【大明皇妃・全62話】31・32・33話のあらすじとネタバレ|巨星、墜つ

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「大明皇妃〜Empress of the Ming〜」(全62話)についてあらすじ全話とネタバレと感想を書いていきます。

ドラマの中で描かれるのは一人の女性の波乱と慈愛に満ちた一生、ドラマティックな人間模様と本格的な歴史考察をお楽しみください。

DVD情報

配信情報

U-NEXT独占配信ヽ((ミ゚エ゚ミ))ノ

大明皇妃の登場人物とキャスト

  • 孫若微そんじゃくび…本名:景若微。靖難せいなんの役の混乱時、若微の両親は孫愚に娘を託した。
  • 胡善祥こぜんしょう…本名・景蔓茵。若微の妹。孫愚に預けられるが混乱の中はぐれてしまい、皇太子・朱高熾と朱高煦に助けられる。胡尚儀の養子として育つ。
  • 朱瞻基しゅせんき…永楽帝の孫。父は皇太子・朱高熾、母は張妍。
  • 孫愚そんぐ…若微の親に救われた過去から、その娘を助け育てる。将軍をしていた。
  • 聶興じょうきょう…靖難の役で都を追われた者の一人。熱血。
  • 徐浜じょひん…靖難の役で都を追われた。若微に寄り添う。
  • 永楽帝えいらくてい朱棣しゅてい。甥であった建文帝を討ち皇帝になる。
  • 朱高熾しゅこうし…永楽帝の長男であり皇太子。慈悲深く体が弱い。肥満体型。
  • 朱高煦しゅこうく…永楽帝の次男。漢王。腕っぷしが強く思い切りがいい。
  • 朱高燧しゅこうすい…永楽帝の三男。趙王。従順に見えて狡猾。
  • 張妍ちょうけん…皇太子妃。弟がいる。
  • 胡尚儀こしょうぎ…尚儀局を管理する役人。胡善祥を引き取り冷たいながらも、愛情を持って育てる。
  • 建文帝けんぶんてい…どこかに逃げ延びたらしいが…?
  • 于謙…科挙に合格した才人、変人。朱瞻基と若微の力になる。
  • 楊士奇…老臣。明のために永楽帝の代から官吏として尽くしてきた。
  • 朱祁鎮…正統帝、朱瞻基と若微の息子。
  • 朱祁鈺…景泰帝、朱瞻基と蔓茵の息子。
  • 王振…朱祁鎮のお気に入り宦官。

大明皇妃のネタバレあらすじ31話から33話まで!

第31話 「巨星、墜つ」

高煦を即位させるという永楽帝の意向を受け、楊士奇は奏状を起草。提出する前夜に密かに瞻基に見せ、決断を迫る。明け方、呼び出しを受けた楊士奇は瞻基とともに皇帝のもとへ向かい、高熾の即位を上奏する。2人の決死の訴えを聞いた永楽帝は高熾の即位を認め、この世を去る。瞻基は永楽帝の死を高煦と高燧に隠し、皇太子の即位を画策するも重病の高熾自身が即位を拒んだため、途方に暮れるのだった。

楊士奇の天幕。

楊士奇は朱瞻基に朱高煦(漢王2)を即位させる奏状を見せた。

朱瞻基は祖父の決断に驚き取り乱す。

楊士奇は「陛下は皇太孫が形勢を逆転できなくても活路を開けるよう道を残したのだ」と話す。

逃げることなど考えられない朱瞻基は「自害し黄泉にお供する」と言い出した。

楊士奇は父母が存命のうちにそんなことをすれば不孝者となじられると諭す。

夜が明けた。

楊士奇は朱棣(永楽帝)に謁見。

朱瞻基は頼み込んでその場に同行する。

その姿を見た朱棣(永楽帝)は「やはり瞻基を選ぶのか…」と呟いた。

皇太子府。

寝台の上で眠り込んでいる朱高熾(皇太子1)。

そこへ朱棣が現れた。

息子を起こすと匈奴の青銅で出来た鳳凰の帯留めを見せる。

朱棣は戦地で土産を見つけては幼い朱高熾(皇太子1)に持ち帰ったと懐かしんだ。

そして、息子を酷使し病を悪化させた後悔を語る。

朱棣は朱高熾の手を取り散歩に連れ出した。

朱高熾は体が軽いことに驚きあるき始める。

どこへ向かうのかと聞くと、朱棣は「すぐに即位しろ」と言って姿を消した。

現実に戻った朱高熾の側では、張妍や若微たちが不安そうにその姿を眺めている。

朱高熾は慌てふためき寝台の上を探る。

そこには帯留めが落ちていた…

1424年 永楽帝崩御。

天幕。

朱瞻基は楊士奇たちを呼び今後の対処について話す。

都へ知らせは送らず、朱高煦(漢王2)たちを騙すため「全力で敵を攻めよ」と聖旨を偽造するというのだ。

永楽帝の崩御を隠し、すでに書かれている皇太子を即位させる遺詔を使って朱高熾(皇太子1)を即位させる。

漢王の軍営。

朱瞻基の計画通り、朱高煦(漢王2)と朱高燧(趙王3)に聖旨が届く。

2人は異変に気づき本営へ向かった。

待ち構えていた于謙は何事もなかったかのように2人を案内する。

朱瞻基と楊士奇が引き止めている間に于謙は朱棣の部屋へ。

部屋の中で朱棣が暴れている芝居をして2人を追い返した。

胡善祥(蔓茵)の部屋。

胡善祥は女官の豆子に臼を背負わせ漢王妃のもとへ送り込む。

その文には「各々その主のために」と書かれていた。

漢王妃は夫に胡善祥の裏切りを知らせる。

皇太子府。

深夜、若微のもとに朱瞻基が突然現れた。

密かに戻ってきたようだ。

若微の手引きで朱瞻基は父母に謁見。

永楽帝の崩御を伝えた。

さらに、楊士奇の話した一家で南京へという計画も教える。

話を聞いた朱高熾(皇太子1)はその考えに賛同した。

しかし朱瞻基は追いやられて暮らすことなど考えられない。

皇太子妃 張妍は息子を叱りつける。

朱瞻基は額から血が出るほど叩頭し気を失ってしまった。


感想:理解できていない

楊士奇「陛下のことが理解できていない!」

視聴者「え?」

まあ判断を委ねたようなもんだからいいけども、漢王を即即位させてたら最悪だったね。

民のためを思うなら皇太子皇太孫の流れが一番いいわけで。

その力が今の朱瞻基にないとしたら、死ぬ前に道を作ってやってもいいんじゃないかと思いました。

つまり自分の息子を手に掛ける。

でもそれは出来ないんだよな〜めんどくせ〜!

頑固なおじいちゃんでしたが死んでしまうとさすがに寂しいね。

第32話 「新帝の誕生」

目を覚ました瞻基は再び高熾のもとを訪れる。高熾は瞻基に、自分の即位は一筋縄ではいかないことを言い聞かせ、己の決断を瞻基と張妍に告げるのだった。その頃、戦場では高煦と高燧が楊士奇から永楽帝のお達しとする言葉を受け取る。しかし、近頃の永楽帝の周辺の者や高熾の動きに不信感を持った2人は楊士奇に頼み、今後の戦い方を相談するべく永楽帝の天幕を訪ねる。だが、そこに待っていたのは…。

朱瞻基の部屋。

朱瞻基が目を覚ますと若微が側にいた。

若微は朱高熾(皇太子1)がたらい半分の吐血をしたと教え「即位しか頭にないの?」と聞く。

朱瞻基は若微が内政に精通していることに驚いたようだ。

彼女を押し倒し「どんな結果でも後悔しないか?」と聞く。

若微は「夫婦は一蓮托生」と朱瞻基を抱きしめた。

朱高熾(皇太子1)の部屋。

朱瞻基は再び父の元へ。

朱棣が4日前になくなったこと、仲間は楊士奇・樊忠・于謙と170名の死士であることを告げ玉璽を渡した。

朱高熾はどちらを選んでも災難からは逃れられないと考え、即位を決意する。

オイラト。

マハムード(ハシジュス)は一気に襲撃を仕掛けるべきだと他の部族を説得。

しかし他の部族は撤退を望んでいた。

皇宮。

朱瞻基は楊溥と楊栄を呼び、皇太子の即位について話す。

2人を味方につけ即位までの道筋を固めた。

そして若微に聶興の最後を伝え、覚悟を決め本営へ向かった。

本営。

異変を察している朱高煦(漢王2)と朱高燧(趙王3)は再び本営へ。

楊士奇は聖旨を偽造しごまかすが、2人に問い詰められる。

朱棣の天幕の近くでは干し魚を作り、臭いをごまかしているようだ。

その夜、楊士奇と于謙は朱瞻基が戻らず焦っている。

本営。

朱高煦(漢王2)と朱高燧(趙王3)は聖旨を無視。

軍を引き連れ本営に撤退してきた。

同じ頃、皇宮では朱高熾が皇帝に即位。

本営では朱高煦と朱高燧(趙王3)に崩御が伝えられた。

「皇太孫殿下が遺体を北京へ運び、遺詔により楊溥・楊栄・楊士奇を監国とし皇太子が即位します」

康煕帝の即位を知った朱高煦は合図を出し軍に攻撃命令を出した。

しかし配下の軍は姿を見せない。

少し前、楊士奇は聖旨を持って漢王の軍営に向かっていた。

そして聖旨により2人の配下に休暇と帰還を与え解放したのだ。

朱瞻基は「争いはここまでにしましょう」と勝ち誇る。


感想:暗雲

なんかずーっと暗雲が立ち込めていてすっきりしない。

漢王が罰を受けて処刑されることもない、蔓茵の裏のつながりがばれることもない、若微の気持ちもはっきりしない、皇太子は即位したけど今にも死にそう、朱瞻基では漢王&趙王に太刀打ちできない。

泥沼の中にいるぜ…息切れするぜ…ハァハァh…

今回の疑問点を考察!

若微と朱瞻基は初夜を迎えたのか!

抱き合って暗転したというのはつまりそういうことなんだろうけども、今…?っていうきもちで信じられなくてさ。

第33話 「遺詔と公印」

永楽帝の葬儀に参列するため都へ戻った高煦と高燧。永楽帝の崩御をなぜ隠していたのかと新帝である高熾に問いただすが、高熾は国葬が終わってから話し合おうとお茶を濁す。その後、高煦と高燧は自分たちの息のかかった部隊が地方へ飛ばされてしまい、挙兵することもできずにいた。そこで高煦は皇太子妃の善祥を脅し、協力を求める。一方、若微は高熾から永楽帝の遺詔(いしょう)に、靖難(せいなん)の遺児について書き加えてもいいと言われ…。

北京。

朱瞻基は永楽帝の亡骸を北京まで運んだ。

葬儀の前に、朱瞻基は連れ帰った朱高煦(漢王2)と朱高燧(趙王3)を皇帝となった父に会わせる。

2人は不服そうに拝礼し「なぜ崩御を知らせなかったのか」と問い詰めた。

朱高熾は「葬儀が終わればしっくり話を…」とごまかす。

そして、永楽帝と4人で「反目せず助け合う」と誓った話を持ち出した。

2人は聞く耳を持たない。

漢王府。

朱高燧(趙王3)は北鎮撫司が全員入れ替わりっており組織から追い出されたと話す。

怒りに燃える2人は、皇帝となった兄を公衆の面前で問い詰めることにした。

皇宮。

その頃、朱瞻基は楊士奇、健于と今後のことを話し合う。

健于と朱瞻基は謀反を起こされることを危惧している。

しかし楊士奇は2人の弟が最大の脅威と理解しながらも「始末して憂いを除くのは簡単だが永楽帝は望まない」と二人の意見に反対した。

胡善祥(蔓茵)は養母である胡尚儀に会いに行く。

胡尚儀は年をとってもうろくしたので、皇宮を出て外で暮らすと言い始めた。

胡善祥が止めると「手放してしまったことを申し訳なく思う、守ってあげられなかった」と後悔を語る。

胡善祥は「生きている限りどこにも行かせない」と養母を守ることにした。

胡尚儀の身の回りの世話は女官 安歌がしていた様子。

胡善祥は安歌を気に入り自分の女官にする…

皇帝の寝殿。

朱高熾(皇帝1)は若微の代筆が本物と区別がつかないレベルになったと褒めた。

そして「最後の頼み」として先帝の遺詔に靖難の遺児のことを書き加えることを提案。

字を真似て遺詔を偽造しろというのだ。

若微は「お慈悲に感謝を」とひれ伏し泣きじゃくった。

葬儀の場。

7日間の葬儀が始まる。

朱高熾(皇帝1)を筆頭に、その弟や妻たちも同席していた。

漢王妃はこっそり胡善祥を呼び出す。

命じられるままついて行くと朱高煦(漢王2)が現れた。

朱高煦は「正義のために戦う」と謀反を匂わせる。

そして皇帝の寝殿にある都の公印を通夜の間に忍び込んで盗めと命じた。

深夜、若微は寝殿で靖難の遺児についての文言を考えている。

そこへ胡善祥が現れた。

胡善祥は姉の遺詔改ざんを目にして驚くが「秘密にするので、私のことも聞かないで」と公印を盗み出した。

葬儀の場。

翌日、朱高熾(皇帝1)が遺詔を読み上げる。

「靖難の役において流罪や死罪に処されたもの全員に大赦を下す

生存者は雇用し、死者の子孫には補償をする」

その時、朱高煦(漢王2)が声を上げた。

「遺詔は偽物だ!」


感想:短気は損気

うぐぐ…イライラ効率厨なので朱高熾(皇太子1)の方針にイライライライラ…漢王も趙王もその他親族も〆ちゃえよとしか思わないんだけど!?

日和見楊士奇にもイライラするので、健于と固い握手を交わすわ。

惨劇を繰り返しちゃいけないことはわかるけど、罪を着せるなり過去の罪で罰するなりすればいいじゃん。

漢王は一度地方にいけって言われて、勝手に都に居座ってるのにさ。

そして脅されていう事聞いちゃう芯のない蔓茵…も~!!!

次回、32・33・34話はここから!

全話一覧記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。