【あなたを見つけたい】4・5・6話のあらすじとネタバレと感想|それはだめだよジエンちゃん

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「あなたを見つけたい」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

本編は全45話の1話1時間ですが、BS放送の都合で全75話の1話30分に変更されています!ネタバレは全45話で書いていくのでご注意ください。

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • シー・ジエン:主人公、飛行機事故で10年前に戻ってしまう
  • ジアチョン:ジエンの夫
  • イー・ペイ:易茂グループの社長
  • チャン・ジン:易茂グループに勤めるジエンの元恋人
  • ライ・チャオ:ジエンの親友
  • イー・チントン:イー・ペイの叔父、チャン・ジンに汚職の罪を着せる
  • ジエンのママ:病気で他界したが、10年前では生きている
  • ソン・シャオジン:10年前の世界のジアチョンの恋人
  • カオ・エンフェイ:ジアチョンの親友
  • ズーソン(子松):チャオの恋人
  • チャオ・ウェンウェン:イー・ペイの婚約者
  • チャン・カイ:イー・ペイの秘書
  • リー・ハンリー:ウェンウェンの元恋人
  • チェン・クー:ソン・シャオジンの婚約者
  • イー・ビーヤー:イー・チントンの妹でイー・ペイの叔母、実業家
  • イー・ビージュン:イー・ペイの母、勘当されている

「あなたを見つけたい〜See you again〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「あなたを見つけたい」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第4話

ネタバレ

ジエンの母の検査結果は異常なしだった。だが未来を知っているジエンは再検査をしてほしいと頼む。

ジアチョンは未来の旦那様をものにするため、映画・チョコレート・ピアノの演奏会とアタックを仕掛ける。だが全て断られてしまった。

ある日、友人のチャオが想い人 ズーソンのもとへ行くとジエンに話す。チャオの気持ちを聞いたジエンは映画もチョコもピアノも、すべて自分の好きなものでジアチョンはそれに合わせてくれていただけだと気がついた。ジエンはジアチョンのために変わろうと決意する。

易茂グループの会社にマンション購入者が押しかけ騒ぎを起こす。偶然本社にやって来た会長は購入者に詰め寄られ病院に運ばれた。

イー・ペイとイー・チントンは会長が運ばれた病院に駆けつける。イー・チントンは「事故の原因は建材を勝手に発注したチャン・ジンのせいだった」とずべ手の罪をなすりつけた。

一方、ジエンの母はエコー検査を受け病理検査を受けるよう進められる。ジエンは「少しでも好転してほしい」と願った。

チャン・ジンを呼び出したイー・ペイは、イー・チントンにインサイダー取引の罪を着せられ犠牲になった男の話をする。

感想:世間はそれをストーカーと言う

未来を知ってるからこそ自身を持って行動してるんだろうけど、それは世間ではストーカーと言うんだよジエン!

でもそれが許されるのが美人。世の中って辛いね。

現代劇の感想書くのが初めてなのでどんなもんかなと思ったんですが、謎の武器の用語とか建物の名前とか出てこなくてにっこりしています。

第5話

ネタバレ

チャン・ジンが会社に戻ると、席を片付けられ社員としての権利を剥奪されていた。イー・チントンはチャン・ジンにすべての罪を着せ切り捨てる。

チャン・ジンはイー・チントンの発言を録音し、イー・ペイに渡す。イー・ペイはそれを会長に聞かせ、イー・チントンがマカオで賭けに負け多額の借金を抱えていると教えた。

ジエンの母のガンは早期だった。過去に戻る前は末期がんだったためジエンは一安心。ただ、告知するかどうか思い悩む。

自宅で仕事をしていたジアチョンのもとにソン・シャオジンから電話が入る。父のコネでまた建築会のお偉方に会わせるので出てこいというのだ。嫌気が差したジアチョンはカバンからジエンのチョコレートを見つけ食べる。そして「チョコレートありがとう会えるかな」とメールした。

ジエンとジアチョンは書店で待ち合わせる。ジエンは母にガンの告知をするか相談し、ジアチョンは末期がんを宣告された祖母が祖父と旅をして眠るように旅立ったことを教えた。その間ソン・シャオジンから鬼のように電話が入る。

ジエンと別れジアチョンは待ち合わせ場所へ。しかし書店のカフェに設計図と贈り物を忘れてきてしまった。そんなジアチョンはにソン・シャオジンは激怒。ジアチョンは「僕にコネは無用だ」と立ち去る。

ジエンは治療を受けるよう母を説得した。

レストランで親友シャオの恋人ズーソンに会ったジエン。支社が開設されるので上海へ来るとズーソンは言うが、未来を知るジエンは疑いの眼差し。

ジエンはジアチョンの忘れ物を届けに自宅へ向かう。そこへソン・シャオジンが現れた。

謝罪しろというソン・シャオジンに「君の敷いたレールを歩きたくない」と抵抗するジアチョン。ソン・シャオジンは謝り「無理強いしない」と約束する。

ソン・シャオジンを見送ったジアチョンのもとにジエンが現れた。ジエンは忘れ物を渡して、母に告知したことを伝える。そこへ、ソン・シャオジンが戻ってきて…

感想:芸術家

芸術家ならパトロンがいたほうがいいと思うけど…しっかり金持ちのお嬢様だし。まあ認められた才能なら必要ないのかね。

ソン・シャオジンは別にジアチョンのことが好きなんじゃなくて、才能があってイケメンでモテる彼をものにした自分が好きなんですね。すごい自信だ。

最近「3塁から人生始まる」って言葉を見たけどまさにそれよ。

第6話

ネタバレ

二人が一緒にいたことを知ったソン・シャオジンは激怒。「ジエンがジアチョンに好意を持ってわざと近づいた」と詰め寄り、怒って帰っていった。

易茂グループではグランド事業について会議が行われ、イー・ペイは「すべて建て直す、一からやり直さなければ不信感は拭えず、信頼を取り戻せない」と意見する。さらに無料の共用施設を作ることで価値を高める提案をした。会長はイー・ペイを信頼し、イー・チントンは事業から降ろされる。

ジエンは母の手術のため寮を出て家に戻る

親友のチャンと荷物を運んでいるとチャン・ジンからメールが入った。ジエンは「自首してイー・ペイを頼れ」と説得。イー・ペイと弁護士を呼ぶと、ジエンは自首するチャン・ジンを見送った。

チャオは口を滑らせチャン・ジンと別れたこと、就職することをジエンの母に話してしまう。

自分の存在がジエンの重荷になっていると思い悩んだ母は…

自宅に戻ったジエンは母の元へ。母は睡眠薬を飲み昏倒していた。ジエンはイー・ペイを頼り病院へ向かう。

発見が早かったため、母は大事にならなかった。ジエンはイー・ペイに「告発の謝礼として仕事をください」と頼む。

グランドの解体が始まった。イー・チントンは尻拭いをイー・ペイに押し付けイギリスに逃げる。

ジアチョンはソン・シャオジンとその父に連れられイー・ペイに会う。そこで住民のための共用施設を建てるという話を聞いた。

感想:ママは唐突

娘のことを心配してるって言ってたのに、突然自殺未遂しないで!?1人で残していくのかい!?

がんの告知かあ、別にされたらされたでホスピス探してしたいことして食べたいもの食べて死ぬかな。ドラマや漫画を見てると不思議なんだけど、みんなそんなに生に執着してるの?一般人でもそんなことないと思うんだけど。

現実は小説より奇なり?

次回、7・8・9話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。