【花不棄】22・23・24話あらすじとネタバレと感想|碧羅天へGO!

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第22話 恋に落ちた若様

あらすじ

不棄たちを助けようと、元崇は勇ましくゴロツキに向かっていったが、あえなく返り討ちにあってしまう。仕方なく加勢した小蝦に元崇はひと目惚れ。小蝦が朱家の孫娘だと誤解した元崇は、靖王世子に頼み込み朱府を訪れる。不棄の機転で男2人との面会は免れたものの、見舞いに訪れた大おばたちを追い返すわけにもいかず、不棄はさらなる策を弄することに。何とか難を逃れた不棄だったが、何者かの密告により靖王側妃の九おばが戻ってきて…

ネタバレ

酔一台。小蝦にいいところを見せたい元祟だが、ごろつきにあっさりやられてしまう。見かねた小蝦が加勢し、その姿に元祟は一目惚れ。鼻血を出したまま小蝦に迫るが、腕を捻り上げられてしまった。

元祟は靖王世子に「朱家の令嬢と引き合わせてほしい」と頼む。

帰路についた花不棄と小蝦の前に、刺客が現れる。小蝦は刺客と戦い、花不棄は柱の陰に隠れ、東方炻はその様子を見守っている。刺客の1人が花不棄の襲いかかり、そこへ蓮衣客が現れて助けた。花不棄は蓮衣客を追うが、見失ってしまう。

その夜、元祟は陳煜に「朱家の令嬢」の話をし、靖王世子と一緒に会いに行くと話す。陳煜は侍女(花不棄)を助けた事を教え「護衛をかって出ればいい」と助言した。

朱府。朱寿は「背後で糸を引いている妹君が何人もいました、侍女にも裏切り者が3人」と朱八華に報告。朱八華は妹たちの裏切りに憤るが「全てを不棄に管理させておけば良い」とすべてを押し付ける。

花不棄はおばたちと通じていた侍女を並ばせ叱っている。散々脅したあと「軒先にひまわりを植えて」と言いつけ、その場を収めた。花不棄が去ると朱寿は侍女に忠告する。

今度は靖王世子と元祟がやってきた。花不棄は「元来病弱で昨日の騒動で寝込んでいる。客人には会えない」と朱寿に言わせて追い払う。

靖王世子は「ないがしろにされた」と怒る。そして、どうしても小蝦に会いたい元祟は夜に朱家へ忍び込むといい出す。靖王世子は必死に止め「九おばに見舞いに行かせ、会う約束を取り付ける」という事になった。

靖王側妃である九おば、大おば、七おばが花不棄の見舞いと称して偵察にやってくる。

花不棄は部屋を蒸し暑くし長居できないよう対策、手を氷で冷やして病を装った。そして「顔を騒動の最中に切りつけられたのです…ゴホゴホ…」と弱りきった様子を見せつける。おばたちは何も言えなくなり去っていく。

だが、屋敷に潜んでいた九おばの密偵が、花不棄の仮病を密告。九おばが戻ってきてしまう。花不棄は侍女に棒打ちの罰を与え「私を見下して噂を流しています、仮病も顔を隠したのもすべて祖父上の指示です」と話す。侍女が打ち殺される様子を見た九おばは青ざめて帰っていった。

花不棄は「脅すだけで良かったのに、本当に打ち殺すなんて」と小蝦に言う。

感想:おばさんがいっぱい

よかったなひとりひとりに名前がなくて(今日の一句)

この番号システムを如懿伝でも導入してほしかった。見た人はわかるだろうけど、お前は何番目で誰の子供じゃ!って混乱するから。

さあ、ここにきて花不棄の商才が発揮されていく様子!なんかもう花不棄が一代で財を成す話のほうが興味あるわ。陳煜はもういいじゃん。今回も後姿見てるのに、全く気が付かず去っていったよ。愛!!!

第23話 花不棄の商才

あらすじ

小蝦にひと目惚れをした元崇は、恋しさ募って忍び込んでくるものの、冷たく追い払われてしまう。そんな中、朱府の借金を減らそうと知恵を絞る花不棄。贅沢ばかりする祖父を脅しつつ、策を講じる。貧乏人への貸し付けを始めたり、おばたちに渡る銀子を見直して出資を仰いだり、着々と家計を立て直してゆく。ある日、花火を買った客が負傷し、東方炻が患者を連れて店に現れる。手際よく事を納めた花不棄に、東方炻は興味を惹かれるのだった。

ネタバレ

朱府。小蝦は「裏拳で気絶させて、血がにじむよう仕込んだだけで死んでませんよ^^」と花不棄に話した。小蝦は朱寿に「お嬢様は非情になれない」と言うが、朱寿は当主になるなら情も捨てなければと話す。

作戦が失敗した元祟は、どうしても小蝦への気持ちを抑えられず朱府に忍び込む。元祟は小蝦が令嬢ではないと知るが、他言しないと約束する。話の流れで元祟は「蓮衣…」と口にしかけ慌てて黙る。聞き逃さなかった小蝦は「あの人は命の恩人、もし会ったら「蘇州府に待ち人あり」と伝えてください」と頼む。

小蝦と元祟の話を聞いていた花不棄は「いつかはお嫁に行くかも」とからかった。花不棄は「生きていることが信王に知れれば、朱府に危険が及ぶかもしれない」と考え、蓮衣客とは会わないほうがいいと思っている。

翌日、花不棄は「貸付案」を朱寿と朱福に提案。貧乏人に小銭を貸して、朱府の名声を高め、新たな商いに繋げようというのだ。

酔一台。使用人が朱府の貸付について話している。食事をしていた東方炻は「最小の出費で最大の効果」と花不棄の策を絶賛した。そして朱府の店を見に行くと長蛇の列が出来ており「朱府が借金を返したら祖父に叱られる」とぼやく。

朱府。おばたちがまた押しかけてきた。花不棄は朱八華の部屋に向かうと、豪華な調度品の値段を朱寿から聞き出し、祖父の贅沢に釘を差し脅す。そして「帳簿の見直しをさせた」と話し「お手当の他に毎年1000両を渡す。おばに出資させ、年末に配当金を配る」と節約案を提示した。祖父は妹に泣き叫ばれないのなら!と大喜びで承諾。

その夜、元祟が蓮衣客に変装し忍び込んできた。あっさり正体がばれた元祟は「名前だけでも教えてくれ」と頼み成功する。蓮衣客の登場に心乱れる花不棄だった。

朱府の花火店。蓮衣客は花火の暴発で両目を怪我した男を連れて店に入る。そして「当主を呼べ」と要求した。

花不棄は顔を隠して花火店へ。命の恩人 東方炻に礼を言い、花火の話を聞く。どうやら暴発は本当のようで他にも数人被害にあったものがいた。四おばの差し金で花火職人が細工をしたらしい。

花不棄は被害にあったものに対し損失の埋め合わせをする、怪我をしたものは必ず治療する、花火を買ったものに対して返品を受け付ける、そして最後に不良品の花火を民の前で水に浸し、信頼を取り戻した。さらに朱府の不良品を見つけたものには10両を渡すと約束。これでおばたちは不正を働けない。東方炻はその差配に感心する。

東方炻は花不棄を酒楼に誘う。

感想:のび太

元祟はのび太キャラなの…?最初に出てきたとき将軍の出来損ないの息子って紹介されてたけど、陳煜の手助けしたり励ましたりでいいとこばっかりだったのに、ここに来て運動神経の死んだマヌケになっちまった。

すっごい面白いわけじゃないんだけど、キャラ設定がうまくて引き込まれる。柳青蕪と柳青妍の双子設定もなんで…?と思ってたけど、今じゃ結構気に入ってるしなあ。

第24話 碧羅天への道

あらすじ

花不棄は郡主ではないが、今も生きていると信王に告げた陳煜は、不棄が碧羅天の聖女であるという意外な事実を明かされた。聖女を利用して天下を取れと言う父に陳煜は反感と怒りを覚える。

信王より碧羅天への案内を命じられた柳明月は毒を使って侍衛を脅し、場所を明かさぬまま口裏を合わさせようとするが、自分の命を狙う柳青蕪の存在には気づいていない。一方、蕭九鳳を尾行した阿福は、ついに碧羅天の入り口の間近まで来たが…。

ネタバレ

酔一台。食事をする花不棄と東方炻。料理の話で意気投合する。

王府。名医が呼ばれ信王には金針延命法が使われていると診断。助けるには肉体を割いて針を取り出すしか無いと言われる。成功しても寝たきりになり2年ほどの延命。信王は治療を拒む。

そこで陳煜は「4月生まれで父上の娘ではない、花不棄はどこかで生きている」と報告。それを聞いた信王は碧羅天の聖女のことを陳煜に教える。

「不棄を王府に留めたのは碧羅天の聖女だから。予言には「聖珠を用い聖女を祭りて天に返すべし。秘宝は永遠に人の世を離れ、これより天下は太平となる」という続きがある。碧羅天の入り口は陣法で守られており、地図がなければたどり着けない。しかし数年前ある男(蕭九鳳)が陣法を破り碧羅天に侵入。碧羅天の一族を皆殺しにした。阿福は妹 張氏と逃げ延びるが、妹は皇帝に捕まり、阿福は重症を負った」

信王は陳煜に「地図と聖女を揃え、天下を手に入れろ」と迫る。だが陳煜は「私は不棄を守ります」と出ていった。

信王の隠し部屋に入った陳煜は「天下を取るための道具になどさせない」と聖珠を壊そうとする。だが聖珠はかけることもなく、剣だけが折れてしまった。

柳明月は信王の配下を碧羅天に案内している。柳青蕪は柳明月を殺すため後を追い、蕭九鳳は作戦のため身を潜め、阿福はその様子を探っている。

その夜、蕭九鳳は柳明月と話し、阿福の存在に気がつく。蕭九鳳は阿福の始末を、柳明月は茶屋で侍衛を毒殺することに。

柳明月は茶屋で自衛を毒殺。2人だけ残し、3日ごとに解毒が必要な薬を飲ませた。妻子を人質に信王の前で口裏合わせをしろというのだ。阿福はその一部始終を目撃し、蕭九鳳を追う。

阿福は碧羅天の入り口を見つける。洞窟に作られた蕭九鳳の部屋で地図の半分を見つけるが、罠が作動し部下が足を負傷。2人で逃げ出すが、阿福は部下を置いて逃げるしかなくなる。部下は蕭九鳳に傷を負わせ絶命。

柳青蕪も作戦を実行。眠っている柳明月に毒薬を飲ませ、雇ったごろつきと共に襲いかかる。柳明月は森の中に逃げた。

感想:愛と比べる帝位

信王は世を太平にしたいのか権力欲にまみれちゃったのかどっちなのよ。まあ欲のほうが強そうだなあ。女なんてただの駒だと思ってるし。こういうちょっと善人の部分を残してるやつって嫌悪感がすごいや。

100%濃縮還元の悪者のほうがまだ分かりやすくてかっこいい。善人ヅラして悪意押し付けてくるやつは…次!

次回、25・26・27はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。