( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

🍑永遠の桃花(ふりがな付き)|16話・17話・18話のあらすじ・ネタバレと感想|ディズニーランドでハネムーン

こんにちわ、みるこです

今回は「永遠の桃花」16話から!

夜華やか白浅はくせん素素そそと名付け夫婦になり、白鳳九はくほうきゅう東華帝君とうかていくん司音しいん墨淵ぼくえんのことを根掘り葉掘り聞かれそうに…そんな時、素錦そきんの祝宴のため一泊で各部族のもとへ出向かなければならなくなり、夜華は素素を一人にしてしまう…からの続きです。

初回登録で無料見放題あり

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

永遠の桃花|第16話「夫婦の約束」あらすじ・ネタバレ

サクッとネタバレ

臙脂えんじは監禁されていた離怨りえんを助け逃した。離怨の母親は鮫人こうじん族だ、そこへ逃げ込み挙兵でもされれば大事になる。

夜華やか素錦そきんが首領たちに面会しているすきに素素そそのもとへ戻る。夜華の部屋に残った連宋れんそうは素錦が尋ねてきて慌てるが、部屋の電気を消すことで難を逃れる。

俊疾しゅんしつ山に戻った夜華は素素を探す。暗い森の中に一人で座っていた素素を見つけ抱きしめる。人間界ではあっという間に半年が経っていた。

幾月か過ぎ、夜華はまた1年か2年、いかなくてはならないと素素に告げる。夜華は素素に銅鏡を渡し、これに話しかければいつでも会うことができると教える。そしてまた姿を消した。

夜華はこれ以上素素を一人にしないため、連宋と相談し鮫人族との戦で死を装うことに。祝宴では素錦の手助けもあり、鮫人族との戦に首領たちの協力を得られることになった。

天君てんくんの許しを得て夜華は長海に向かうことに。長海水君ちょうかいすいくんと鮫人族を仲違いさせ戦の口実を付けるためだ。

白鳳九はくほうきゅうが果物を食べているところへ東華帝君とうかていくんがやってくる。どうやらその果物で酩酊している白鳳九は素直に東華帝君に甘え始めて…

成玉元君様と連宋殿下

いい人過ぎない!??大丈夫!?中国ドラマにこんないい人がいていいの!?

一度恋仲になってだめになってるってのがリアルでいいわ〜、その分影から人の恋愛応援してて赤面しちゃうよこっちは。

ディリラバが出てくる度に癒やされるけど、玄女と素錦は見たくないのである。今から素錦がどんな存在になるかわかりきってるし…えぐ…

さあ気になるんで続きを行きましょうね。

永遠の桃花|第17話「長海への旅」あらすじ・ネタバレ

サクッとネタバレ

東華帝君とうかていくんは失魂果を食べ酩酊した白鳳九はくほうきゅうを侍女の部屋まで連れてくる。白鳳九は意識のないまま東華と名を呼び引き寄せた。その後、東華帝君は酔い覚ましの薬を三杯飲ませてやったらしい。鳳九は東華帝君はに恩が増えるばかり、とうとう司音しいんは叔母だと認めてしまう。

2年後、夜華やかが戻る。素素そその不安は増すばかりだ。一緒に連れて行ってほしいと頼む素素を夜華は連れて行くことに。手に入れていた玉清崑崙虚ぎょくせいこんろんせんも素素に返す。

旅の途中、二人は鮫人こうじん族に襲われるが、西海水君せいかいすいくんの次男、司音の兄弟子でもある疉風ちょうほうに救われる。夜華は疉風にだけ身分を明かすし長海に滞在する。

桃の花の香りが嗅ぎたいという素素を夜華は十里桃林につれていく。

緑袖りょくしゅう王女は夜華のことをひと目見て気に入ってしまう。

いつまで経っても見つからない白浅はくせん。狐族の家族は、擎蒼けいそうと争ったときの傷が癒えず洞窟で療養しているということにし、縁談を先延ばしにするが…

アリエル…的な…?

異世界に迷い込んじゃった感がすごい回だった。ディズニーランドなの?

海海言ってるから、ほんとに海の中で中華風の龍宮城みたいな?と期待してたのになんか違った。よくよく考えれば最初からロード・オブ・ザ・リングだったね。

メインカップルがジメジメしてるんで、鳳九が出てくると和んでいいわ〜。今日も囲碁の基盤の上にナッツだかなんだかの入れ物バーン!して呆れられてたし。その後、人に差し出したのに自分で食ってるし、可愛いな?

永遠の桃花|第18話「決戦前夜」あらすじ・ネタバレ

サクッとネタバレ

疉風ちょうほうの叔父である長海水君ちょうかいすいくんは跡取りがおらず戦に否定的、夜華やかは負傷兵たちを見舞い掌握する。時を同じくして、素素そその懐妊が発覚する。

離怨りえんは鮫人族の首領である叔父と面会し兵を貸してほしいと頼むが、手ひどく断られる。

水晶宮での宴には鮫人族の首領の息子・紅児こうじが出席した。緑袖りょくしゅうのことを気に入った様子。そこに、夜華が皇太子の身分を明らかにし君主としての役割を全うしない長海水君に檄を飛ばす。夜華は紅児の息子の首を首領に送り、開戦を予告する。

子供ができたことを心配した夜華は素素を俊疾しゅんしつ山に連れ帰る。

天宮に戻った夜華は天君に鮫人族の報告をする。天君は戦が終わり白浅が洞窟から出てきたらすぐに婚儀を上げると夜華に伝える。その裏では、連宋れんそうと共に戦によって姿を消す計画を立てていた。

戦地に赴いた夜華のもとに、天君から許しを得たという素錦そきんがやってきた。夜華と連宋の計画の邪魔にしかならないものだ。彼女は夜華と生死をともにするとそばを離れない。だが夜華の決意は固く、鮫人族の刀に切られた後、自分の姿を跡形もなく消してくれるよう連宋に頼んだ。

素錦とは

可愛くないしいる意味がわからん。消えてどうぞ。なんかまだ何もしてないのに嫌悪感すごいんだけど。執着ってこわいねえ。

ここまで結構面白かったけど、隠れて物事進めようとする夜華はちょっと問題ありだと思います!何回も思うけど、この世界の神様たちにホウ・レン・ソウはないの?!

ていうか神なんだから何でも筒抜けなんじゃないの?うーんファンタジー

続きはここから