【大明皇妃・全62話】25・26・27話のあらすじとネタバレ|老帝の覚悟

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「大明皇妃〜Empress of the Ming〜」(全62話)についてあらすじ全話とネタバレと感想を書いていきます。

ドラマの中で描かれるのは一人の女性の波乱と慈愛に満ちた一生、ドラマティックな人間模様と本格的な歴史考察をお楽しみください。

DVD情報

配信情報

U-NEXT独占配信ヽ((ミ゚エ゚ミ))ノ

大明皇妃の登場人物とキャスト

  • 孫若微そんじゃくび…本名:景若微。靖難せいなんの役の混乱時、若微の両親は孫愚に娘を託した。
  • 胡善祥こぜんしょう…本名・景蔓茵。若微の妹。孫愚に預けられるが混乱の中はぐれてしまい、皇太子・朱高熾と朱高煦に助けられる。胡尚儀の養子として育つ。
  • 朱瞻基しゅせんき…永楽帝の孫。父は皇太子・朱高熾、母は張妍。
  • 孫愚そんぐ…若微の親に救われた過去から、その娘を助け育てる。将軍をしていた。
  • 聶興じょうきょう…靖難の役で都を追われた者の一人。熱血。
  • 徐浜じょひん…靖難の役で都を追われた。若微に寄り添う。
  • 永楽帝えいらくてい朱棣しゅてい。甥であった建文帝を討ち皇帝になる。
  • 朱高熾しゅこうし…永楽帝の長男であり皇太子。慈悲深く体が弱い。肥満体型。
  • 朱高煦しゅこうく…永楽帝の次男。漢王。腕っぷしが強く思い切りがいい。
  • 朱高燧しゅこうすい…永楽帝の三男。趙王。従順に見えて狡猾。
  • 張妍ちょうけん…皇太子妃。弟がいる。
  • 胡尚儀こしょうぎ…尚儀局を管理する役人。胡善祥を引き取り冷たいながらも、愛情を持って育てる。
  • 建文帝けんぶんてい…どこかに逃げ延びたらしいが…?
  • 于謙…科挙に合格した才人、変人。朱瞻基と若微の力になる。
  • 楊士奇…老臣。明のために永楽帝の代から官吏として尽くしてきた。
  • 朱祁鎮…正統帝、朱瞻基と若微の息子。
  • 朱祁鈺…景泰帝、朱瞻基と蔓茵の息子。
  • 王振…朱祁鎮のお気に入り宦官。

大明皇妃のネタバレあらすじ25話から27話まで!

第25話 「旅立ち」

永楽(えいらく)帝は朱高熾(しゅこうし)から、財政が逼迫していることを理由に戦を中止するよう懇願されるが、結局は自分の意思を通し、出征の命令を発する。朱瞻基(しゅせんき)は建築が進む新しい皇宮を視察してくるよう命じられ、孫若微(そんじゃくび)と姚広孝(ようこうこう)を伴い、順天(じゅんてん)へ向かう。途上の宿では、意外な人物が刺客として現れるが、一行は何とか無事に順天に到着する。若微は寺を選びたいという姚広孝のともをし、房(ぼう)山へと登る。山頂に到着した若微は、姚広孝のある決意を知る。

軍営。

朱棣(永楽帝)は着々と戦の準備を進めていた。

同行した息子や孫たちに徐達大将軍の話を聞かせ、その固い決意を伝える。

しかしそこへ、皇太子から詩の一文が届いた。

皇太子は「名君ならば民を休ませよ」と遠回しに朱棣(永楽帝)を批難している。

兵部には金が無く、毎年の戦で逼迫する一方だ。

朱棣はそれでも考えを曲げず「1人でも戦う」と決めた。

朱瞻基や朱高煦(漢王2)、朱高燧(趙王3)も同調する。

感情が高ぶった朱棣は机に剣を突き刺した。

下働きが机を交換すると、その下から于謙とハシジュスが現れる。

\(^o^)/

朱棣に問い詰められた于謙は素直に酒を飲んだと話した。

すると、朱棣は吹き出して罰を与える。

2人は腕を縛られ、垂直に立てられた棒の上に吊るし上げられた。

朱棣の考えに同調した朱瞻基だが、老いた祖父に戦は無理だと気づいている。

朱高燧(趙王3)も同じ考えのようだ。

しかし絶対の皇帝を止めるすべがない。

朱瞻基は「健于たちを下ろしてやれ」と命じて軍営を出た。

朱棣(永楽帝)の部屋。

朱高熾(皇太子1)は戦を中止すべきだと朱棣に話す。

朱棣は朱瞻基の婚儀や遷都の話をしてごまかしはじめた。

戦が終われば婚儀を理由に朱瞻基を皇孫に冊封するというのだ。

朱高熾は引き下がらず「人が一代で成すことを多く成し遂げた、天下を休ませてほしい」と懇願する。

そこへ朱瞻基もやってきて祖父を説得。

しかし怒りを買って追い出された。

皇太子府。

朱瞻基は若微に出征の件で揉めていることを素直に伝えた。

そして朱棣の命令で順天の視察を行うので、同行するよう話す。

その旅には鶏鳴寺の和尚 姚広孝も連れて行くという。

遷都したあとに使う寺を選ばせるらしい。

次に朱瞻基は胡善祥(蔓茵)のもとへ。

「しばらく会えない、母をいたわれ」と告げて足早に立ち去った。

鶏鳴寺。

孫と息子に反対された朱棣は姚広孝のもとへ。

くじを手に取り、戦をすべきか占おうとする。

姚広孝は激怒し朱棣を叱責。

「戦場で死んでも子孫が敵をとってくれる」と話した。

そこへ朱瞻基が視察の準備が整ったことを知らせに来る。

姚広孝は朱棣に「お達者で」と声をかけた。

朱棣は「極楽と地獄どちらに行く」と聞く。

「もちろん地獄、地獄で陛下を救えるのは私だけ」

「安心した、またすぐに会える」

道中。

朱瞻基は馬に乗り、若微と姚広孝は同じ馬車に同乗した。

姚広孝は綱渡りを練習しているのは洞穴にある経典を見たいからだと打ち明ける。

宿。

その夜、朱瞻基は酒を持って若微の部屋へ。

そこへ聶興が現れ二人の命を狙った。

すぐに侍衛が駆けつけ、聶興は逃げ出す。

騒動が落ち着いた後、若微は橋のたもとで聶興を見つけた。

手当をしながら明日の宿を教え「殺したいなら私を殺せばいい」と話す。

それは皇孫を殺せば新たな犠牲者が出るという若微なりの考えだった。

恨みは捨てたという若微に、聶興は反発し立ち去る。

そこへ朱瞻基が現れる。

そして何も言わず酒を酌み交わした。

順天。

順天に到着した朱瞻基と若微は新しい都の工事現場を視察する。

若微は「午後は寺を選ぶため和尚と房山へ行く」と伝えた。

房山。

姚広孝は山の上から洞穴に続く縄をかけさせ、その上を渡る気だ。

その縄は果てしなく続き、到着点は見えない。

若微は「陛下はあなたの旅立ちを?」と尋ねた。

すると「同じ覚悟をしている」と姚広孝は答える。

姚広孝は「目的地に着いたら縄を切ってほしい、落ちても同じようにしてほしい、

姚広孝はこの世から消える

靖難の役という罪、そなたが切れば罪は償われる」と話して縄に飛び乗った。

皇宮。

昼寝をしていた朱棣(永楽帝)はふと目を覚まし外へ。

空を見上げじっと遠くを眺めた。

感想:過ちの行く先

過ちは過ちのままなんですか?

うーん、朱棣はいいとして和尚はなんだかそこまで達観することなくない…?いや…うーん

まだ死んだことも地獄に行ったこともないのでわかりません!

若微は流石に肝が座ってるなと思いました!

いつもの中国ドラマと違って、この時代を生きる人は本当に明日死んでもおかしくない状況で暮らしているんだなって空気が伝わってくる。どこか現実に本当にあった明を見ているような気分なんだよ、誰かわかって。

不思議なドラマね。

第26話 「草原の覇者」

瞻基は正式に皇太孫に冊封(さくほう)された。胡善祥(こぜんしょう)は皇太孫妃に、若微は皇太孫嬪に冊封される。永楽帝は瞻基たちを従えて親征に旅立つ。ある日、北方へ進んだ明の軍営にオイラトの首領の孫・エセンが来訪する。永楽帝は自分の代わりに瞻基を皇帝役に立て、エセンに会わせる。エセンは恭しく謁見するが、実は真の皇帝が誰かを見抜いていた。エセンの慧眼(けいがん)に永楽帝は恐れを抱く。明とオイラトとの激しい戦いが始まった。

房山。

和尚 姚広孝は房山の山頂から渡された綱の上を歩く。

そして姿が見えなくなった。

若微は「たどり着きましたか?」と呼びかけるが返事はない。

渡された短刀で綱を切り立ち去った。

永楽19年、明は順天に遷都。

北京順天府を首都とし、南京応天府を副都とした。

朱瞻基が皇太孫に冊封され、それにより胡善祥(蔓茵)が皇太孫妃、若微が皇太孫嬪に冊封される。

皇孫嬪に冊封された若微だが、朱瞻基と体の関係はないようだ。

軍営。

オイラトとの戦に向け、朱瞻基は軍営の見回りにやってくる。

炎天下の行軍となるため、薬や医者など医療について視察。

厩では人手不足が懸念された。

朱瞻基が兵士を鼓舞する姿を見てた于謙は吹き出してしまう。

問い詰められると「軍政の部下で働いているものは半分もいない」と明かした。

朱瞻基も軍営がうまく機能していないことは分かっている、しかしそれを改革する時間はない。

朱棣(永楽帝)の天幕。

オイラトの首領の孫 エセンが謁見を申し込んでくる。

朱棣は朱瞻基に皇帝の衣を着させてエセンの様子を探ることにした。

そして予定通りエセンは皇帝を装った朱瞻基に謁見。

エセンは4000の兵に加え、馬と羊を贈るが侮辱された。

朱瞻基が首領の様子を尋ねると、エセンは「落馬して床にふせっている」と答える。

謁見が終わると、朱棣は「印象を聞いてこい」と命じた。

エセンは「勇ましい方だった、しかしそばにいた老兵こそ真の英雄だ」と答えたらしい。

誰が真の皇帝か見抜いていたのだ。

エセンは滞在を断り立ち去ったため、命令を受けた朱瞻基が追う。

エセンと朱瞻基は馬上から互いに弓を放つ一騎打ちに。

朱瞻基はなぜか深追いせず、エセンを逃した。

皇太子府。

その頃、皇太子妃 張妍・若微・胡善祥(蔓茵)は3人で札遊びをしている。

胡善祥はばれないように札をすり替えて、皇太子妃の機嫌をとった。

若微が席を外すと、皇太子妃は胡尚儀のことを話題にする。

遷都してから胡尚儀は床に伏せってばかりで、女官たちが困っているらしい。

胡善祥はすぐに対処すると顔を曇らせた。

皇宮。

朱高熾(皇太子1)に軍報が届く。

最初の戦で勝利を収めた朱棣(永楽帝)が兵を分散するというのだ。

朱高熾(皇太子1)は「タタールは退却したが、左右にはウリヤンハイとオイラト、補給路にはアルクタイ、熟考を」ととどまらせる文を書く。

朱高熾は「草原に覇者が生まれると部族が団結する」という話を恐れていた。

軍営。

その夜、于謙が馬の世話をしているとハシジュスがやってくる。

ハシジュスは于謙を先に眠らせた…

感想:蔓茵の野望

皇太孫妃になった蔓茵だけども、彼女は復讐したいのかな?

お姉ちゃんと争うことになるとしたら復讐を目的としてしまった場合だろうけど、単に権力を手に入れようと画策する展開も?

単純な復讐より、見えない復讐を企てそうだ。

朱棣は戦場で死にそうだし、皇太子は老い先短い様子。

ていうかもうあれよ、歴史部分はWikipediaの永楽帝の項目から子孫のところまでざっと見るとすっきりする…

それでいいのか…と思いつつ(‘∵`)

ただし、若微蔓茵姉妹についてはフィクションなので、実際の人物の項目とは類似点があります!

第27話 「友の正体」

善祥は女官から、胡尚儀(こしょうぎ)が北京へ来てから様子がおかしいとの報告を受ける。だが胡尚儀をかばい、その報告を一蹴する。しかし心配になり胡尚儀のもとを訪ねると、そこにはかつてとは様子の違う胡尚儀がいた。その頃、于謙(うけん)がいる天幕の外では明の兵たちが何者かに襲われていた。その惨状の中、1人椅子に腰かけるハシジュスの姿を見つけた于謙は逃げるよう声をかける。するとハシジュスは明の兵たちに斬りつけ、あることを于謙に告げ…。

皇太子府。

若微は朱高熾(皇太子1)に仕え身の回りの世話をしている。

その夜、突然咳き込みだした朱高熾。

若微は侍医を呼ぼうとするが、影響を考えた朱高熾に止められた。

若微の筆の扱いを見て字がかけることを知った朱高熾は、朱棣への手紙を代筆させる。

若微が書くのは角張った力強い文字。

それは養父 孫愚に習ったものだった。

朱高熾はその字を褒める。

そして朱棣(永楽帝)を思いとどまらせる文を代筆させた。

胡善祥(蔓茵)の部屋。

胡善祥は女官を呼び出し胡尚儀のことを聞く。

順天に移住後、体罰を行い横暴になり日中に眠っているという。

それを聞いた胡善祥は激怒。

女官に過失があれば罰を与えるのは当たり前のこと、胡尚儀といえども歳を取る、年をとったからといって下っ端が批判するなと怒鳴りつけた。

軍営。

ハシジュスに馬の世話を任せて眠っていた于謙は物音で目を覚ます。

外に出ると明の兵士が殺され火の海になっていた。

そこへ現れたハシジュスはハーン・マハフードと名乗り「一緒にオイラトへ」と于謙に手を差し伸べる。

ハシジュスはオイラトの首領、エセンの祖父だった。

明の技術や兵法を盗むため潜伏していたのだ。

健于が拒絶したため、ハシジュスは他の兵士を殺し立ち去る。

胡尚儀の部屋。

胡善祥(蔓茵)は胡尚儀の様子を見に来る。

胡尚儀は酒瓶を持ったまま眠っていた。

ふと目を開けると「夢の中で会えた、目が覚めたら訪ねるべきね…」とほほえんだ。

そして蔓茵が恋しいと言って涙を流す。

軍営。

夜が明けた。

于謙は明の兵士の生死を確かめるが誰一人生きてはいない。

そこへ朱瞻基が現れた。

于謙は「ハシジュスが明の戦法を習得して帰った」と惨状の原因を伝える。

朱棣の天幕。

朱瞻基はすぐに于謙を連れ朱棣のもとへ。

于謙はハシジュスの言動から、あらゆる部署に所属し明の技術や戦法を盗み出していったことを推測した。

朱棣はハシジュスについて行かなかった于謙を評価。

参謀に任じる。

戦場。

その日も戦が行なわれた。

有利に思われた戦いは、突然の強風により多くの犠牲を出してしまう。

朱瞻基は先陣を切り戦う。

しかし自然の驚異には太刀打ちできない。

皇太子府。

朱高熾(皇太子1)のもとに軍報が届いた。

それをひと目見た皇太子は血を吐いてしまう。

感想:ハシジュスの正体

めっちゃ怪しかったハシジュスのおっさんは間者でした(´・×・`)

床に伏せってるっていうオイラトの首領とは違う人?それともハシジュスが首領なの?

わたくしカタカナ苦手でして、何が何やらわからなくなってくる。

ウリヤンハイ、オイラト、アルクタイ、タタール…ハァハァh…(;´Д`)

漢字表記に音読みが一番わかりやすいです、制作会社さんよろしくおねがいします。

話はあまり進んでないし、朱棣は頑固なおじいちゃんだし、そのせいで皇太子の体はもう限界っぽいしどうするんだよこれ!

人というものは最盛期を過ぎたら身を隠すべきですな。

次回、28・29・30話はここから!

全話一覧記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。