まっちゃん?放送日時は?|やまと(大和)尼寺精進日記を徹底解説|音羽山観音寺

こんにちわ!みること申します。

田舎産まれ田舎育ちで都会に出てきて、将来は田舎でのんびり暮らしたいなあとぼんやり思い描いている20代のどこにでもいるものです。

NHKの番組「やまと尼寺精進日記」(音羽山観音寺)の魅力に取り憑かれてしまったのでどこよりも詳しく解説していきたいと思います。

やまと尼寺精進日記って?

「やまと尼寺精進日記」は2016年からEテレで放送を開始したドキュメンタリー番組。私が最初に目にしたのは不定期の特番でしたが、どんどん人気が出て2017年4月からレギュラー番組化されました!

現在は、毎月最後の日曜日18時から30分間(たまーに1週間早まることあり注意)定期的に放送されています。

 

Eテレの公式番組ページにも放送予定が掲載されているのですが、ちょっとわかりづらいですよね。

 

この放送を逃しても、土曜日の午前5時半に再放送が行われています!

今までに放送されたエピソードは不定期のパイロット版も含め、

2016年7月30日文月 万葉ハーブの贈りもの
2016年12月11日霜月 収穫の秋は大忙し
2017年2月26日如月 冬ごもりの楽しみ
2017年4月30日卯月 たけのこ お花見 ピクニック
2017年5月28日皐月 見て食べて 新緑づくし
2017年6月25日水無月 雨ふる前に梅のお仕事
2017年7月30日文月 七夕はハレの日ごはん
2017年8月27日葉月 水きらきら 夏休み
2017年9月24日長月 月待つ夜は 縁側ごはん
2017年10月29日神無月 おかげさまで 実りの秋
2017年11月26日霜月 秋たけなわ 軒に干し柿
2017年12月24日師走 ゆずの香りで 冬が来る
2018年1月28日睦月 持ちつ持たれつ お正月
2018年2月25日如月鬼も笑って福が来る
2018年3月25日弥生 春待ちわびて ふきのとう
2018年4月29日卯月 花に山菜 春らんまん
2018年5月27日皐月 緑まぶしい 山のごちそう
2018年6月24日水無月 楽し忙し梅雨ちかし
2018年7月29日文月 風みずみずしく 半夏生
2018年8月26日葉月 おしゃれ精進 夏休み
2018年9月30日長月 長寿のお祝い 菊づくし
2018年10月28日神無月 実りの秋は備えの季節
2018年11月25日霜月 もらって作ってミソづくし
2018年12月30日師走 年の瀬は まごころこめて
2019年1月27日睦月 おかゆづくしで 春想う
2019年2月24日如月 すり鉢ごりごり 春を待つ
2019年3月24日弥生 ほろ苦ピリリ春が来た

以上の27作品になります。

これに加えて献立に関する特番「季節の恵み献立張」や総集編の特番SP「やまと尼寺 くいしんぼ日記」なども放送されました。

1時間にギュッと今までの美味しいものレシピを詰め込んだ回みたいです!
今までのレシピはこちら
見逃し配信はこちら

やまと尼寺 献立張の放送日時

やまと尼寺で実際に作られたレシピを紹介する3分番組「やまと尼寺 献立張」では本放送では紹介されなかったレシピなども放送されています。

初回放送は毎週木曜日22時47分から、再放送は毎週金曜日11時50分からとなっています。

やまと尼寺の宿坊に泊まりたい!

やまと尼寺こと音羽山観音寺ですが、一度廃寺になったため、鮎釣り名人いわく「檀家のないお寺」なんだそうです。

なので宿坊に泊まった方からの宿泊費や予約制の精進料理がお寺の現金収入になります。

他にジャムや干し野菜、梅干しなどといったご住職たちの手作り食品を販売されています。

でも量産してないし、通販もないので指を加えてオイシックスとからでぃっしゅぼーやの取り寄せで我慢してます

奈良野菜を代表する、大和まな、宇陀金ごぼう、大和丸なす、他にもたくさんの変わった野菜が登場するのでお取り寄せしても食べてみたい!

\公式サイトで確認してみる/

今は都会に出ていますが私はど田舎の出身なので、農作物を山程もらったり畑からとったばかりの作物を調理したり、食べきれないものを加工したり干したり、さらには外から聞こえるのは自然の音だけ…という環境にめちゃめちゃ飢えているのです!田舎帰りたい…

冬は参道が凍って大変なようだし、夏はめちゃくちゃ暑い様子でいつか絶対にいこうと思いながらものびのびに。

いつか必ず行ってレポを書きます。

「やまと尼寺精進日記」の舞台はどこ?

奈良県桜井市の山中にある、音羽山観音寺が舞台です!

桜井市といえば、まぼろしの邪馬台国ではないか?と言われている纏向遺跡や、国の女王であった「卑弥呼」の墓ではないかと言われている箸墓古墳などがあります。

 

他にも数多くの遺跡や古墳が現存している古代ロマンあふれる魅力的な土地!

 

この纏向古墳周辺は、前方後円墳が最初に作られた場所だと言われていれ先に紹介した「卑弥呼」の墓は日本でいちばん古い前方後円墳だと言われていて・・・

 

本当のところは解らなくても、歴史のロマンを感じてワクワクします!

 

音羽山観音寺は桜井市の中心地から南に行った山中にあるみたい!

どんな人が出てくるの?

ご住職の後藤密榮さん・副住職の佐々木慈瞳さん・お手伝いのまっちゃんの三人です

後藤密榮さん(尼寺のご住職)

岐阜県出身の笑顔が素敵なご住職です。

現在の年齢は68歳2月のお生まれです。

お年にしてはお肌ツルツルでシワもしみもあまり目立たなくてやっぱり自然の恵みのおかげでしょうか。

ご家族は、梅酒の回に弟さんが一度出演されたことがありますがそれ以外は不明。

お正月に、若夫婦や子どもたちが集った場面があったのですがその人達がご親族かな?と勝手に推測しております。

荒れ果て廃寺になっていた音羽山観音寺に平成元年ごろに1人でやってきて、地元の方やご信者さんと協力して参道を直したりお寺の修繕をしたりと今の美しいお寺を作り上げてこられたそうです。

ご住職は野草やハーブの知識が豊富で、畑を作って育てているものもあれば自然に山に生えている草などもとってきてあっという間に美味しそうな精進料理にしてしまうんです!

最近放送された中でご住職のセンスに感動したものがありました。

「庭の草ドレッシング」というご住職が愛情込めて育てているお庭からなんでもとってきて、それをみじん切りにし、香草塩とオリーブオイルと酢と黒酢とだししょうゆに混ぜるというすごくおしゃれなドレッシング!

分量は、

お好きな草たち

青じそ・赤じそ・レモンバーム・ウイキョウ・ミョウガ

香草塩(干して砕いた野草に塩を混ぜたもの):小さじ3

青じそ・バジル・ローズマリー・ペッパー・エゴマ・山椒の皮

 

オリーブオイル:320cc

酢:150cc

黒酢:50cc

だししょうゆ:30cc

となっていましたが、家庭で作るにはちょっと多いですね。

レモンバームやウイキョウが庭にありませんし…!?

シソは葉だけでなく、実や花の部分も使われていました。

ご住職がおっしゃるには、「基準はない、食べれる物を!」ということですが食材を組み合わせるセンスがないとなかなか難しいですよね。

出来上がったドレシングに、自家製クリームチーズを1センチ角に切ったものを混ぜ合わせて、じゃがいもとカボチャにかけて召し上がっていました!

番組で作られた料理のレシピは毎週火曜日放送の「季節の献立帳」で紹介されています。

佐々木慈瞳さん

慈瞳(じけい)さんは現在49歳で、副住職の仕事とは別にカウンセラーの資格を活かして地域の学校で授業を行っているそうです。

慈瞳さんのお母さんがとうもろこしを送ってくれたり、最近の回ではお寺にお参りもされていました。

とっても仲がいい親子という感じでした。

慈瞳さんは変わった経歴の持ち主で、大学在学中に卒業論文のため明日香村に研究に通い観音寺に泊まった経験がきっかけとなって尼になることを志したそうです。

卒業後は何年か大学職員として働かれてから、本格的に高野山専修学院に通い始めたようです。

人生を変えてしまうような出会いだったんですね。

番組の中で、知り合いのおじさんに「ひとみちゃん」と呼ばれていたので、もしかすると本名はひとみさんとおっしゃるのかも!

なかなか無理が効かなくなってきたご住職の代わりとして外出されている事が多い様子です。

まっちゃん

まっちゃんは、32歳のお寺のお手伝いさん。

イラストがとても上手で、季節ごとのイベントにつかうハンコであったりのぼりであったり何にでもイラストを添えて可愛くしてしまう達人です。

他にも、参道の看板に書かれた絵なんかもすべてまっちゃん作!

お手伝いさん、と紹介されているので本当にどういう人なの…?という疑問は残りますが、ご住職とお話していた時に

「嫁入り前の〜」

という言い方をされていたのでご結婚はされていませんね。

学生時代はソフトボールをしていたとか、髪の毛は自分で切っているとか、他愛もない会話は聞こえてきますがどういう経緯で尼寺のお手伝いさんになったのか…?

当たり前ですが、ご住職たちに比べてあまり豊富な知識はなくまだまだ勉強中という印象です。

基本的には年齢的に体力も衰え足も悪くなっているご住職の代わりに寺の雑務を引き受けているみたい!慈恵さんもいるけど結構出かけていることが多い様子だからまっちゃんがいないとやっぱりお寺が回らないのかも

おまけ

順子さん

山の麓に住んでいる順子さん!

ほぼレギュラーのように登場しています!

順子さんは、麓の土地を広く所有されているお家の方のようで色々な農作物やお花・たけのこやふきのとうまでな〜んでも持ってきてくれます。

そして順子さんのお得意が「佃煮」これはご本人も笑っていらっしゃいましたが、番組で料理をするとなぜかよく「佃煮」になってしまうんですね。

すごく上品でかわいらしい順子さん!初期から登場されていて大好きな人です。

お家もとても立派であの土地の名のある家なのではないか…?と推測していますがあまり個人情報に関わることは書かないほうがいいですね。

オサム

音羽山観音寺の番犬です!

番組のスタッフもよく吠えられていましたが、番犬の名に恥じぬめちゃくちゃ吠えるイヌです。

実際にお寺を訪れた人の感想ではよく、オサムに強烈に吠えられたという感想が…

山の中に女性だけで住むというのは、色々と物騒ですもんね。

頑張れオサム!

オサムはご信者さんのところから貰われてきた犬のようで、一度兄弟犬が出演していました。

他に飼われている犬は、老犬の太郎スイカ計3匹がお寺の番犬です。

スージー

寺のアイドル猫スージーです。

白地に灰色が混ざったとてもきれいな猫!

よくまっちゃんに撫でられてかわいがってもらっているのが放送されています。

そしてチロというご住職がとても可愛がっていた猫がいたのですが虹の橋を2019年の1月に虹の橋を渡っていきました。とても愛されていたようでご住職がまっちゃんの手作り手ぬぐいにチロの可愛らしい柄が施されているのを見て涙していたことが印象深いです。

それからもう一匹、トラという猫とまだ他にもいるみたいなんですけど名前まではわからない…

【献立一覧表】やまと尼寺精進日記で放送されたお料理たち|レシピ

見逃した「やまと尼寺精進日記」を見る方法は?

「やまと尼寺精進日記」はNHKの制作番組なので放送後に視聴するにはNHKオンデマンドを利用するしかありません。

ただNHKオンデマンドは初回から料金がかかってしまうので初めて利用する人にはハードルが高い…

そこでU-NEXTという動画サービスの初月無料キャンペーンを利用します。

\公式サイトで確認してみる/

NHKオンデマンドについてもっと詳しく解説

まずNHKオンデマンドには2種類の有料パックが存在しています。
 見逃し見放題パック見逃し特選パック(やまと尼寺はこっち)
月額料金(税込み)972円972円
配信本数500〜600本6000本以上
配信番組ドラマ・ニュースなど
(放送から2週間以内の作品)
ドラマ・ドキュメンタリーなど
(放送から2週間が過ぎた作品)

「やまと尼寺精進日記」を見るには見逃し特選パックを利用するんですが、ここでNHKオンデマンドと提携しているU-NEXTの初回サービスを利用することでお得に利用&NHK以外の人気映画・ドラマ・アニメを見ることができるという仕組み。

最新の作品でも2週間がすぎると見られるのでどっちにしても見逃し特選がお得。

U-NEXTを利用したNHKオンデマンドの解説

ちなみに、NHKオンデマンドを視聴する際にU-NEXTを利用するとこんな利点があります。
 U-NEXT利用NHKサイトから利用
月額(税抜き)1,990円900円
月々のポイント1200ポイント(初回は600ポイント、NHKオンデマンド専用ページから登録するなら1000ポイント!)ポイント制度なし
同時視聴人数(複数端末)4人1人
対応デバイスPC
スマホ端末
タブレット端末
ゲーム機(PS4など)
テレビ
PC
スマホ端末
タブレット端末
視聴動画NHKオンデマンド以外にも国内外の人気作品が楽しめるNHKの作品のみ

あっさり説明すると、初回特典の1000ポイントを使ってU-NEXT経由のNHKオンデマンドに登録しちゃいましょうよってことです。

NHKだけ!という人は初回だけ1000ポイントでお得に利用して後はオンデマンド直登録がお得ですが、他の人気作品も楽しみたい!という人は断然U-NEXTだと思います。

個人的に気に入っているU-NEXTの利点

U-NEXTのいいところ

  • NHKオンデマンドと違ってテレビで視聴する事ができる(私はPS4で見ています!)
  • 画質がとてもいい!
  • 見放題作品が90,000本視聴できる(お気に入りは中国ドラマと韓国ドラマ)
  • 過去の朝ドラも見放題対象作品!

まずはU-NEXTを31日間無料体験

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

おわりに

毎回楽しみに視聴していますが、いつ終わってしまうかとびくびくしながら見ている番組の一つでもあります!大好き!

「ベニシアさん」のようにNHKの定番番組になっていってくれると嬉しいんですが…

2016年が初登場だと思っていたのですが、今回調べてみるとNHKの過去の番組にも登場されているんですね!もともと、奈良の制作局の方とお知り合いなのかも。

奈良の山寺の愉快で楽しい暮らし、とても憧れています。

いつかあんな暮らしができたらいいなと思って今日も元気に頑張るぞ!