🍑永遠の桃花|37話・38話・39話のあらすじ・ネタバレと感想|

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

今回は、37話から!

少辛の願いにより白浅が元貞の運命を変えたことで鳳九と皇帝の運命が交わる、司命星君は皇帝に愛の試練を与えろと鳳九に言う、用事が済み狐狸堂に戻った白浅は玄女に墨淵の仙体と阿離を攫われた事を知る、単身で乗り込み二人を取り戻すと玄女に復讐をした…あたりからの続きです!

玄女を生かしたままにしておくと、まだ悪事を働きそうだけどいいのかな。

無料配信

2017年の作品なので、どこの配信サイトでも無料で見放題(`・ω・´)ゞネタバレ読むよりやっぱり本編。

DVD情報

DVDは全3巻

永遠の桃花〜三生三世〜あらすじとネタバレと感想

「永遠の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第37話「積年の想い」

ネタバレ

離鏡は玄女を処刑することに。閉じ込められた牢の隣には離怨が監禁されていた。

夜華は白浅が「墨淵上神は私の心の血を飲んだ」と話したことが引っかかり、叔父の連宋に昔のことを聞く。司音をいじめた瑶光と墨淵が争ったという話を聞いて、夜華は記憶を消したのは愛し合った記憶を消すためではないかと憶測を立てる。

白真が目覚めるとそこには畢方ひつほうがいた。畢方は皇太子には側室がいるうえに怪我までさせた、そんな男と一緒になるなら自分と…と白浅に迫ったが、そこに夜華が現れる。白浅は婚約者がいるから…と畢方に断りを入れる。

夜華は自分が婚約者だから触れることを許すのかと白浅を問い詰める。白浅は許嫁だからだけではなく、料理を作ってくれるしとても親切にしてくれるから恩のようなもの…というが夜華は「そなただけだ」「愛している」と真っ直ぐに迫る。私はもう年だし、執着もない、いつも若いあなたがかわいそうだった、婚約すれば美しい側室をいくらでも用意する、と夜華の心を無視した発言ばかりする白浅。

夜華は白浅の態度に、墨淵上神と自分の顔が瓜二つだから心を許したのでは…とますます深みにはまっていく。

青丘を散歩していた白浅は、暑いので水に入ろうと水辺に向かう。そこへやってきた夜華は白浅の後ろ姿から素素が飛び降りたときのことを思い出し、咄嗟に仙術を使い引き寄せキスをした。気まずい空気のまま歩いていると、白真と折顔がやってくる。

四人が狐狸堂に戻ると、迷谷がやってきて離鏡が訪ねてきていると言う。白浅は会うこと無く、もう決着はついているといった。

よく寝る娘じゃの

動物だから?でもみんな一応動物なんでしょ?天の王族は龍みたいだし。

それを考えると金猊獣ってすごくない?龍と対等に戦える金の虎ってめっちゃ身分高そうだけど、なんなんやろ。

とここで、原作では擎蒼けいそうが令羽さんに惚れて結婚したがったから戦になったという話を耳にしまして…ほんとに!?じゃあ折顔×白真もあながち…

気になるのは中国でそういう活動をするのはあまりよろしくないらしく、日本に住所を持って活動している人も多くいるらしいけど、直接的な表現さえなかったらいいのかな?原作小説をちょっと読んでみたい。

第38話「玄女の怨念」

ネタバレ

夜華は折顔にもう一度質問をする。白浅が司音だったと知れた今、隠すことはなにもない。折顔は行方不明になった白浅が傷だらけで桃林に倒れていた時のことも夜華に聞かせる。墨淵上神に比べれば自分との思い出は忘れてしまえるほど価値のないものだったのか、と落ち込む夜華。

牢の玄女は病児を取り戻すと兵のすきを狙って刺殺し、さらに離怨を殺して脱獄した。擎蒼けいそうは自分の子供が死ぬと、仙力が増大するらしい。人間界に行き臙脂を味方にし、そして殺せと離怨は死の前に玄女に告げた。

玄女は翼界から逃げ出すと青丘の母の元へ向かう。母の姿を見つけて咄嗟に隠れた玄女は、「あんな子を生むんじゃなかった」と玄女の母であることを否定している様子を目撃してしまう。さらに狐狸堂の方へ向かうと、そこには白浅を待つ離鏡の姿が。自分は明日処刑されると言い渡されたのに、離鏡はいつまでも白浅を待っている。さらなる憎しみをつのらせ去っていく玄女。

皇帝は鳳九のもとに毎夜通い寵愛していた。幸せな日々に酔いしれていた鳳九のもとに司命星君が現れ、今度は愛を踏みにじるのですと残酷なことをいう。

子闌は人間界で偶然臙脂をみつけ、酔っ払いに絡まれていたところを助ける。

白浅は夜華の誘いで九天へ出かけることになった。出掛けに待ち構えていた離鏡、白浅は当時の気持ちを素直に話し、もう関係はないとこっぴどく言う。

皇帝期間2ヶ月

天族時間だと2ヶ月なの?まじで?

仙術を操れて支配者として君臨してるのに、まったく神様っぽくないんだよな、色恋沙汰で揉めてるし。神話もそんなもんか。惚れた腫れた…うーん現実ではどうでもいいぜ。

今回の見所ポイントは夜華が折顔のことでがっつり不信感持ってるのに、白浅への態度には出さないところですね。押してだめなら引いてみな!これよ!夜華!

自然に見ちゃってるから慣れて気が付かないけど、夜華と白浅のカツラ?素晴らしい出来だよね。こう、頭を垂れるときに肩から腕にかけてさらっと流れ落ちるように動くのがほんとにすごい。白浅は付け毛なのかな、でも中国の女性はめちゃくちゃ髪が長い人普通にいるしどうなんだろう。

第39話「誘惑の罠」

ネタバレ

白浅は「今後は赤の他人」と離鏡に別れを告げる。

主不在の狐狸堂に折顔が訪ねてきた。墨淵の仙体を見た後、疉風の兄・雍を救う手立てがあるかも知れないと白真に話す。

白浅は夜華と共に天宮にやってくる。夜華は洗梧宮の正門を通らず白浅を中に入れる。許嫁がやってきたことを知られないためだ。素素である時に住んでいた寝殿で、奈奈に泣きつかれるが、白浅には記憶がない。

素錦は夜華が白浅を連れてきたことに動揺していた。

阿離と再会した白浅は、阿離を育てていた奈奈に遠慮して抱っこをせがまれるも拒む。その様子を見た阿離は、子供ができたのですねと白浅に嬉しそうに告げる。その様子が面白くなった夜華は白浅に、「結婚したらすぐ子供を作ろう」と話す。

上清境じょうせいきょうの温泉に白浅と阿離を連れてくると夜華は書斎へ行ってしまう。夜華は阿離にも少しだけ酒を飲ませてやってくれと白浅に頼む。しかし白浅は阿離に飲めるだけ酒を飲ませ、侍女が心配するほど酩酊させる。

素錦は繆清を呼び、夜華に媚薬を仕込んだスープを食べさせるよう仕向ける。繆清は天宮を去るので最後にスープを召し上がってほしいと夜華に仕掛けるも、すぐに気づかれ、さらには人間界で白浅を殺そうとしたことを逆に問い詰められる。

繆清をかばいに素錦もやってきた、さらにそこに湯から上がった白浅もやってくる。白浅を見て、素素とそっくりなことに驚く素錦。繆清は東海に帰されることに。

温泉なのに

お湯が3センチくらいしかなかったでよ。夜華はガッツリ浸かってたのに、なんで?そのほうがきれいだから?ぽよよ?

繆清は特にかわいくないので早く退場してもらいたいもんです。それにしたって素錦はあそこまでこっぴどくふられてるのに一体何がしたいんだか?気づかれるに決まってるじゃん。優しい私を演じたかったの?

続きはここから