【花不棄】16・17・18話あらすじとネタバレと感想|仮死薬

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第16話 蓮衣客の正体

あらすじ

信王は莫若菲を王府に呼び、官銀流通権は明月山荘に渡すと明かす。

がく然とする莫若菲だが信王には、ある考えがあった。

まだ病が治らず、床にふせっている花不棄。

夜更けに目覚めると、兎の灯籠に火が入っていた。

蓮花客が来たことを悟った不棄は庭に出て「姿を見せるまで待つ」と呼びかける。

現れた蓮衣客の手を握り、想いを伝える不棄。

しかし蓮衣客は、その手をそっと振りほどいた。

この時、不棄は蓮衣客の右手に見覚えのある傷があることに気づく。

ネタバレ

王府。莫若菲は母の罪を隠し「何者かの陰謀だ」と主張した。信王も柳明月を完全に信用しているわけではないらしい。そこで信王は官銀流通権を明月山荘に与えることを教え「莫府の資産をあるだけつぎ込み入札値を釣り上げ、柳明月の持つ銀子をすべて使わせろ」と命じた。

莫府。屋敷に戻った莫若菲は官銀流通権が手に入らないと先祖に報告。繁栄は必ず取り戻すと誓った。

夜中に目を覚ました不棄。机の上に火を灯したうさぎの灯籠があり、蓮衣客が来たことに気がつく。外へ飛び出すと「姿を見せるまでここで待つわ」と震えながら耐えた。蓮衣客は様子を見ていたが、不棄が倒れ込んでしまったので慌てて助ける。

「なぜ好きだと認めないの?」花不棄は蓮衣客に尋ねる。その時、蓮衣客の手の甲に陳煜と同じ傷があるのを見つけた。不安になった花不棄は「顔を見せてほしい」と頼む。蓮衣客が顔を見せず去ろうとしたので、花不棄は仮面を外した。

陳煜の顔を見た花不棄は取り乱し「なぜあなたなの、あなた以外なら誰でも良かった」と泣きじゃくる。どうすることも出来ない陳煜。「蓮衣客は別にいる、だが私はそなたの兄だ」それだけ告げると陳煜は去っていった。

元祟の屋敷に向かった陳煜。やけ酒して眠り込んでしまう。

莫府。翌日、小蝦という新入りの侍女が仮死薬を花不棄に渡した。花不棄は天燈を作ると言って小蝦と二人きりになる。そして「服用するとすぐに仮死状態になる」と教えられた花不棄は「兄上に迷惑はかけられないから王府で飲む」と伝える。

雲琅が花不棄を馬場に連れて行くと知った林丹沙は、自分も行きたいと雲琅に頼む。雲琅は承諾し、林丹沙に花不棄のことを尋ねた。「西州府では犬に育てられた有名人」、それを聞いた雲琅は「阿黄は大切な存在だったのか…」と落ち込む。

雲琅が花不棄を迎えに来た。だが花不棄は出かける気分ではない。雲琅がしつこく誘うので渋々出かけることに。

竹林。柳青蕪は「花不棄と飛雲堡の若が外出した」と報告を受けた。花不棄を利用し陳煜に近づいて、蓮衣客であることを皇帝に暴露すると作戦を立てる。陳煜に「街から10里の小春亭で待つ」と文を届けさせた。

手紙を受け取った陳煜。信王の名義で花不棄の様子を見に行かせる。花不棄はすでに出かけた後だった。

馬に乗って出かけた花不棄達。林丹沙は雲琅の馬に相乗りしている花不棄に嫉妬する。兄 林玉泉は「雲琅を捕まえろ、そのためには不棄と仲良くしろ」と林丹沙に助言。林丹沙は雲琅をものにするため花不棄と親しくする。

小春亭。陳煜を呼び出した柳青蕪は「蓮衣客であると認めろ」と迫った。陳煜が認めないので、近くを通りかかった花不棄一行を襲わせると脅す。そして「荘主となるのを助けてくれるなら、碧羅天の秘密を突き止める。柳明月の母親は莫府の放火で死んだ。明月山荘の急激な成長の裏には秘密がある」と話す。陳煜は手を組むことに。

莫府。莫若菲に信王からの文が届く。その内容が気になる柳青妍は、莫若菲が席を外したすきに盗み見る。内容は「官銀流通権は莫府に渡す」というもの。罠かもしれないと疑うが、焦った柳青蕪は莫若菲に襲いかかった。その短刀には毒が塗られていた。

血を吐き瀕死の莫若菲。番頭を呼びだし「力を合わせ母を支え、入札しろ」と命じる。番頭は「前の旦那様のとき、落札は出来たが手形を持った民が押し寄せ銀子が不足した、同じことが起きてしまう」と懸念。莫夫人は屋敷を抵当に入れてでも銀子を用意しろと命じる。

感想:アリエル・リン

顔が苦手で全く興味のなかったアリエル・リンを、今回始めて素敵だと思えた。

最初の方の阿黄との芸とか最悪だったから最後まで見れるかまじで心配になっていたけど、ここまで来てやっといい感じに脂が乗ってきたぞ!

今回の見せ場はなんといっても、陳煜が蓮衣客だと露見してしまうシーン。

泣きじゃくるアリエル・リンは10代の少女のようで切なかった…

第17話 積年の恨み

あらすじ

莫若菲が毒に倒れたと知らせを受けた花不棄。

林玉泉は余命3日と告げるが、実は莫若菲は毒に侵されておらず信王からの指示であった。

だが事情を知らない莫夫人は積年の恨みを爆発させ、不棄が信王ではなく自分の夫・莫白行の娘であることを不棄に告げ、無理やり毒の汁物を飲ませる。

自分が陳煜と兄妹でないことを知り、不棄は幸せをかみしめながら意識を失う。

そんな瀕死の不棄を見つけた雲琅の前に小蝦が現れる。

小蝦は不棄に仮死薬を飲ませて…。

ネタバレ

莫府。番頭たちは「屋敷を抵当に入れても銀子は用意できない上に、手形を換金されれば銭荘が潰れる」と諭す。莫若菲は銀子と官銀流通権を番頭たちに託した。

知らせを受けた花不棄たちが戻ってくる。脈を見た林玉泉は莫若菲の芝居を見抜くが、莫若菲に目配せされ口には出さなかった。

林玉泉は花不棄と莫夫人に「手を尽くしても余命は3日」と告げる。悲しみに暮れる花不棄。莫夫人は都中の医者を集めるよう指示すると、仏に祈るため花不棄を連れて出ていった。

王府。信王は柳明月を呼び出し「困ったことをしてくれたな、莫府は官銀流通権を手に入れるため屋敷を抵当にいれ800万両以上で入札するらしいぞ」と教える。柳明月は莫府を上回る銀子を用意するしかなくなってしまう。信王の狙いは、銀子の調達に困った柳明月に「謎の人物」を頼らせることだった。

莫府。莫夫人は「若菲を狙ったものが花不棄を狙ってもおかしくない、毒をすべて盛れ」と莫じいに指示。莫夫人の目の前で汁物を飲むよう強要された花不棄だが、異変に気づき逃げ出そうとする。

莫夫人は「莫百行は私の200万両の嫁荷を使って官銀流通権を手にし、莫府は繁栄を手にした。幼なじみが婚姻を拒んでいるので匿いたいという願いも聞き入れてやった。それなのに莫百行は薛菲に子供が出来たので側女にしたいと言い出した。薛家の屋敷に火を放ったが、あの女はすでに逃げ出していた。莫百行は薛菲を思ったまま死んでいき、その後、莫家は私たち親子を屋敷から追い出した」と涙ながらに恨みを口にした。

そして「郡主ですって?お前は莫百行の隠し子に過ぎない。信王が都を離れたのは4月、薛菲は6月に身ごもった」と真相を話す。花不棄は、陳煜とは兄妹ではない、莫若菲と本当の兄妹と知り喜ぶ。だが抑え込まれ無理やり毒を飲まされてしまった。

夜になり、莫若菲はどこかへ出かけるようだ。林玉泉は莫若菲の計画の一部を聞かされ、さらに探りを入れるが教えてもらえない。

部屋から出た莫若菲は、花不棄の部屋から出てくる莫じいを目撃。

部屋に戻された花不棄は血を吐きながらうさぎの灯籠を手にする。そして灯籠の裏に何かを書き残した。

駆けつけた莫若菲は花不棄を林玉泉に見せる。林玉泉が診察し「劇毒が使われており、もはや手遅れ」と判断した。莫若菲は母の仕業だと気づきながら、林玉泉の前では取り繕う。

そして花不棄を部屋に戻すと「明日は官庫の入札で計画がある、信王に知られてはならない」と涙ながらに謝った。その晩、莫若菲は酒を飲み「私が都につれてきたせいだ」と己を責めた。

王府。陳煜は信王に呼ばれ「近いうちに何もかも明らかになる」とごまかされる。しかし陳煜は碧羅天のことを調べ始めており「宝を使い皇位を簒奪するのですか」と詰め寄った。信王はそれを認め、とにかく明日は官銀流通権を朱府に与えるようにと言った。

莫府。解毒薬を得るため信王に直談判した雲琅だが、なぜ信王が早々に莫若菲の事を知っていたのか不審に思っている。剣声は主が危篤だと言うのに、のんきにあくびをしており雲琅は問い詰めることに。だが口を割らないので「入札後に来る」と立ち去る。

花不棄を訪ねた雲琅。血を吐いて倒れている花不棄を見つけ駆け寄る。「あなたの気持ちは知ってる、でも私が好きなのはあの人だけなの」花不棄はそう言って涙を流す。そこへ小蝦が飛び込んできた。

小蝦は花不棄に仮死薬を飲ませる。雲琅は花不棄が死んでしまったと勘違いし小華に襲いかかる。小蝦は「仮死薬で毒の周りを止めました、7日以内に目覚めさせないと大変なことになる、一刻も早く埋葬し、都から離れて解毒しなければ」と教える。

感想:莫夫人

「なぜ夫が早くにこの世を去ったかわかる?」って言ってました。夫もコロコロちゃったのか。しかも莫じいに放火させたのに目的の人物は逃げてて、他の恨みを買ってるし。もうちょっと計画的に行こうや。

さて、なんか知りませんけど花不棄のお父さんが莫百行らしいです。親父はクソでもママが聖女だからいいのかな…?いいのか…?なんか腑に落ちないけど、いま出てきてるメンツの中で誰がパパにふさわしいかって1人もいないし…うーん

しっかし!便利な薬があるもんだな!古くはロミジュリか?天は赤い河のほとりでもあったな、少女漫画好きにはたまらん展開。

第18話 胸に秘めた想い

あらすじ

莫夫人と莫じいに毒を盛られたことを周囲に黙ったまま仮死状態に陥ってしまった花不棄。

しかし蓮衣客に贈られた灯籠を握りしめていたことで、下手人は蓮衣客ではないかというあらぬ疑いを招くことになる。

不棄が死んでいないことを知っている雲琅は、無事に都から逃してやるために寝ずの番をして不棄に付き添っていた。

一方、不棄が死んだと誤解したままの陳煜は、友人の元崇の屋敷で酒をあおり、つらい胸の内を吐露するのだった。

ネタバレ

莫府。雲琅は小蝦の言葉を信じ花不棄を託すことにする。「毒を盛られるほどの秘密があるのか?まさか蓮衣客が…?」花不棄が灯籠を握りしめていたので、雲琅は蓮衣客が毒を盛ったと勘違いする(なんでや雲琅!)そこへ秀春がやってきて驚き悲しむ。雲琅は「すべてを報告してこい」と秀春に言った。

雲琅は莫若菲を問い詰め「利権争いのために花不棄を犠牲にしたのか」と憤る。

王府。入札が始まった。官銀流通権の入札に参加したのは莫府・明月山荘・朱府。最後の入札で莫府は800万両、朱府が800万300両を出し、朱府が落札した。陳煜は「2割を手付金として即刻、残りは一月以内に納めよ」と命じた。

入札が終わると、信王は柳明月に「碧羅天のことはわかっているだろうな」と念を押す。そこへ莫若菲が訪ねてきて「明月山荘が不棄を狙ったようです、不棄は絶命しました」と報告。そこへ陳煜も現れ、莫府へ向かう。

莫府。駆けつけた陳煜は棺に収められた花不棄と対面。遅れてやってきた信王は花不棄が息をしていないことだけ確かめる。雲琅は「下手人の名前を口にしなかったのは蓮衣客をかばうため、蓮衣客が毒を盛った」と話す。

検屍のため林丹沙が呼ばれた。小蝦は「まだ心臓に毒が回っていない」と銀針を刺しても変色しないことを雲琅に教えた。雲琅は林丹沙を止めようとするが、彼女は心臓に毒が回っていないことを誰にも教えなかった。

帰路についた信王。「愛するものを失った絶望だった」と陳煜の様子を語る。そして「陳煜を見張り醜態をさらさせるな」と阿福に命じた。

花不棄の部屋。陳煜はうさぎの灯籠を見つける。そこへ莫若菲がやってきて「不棄を殺し明月山荘に罪を着せるつもりかも、賞金をかけ蓮衣客を捕らえて真相を明らかにします」とすべてを蓮衣客のせいにした。

陳煜は柳青蕪を呼び出し問い詰める。柳青蕪は「今は師匠を倒すことしか考えていません」と否定。

莫府。林丹沙は兄 林玉泉に花不棄が仮死状態だったと教える。「生き延びて父上の敵を討つ、蕭九鳳に知らせよう」と林玉泉は喜ぶ。林丹沙は「雲琅はなにか知っている様子だった」と気にかけている。

雲琅は一睡もせず、花不棄の体を守り続けていた。「雲琅さん、あなたが好き。花不棄が羨ましい」と林丹沙が言うので、雲琅は激高する。林丹沙は「だって花不棄は死んでいないもの」と仮死状態であることを教えた。秘密がバレてしまった雲琅は「不棄を無事に都から去らせてやりたい、何でも言うことを聞く」と頼む。林丹沙は「私を娶って」と迫り承諾させた。

感想:嫌いじゃない

目的のための強硬手段、嫌いじゃないよ林丹沙ちゃん。お嬢様育ちだからいずれは全部自分のものになると考えての犯行ですね。雲琅君は単純だし、その読みもあながち間違いじゃ無い気がする。がんばれー!

それにしても信王は聖女にしか興味がないんだな。ますます花不棄が不憫だし、まあ信王が親じゃなくてよかったは良かったのかもしれないけど、本物の親父もあれだし…おん…

花不棄が都を出てから第2部開始ってとこかしら。

次回、19・20・21はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。