( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

【如懿伝】40・41・42話|あらすじ・ネタバレ感想|後継者争い

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2020/07/Eb_rHzxUEAUrD_W-min.jpegみるこ

この記事では、

【如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~】

40・41・42話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

未視聴の方はご注意ください。

DVD情報

登場人物一覧まとめ(ネタバレなし)

  • 烏拉那拉ウラナラ青桜せいおう…嫻貴妃。烏拉那拉皇后の姪。父は那爾布ナルブ。弘暦と幼馴染。
  • 愛新覚羅あいしんかくら弘暦 こうれき…乾隆帝。父は雍正帝、養母は皇太后。青桜のことを想っている。
  • 皇太后…鈕祜禄ニオフル氏。弘暦の養母。皇后と争ってきた。
  • 烏拉那拉皇后・先帝皇后…雍正帝の正妻。第3皇子 弘時の養母。如懿の叔母であり、皇太后にはめられて死んだ。
  • 富察琅嬅フチャろうか…乾隆帝の皇后。今最も勢いのある富察家の娘。息子をなくして心身ともに弱りはて、川に落ちて退場。
  • 高晞月こうきげつ…慧貴妃。父は高斌こうひん。皇太后にに薬を盛られて死んだ。
  • 蘇绿筠そりょくいん…純貴妃。
  • 金玉妍きんぎょくけん…嘉妃。朝鮮出身。
  • 珂里葉特海蘭ケリェテハイラン…愉妃。
  • 葉赫那拉エホナラ意歡いかん…舒嬪。皇太后の間者。
  • 黄綺瑩こうきえい…儀嬪。水銀中毒により退場。
  • 白蕊姫はくずいき…玫嬪。死産し出家。
  • 陳婉茵ちんえんいん…婉答応。蘇绿筠の宮に住んでいる。
  • 李玉りぎょく…養心殿の太監(イケメン枠)
  • 惢心ずいしん…青桜の侍女(後宮の良心)
  • 三宝さんぽう…如懿の太監。
  • 阿箬あじゃく…慎常在から貴人へ、さらに嬪まで位が上がるが…。青桜の侍女だった。如懿を裏切り、皇后派閥に合流した。乾隆帝の側仕えになる。
  • 茉心ばつしん…高晞月の侍女。天然痘に感染し退場。
  • 星旋せいせん…高晞月の侍女。疥癬により退場。
  • 蓮心れいしん…富察琅嬅の侍女。皇后の思惑で王欽と結婚させられるが、如懿に救われた。皇后の死後、川に身投げし退場。
  • 素練それん…富察琅嬅の侍女。皇后のため暗躍。金玉妍に殺される。
  • 張廷玉ちょうていぎょく…朝廷の高官。
  • 凌雲徹りょううんてつ…冷宮の侍衛。如懿の手助けになる。
  • 衛嬿婉えいえんえん…炩貴人。金玉妍に目をつけられいじめられる。
  • 江与彬こうよひん…侍医。惢心と同郷。
  • 斉汝せいじょ…侍医。避妊薬などを処方している。
  • 趙一泰ちょういったい…皇太后の太監。
  • 福珈ふくか…皇太后の侍女。
  • 進忠しんちゅう…養心殿の太監。衛嬿婉に取引を持ちかける。

第40話 貴妃の台頭

乾隆帝は女官・毓瑚いくこから素練の事件について報告を聞く。

毓瑚は素練が握っていたかんざしを渡し、乾隆帝はそれが純貴妃・蘇绿筠そりょくいんに贈ったものだと気づいた。

皇后が死に、蘇绿筠は張り切って葬儀の支度をしているように見える。

素練は他殺の可能性もあるがかんざしだけでは証拠にならない。

乾隆帝は皇后を疑ったのは過ちだったのではと思い始める。


紫禁城に戻り、乾隆帝は盛大な葬儀を執り行う。

その裏では蘇绿筠が皇后への野心を燃やし、息子に葬儀の手伝いをさせる。


嘉妃・金玉妍は母国の王が危篤と知らされる。

そうなれば世子が後を継ぐ。

世子のために、金玉妍は蘇绿筠の息子たちを陥れる作戦を考えだした。


第1皇子・永璜は如懿のもとへご機嫌伺いに来る。

今日は永璜の生母・哲妃の誕辰、如懿は供え物をしておいたと話す。

永璜は蘇绿筠は忘れているのに、と不満を言う。


蘇绿筠は以前と様変わりし、率先して妃嬪たちを束ねるようになっていた。

子がいない如懿に嫌味をいうほどだ。

前皇后が蘇绿筠を推薦したという話が広まっており、妃嬪たちも彼女に媚びる。


如懿と海蘭は偶然永璜の本心を聞いてしまう。

永璜は福晋である伊拉里いらり氏に「純貴妃が皇后となれば皇太子は嫡子、だが嫻貴妃がなれば育ての恩を忘れぬ私のことを進言してくれる」と話していた。

二人はばれないようにその場を去る。


海蘭は皇后の座に執着を見せない如懿に「無策でいいのか」と問う。

だが如懿は乗り気ではないようだ。

如懿のために海蘭は動き出す。

まず、偶然を装い第5皇子・永琪えいきに、

「皇后の棺が移される日なので絶対に泣いてはだめ、そうすれば父上に感心され太子の器を持つと思われる」と話し、蘇绿筠の息子第3皇子・永璋えいしょうの耳に入るよう仕向けた。

永璋は早速それを蘇绿筠に話す。

蘇绿筠は海蘭にも野心があったのかと驚く。

そして第5皇子・永琪を泣かせる手立てを考えるので、永璋は涙を見せるなと言った。


海蘭は永琪を連れて養心殿へ向かう。

そして明の史書にある一節を暗唱させ、永璜と永璋と蘇绿筠に野心があると暗に示した。


第1皇子永璜は生母の生誕の日、密かに参拝を行っていた。

永璜が協力者である太監とその手はずを話しているのを、金玉妍は盗み聞きする。

そして永璜の参拝に合わせ安華殿に行くと「あの者はそちらに行きました、気が済むまで問いただして」と話す。

それを聞いた永璜は金玉妍を問い詰める。

永璜は生母が皇后に殺されたと恨みを持つようになった。

感想:皇子がいっぱい

誰が!?どれを!?産んで!?名前は!?なに…

もうあの、永一・永二・永三……にしてください。とってもわかりやすぅい^^

それでも誰が産んだのかわからないんだから問題だ。誰の子供かわからないと出てくる意味のない皇子たちよ。

なんだか突然乾隆帝に髭が生えて、皇子たちは大きくなってときの変化に追いつけません。ちょっと旅行に行っただけなのに何年経ったんだ。新蚕礼が10年、皇后が死んだのが13年なのでたったの3年か?ていうか葬儀は何年もやるのかな。

仕方がないので皇子リスト制作

生母名前備考
1哲妃(哲憫皇貴妃)永璜えいこう養母:如懿・純貴妃
2皇后・富察琅嬅永璉えいれん喘息で逝去(海蘭疑惑)
3純貴妃・蘇绿筠永璋えいしょう
4嘉妃・金玉妍永珹えいせい
5愉妃・珂里葉特海蘭永琪えいき養母:如懿
6純貴妃・蘇绿筠永瑢えいよう
7皇后・富察琅嬅永琮えいそう天然痘で逝去
8嘉妃・金玉妍永璇えいせん

第41話 疑心暗鬼

皇后の棺が移される日、他の皇子が泣きじゃくる中で長子・永璜と三男・永璋は涙を流さない。

乾隆帝は「嫡母の葬儀で泣かないのか」と大激怒する。

永璜と永璋は「父上を支えるため」と理由をつけるが、乾隆帝はさらに怒り息子を叩いた。

純貴妃・蘇绿筠は実子である永璋だけをかばい、さらなる怒りを買い乾隆帝に蹴られる。

乾隆帝は永璜にも永璋にも帝位は継がせないと宣言する。


ショックを受けその場で気を失った蘇绿筠。

目が覚めるとすぐに皇太后に助けを求めに行く。

だが門前払いされた。

皇太后は二人の皇子が揃って涙を見せないとは、二人の間に密約があったのではないかと疑い侍女・福珈ふくかに調査を命じる。


二人の王子は激しい雨の中、養心殿で跪いている。

駆けつけた蘇绿筠はすぐさま実子である永璋に傘をさし、永璜の方を見ようともしなかった。

乾隆帝は永璜に付けていた二人の師傅と助手を追放、永璜は絶望し去っていく。


蘇绿筠は風邪を引き寝込んでしまった。

媚びていた者たちも見舞いに来ず、乾隆帝は皇后の遺言を吹聴したとして鐘粹しょうすい宮の使用人を追放している。

如懿にはめられたのではと疑い始める蘇绿筠は、侍女に「侍医を手配してくれたのは嫻貴妃」と聞き、思い直して素直に感謝した。


嘉妃・金玉妍は四男・永珹が葬儀の中で皇子を率いて拝礼したと報告を受ける。

上の皇子たちが消えた今、もっとも皇太子にふさわしいのは永珹だと嘉妃は喜ぶ。


如懿は翊坤宮に引きこもり誰にも合わなくなった。

やっと中に入れてもらえた海蘭は永琪を使って乾隆帝を動かしたと認める。

だが「全ては如懿のため、情に流されてはいけない」と海蘭は言う。


れい貴人・衛嬿婉は、純貴妃がだめになり次は如懿に取り入ろうとする。

だが中に入れてもらえない。

侍女・春嬋の助言で、次期皇后と噂される嘉妃・金玉妍に挨拶をすることに。

嘉妃はちょうど出かけるところだった。

嘉妃は衛嬿婉を見て「桜児」と呼び、靴についた泥を払うように言う。

衛嬿婉は従うしかなかった。

そこへ凌雲徹が来る。

凌雲徹は涙を流す衛嬿婉に手巾を渡し「これが望んだ道か」と聞いた。


宮に帰ると屈辱に声を荒げる衛嬿婉。

貴人になってから夜伽は幾月もない。

なんとしても子供を作らなければと言った。


惢心に玉のかんざしを贈ろうと翊坤宮に向かう李玉。

しかし惢心と仲睦まじく話をする江与彬を見てしまう。

さらにかんざしは「身の丈に会わない」と拒否される。

惢心は嘉妃の懐妊を羨ましいと話し、子供が作れない李玉は落胆した。


如懿は皇太后に呼ばれる。

皇太后は皇子の一件について如懿の仕業では、と疑っていた。

感想:花園姉妹の喧嘩

如懿と海蘭が喧嘩しちゃった…めそ…海蘭の気持ちもわかるし如懿の気持ちもわかる。

でもどっちかっていうと海蘭の味方をしたいかなあ、権力を持てば守れるものも増えると思うし、これからまだまだ暗躍していく妃嬪たちに抵抗するには皇后になるのが一番だと思う。

海蘭の言う通り、後宮にいる限り敵と戦っていかなきゃならないんだから。

そして李玉がふられてしまいました。

惢心はわかってやっているんだろうな。

あなたとは一生絆で結ばれた友達よ!子供っていいわ〜^^

ちょっと残酷であった。

しかし無いものは無いのだから仕方がないね。

乾隆帝は歳を重ねるに連れて頑固になってますね。

今回なんて、蘇绿筠を蹴る必要一つもなかったのに怒りに任せてさあ。

やだやだ。皇子は皇帝の考えに寄り添うべきってのもいただけない。

俺のコピーにあとを継がせてやるよってことかよ。

そんな乾隆帝にみかんを差し出す如懿、いらん!って言われるのに目の前まで持ってきて食わせるってもうお母ちゃんかよ。

第42話 窮余の一策

如懿は永璜と永璋の件について関与を否定する。

「皇后になることが一族の繁栄につながるとはかぎらない」

皇太后は如懿に釘を差した。


如懿が皇太后に呼ばれたことを知った海蘭は急いで駆けつける。

慈寧宮から出てきた如懿に「すべて私の仕業だと話す」と海蘭は言う。

如懿は海蘭を止め、二度としないよう忠告した。


皇太后は乾隆帝と食事をしている。

乾隆帝は「皇后が去って日も浅い」ため新皇后を立てることは拒否。

そこで皇太后は貴妃のさらに上の位である皇貴妃こうきひに純貴妃・蘇绿筠を封じてはと提案した。

乾隆帝はそれも拒否。

子がおらず皇子を平等に扱える如懿を皇貴妃にすると言う。

皇太后は「後ろ盾と世継ぎをもたない皇后は苦労する」と忠告した。


冊封式が行われる。

如懿は皇貴妃、嘉妃・金玉妍は嘉貴妃、陳婉茵ちんえんいんは陳貴人、陸沐萍りくぼくへいは慶貴人となった。

さらに三人の女官が答応に封じられる。


嘉貴妃・金玉妍に母国から知らせが入る。

「王が崩御し、世子が即位した」

想い人の即位に金玉妍は思いを馳せる。

そして皇帝に朝見する際にひと目でも会いたいと言った。

金玉妍は皇貴妃になる企みを始める。


如懿と乾隆帝は仲睦まじく絵を書いている。

そこへ急報が。

「玉氏の王が口論の末に王妃を自害に追い込んだ」

乾隆帝は自ら処罰するという。

嘉貴妃には内密にするらしい。


炩貴人・衛嬿婉は嘉貴妃に媚びを売ろうと出かけるが門前払いされる。

その帰り道、養心殿の太監・進忠に偶然会う。

進忠は玉氏の一件を衛嬿婉に吹き込み「臨月の嘉貴妃が知れば…」と助言した。


衛嬿婉は凌雲徹の同僚、冷宮の侍衛である趙九宵ちょうきゅうしょうを呼び出す。

そして凌雲徹がまだ自分に気があるのか確かめた。

趙九宵を帰すと、凌雲徹から贈られた指輪を侍女に預け、凌雲徹を呼び出すよう命じる。


乾隆帝はひん以上の位を持つものを連れ、戦勝祈願に出ている。

そのすきに、衛嬿婉は子供を得るため凌雲徹を利用しようと考えていた。

凌雲徹は「嘉貴妃にいじめられ死にたいと言っている、慰めてほしい」という侍女の言葉を真に受けやってくる。

部屋には媚薬効果のある香が焚きしめられており凌雲徹は意識が朦朧としてしまう。

だが必死に衛嬿婉を拒絶する。

衛嬿婉は「他に好きな人が?自分を守るために子供がほしいだけ」と言う。

凌雲徹は部屋を飛び出し頭から水を浴びた


安吉太子が紫禁城にやってくる。

端正な顔立ちに女官たちは色めき立つ。

如懿と金玉妍は一行を出迎えた。

感想:誰の子供か定かじゃない

城内に全く男がいないわけじゃないんだから、皇帝の子供だなんていい切れないよね。

金玉妍は男ばっかりぽんぽこ産むけどどうなのかしら。

さて如懿が一歩リードで皇貴妃になりました。

金玉妍は不満爆発、嫌味も爆発!

でも愛しい世子が来る前に皇貴妃になるんだそうです。頑張って。

争いも一段落して落ち着いたところに、嵐の種になりそうな人がやってきました。

「なんて端正なお顔なの〜!きゃー!」

って言ってましたが…もうちょっとなんとかならなかったんですかね…?

瓔珞に出てくる袁春望もそうだけど、当時はこのぬる…っとしたのがイケメンだったのか?

女性的な感じが受けたんだろうか???何もわからない。

次!「翊坤宮の刺客」

次回、43・44・45話はここから!