【両世歓・全36話】7・8・9話のネタバレとあらすじと感想|小指事件

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

【全36話】「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじ・ネタバレ・感想

「両世歓」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

DVD&配信情報

「両世歓」登場人物一覧【※ネタバレ注意】

  • 風眠晩/原沁河/阿原/…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原清離の双子の姉、幼い頃知夏にさらわれ昭州で侍女として育つ
  • 景辞/景知晩/阿辞/端侯…雍帝と景妃(昭州の出身)の息子、昭州で昭王を義父として育つ
  • 原清離…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原府のお嬢様として育つ、紀の将軍 李源に惚れている
  • 慕北湮…賀王の息子、原清離の婚約者、ぼんくら息子だけどいいやつ
  • 左言希…賀王の養子、慕北湮の兄、飛廉衛の頭領、慕北湮を思い医学の道に進んだ
  • 長楽公主…雍帝の愛娘、趙岩のことが大好き、意外と理性的
  • 小鹿…原清離の侍女、風眠晩と出会い仲良くなる
  • 雍帝…雍国の皇帝、若い頃は女にモテモテで奔放だったらしい…そして悲劇が
  • 毫王…雍帝の息子、帝位を継ぐ気満々だけどあんまり才能はない
  • 鄴王…雍帝の息子、アホの子と見せかけて裏で暗躍
  • 慶王…雍帝の息子、母は張賢妃、大変物分りがよく穏やかな人
  • 景妃…雍帝の正妃、色々あって刺客に襲われ死ぬ
  • 張薈/張賢妃…慶王の母、元々正妃だったが、景妃に惚れた雍帝により位を剥奪される
  • 昭王…昭州の王、紀と雍の間で板挟み
  • 王則笙…昭王の娘、あんまり可愛くない上に風眠晩をいじめる
  • 知夏…景妃の侍女だったが、その死後 景辞に仕える、物分りの悪いおばさん
  • 原夫人/楚玉羅…風眠晩と原清離の母、過去のしがらみから逃れられないでいる
  • 原皓…原夫人の夫、戦死
  • 廿七…原府の執事
  • 妙貞師太/昇寧長公主…雍帝の姉、尼になったが事件に巻き込まれ殺される
  • 李源…紀の将軍、王のいとこ、原清離に一目惚れするが叶わず、風眠晩をめとろうとする
  • 趙岩…雍の貴族、長楽公主に想われるが…
  • 賀王…賀王府の長、戦のトラウマでちょっとあれ
  • 姜探…左言希の妹弟子
  • 小風…風眠晩のために景辞が捕まえた鷹
  • 阿黄…景辞の従者
  • 付小涵…飛廉衛に所属、景辞と左言希の命令で動く
  • 傅蔓卿…妓女、事件に巻き込まれ殺された
  • 小玉…妓女、裏の顔がある
  • 喬貴嬪…雍帝の現在の寵姫、大理寺卿 喬立の娘
  • 瑟瑟…鄴王の侍女、小印子と恋仲、事件に巻き込まれる
  • 小印子…鄴王の太監、事件に巻き込まれる

第7話 ネタバレ「陰謀の闇」

妙貞(みょうてい)師太を殺害した犯人・止戈(しか)が逮捕され事件は解決を見る。だが、獄中で止戈が殺され、彼は利用されただけだと気づいた原沁河(げんしんか)と景知晩(けいちばん)は、事件の黒幕と妙貞師太が遺したはずの密書の行方を追い始める。そんな中、原沁河は慕北湮(ぼほくえん)にしつこく付きまとわれるのに辟易していたが、彼の父親、賀王・慕鐘(ぼしょう)が沁河の別邸に戻ってきて…。

沁河県役所。

昭州の景家には姉妹がいた。

その姉妹の1人は景辞の母 景妃、もう1人は趙岩の母である。

昭王は姉妹がいとこであり幼なじみだと趙岩に話していた。

そこで趙岩はいとこにあたる景辞に会うため、使者を務めたいと申し出たのだ。

初めて対面した2人はすぐに打ち解け、景辞は事件のことを相談した。

賀王別院。

慕北湮は阿原が原清離だと信じて疑わず、なぜ凶暴化したのか不思議だと話す。

趙岩は教養があるはずの原清離があんな行いをするはずがないため別人だと言う。

趙岩は昭州で侍女をしていた風眠晩を見ている。

阿原の正体が風眠晩だと気づき、景辞が沁河県に来たのはそのためではないかと考えていた。

風眠晩のことは教えず、趙岩は「景辞を怒らせるな、王の親戚だ」と慕北湮に忠告する。

牢。

刺客の女が牢に忍び込み止戈を殺した。

その頃、風眠晩は小鹿の作った薬膳汁を景辞に差し入れる。

「お前が作ったのか??」

風眠晩の料理がまずいことを知っている景辞は口をつけない。

そこへ刺客の女が現れた。

風眠晩が応戦し、景辞が動きを口頭で指示する。

風眠晩は「なんで私の動きが読めるの??」と不思議に思った。

刺客の女は逃げ出し、風眠晩は小風に追わせる。

そこへ「止戈が殺された」と知らせが入った。

雍王宮。

左言希は雍王に任務完了を報告。

昭王が受け取った小箱の中には小指が入っている。

昭王は「謀反の輩は死んで当然」と言った。

沁河県役所。

止戈の遺体には小指がなかった。

景辞は裏で糸を引く黒幕の存在に気付く。

そこで事件が解決し都に戻ることになった趙岩に調査を依頼した。

趙岩は長公主の手紙の話を聞き、賀王のいる軍営に立ち寄って話を聞くと言う。

風眠晩の部屋。

2人が話す様子を見ていた小鹿は「趙岩殿の従者の1人は賀王府の若様です!」と正体に気づいた。

風眠晩はおかしな男の正体が婚約者だと知り驚く。

そこへ刺客を追っていた小悪が戻った。

爪には布切れをつけている。

景辞が持ち帰って調べることになった。

景辞は「李斐から渡された」と言ってキズぐすりを渡し立ち去る。

風眠晩は「くれたのは景辞、部屋で見たもん^^」とご機嫌だ。

江北軍営。

趙岩は賀王を訪ねる。

手紙と小指の件を話すが、賀王はどちらも心当たりがないという。

沁河県役所。

慕北湮は愛する婚約者に会うため、風眠晩の部屋に侵入。

そこへ戻ってきた風眠晩は剣を抜こうとする。

しかし景辞が来て止めた。

風眠晩を見つけた慕北湮は「お前が殴った男だぞ、毎日記憶喪失か?」と正体を明かす。

風眠晩はそれを聞いて、目の前にいるのが婚約者だと気づいた。

慕北湮は「お茶の香りに免じて許す、喧嘩も愛あればこそだ(´ε` )」と風眠晩のいれたお茶を手にする。

景辞はそれをすぐに取り上げた。

「役所の水は勝手に飲めない」

慕北湮も負けじと言い返す。

話を聞いていた風眠晩は「私は原清離じゃない」と否定した。

そこへ李斐がやってきて、慕北湮の正体が賀王府の若様だとは知らず叩き出してしまう。

江北軍営。

賀王は数ヶ月前に溺れ死んだ役人の遺体に小指がなかったことを思い出していた。

そこで事件のことを調べるため沁河県へ向かう。

王に行動がばれないよう「持病が悪化して静養するため別院へ行く」と理由をつけた。

沁河県役所。

仕事中、景辞の咳が止まらない。

心配でたまらない風眠晩に、李斐は「親戚の子の咳とそっくりだ、その子は死んでしまった…」と話す。

風眠晩はますます心配に。

恕心医館。

左言希が診療をする医館の前に患者が長蛇の列をなしている。

風眠晩はその列に並んで、明日の診察の番号札を手に入れることにした。

食事処。

景辞は付小涵から報告を聞く。

合流するはずだった左言希は賀王が来ると聞いて迎えに行ったらしい。

食事を取ろうとした時、中に断腸草が入っていると気がつく。

給仕の男は逃げ出し、付小涵が後を追った。

付小涵は偶然居合わせた鄴王にぶつかってしまう。

恕心医館。

風眠晩は薬だけが必要だった男から、手間賃を払って番号札を手に入れた。

賀王の別院。

李斐や景辞たちが揃って賀王を出迎える。

そこへふらっと帰ってきた息子 慕北湮を見て、賀王は「刑部の仕事は!?ここで何してる?」と問い詰めた。

李斐はやっと慕北湮の正体を知り真っ青になる。

感想:ちょっと素敵

慕北湮が好みなんだけど…私だけ!?

誠実なのもいいけど、見てる分にはアクがなくてつまらないんだよな。顔も濃くて強引でドラ息子であんぽんたんなんて見てて楽しいじゃんよ。

しかも、しっかり風眠晩に言い寄って景辞の普段見られない嫉妬が見られるというおまけ付き。

いいよいいよ、盛り上がってきたよ。

さて、小指を切られた遺体はどうやら謀反の嫌疑をかけられた人たち?みたいです。

左言希たち飛廉衛が暗躍して始末してるのかな?

めちゃくちゃ謀反を起こしそうな賀王が何も知らなっていうのは意外だ。


第8話 ネタバレ「切れない縁」

原沁河(げんしんか)は無実の罪を晴らしてくれたお礼に体調が悪そうな景知晩(けいちばん)を町で評判の名医がいる恕心医館に案内する。だが、そこにいたのは彼と旧知の仲である左言希(さげんき)で、彼女は恥をかいてしまう。一方、密かに景知晩(けいちばん)こと景辞(けいじ)の治療を続ける左言希は彼が毒に侵されていると気づいて解毒する。そこで景辞は彼に揺れる心の内を打ち明け…。

長公主府。

昇寧長公主に夫 長駙馬に昭王から文が届く。

それは「名簿の官吏を更迭してもらえれば栄華を約束する」という内容だった。

文を持ってきた使者は「長公主が死んだ今 選択の余地はない」と長駙馬に迫る。

沁河県役所。

風眠晩は手に入れた診察の札を持って景辞に会いに来る。

そこで渡す前に気持ちを探ろうと「なぜ独り身なの?想い人でもいるの??」と聞いた。

景辞は「お前に関係あるのか?」と答えない。

しかし「想い人がいる、娶りたかったが身分の違いで叶わなかった」と風眠晩に迫ってきた。

間近に迫った景辞の顔にドキドキしながら風眠晩は目を閉じる。

しかし景辞は「ちゃんと戻せよ」と書物を直して席に戻ってしまった。

そこへ李斐がやってくる。

李斐は慕北湮の正体を知って慌てふためいていた。

沁河県役所。

その夜、風眠晩は「お礼がしたい」と診察の札を渡す。

景辞は恕心医館の診察だと聞いて行くことを決めた。

恕心医館。

風眠晩が手に入れたのは78番目の札。

風眠晩は夜まで待っても見てもらえないかも…と落ち込んでしまう。

しかし「若様がお待ちです」とすぐに中へ呼ばれた。

風眠晩は「顔が利くだろう^^へへっ」とドヤ顔。

だがすぐに左言希と景辞が知り合いだと発覚し、風眠晩は問い詰める間もなく「話があるので外してほしい」と追い出された。

追い出された風眠晩は侍女に左言希の評判を聞く。

左言希は賀王の養子で、医館も賀王府のものだという。

一方、左言希は景知晩という偽名を知り「つまり風眠晩を知るものと言う意味か」と話す。

「決別したのに、そばに来て親しい友を演じるとは…」

左言希には景辞の気持ちが理解できないようだ。

景辞は今回の事件に、襲ってきた刺客も関わっているようだと報告する。

さらに診察すると、景辞が慢性の毒に侵されていることがわかった。

左言希は風眠晩を疑うが、景辞は否定する。

毒は解毒し、今後も注意を払うことになった。

その頃、風眠晩は庭で鄴王の姿を見かけて後をつける。

しかし見失ってしまい、気づいたときには賀王府別邸の裏庭に迷い込んでいた。

そこへ慕北湮が現れる。

「後悔して会いに来たのか??」

風眠晩は「厠を探して迷い込んだ」と嘘をついて逃げ帰ろうとする。

しかし、帰らせてもらえない。

風眠晩は厠に連れ込まれ服を脱がされそうになるが、左言希を張り倒して逃げ出した。

景辞のもとに戻ると、2人は親しげに話をしている。

風眠晩は怒って帰ってしまった。

賀王別院。

賀王は腹心の紅玉に「各州を回って小指を切り取られた者のことを調べろ」と命じる。

原府。

都に戻った趙岩は原清離の母 原夫人に会いに行く。

原夫人は姿を消した娘の身を案じていた。

そこへ「車夫が誰かに殴られ、馬車が消えた」と報告が入る。

趙岩が見に行くと、長楽公主の侍女 雲朶が現れ河原へ連れて行った。

原府。

原夫人は姿を消した二人の娘を案じている。

(原清離と風眠晩は双子)

趙岩の話をもとに毫州や沁河を調べさせることにした。

「見つけてもしばらくそのままに、縁談を嫌がって逃げ出したのだから連れ戻しても反発するわ」

河原。

長楽公主は遠回しな手を使って趙岩を河原に呼び出した。

趙岩は素直に「原府へ捜査に来ただけ」と話す。

しかし長楽公主は「原府に行って原清離と情を交わすつもりでしょ!」と怒ってしまった。

花月楼。

鄴王がよって寝てしまったため、慕北湮は1人で妓楼へ。

小玉、傅蔓卿が相手をする。

慕北湮は「親父に小言を言われる」と愚痴をこぼし、手土産を渡すと眠ってしまった。

沁河県役所。

翌朝、小鹿は風眠晩が食べなかったお菓子を李斐たちにおすそ分けしている。

「不機嫌で食欲もないからおすそ分け^^」

景辞が話を聞くと、医館から戻って酷く落ち込んでいるという。

景辞は「昨日のお礼にごちそうする」と風眠晩を呼ぶよう言った。

感想:チャン・スーファン

あー!だめだ!見れば見るほど慕北湮のチャン・スーファンが好き。この感情は王女未央の拓跋余と同じ感じ…うっ…

よくわからない場面があったんだけど、解毒を終えたところに風眠晩が戻ってきて一回隠れたのなんで?

仲良く話してたので盗み聞きしようと隠れた?

左言希が景辞に衣をかけていたから、なんかそういうアレな勘違いをした?コラヽ(`Д´)ノプンプン

左言希は本当に味方なのかな?景辞が風眠晩を疑うように無理やり話を作ってる気がしてならない。

でも左言希には姜探っていう妹弟子の想い人がいるらしいし、敵ではないのか??

なんだかまだまだ良くわかりませんな。


第9話 ネタバレ「密室の罠」

景知晩(けいちばん)に朝食をご馳走になった原沁河(げんしんか)は彼を知っているような微かな記憶が頭に浮かび困惑する。そんな中、花月楼の妓女・小玉(しょうぎょく)が遺体で発見されたと知らせが届き、原沁河と景知晩は事件現場へ。そして、密室状態の小玉の部屋で眠り込んでいた慕北湮(ぼほくえん)を逮捕する。だが、証拠がなく慕鐘(ぼしょう)からは3日で真相を突き止めろと脅され…。

厨房。

景辞は風眠晩のために食事を作った。

その食事を食べた風眠晩は、過去の記憶が少しだけ蘇る。

「前に会ったことはない…?この味にも台詞にも覚えが…

大事なことを忘れている気がするの」

風眠晩は疑問を投げかけるが、景辞は真相を明かさない。

そこへ花月楼で殺しが起こったと知らせが入った。

花月楼。

死んだのは妓女 小玉だ。

部屋は密室で、小玉を起こしに来た侍女 彩丫が扉の隙間から覗き、死んでいるのを発見した。

風眠晩たちは鍵を開けて部屋に入り捜査を開始する。

小玉の首には右手で首を絞められた跡があった。

さらに、一連の事件と同じように小指が切り取られている。

室内には小玉が可愛がっていた黒猫が一匹。

賀王別院。

その頃、左言希は鄴王に慕北湮の行方を尋ねていた。

昨夜、先に酔っ払ってしまった鄴王は妓楼に行かなかったため行方を知らない。

花月楼。

慕北湮は殺人の起こった部屋の寝台で寝ていた。

風眠晩たちは慕北湮を見つけて驚く。

目を覚ました慕北湮も、小玉の死を知り驚いた。

容疑者だと疑われると「女には手を挙げない!君にだって仕返ししなかった」と濡れ衣を主張。

しかし慕北湮は牢に入れられる。

その知らせは、すぐに賀王の耳に入った。

花月楼。

慕北湮が連行された後も調べを続ける風眠晩と景辞。

部屋の帳の布と小風が持ってきた布の切れ端が一致した。

刺客は小玉なのか。

沁河県役所。

風眠晩たちが戻ると、そこへ賀王が現れた。

賀王は李斐を拘束し「私の跡継ぎに手を出したな」と問い詰める。

景辞は「身柄を保護し、名誉を守るためですよ」とそれっぽい理屈をつけて賀王を納得させた。

牢から出された慕北湮も「何もやっていないので無実が証明されるまで役所で待ってますよ」と話す。

慕北湮は婚約者の側にいたいようだ。

賀王は3日で解決しろと言って立ち去った。

沁河県役所。

小玉は並外れた武術の使い手に絞殺されている。

口の中からは香り袋に付ける飾りが見つかった。

さらに、妊娠3ヶ月だと判明する。

慕北湮が沁河県に来たのは1ヶ月前、そのため慕北湮は父親ではない。

花月楼。

風眠晩と景辞は再び捜査へ。

景辞は宝石箱の中から芙蓉石を見つけた。

さらに、慕北湮が贈った小玉の香り袋と口の中から見つかった飾りが一致する。

風眠晩は行き場のなくなった猫を連れ帰ることにした。

沁河県役所。

容疑者であるはずの慕北湮は、訪ねてきた鄴王と食事中。

しかも食事処の姜探に豪華な料理を運ばせて優雅に東屋で宴会を開いていた。

その様子を見た風眠晩は「あれが容疑者か??」と呆れている。

景辞は風眠晩が慕北湮を見つめているのが気に入らない様子。

そして「お前とだから医館に行った」と話した。

風眠晩は脈アリだと大喜び。

しかし、景辞は死期の近い身で、よりを戻して何になるのか…と思案している。

景辞は付小涵を呼び、芙蓉石を見せた。

小玉の手には刀を握るときにできるタコがあり、景辞を襲った刺客に似ている…

感想:丫

今回出てきた侍女のお名前「彩丫」読みはサイア…そんな漢字あるの!?ってびっくりしてめちゃくちゃ探したわ。

しかも2画かと思ったら3画で時間を浪費した…

音読みがア、訓読みがあげまきだって。あげまきは髪の毛を左右で束ねて巻き上げた子供の髪型だって。聖徳太子の髪型だね。

次回、10・11・12話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。