奏じょうそう文の管理を任せたいと頼まれ機嫌が良くなる。

泰王はユエに男装をさせ四法館しほうかんという討論の広場にやってくる。

その熱気に好奇心を隠しきれないユエ、泰王はユエが討論に参加することを許可する。

その頃、黄歇こうあつ庸芮ようぜいのもとで手伝いをしていた。

頼み込み宮中へ参内してユエに会えるよう官吏かんりに声を掛けるがうまくいかない。

さらにから威后いこう逝去の知らせが届く。

嘆き悲しむしゅとは対象的に弔いにも来ないユエ、しゅはまた自分との思いの違いを実感する。

符節ふせつが泰王の手に渡ったことを知った公孫衍こうそんえんは泰を脱出する計画を立てる。

すんでのところで樗里疾ちょりしつが止めるも、泰王は褒美を渡して見送ってしまう。

優秀なものを罰するよりもあえて逃がすことで人心を掌握しょうあくしようと言う算段だ。

公孫衍こうそんえんが居なくなったことにより、王宮にいるの人間が処罰されることになった。

細かくネタバレ

  1. ユエは久々のお召に反抗的な態度。もう機嫌を直してくれと頼む泰王は、自分の書物と上奏文の管理をユエに任せることに。
  2. 黄歇こうあつは黄欠という名で庸芮ようぜいに仕えていた。
  3. ユエは秦王とともに変装をして四方館に出向く。そこでは名だたる者たちが討論を繰り広げており、ユエは1日と15日にここへ来ることを許される。
  4. 同じ頃、しゅのもとに威后いこう逝去の知らせが。しゅは痛く悲しむが、ユエは弔いの場には現れない。ユエは口にだすことはなくとも威后いこうのことを恨んでいた。
  5. 公孫衍こうそんえん庸芮ようぜいが符節を買い取ったことを知る。庸芮ようぜいが買い取ったとなれば泰王も知っているはず。公孫衍こうそんえんは泰を出ようとするも樗里疾ちょりしつに引き止められる。しかしそこに穆大監ぼくたいかんが現れ「遠出の旅に出ると聞いた、功績を讃え千金を贈る」という。さらには庸芮ようぜいが買い戻した魏の符節まで。
  6. 泰王は同じ夢を見てきたものであること、損得を考え人心を掌握することを選んだ。
  7. 魏夫人は魏長使に思い出話をする。息子を頼むと言われた魏長使は自分の符節を夫人の部屋にそっと隠し去る。
  8. 魏から来たものはすべて処罰されることに。しかし魏長使の符節により魏夫人だけは罪を免れた。
  9. 後宮に敵が居なくなったしゅは恨みがはらされたと喜ぶ。威后いこうがなくなりゆえと疎遠になっていることを気にして宴を開くことに。

威后いこうが死んでしまった

あの涙の別れが最後になったのかあ。いいとこ取りじゃん。今後は威后いこうの意志を玳瑁たいぼうが継いでしゅも化けていくのね。お悔やみ。

しかし葵姑きこの残酷で血も涙もない女も死ぬんですね!みたいな態度に笑った。老けメイクでどんどん老いていくけどすごい美人だわ。

さて次回、魏夫人はどうなるのかね、美人だから好きだけど。

ミーユエ|第31話「血書」あらすじ・ネタバレ感想

魏夫人は血書を携え大王に拝謁を請うが拒絶され、華公子と共に宮殿の外で一日中ひざまずく。その頃、魏長使自害の知らせが届き、心を痛めた大王は魏夫人を許す。一方、ビシュは魏長使の遺児を引き取る意向を明かす。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第31話のネタバレ

サクッとネタバレ

夫人は血書を持ち泰王に謁見えっけんできるまで跪く。

息子の公子もそばに。2刻が過ぎた頃、魏長使が自害したと知らせが入る。これに同情し泰王は魏夫人を許すことに。

敵が居なくなったしゅしょう氏に立太子を進めるべきと言われるがユエはもっと物心がついてからと止める。気持ちのすれ違いが始まっていた。

四法館しほうかんでユエを見つけた黄歇こうあつは声をかけようとするもその場に居合わせた張儀ちょうぎによって阻止される。

今は幸せなのだから会うべきではないという張儀ちょうぎの話を黄歇こうあつは聞こうとしない。

瀬戸際に立たされた魏夫人は、穆大監ぼくたいかんから泰王が魏討伐に向けて動いていることを知らされる。息子の公子を魏討伐の将軍とする上奏文を書き、狂ったように笑っていた。

細かくネタバレ

  1. 魏夫人は血書を携え拝謁が叶うまで寝殿の外で跪くという。
  2. 華公子はユエに母の罪を詫びる。そして母の元へ行き同じように膝をついた。
  3. 樊少使はんしょうしの転落が魏長使の仕業であることが判明する。魏長使は自害してしまう。これに同情し泰王は魏夫人を許す。
  4. 魏長使の自害を知り嘆き悲しむ魏夫人。侍女も拷問で亡くした魏夫人を、息子・華公子が守り支えていくと誓う。
  5. 魏長使の息子・荘公子はしゅが引き取ることに。立太子の話も出るがユエはもっと物心がついてからにするべきとしゅを止める。
  6. 四法館にユエ・黄歇こうあつ張儀ちょうぎ庸芮ようぜいが集う。ユエを見つけた黄歇こうあつは声をかけようとするが張儀ちょうぎに阻止されてしまう。張儀ちょうぎは「ユエはようやく幸せを掴んだのだから邪魔をするな」という。
  7. ユエは昔の誓いを思い出していた。黄歇こうあつを殺したものに復讐したら王宮を出るというものだ。
  8. 魏夫人はユエを待ち伏せし頭を下げ生きる道を与えてほしいという。だがユエはもはや敵ではないと取り合わなかった。
  9. 魏夫人は穆大監ぼくたいかんに玉を贈るも、泰王が魏を討伐しようとしているという事実を知らされる。
  10. さらに華公子を魏討伐に赴かせるための上奏文を書く。

髪下ろすとめっちゃ美人

ごめん魏夫人…私ちょっと…思い出話でしんみりさせて妹に符節置いていけよって脅したのかと思ってた…ほんとにあのどこもいいところがない妹愛してたのね…

莒姫きょきが死んで以来なんかあんまり好みの美女がいないなあと思ってたら魏夫人髪の毛下ろして薄いメイクだとめっちゃかわいいじゃん。

そして私が好きな女はみんな不幸になる…なんでなのか…

今回の見所は黄歇こうあつより何より華公子!かっこよかった。律儀だし優しいしお母さんちゃんと大事にするし、でも退場フラグ…?