🍑永遠の桃花|13話・14話・15話のあらすじ・ネタバレと感想|その身を捧げて

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

今回は、13話から!

白浅はくせん擎蒼けいそうに力を奪われ人間界へ…一人ぼっちだったけど偶然夜華と出会いいい雰囲気に、白鳳九は東華帝君に恩返しをするため侍女になって宮に潜り込むも中々会えず…からの続きです。

無料配信

2017年の作品なので、どこの配信サイトでも無料で見放題(`・ω・´)ゞネタバレ読むよりやっぱり本編。

DVD情報

DVDは全3巻

永遠の桃花〜三生三世〜あらすじとネタバレと感想

「永遠の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第13話「夜華の初恋」

ネタバレ

白浅はくせんは黒蛇を拾った洞窟に戻しに来る。名残惜しむが白浅は怪我をしたカワセミを拾いさっさと帰ってしまう。夜華やかは私もカワセミと同じかと悲しくなるが、嫁入り前の娘と三月も共寝したのだから嫁にもらってやらないとと白浅の寝床に潜り込みニヤける。

臙脂えんじのもとに金猊獣きんげいじゅうが現れた。金猊獣は離怨りえんが監禁されていること、離鏡りけいの母が離怨に殺されたことを話す。その近くを白浅が通りかかる。白浅は道士に黒蛇の入ったかごを奪われ邪悪なものだと焼き殺されそうに。しかし夜華が龍の姿になったことで白浅は救われる。夜華は「一度天宮に戻るので数日待っていてくれ」と言い残し消える。

天宮に戻った夜華のもとに素錦そきんが現れる。天君に嫁ぐ前にひと目会いたかったとすがられるが夜華は冷たい態度で振り払う。

人間界で会った白浅の話を連宋れんそうにすると、それは恋に落ちたのだと笑われる。夜華は「苦肉の策」で白浅を落とそうと考えるが…

夜華は大怪我をした男のふりをして白浅に拾わせる。傷を手当しながら涙を流す白浅を見て、やりすぎたか?と心配になった夜華は自分で傷を消す。

懸命に看護をしてくれる白浅に夜華は名を尋ねるが、何もわからないのだと言う彼女に夜華は「素素そそ」という名を贈る。

煮炊きも満足にできず方向音痴で鈍くさくなってしまった白浅を見て夜華は微笑む。

うっぐううぅ…萌…

夜華がしっかり司命星君に命じて道士を懲らしめてるの肝っ玉小さすぎて面白いな?

自分がと言うより、白浅にひどいことしたから!ってことか

「愚鈍な者に寛容なんだ」ってのはちょっとどうした夜華さん?ってなったけど、周りに着飾った小賢しい女ばっかりじゃそりゃあ可愛く見えるか。それにしてもキャラ変し過ぎでは?初登場時から感情死んでたのに、ここ何回かで微笑み過ぎじゃない?ちょっとその度に心臓持ってかれてるんでなんとも言えないんですけど…ぐふぅ…

第14話「愛の誓い」

ネタバレ

臙脂えんじ金猊獣きんげいじゅうに聞いた話を確かめに離鏡りけいに会いに行くが、結局聞けずじまい。そのかわりに玉清崑崙扇ぎょくせいこんろんせんを見つけたことを知らせる。俊疾山で拾ったものが持っていたことを知ると、離鏡は白浅はくせんを探しに人間界へ。

離鏡は山で夜華に遭遇する。司音を探しに来たことを知っている夜華は、司音は墨淵ぼくえんと7万年前に隠棲したと告げる。離鏡は扇を返すと山を去った。

一方、天宮の白鳳九はくほうきゅうは未だ東華帝君とうかていくんに会えずにいた。司命星君しめいせいくんたちの計らいで天君に会うことはできたが、全く相手にされない。

素素は食料も尽きた上に人の面倒は見きれないので、そろそろ出ていってほしい…というが夜華は恩を返すまでは離れないという。そこで素素は夜華に寂しいのでその身を捧げてほしいと願う。

夫婦の誓いをするため二人は市に買い物に出る。婚礼衣装を揃え簡素な儀式を行った二人はその夜、夫婦になった。

夜華さんのキャラ崩れが激しい

あんた叔父さんが大変なことになってたの忘れたのかね!?今後どうするつもりかね!?

うちの家庭は複雑だからとか言う前に、許嫁がいるでしょ、どうするつもりでもいいけどなんか誠意がないわよ!ニヤニヤしちゃったけどさ!

あとねえ、「自分で布団に入ったんだ」ってキメ顔するのやめて。俺の意志じゃないですけど?ってか?カァ〜!たまんねえな!

第15話「天族の政略結婚」

ネタバレ

天君に嫁ぐ日、素錦そきんは侍女に夜華やかと一緒になるためにこうするのだと話す。素錦の部屋にやってきた天君は後宮には入らず今までどおりここで暮らせと言う。素錦は夜華を伴い、鮫人こうじん族との戦を前に各支族に顔見せをすることに。

臙脂えんじ玄女げんじょから宮符を借り離怨りえんを助けようとする。玄女は離鏡の味方を自分だけにし、なんとか気持ちを手に入れたい様子。離鏡りけい司音しいんと初めてであったときの着物を手に入れた玄女は離鏡を騙し寵愛を得る。

白鳳九はくほうきゅう東華帝君とうかていくんに慕う気持ちを告白するが、下を向いていて気が付かずその場には天君と織越しょくえつもいた。天君は狐族の姫を粗末に扱うなと織越に言いつける。

その頃、素素そそは鶏を焼こうとして家を全焼させていた。悲しむ素素に目隠しをすると、夜華は力を使って家を元通りに。その力を知った素素は妖怪では?と怯えるが、それでも「あなたが裏切らなければ共にいる」と真心を見せる。

天宮では夜華の宮に天君が訪れ、素錦の婚姻を祝う宴に出席するよう申し伝えに来ていた。突然姿を消した夜華に、素素は一人森のなかで涙にくれる。天君に面会した夜華は、嫁を娶るのは時期尚早と直談判し縁談を先延ばしにした。

早く素素のもとに帰りたい夜華だが、素錦とともに一泊で祝宴に出向かなければならなくなった。

帝君は白鳳九の身分を明らかにし部屋を用意させようとする、それを断りに来た白鳳九に帝君は司音と墨淵ぼくえんについての探りを入れてくる。慌てて飛び出した鳳九は織越にぶつかり、墨淵からもらったという茶碗を割ってしまう。

帝君がいけず

語彙が昭和と言われます、こんばんわ。

白浅と夜華はさっさとくっついちゃったけど、東華帝君に白鳳九がまったく相手にされないからやきもきしちゃって。もしかしてこれ最後まで結ばれないの?なんかそんなフラグを感じる。

白浅と夜華は三生三世なんだから、まだまだこれから結ばれたり離れたりするわけでしょ?はー心臓がもたねえや。

毎度のことだけどロケ地が美しいんだよね。青丘のロケ地はどこなんだろうか?CGとセットの桃の木と混ぜこぜな感じがするけど現実にはどんなもんか気になるな。

次回、16・17・18話はここから!