🌝ミーユエ〜王朝を照らす月〜|第56話・第57話・第58話あらすじ・ネタバレ感想|茵ちゃん再び

こんばんわ~!みるこです!

ミーユエ〜王朝を照らす月〜のあらすじとネタバレ感想の記事です。

今回は56話から、とうが王になったことでやりたい放題のしゅ、ユエは稷と共に燕に人質として送られることに…その道中、義渠ぎきょ翟驪たくりが現れて…の続きです。

独占見放題

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

ミーユエ|第56話「極寒の地」あらすじ・ネタバレ感想

義渠ぎきょへの誘いを断ったミーユエに、義渠ぎきょ君は金銀財宝や毛皮を贈って見送る。その後ミーユエ一行は燕の都、薊の駅館に到着。燕に嫁いで宰相夫人となった?いんは、ミーユエへの恨みから秦からの国書を燃やしてしまう。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第56話のネタバレ

サクッとネタバレ
翟驪たくりは人質として燕に行くことはない、ユエと息子の稷も受け入れ秦と戦う覚悟もあるという。しかし燕にいく決意は揺らがない。義渠ぎきょ君・翟驪たくりは極寒の地に無一文で向かうユエに宝石箱と毛皮を渡した。

燕についた、泰にも雪は降るがそこは豪雪地帯。比べもにならないほどの寒さに香児は熱を出してしまう。翟驪たくりの毛皮がなかれば命も危うかった。

駅館を管理している駅丞の韓伍は凍えながらやってきたユエたちに良くしてくれる。社錦ときん将軍は恵后から預かってきた文と宝物を宰相夫人になったいんに渡しに行き、駅丞に賄賂を渡すとそのまま秦に帰ってしまった。

頼るものがいないユエたちは燕の易后となった大公主に手紙を書くものの、駅丞にことづけたところでいんが邪魔を届かぬ返事を待つばかり。信用ならないと思ったユエは直接王宮の門番に言付けるも、そこにもいんの息がかかっていて邪魔をされる。

もっと苦しめてやろうと考えたいんは、駅丞に火をつけるよう命じる。夜中に家事になったものの葵姑きこが気づいた為逃げ出せた。しかし、稷の外套を取りに戻ってしまった葵姑きこは命を落としてしまった。

ユエは全てを売って葵姑きこの立派な弔いをするという。
細かくネタバレ

  1. 翟驪たくりは燕には行かず自分の女になれとユエを抱きしめる。しかしユエの決意は固く「自分の人生は自分で選ぶ」という。
  2. 翟驪たくりは旅立つユエに路銀と毛皮を贈る。
  3. 燕は泰とは比べ物にならないほどの寒さで、なれない環境に香児は熱を出してしまう。
  4. 駅館を管理する韓伍は初めこそ、それなりに接してくれたものの宰相夫人であるいんに買収されてからは路銀をむしり取るだけで何もしてはくれない。
  5. ユエの旧友・大公主(現・燕の易后)に手紙を書くものの一向に返事がない。
  6. 社錦将軍は燕につくと、しゅからの文と贈り物をいんに届け泰に帰ってしまう。
  7. 駅丞はあてにならないと気がついたユエは直接王宮に文を届けに行く。しかし、そこにもいんの息がかかっていて…
  8. ユエと葵姑きこがいないすきに部屋に入った駅丞は路銀が入った宝箱を見つける。
  9. いんの指示で駅丞は駅館に火をつける。稷の外套を取りに戻った葵姑きこはとうとう逝ってしまう。
  10. ユエは何もかも売って葵姑きこのために立派な弔いをするという。

カァー!かっこいい!

自分で持ってこないところがまた素敵…この路銀がなけりゃ死んでたけど、多すぎたからこそまた悲劇を呼ぶなあ…えぐっ

ユエたちが滞在することになった駅館は公的な人間に宿舎や食料を提供する国の施設、そこを管理しているのが駅丞である韓伍。丞というのは官吏の役職名らしい。

ということは一応公務員なのに、賄賂でしか動かないしあっちこっちで賄賂を貰いまくりでなんの機能も果たしてない。燕恐ろしや。

そして久しぶりのいんさん、お派手になりましたね。興味がなさすぎて何も書けない。だって葵姑きこが…葵姑きこが…

ミーユエ|第57話「旧敵」あらすじ・ネタバレ感想

鎮火の後、宝石箱がないことに気づいたミーユエたちは、姿を消した駅丞の韓伍の仕業だとにらむ。?いんの侍女の菱児からミーユエの現状を聞いた易后は、宰相の郭隗かくかいに相談するが、郭隗かくかいは知らぬふりで通すよう助言する。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第57話のネタバレ

サクッとネタバレ
ユエが放火と盗みに気がついたときにはすでに駅丞は逃げていた。葵姑きこの葬儀を出すどころではない。ユエは何者かの陰謀が動いていると感じている。

新しい駅丞がやってくるものの、この人物もいんが裏で糸を引いていた。米も炭も渡されず飢えと寒さに苦しむ日々。ユエは書を書きそれを売ることでなんとか金を得るがそれも僅かなものだ。

いんの昔からの侍女が易后の侍女にユエの不遇を伝える。しかし、蘇秦そしんのことで行き違いがあったことが怨みとなっている大公主は助ける気がない。宰相・郭隗かくかいも下からの報告で「秦からの人質は十分な暮らしをしているのに尊大に振る舞い部屋を燃やした」と聞いていたため静観を進める。

ユエは黒幕が宰相府にいると知り、郭隗かくかいにあってみることに。真っ直ぐに問いかけるも知らなかったと言われ黒幕かどうかはっきりしない。

その後、旧友からお召しと言われ贈り物の着物を着て出かけていくと呼んだのは易后ではなくいん。帰るのなら着物を脱いで行けと言われユエと稷は肌着一枚で外に追い出される。外で待っていた侍女に支えられ駅館を目指そうとするも凍えて歩けない。そこへ蘇秦そしんが通りかかる。

細かくネタバレ

  1. 火事の後始末をしていると香児が宝箱がないことに気がつく。ユエは駅丞が火をつけ宝箱を盗んだと気がつくが、すでに駅丞は逃げていた。
  2. ユエは誰かの陰謀が働いている気がするという。
  3. 新しい駅丞がやってくる、しかし失火の責任を問うと言われさらに秦人は野蛮だ、懲らしめなければなどと言う。炭も米ももらえない。
  4. いんの侍女が易后の侍女・青青にユエのことを内緒で伝える。
  5. ユエは16年もの間流浪し晋の王になった文公の話を稷にし、飢えと寒さをなんとか凌ぐ。
  6. 侍女の口からユエのことが易后に伝わるが、過去の誤解を恨んでおり助ける気はない様子。宰相・郭隗かくかいのもとには「十分な暮らしをしているのに尊大に振る舞い火まで出した」と伝わっているようで、易后は静観することにした。
  7. 黒幕が宰相府にいると突き止めたユエは宰相・郭隗かくかいに会ってみることに。直球に聞いてみると郭隗かくかいは冷遇されていることは知らなかったという。
  8. 旧友からお召があったと言われ湯浴みをして出かけていく、つらい日々は終わりと喜んだのもつかの間、ユエを呼んだのはいんだった。
  9. いんは帰るのなら贈り物の着物を脱いで行けと言われ肌着のまま追い出される。
  10. 凍えていたところへ蘇秦そしんの馬車が通りかかる。

もうお目にかかることもないでしょうとユエも思ってたんだな

俺も思ってたよ^^

好みのタイプの女ならいくらでも意地悪してと思うけどいんちゃんは演技も顔もいただけなーい。退場!退場!!

大公主は冷たい女だなあ、人柄を見てればそんなことしないのがわかるだろうに、慣れない恋心をしゅに利用されちゃったのが痛いです。

結局、葵姑きこの弔いはできたの???

ミーユエ|第58話「救いの手」あらすじ・ネタバレ感想

鎮火の後、宝石箱がないことに気づいたミーユエたちは、姿を消した駅丞の韓伍の仕業だとにらむ。?いんの侍女の菱児からミーユエの現状を聞いた易后は、宰相の郭隗かくかいに相談するが、郭隗かくかいは知らぬふりで通すよう助言する。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第58話のネタバレ

サクッとネタバレ

蘇秦そしんはユエたちを助け、なにか助けられることがあればいつでも言ってくれと言い残し駅館を去る。いんがなぜ宰相夫人になったかを聞いたユエは大体察しが付くといんの現状を推察した。

蘇秦そしんからユエたちの本当の状況を聞いた易后は聞いていた話と違うと憤り郭隗かくかいに調べさせる。蘇秦そしんによって登用の件は誤解であったことが伝わりなんとか助けられないかと思案する。

現状を知った郭隗かくかいはすぐに夫人であるいんの仕業だと気がつく。問い詰めるものの、大国・楚の公主であり可愛い孫娘のようないんに泣きわめかれると、たまらずあやまり倒しご機嫌取りにかんざしを与える。

ユエのもとに仲買人の五婆という人物がやってくる。彼女は陶尹という人物がユエの書いた書をもっと必要としているので肉や絹織物と引き換えに書いてくれないかと依頼してくる。手付に、食料と炭、さらにお金も手にすることができた。飢えと寒さで限界に来ていたユエたちには天の救いである。

またもやいんの策略で駅館を追い出されそうになっていたユエは五婆に家の紹介を頼む。

細かくネタバレ

  1. 蘇秦そしんはユエたちを駅館に送ると、医者を呼び外套を買い戻してくれた。
  2. いんは結婚の破談から長らく行き遅れていたが、王后として燕に嫁ぐことになる。しかしその途中、斉が侵略し燕は戦場に危うく殺されかけ、男やもめの郭隗かくかいに嫁いだという。
  3. いんは富と権力を利用するため郭隗かくかいのもとに身を寄せ、郭隗かくかいは楚の公主であるいんに頭が上がらないのだろうとユエは考える。
  4. そのころ易后と郭隗かくかい蘇秦そしんに会っていた。蘇秦そしんはそこでユエたちが昨日凍え死にしそうになていたことを話す。郭隗かくかいはすぐに状況を調べると出ていく。
  5. 蘇秦そしんはユエが登用を阻止したわけではないと易后の誤解を解く。誤解は解けたものの、燕は弱小国であり易后は祖国の力を借りなければ国を立て直して行けないと考えている。そのために「人質を冷遇しろ」という恵后・しゅの命令に逆らえないのだ。
  6. 郭隗かくかいいんの仕業だと知り問い詰めるが、泣きわめかれ結局ご機嫌取りにかんざしをプレゼント
  7. 易后は朝廷の実権を握る郭隗かくかいを怒らせるわけにもいかず、密かにユエを救う手立てを考える。
  8. ユエのもとへ、西市の仲買人・五婆という人物がやってくる。陶尹という人物がユエの「詩経」を高く評価し買い取りたい、さらに新しい書をもっと書いてほしいというのだ。手付に、炭と穀物、さらに金も。
  9. 駅丞からいんにこのことが伝わり、駅館にいては手が出せないから追い出せと命じる。
  10. 秦の朝廷で冉は苦難を迎えていた。ならず者を官吏にし、暴挙の限りを尽くす泰王に司馬将軍は辞職を申し出る。司馬将軍はなぜ太子を廃そうとしていた恵文王を止めたのだと樗里疾ちょりしつに憤る。
  11. 期日が来ても五婆が現れない。やっと見つけてきた五婆は取引がなくなってしまったので肉や絹織物は渡せないという。しかし代わりに家を探してくれることに。

孫を可愛がるおじいちゃんかよ!

いんの悪事がバレたんで、もう終わり?と拍子抜けしてたら、逆に泣きわめかれてご機嫌取りしてたしこりゃだめだわ。

そもそもなんで行き遅れになってたはずのいんが燕の王后として嫁げることになったのかな?楚から貰えるなら誰でも良かったって?はは^^