( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

🍑永遠の桃花|40話・41話・42話のあらすじ・ネタバレと感想|

こんばんわ〜、みるこです

今回は、40話から!

玄女は脱獄し人間界へ、離鏡は白浅にこっぴどくふられ、夜華は天宮に白浅を招き、素錦は素素とそっくりな白浅を見て驚き、繆清王女は国に帰される…忙しいな?、ってとこからの続きです。

初回登録で無料見放題あり

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

永遠の桃花|第40話「狙われた臙脂」あらすじ・ネタバレ

サクッとネタバレ

夜華は繆清王女とのことを知ってもまったく嫉妬しない白浅を見てショックを受ける。

離鏡のもとに、離怨が殺され玄女が脱獄したとの知らせが入る。離怨は首を落とし晒し者に、玄女は見つけ次第即殺せと命じた。人間界に行った臙脂も連れ戻すつもりらしい。

臙脂の店では子闌が働いていた。玄女はそこにたどり着くが顔が変わっていてすぐには気がついてもらえない。玄女は名を名乗り臙脂に話しかける、臙脂は話せない事になっていたが咄嗟に声を出し子闌に話せることをしられてしまう。

臙脂は玄女の目を治そうとするも、ぼんやりと見える程度にしか回復しない。玄女は自身の罪は隠し、離鏡が離怨を殺したのだとすべての罪を彼にかぶせることに。臙脂の同情を得た。

鳳九は愛の試練を実行できずにいた。司命星君は試練の台本を渡し、この通りに実行して帝君の修練を果たすようにという。鳳九は貴妃の寺院に出かけ腹痛を起こすが、それは数日前に水浴びをしたせいだと皇帝に話す。どうしても帝君を傷つけられない鳳九は2年待ってほしいと司命星君に願い出る。

玄女は眠っている臙脂を殺そうとするも、子闌に阻まれる。子闌はお前に同情したので今回は助けるが、次になにかしたら許さないと玄女に詰め寄る。

白浅様

白浅になっちゃえば素錦なんて目じゃない。じゃあ今後誰が邪魔するんだ?

そもそも墨淵に目覚めの兆候があるってことは、夜華も墨淵も存在する世界になっちゃうのかしら。だとすると白浅はどっちを選ぶの…?

勝手に墨淵の生まれ変わりだと信じてたけど、あの金蓮ってのがまず何なのあれ。父神〜!!!おしえて〜!!

夜華は単なるコピーに過ぎないってこと?えーでもわいは、夜華様が好きですよ。

永遠の桃花|第41話「愛と勇気の証」あらすじ・ネタバレ

サクッとネタバレ

折顔は畢方を呼ぶ。急ぎ西海に向かわねば命を失うものがいるというのだ。

酒に酔った阿離を寝ずに看病していた奈奈が2刻たっても目覚めないと心配のあまり白浅のもとに飛び込んでくる。白浅は奈奈をなだめ、目覚めたらお粥がいいから…と料理をしてくるように言う。朝になっても目覚めなかったため白浅は1人温泉へ向かう。

白浅が出かけたところへ素錦がやってくる。ここに上仙がいるのなら挨拶しなくてはと寝殿に入ろうとする素錦を奈奈は必死に止めた。

温泉に向かう途中、白浅の陰口を叩いている宮女と遭遇してしまう。白浅はそれを許さず、彼女たちを他の仕事につけてあげたら?と他の宮女に提案し、書物を取りに戻る。寝殿に戻ったところで阿離を心配した夜華と遭遇する。子供を心配する素振りが見られない白浅に夜華は非難の言葉を投げかける。

阿離を夜華が連れて行ったことで今度は奈奈が慌てて飛び出してくる。奈奈は阿離が素錦に連れて行かれたのではと慌てるが、大丈夫だと白浅は伝え、素錦をそこまで言うにはなにか理由があるのではと察した。

その頃、鳳九と帝君は司命星君のシナリオにより刺客に襲われていた。背に矢を受けた鳳九は朦朧としながら、皇帝を帝君とよんでしまう。

護衛もおらず皇帝は1人で鳳九を抱きかかえ街で医者を探す。たまたま出くわした臙脂は鳳九を治療して助ける。だがそこに玄女がやってきて匂いで孤族だと気がついてしまう。鳳九の体を使い病児を生き返らせる、と言い出した玄女に神芝草の存在を教える。

殺しを知り臙脂のもとに駆けつけた子闌は勘違いした皇帝に剣を向けられる。治療を終えた臙脂は子闌を助け二人はいい仲に。

永遠に消えない皇帝のモブ感

なんだろう、人間界っていうだけでなんかつまんねえなと思ってしま…毒されてきてる。

鳳九とイチャイチャしててもつまんないんだもん…早く天界に帰ろうよ。

最後のとこで、楽胥様が抱っこした阿離に素錦がお粥食べさせてたけど夜華さんそれでいいの?間接的だけどほぼこの女のせいで素素はいなくなったのに、よくわかんねえ男だな。

永遠の桃花|第42話「復活の予兆」あらすじ・ネタバレ

サクッとネタバレ

夜華の母・楽胥は素錦から「白浅は素素と瓜二つ」と聞き心配するが、ただの許嫁にすぎないという息子の言葉に安心する。そこへ白浅がやってくるが柱の陰に隠れたため会わずに済んだ。

西海では折顔がつきっきりで治療にあたっていた。折顔が墨淵は他人の仙気で養われていると白真に話していたその時、疉雍の体に墨淵が戻ってくる。崑崙虚にも、そして夜華の体にも異変が訪れる。折顔は「許嫁に想い人がいると知れば傷つくかもしれない」という白真の助言で夜華のもとにやってくる。

夜華は白浅の望みなら一日も早く目覚めさせたいと

素錦が挨拶をしにやってくる。わざと素素の話をして白浅にその面影があるから優しくされているのだと遠まわしに嫌味を言う素錦だが、白浅の身分には逆らえず膝をついて挨拶をさせられる。白浅は正式に挨拶がしたいなら青丘流にするように命じ、「お姉さま」と呼ばれるのは気分が悪いので「上仙」と呼ぶよう言いつけた。

奈奈から、素錦の目が素素のものであることや、嫁いできた日に夜華が刺したことなど、過去の出来事を洗いざらい聞いた白浅。そこへ、折顔が墨淵の目覚めを知らせにやってくる。墨淵は7万年の時をかけて、散らばった己の元神を集めていたのだと折顔は言う。

白浅は文を残し西海へ去った。

織越は帝君に会いたいあまり正殿で大暴れしていた。お宝を壊しこれだけ悪いことをしたのだから罰を与えて人間界に行かせろと喚いている。夜華は織越に20年の修練を与えた。

約束の2年が過ぎて鳳九は悩んでいた。皇帝を裏切らなければならないのかと。悩んでいるところへ皇太子が破雲扇を持ってやってくる。すると扇が突然舞い上がり驚いた二人は抱き合う形で倒れてしまう。そこへ魔の悪いことに皇后がやってきて二人は牢に入れられてしまう。

司命星君は鳳九に私通の罪を認めろという。

くぅ〜!かっこいい!

素錦なんざ敵じゃねえや!ちゃんと試練を乗り越えてレベルアップしてれば嫌いな女をああやって倒せるんだな。俺も頑張る。目指せチェ・ホンマン!

墨淵の元神だけ集まって後は復活するだけって認識でいいんだとおもうけど、夜華が苦しみだしたのはやっぱりなんか関係があるんだね。墨淵が目覚めたら夜華が消えちゃうなんてことはないよな?な??

青丘にいたころの家族ごっこが一番平和で楽しかったなあ。

あとあれ、突然人型畢方くんが出てきてお前誰だよってなってたんだけど、折顔が乗り物にしてるカラフルな鳥のことだったのか。いやほんま突然…

続きはここから