【大明皇妃・全62話】46・47・48話のあらすじとネタバレ|バカボン

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「大明皇妃〜Empress of the Ming〜」(全62話)についてあらすじ全話とネタバレと感想を書いていきます。

ドラマの中で描かれるのは一人の女性の波乱と慈愛に満ちた一生、ドラマティックな人間模様と本格的な歴史考察をお楽しみください。

DVD情報

配信情報

U-NEXT独占配信ヽ((ミ゚エ゚ミ))ノ

大明皇妃の登場人物とキャスト

  • 孫若微そんじゃくび…本名:景若微。靖難せいなんの役の混乱時、若微の両親は孫愚に娘を託した。
  • 胡善祥こぜんしょう…本名・景蔓茵。若微の妹。孫愚に預けられるが混乱の中はぐれてしまい、皇太子・朱高熾と朱高煦に助けられる。胡尚儀の養子として育つ。
  • 朱瞻基しゅせんき…永楽帝の孫。父は皇太子・朱高熾、母は張妍。
  • 孫愚そんぐ…若微の親に救われた過去から、その娘を助け育てる。将軍をしていた。
  • 聶興じょうきょう…靖難の役で都を追われた者の一人。熱血。
  • 徐浜じょひん…靖難の役で都を追われた。若微に寄り添う。
  • 永楽帝えいらくてい朱棣しゅてい。甥であった建文帝を討ち皇帝になる。
  • 朱高熾しゅこうし…永楽帝の長男であり皇太子。慈悲深く体が弱い。肥満体型。
  • 朱高煦しゅこうく…永楽帝の次男。漢王。腕っぷしが強く思い切りがいい。
  • 朱高燧しゅこうすい…永楽帝の三男。趙王。従順に見えて狡猾。
  • 張妍ちょうけん…皇太子妃。弟がいる。
  • 胡尚儀こしょうぎ…尚儀局を管理する役人。胡善祥を引き取り冷たいながらも、愛情を持って育てる。
  • 建文帝けんぶんてい…どこかに逃げ延びたらしいが…?
  • 于謙…科挙に合格した才人、変人。朱瞻基と若微の力になる。
  • 楊士奇…老臣。明のために永楽帝の代から官吏として尽くしてきた。
  • 朱祁鎮…正統帝、朱瞻基と若微の息子。
  • 朱祁鈺…景泰帝、朱瞻基と蔓茵の息子。
  • 王振…朱祁鎮のお気に入り宦官。

大明皇妃のネタバレあらすじ46話から48話まで!


第46話 「新たな戦いの始まり」

克倹の行う略奪は、オイラトとの衝突を招いていた。若微は戦争を回避しようとするが、皇帝・祁鎮やその取り巻きはなかなか同意しない。そんな中、略奪を繰り返す克倹がエセンの娘・チムグによって捕らえられる。将軍・陳文栄(ちんぶんえい)は、オイラトに使者を送り克倹を解放するようエセンに求めるが、克倹に対する遊牧民の恨みは深く、エセンは明との決戦を覚悟の上で、克倹を殺す。克倹の死を知った祁鎮は、オイラトとの決戦に挑もうとする。

張妍の寝殿。

張妍は若微に女狐のつがいを贈って「弟の誠意」と話した。

若微はその弟が武装して遊牧民を襲っていると真実を話す。

張克倹が太皇太后の弟であるため官吏は訴えることも出来ず、オイラトは略奪が続くなら戦うと宣戦布告をしてきていた。

若微は賠償をして戦を回避したい考えだ。

2人は言い争いに。

若微は「すぐに呼び戻せば命は保証する」と言って立ち去った。

王振の屋敷。

王振のもとに徐有貞、王蔵武、李一奇が集まった。

養子となって出世を確実なものにしようというのだ。

貢物を受け取った王振は息子たちに微笑みかけた。

皇宮。

楊士奇たちは朱祁鎮(正統帝)に「オイラトが略奪を繰り返し、禁止されている鉄の売買をしている」と話す。

話を聞いていた朱祁鎮は「賠償したら臆病者と思われるではないか〜」と戦を提案。

楊士奇がなだめていると、太監 喜寧が「中華を侵略するものに天誅を」と突然叫ぶ。

影で話の行方を見守っていた若微が姿を表し、「明は孝行を重んじる国」と喜寧を叱りつけた。

草原。

その頃、張克倹はこりもせず配下を連れて略奪に繰り出していた。

しかしエセンの娘 チムグにやり返され捕らえられる。

若微の部屋。

若微は朱祁鎮を呼び出し先に謝罪した。

そして皇帝とはどうあるべきか話をする。

安易な戦は国にとって幸いをもたらさないこと、仁政には戦争を抑制する力もあること。

下の者になにかされても喜んではいけない、表情に出さない、軽視された時こそ嬉しがらなければいけない。

感情を隠すのは利用されないため、不満があっても表情に出さないのは臣下の発言を抑制しないためだ。

真剣に話す若微だが、朱祁鎮はじっと座っていることさえできない。

大同城。

張克倹がオイラトに捕らわれ、大同城の陳文栄たちは焦っていた。

そこで金銀や物品を差し出し交渉することに。

しかしオイラトのエセンは「交易を再開すれば考えるが、それでも代価が少なすぎる」と聞き入れない。

他の部族の男たちは「殺さなければ示しがつかない」と反発。

そこでエセンは「明が攻めてきた時全力で援軍を送る」と約束させ張克倹の処刑を決めた。

張克倹は家族を虐げられた遊牧民にボコられる。

そして首を切られ箱詰めに…エセンはそれを大同城へ贈らせた。

皇宮に張克倹の生首が届く。


感想:いじわるばあさん

人は正常な判断ができなくなったら現役を退きましょうね。

でも当の本人は正常だと思ってるんだからどうしようもないか。

もうこのドラマの中の国も自分の国も嫌になっちゃうわよ〜。

さて、朱祁鎮があっという間に大きくなりました。

奸臣に洗脳されているならまだ救いようがあるのだけど、底なしの馬鹿のようなのでどうしようもありません。

朱祁鈺の仕上がりはどうなんだろうか…

胡善祥がなにか恨みを持って育てていないとも限らないし、朱瞻基が死んだあたりで終わったほうが良かったんじゃないのこれ。

第47話 「深まる溝」


祁鎮は皇帝とはいえ自分の思うように政を行えないことにいらだちを覚えていた。戦を経験してこそ真の皇帝といえると考えた祁鎮はオイラトへの親征を申し出るも、若微に今回の戦はするべきではないと反対されてしまう。そんな中、張妍は祖廟(そびょう)の前で、若微が女帝の座を狙っていると先祖たちに泣きながら訴える。そして翌朝、祁鎮の本心だという言葉を若微に聞かせる。若微はその内容に大きな衝撃を受けるのだった。

皇宮。

弟の死を知った太皇太后 張妍は自分も死ぬと騒ぎ出す。

さらに朱祁鎮(正統帝)は「先帝も親征したのだから、臣下を殺された仕返しをするのだ!」と言い出した。

太和殿に集う臣下は、太監 王振を買収して出世したイエスマンばかり。

楊士奇たちも諌めることが出来ない。

そこへ于謙が来て張克倹の略奪に関する文が何度も送られてきたことを朱祁鎮(正統帝)に教えた。

そして「明が先に攻撃したのだから賠償で責任を」といさめる。

だが朱祁鎮は「理由などいらない、明が正義」と聞き入れない。

于謙は激怒し「賊のための出兵が正義か(# ゚Д゚)」と怒鳴りつけた。

朱祁鎮は間違いを認められず、于謙に杖刑50回の罰を与える。

一部始終を聞いていた若微が現れ、それ以上惨事が起こらないよう散会させた。

皇帝の寝殿。

朱祁鎮は戦をする気満々で鎧を試着。

そこへ若微が来て于謙と話をするよう言う。

王振の屋敷。

その頃、王振は臣下を集め宴を開いていた。

その席で「陛下は戦を望んでいるので上奏してほしい」と頼みごとをする。

皇太后である若微は、朱祁鎮が数年後に婚儀を上げれば政に関わらない。

そのため臣下は朱祁鎮の寵愛を受けた王振に媚を売った。

王振はそれを利用し、朝廷を意のままに操る。

皇宮。

若微は楊士奇、楊溥、楊栄に加え于謙を呼び「なぜ先に奏上で伝えなかったのか」と叱責する。

臣下に過ちを認めさせてから、朱祁鎮をなだめようとしているようだ。

于謙は若微の遠回しな策に苛立ち「陛下を寵愛するがために国を上げて戦をすれば大きな不幸を呼びます!」と怒鳴った。

若微の計画は台無しだ。

若微は楊士奇に于謙を任せることにした。

太皇太后 張妍の寝殿。

若微は太皇太后 張妍のもとへ。

家具を高く積み上げ、白綾を吊るして自害の準備をしていた。

張妍は朱祁鎮の本心を若微に教えた。

「陛下はあなたが皇帝だと言っているわよ、本当に皇帝になるのは母が死んでからだと」

祖廟。

張妍は祖廟の前で「皇太后に罰を」と訴えた。

すると雷が鳴り始める。

張妍はその雷がご先祖様の来訪だと言って騒いだ。

騒動の翌日、若微は倒れてしまった張妍に付き添っている。

張妍は祖廟の前で騒いだのも、白綾を結んだのも朱祁鎮(正統帝)の提案だと話した。

張妍は母子を争わせたいようだ。


感想:赤ちゃんだからわかんなあい

…なんにもわかんなあい(‘∵`)

イライラするので何もわからないふりをするしか…いらいら…わかんなあい…

若微は一体どうしちゃったのさ?父母を殺された恨みにはそこまで固執しなかったように感じたけど、やっぱり自分の産んだ息子ちゃんは可愛いの?

可愛いのはいいけどそれを皇帝にして、皇帝の器がないのを分かってて見て見ぬ振りしながら裏で女帝やってたんじゃそりゃ言われるよ。

今回は若微の味方も張妍の味方もしたくないな。

于謙だけがはっきり物を言ってくれたのに結局追い出さなくちゃいけない状況になるし。

張妍ばあさんは自分のせいで弟が死んだようなもんなのに八つ当たりしないでください。

第48話 「オイラトへの親政」


若微は祁鎮の語る本心に衝撃を受けるも、祁鎮の意を受け入れオイラトに送り出すことを決意した。若微は3人の楊閣老(ようかくろう)に万全の策を立てさせ、祁鎮の身を守らせることに。しかしそれを知らぬ祁鎮は、勝手に行程を変更。さらに名声を気にし、あぜ道しか通らぬように兵に通達していた。将軍の樊忠(はんちゅう)は、進軍が遅いことに焦り陛下のもとへ行くも会ってもらえない。その頃オイラトでは、明の戦略がすべて明らかになっており徴兵が進められていた。

皇宮。

朱祁鎮(正統帝)がいつものように楊士奇の講義を受けている。

じっとしていられず、話をまともに聞いていない。

そこへ若微が現れた。

朱祁鎮は母の顔色を伺い真面目な態度になる。

講義の後、若微は朱祁鎮を呼び「お前は双方を挑発した、太皇太后は母子の仲を裂きたいだけだ」と叱責する。

若微の叱責は止まらない。

「偉大だった曽祖父、祖父、父に比べお前に何がある

私が死ねばお前も終わり、親征するかは自分で決めろ

他の皇族たちは皇帝の座を狙っているぞ」

朱祁鎮は「本当の気持ちを言わなかったのは言えば不機嫌になるからだ」と本音を漏らした。

その夜、若微は朱瞻基の幻を見る。

「あの子を諭して」とすがるが、何も言わず消えてしまった。

石灰窯。

楊士奇は于謙を郊外の郊外の石灰窯につれていく。

「労働はしなくてもいい、生き延びろ」と言って立ち去った。

皇宮。

若微は体調を崩して風邪を引いてしまった。

寝込んでいるところへ3人の楊閣老を呼び出し、朱祁鎮の身の安全について相談する。

楊士奇たちは三営の精鋭を随行させれば安全、50万の大軍を率いれば戦にもならないはずだと話した。

大軍を率いるにも金が必要だ。

若微は国庫の状況を鑑みながら「戦にならなくても視野が広がればいい」と親心を語る。

その頃、朱祁鎮は「血肉を裂いて煎じる」と小刀を手にしている。

そこへ若微がやってきて「親征に行っても構わない」と許可を出した。

出陣の日。

若微は自ら息子を見送る。

朱祁鎮は話を最後まで聞かず飛び出していった。

オイラトへの親征には王振も同行。

王振はこれまでに集めた大量の金銀に宝飾品を養子たちに運ばせている。

故郷に立ち寄りそれを親族に見せたいようだ。

王振は朱祁鎮をそそのかし、事前に決まっていた行程を独断で変更させる。

変更により軍は悪路を進むことになってしまった。

皇宮。

若微は息子の身を案じて気もそぞろ。

そこへ「船が戻った、徐浜も上陸している」と知らせが入った。

若微は喜びすぐに面会できるよう頼む。

皇宮。

将軍 樊忠は行軍のスピードが遅いことにいらだっている。

その原因は朱祁鎮の命令にあった。

朱祁鎮は民情を視察するため王振の故郷に立ち寄りたいと言い出し、その道中 名声を損ねないため田んぼを踏んでは行けないというのだ。

樊忠は「早く到着しなければオイラトの奇襲を受ける」と焦っている。

オイラト。

その頃、オイラトではウリヤンハイが兵を出さず揉め事が怒っていた。

しかし、明の大軍がおかしな進軍をしていると情報が入る。

明軍の行動はオイラトに筒抜けだ。

火器は後方にあるため、奇襲をかければ援軍も間に合わないだろう。

話を聞いたウリヤンハイは兵を出すことを決めた。


感想:バカ息子

馬鹿…というより…なあ?

まあいいや、仕方ないので開き直って見ていきます。

相関図を見ると張克倹をボコったエセンの娘が朱祁鎮(正統帝)と恋に落ちるみたいなので、そのへんの展開を楽しみにしておきます。

だってあんなに勇ましい子が、ぼんくら脳なしバカ息子に惚れるって一体何が起こるのよ。

次回、49・50・51話はここから!

全話一覧記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。