( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

🌝ミーユエ〜王朝を照らす月〜|第62話・第63話・第64話あらすじ・ネタバレ感想|姝がどんどん邪悪に

こんばんわ~!みるこです!

ミーユエ〜王朝を照らす月〜のあらすじとネタバレ感想の記事です。

今回は62話から、黄歇こうあつとの再会を待っていると、家に役人が押しかけ宝物を盗んだ罪を着せられる。五婆も捕らえられていて仲介をした人物は逃げたというが…の続きです。

独占見放題

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

ミーユエ|第62話「逃走」あらすじ・ネタバレ感想

廷尉右丞がミーユエたちを連行しようとしたところへ黄歇こうあつが現れた。貞が右丞に刺されたため、救援に駆けつけた義渠ぎきょ君や民衆も交えた大乱闘となり、右丞は命を落とす。ミーユエたちは急いで薊を脱出するが…。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第62話のネタバレ

細かくネタバレ

  1. ユエは役人の廷尉右丞に立ち向かうが全く聞き入れない。そこへ黄歇こうあつがやってきて証拠がないと問い詰める。すると今度は葵姑きこが作った毛皮の外套を持ち出し、こんな高価なものはお前たちのものではないとまで言う。
  2. 怒った稷が外套を取り返そうと飛びかかるも蹴り飛ばされ、それに怒った貞は廷尉右丞の腕に噛み付く。しかしすぐに払われ腹を刺されてしまう。
  3. ユエが殴りかかったのを皮切りに、さらには義渠ぎきょ君まで現れ大乱闘。右丞と貞はこの乱闘で死んだ。
  4. すぐに追ってをかけたいんだが義渠ぎきょ君に守られユエは燕の都を出る。
  5. 菱児は蘇秦そしんにすべてを話しユエと稷を救ってくれるよう頼む。
  6. 野営をし焚き火を囲う三人、義渠ぎきょ君は黄歇こうあつの特別な思いに気がつく。
  7. 黄歇こうあつはユエに張儀ちょうぎが魏に戻り病死したことを話す。そしてじゅうからの文も渡し、楚に帰ってこないかと提案する。
  8. 宰相にすべての報告が行く。宰相・郭隗かくかいはユエの知略に感心し、令符を勝手に持ち出し使用したいんに憤るとすぐに都に戻った。
  9. 朝になった。義渠ぎきょ君は楚に行くのは危険だと諭すがユエは弟の待っている祖国に帰りたいと望む。

黄歇こうあつの純愛をもう受け入れられない女になった

なんだか悲しいなあ。黄歇こうあつも変わっているはずなのにユエを愛する部分は未だに大切にし続けている。でももう絶対に交わらないんだなと今日の展開を見て思ってしまった。

いんは飾り立てすぎて面白いことになってるけどそれでいいのか?華美に装うあまり度合いがわからなくなっておかしくなってるってことなのかな?誰も教えないもんね。

さてはて私怨の果てに何が起こるのか

ミーユエ|第63話「私怨の果て」あらすじ・ネタバレ感想

ミーユエ一行が国境の田将軍と対峙しているところへ易后が現れた。同じく到着した郭隗かくかいからの進言で、ミーユエたちは国境の宿場に宿泊することとなる。郭隗かくかいは易后に辞意を伝え、後任に蘇秦そしんを推薦した。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第63話のネタバレ

細かくネタバレ

  1. いんがユエを追って着いた宿には郭隗かくかいが先回りしていた。「燕のためにしたことなのにあんまりです…」と泣くいんに、私怨を晴らすべく権力を乱用したのだろうと郭隗かくかいは問い詰める。これ以上勝手なことをするなら脚を切るとも。
  2. 郭隗かくかいはすぐに人質を捕らえに向かった田将軍に文を書く。いんはその文を届ける使者に食事をとるよう言うと、「危害を加えぬよう」の部分を削り「その場で殺せ」と書き換えた。
  3. 斉との国境で燕の兵士が待ち伏せしていた。ユエは死を覚悟し隊列に突入する、しかしその寸前、易后が間に割って入り助かる。
  4. 郭隗かくかいもやってきて、燕を出る前に国境の駅館で話をしてはどうかと提案する。
  5. この不祥事と己の知力の限界により宰相を辞任したいという郭隗かくかいは後見に蘇秦そしんを指名した。さらにこの好機、稷を泰の大王にすることで燕が力をもつことが出来ると提案する。
  6. いんが書き換えた文に郭隗かくかいは気づいていたらしい。
  7. 翌日、易后はユエを客人としてもてなしている。厨房を見に来た郭隗かくかいは、給仕をする女の1人が金細工のかんざしをしていることを見咎める。
  8. 易后はユエを燕に留めるよう説得するが、黄歇こうあつを二度と傷つけたくないと譲らない。
  9. いんは自分が指示した毒を飲み死んだ。菱児が密告したのだ。
  10. ユエが楚に帰ることでもう送っていく理由がなくなった義渠ぎきょ君は帰路につく。虎威は「助けが必要なときは咸陽の城東、毛皮商を訪ねてください」と言い残す。

あっけない最後

それで終わり!?もっとこう苦しんで死ぬのかと…?

中の人の演技力もあるんだろうか、なにかこうぐっとくるものがなかった。今までユエにしてきたことを考えればもっと凄惨な最期でも良かったんじゃないか?と思いつつ、母を自殺でなくした生い立ちを考えるとなあ。

南無!

ミーユエ|第64話「分かれ道」あらすじ・ネタバレ感想

ミーユエらが楚へ赴く前日、駅館に来た庸ナイが秦の窮状と遺詔の存在を明かし、稷を新王に立てるべくミーユエに帰国を促す。エイ駟と交わしたある約束を思い出したミーユエは、黄歇こうあつと別れて庸ナイと秦へ向かう。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第64話のネタバレ

細かくネタバレ

  1. 楚に向けて出立しようとしていたユエのもとに庸芮ようぜいが駆けつける。稷を新王として迎えるよう嬴夫人に命を受けている。
  2. 恵后はお飾りの王を立て朝廷の実権を握るつもりで、華公子は守旧派を味方に領土で力を蓄えているという。咸陽では王后派と華派で勢力が2分し、巴蜀では反乱が再発、義渠ぎきょ軍も挙兵した。泰の自滅は目前である。
  3. ユエは庸芮ようぜいの口から「先王の遺詔は稷に王位を継がせる」という内容だと聞かされる。
  4. 黄歇こうあつは秦に戻れば苦労をすることが目に見えていると庸芮ようぜいに喰いかかる。国内に味方は庸芮ようぜい樗里疾ちょりしつ、司馬将軍、冉くらいしかいない中でどう戦えというのだと。
  5. 深夜、ユエは秦王との思い出を、そして二人で目指そうとした夢を思い出していた。
  6. 翌朝、黄歇こうあつに微笑みかけそっと頬に手を当てると何も言わず秦への馬車に乗り込んだ。ユエは馬車の中で泣きじゃくる。
  7. ユエが帰国すると言う情報が各所に広がってゆく。冉は恵后の設置した関所を破り、ユエを守った庸芮ようぜいと落ち合う。
  8. 北の離宮で嬴夫人に再会するユエ、遺詔は嬴夫人が肌身離さず持っていた。これは恵后ととうが愚かでなければ世に出なかったものだ、あなたは本当は不本意なのでは?と聞かれ、ユエは天命に従うと決意を語る。
  9. 北の離宮に兵が攻め入る。歩けぬ自分は足手まといだと嬴夫人は自分をおいていけと庸芮ようぜいに別れを告げる。

また庸芮ようぜいを選べないのかあ…

3度めの正直…とはもう行かないまでユエは多くを学んだんだなあ。

覇星として生まれどれだけの人が邪魔しようとも天命からは逃げられなかった。

ここで言えないけど、ネタバレに気がついてしまった。ユエと嬴夫人が再会して場面変わって二度目の時にアレが移動してる。アレがアレってこと?わからん。