【花不棄】25・26・27話あらすじとネタバレと感想|元祟の大冒険

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第25話 都からの追放

あらすじ

蕭九鳳から地図の半分を奪い都に戻った阿福。

皇帝に地図を渡し、人質として監禁されている妹・張妃に碧羅天への同行が許されたことを伝える。

その頃、信王はもう虫の息だった。看取りに来た皇帝に対し、陳煜に封地を与えてほしいと訴え息絶える。

皇帝は陳煜を東平郡の郡王に封じるが、ひそかに明月山荘と碧羅天との関わりを調査させる任務を与える。

一方、陳煜の東平郡行きを知った花不棄は、東平郡の茶を売り出すことを思いつき…。

ネタバレ

碧羅天の近くまで逃げ延びた柳明月。蕭九鳳と落ち合うが、碧羅天まで来たことで叱責される。

皇宮。阿福は「柳明月の後をつけ地図を手に入れた」と皇帝に報告。地図を渡し「手練れを貸してもらえれば蕭九鳳を捕らえる」と約束する。そして碧羅天に行くときは、阿福の妹である張妃を同行させてほしいと願い出た。皇帝は了承し、妹に会うことを許可する。

阿福は人質に取られている妹 張妃と再会。「碧羅天への道を探り当てた、同行できるよう頼んだので碧羅天に帰ることが出来る」と話す。阿福は自分が現れたせいで信王に野心を抱かせてしまったと後悔しているようだ。

王府。阿福は「地図は入手できなかったが入り口は突き止めた」と報告。信王はすべてを陳煜に託したと話し、発作を起こした。どうやらもう長くない。

皇帝が王府に駆けつける。信王は「陳煜を都から解放してください」と頼む。皇帝が封地を与えると話した瞬間、信王は息を引き取った。陳煜は東平郡王として封地 西楚州から出ることを禁じられた。

朱府。朱寿と朱福が都からの知らせを持って来た。「信王が死んだので、官庫の管理を長公主の夫 駙馬都尉に任せる」朱寿はツテがなくなったと嘆いている。花不棄はそんなことより陳煜はどうなったのかと訪ねる。「封地に送られたがそこは不毛の地、追放されたも同然」それを聞いた花不棄は「郡王と仲良くしておけば朱府の名が上がる」と陳煜を助けることに。

皇宮。皇帝に呼び出された陳煜は内密に皇宮へ向かう。皇帝は「信王から碧羅天につながる物証を陳煜に託したと聞いた」と話し、陳煜を試す。陳煜は知らぬふりを通した。皇帝は封地の近くにある明月山荘を見張り、背後の勢力をさぐれと命じる。陳煜が帰ると、皇帝は「二心を抱くなら即刻殺せ」と言う。

王府。陳煜に言われ留守番をしている元祟と小六。そこへ白漸飛が来たので必死に止める。陳煜が戻ってきたので一緒に酒を飲むことに。元祟が「花花という侍女を助けただろう、瞳が印象的な」と話したことで、陳煜は花不棄のことを思い出す。

翌朝、阿福に起こされた陳煜。阿福は陳煜に野心がないことを確認すると、皇帝の密偵であることを明かした。花不棄を守るため陳煜は阿福に協力することに。阿福は蕭九鳳の姿絵を渡し、碧羅天の調査に行けば戻れないかもしれないと話す。

王府。陳煜の出立前、朱寿は薬を届けにやってくる。小六が箱の底を見ると10万両が入っていた。小六はその事を陳煜に報告。

感想:もうすぐ再会

お披露目会で再会だ!あらすじ見たから間違いねえ。

信王がなくなりましたが、天寿を全うしたということでいいですね、お疲れさまです。今後若い人たちが誰も死んだり傷ついたりしなきゃいいなあ、と思ってるけど、そこは中国ドラマ…何が起こるかわからない。

雲琅はさっぱり出てこなくなったけど、林丹沙とよろしくやってるでしょう。

ここまでで半分!折り返し地点で残りは26話。

第26話 朱府の新当主

あらすじ

お披露目の宴に変装して潜り込んだ陳煜は、突如現れた朱府の孫娘 朱珠が花不棄であることを確認し、不棄を二度と危険な目に遭わせないと心に誓う。

そんなことなど知る由もない不棄は、自分の無事を何とか陳煜に知らせようと、小蝦に会うために朱府に忍び込んだ元崇に、友人の生年月日を蓮衣客に伝えてくれるよう頼む。

そんな中、朱府の店の視察に出かけた不棄が、酔一台で元崇たちとお茶を飲んでいる最中に東方炻に連れ去られ…。

ネタバレ

陳煜は「確かめたいことがある」と朱府に向かう。東平郡には小六を向かわせた。

朱府。花不棄のお披露目の日がやってきた。会には陳煜・元祟・白漸飛・東方炻も参加している。花不棄は朱家の令嬢 朱珠として復籍し、家督を引き継いだ。変装し紛れ込んだ陳煜は、花不棄の姿を見て「2度と危険な目には合せない」と誓う。そして密かに、花不棄に護衛を付けた。

その夜、朱府に忍び込んだ陳煜は設計図を小蝦に渡し「それがあれば令嬢を守れる」と言った。その後すぐ、元祟までやってくる。元祟は頭をぶつけて気絶してしまった。

翌朝、花不棄は元祟を柱に縛り付けからかっている。そして「ある娘の生年月日を蓮衣客さんに伝えて相性を占ってもらって」と頼んだ。元祟はその生年月日を聞いて、灯籠の裏に書かれていたものだと気がつくが何も言わない。

屋敷に戻った元祟は陳煜がいることに驚く。そして花不棄の話を伝えた。陳煜は花不棄に危険が及ばぬよう、白漸飛を都に返してほしいと頼む。「そのかわり、小蝦との仲を取り持ってくれ」という元祟だが、実は昨晩、小蝦は一晩中 縛られている元祟を見つめていたらしい。大喜び元祟!

朱府。仕事に忙殺される花不棄。朱八華がのんきに魚釣りをしていると言うので「お忍びで朱府の店舗を視察に行くからついてきて」と連れ出した。

花不棄は朱八華を利用して「祖父は孫娘の前では形無し」と店主たちにしらしめる。これで花不棄を侮るものはいなくなるだろう。

用事が済むと花不棄は朱八華を屋敷に帰し、小蝦と街を散策。そこへ雲琅と林丹沙が現れた。花不棄は二人の様子を影から見守り「本物の令嬢だものお似合いね」と黙って去る。

今度は元祟が現れ小蝦をお茶に誘う。しかしそこにいた東方炻が花不棄をさらって逃げてしまった。小蝦は陳煜のつけた護衛とともに後を追い、すぐに陳煜にも報告が入る。

隠れ屋敷。東方炻は「令嬢となったことで他の男から狙われるだろうから、操を奪われたと噂を流す」と黒鳳に話す。気絶させられていた花不棄が目覚めると「一晩過ごした仲じゃないか^^」とからかう。

そして許嫁であることを明かし「祖父は薛菲を娶る気をなくしたので、私に譲った」と教えた。花不棄は名医として東方炻が現れたのはすべて仕組まれたことだと気がつく。「祖父に言われ君を蘇生した、2年後返済できるか賭けよう、3日付き合えば帰してやる」花不棄は逃げ出すことができない。

陳煜のつけた護衛の1人が花不棄を探し当てる。

感想:うーん、パワー系

賢いけどモラハラタイプか?東方炻よ?ちょっといいなと思ってたので最悪ですね。せっかくさらってきたのにあの脅し方はないわ〜もう嫁になるから何言ってもいいと思ってんのか!?クソが!

花不棄に出てくるちょい役の護衛たちすごい優秀じゃない?阿福に付き従ってた僕もそうだし、今回の数人もそうだし、まあモブなんで即消えなんですけど。モブでいいから一回中国ドラマ出てみたいなあ。

えーとあと、婚姻を譲るってなんですか?書類にサインしたのはひいおじいちゃんなんだから、その子息の娘はもう存在しないわけでしょ?なのに花不棄が嫁に行くのか?燃やせそんなズブズブ契約書。

第27話 神医の敵は義侠

あらすじ

花不棄の想いを知り、蓮衣客に敵意を向ける東方炻。

屋敷に戻された不棄は、蓮衣客に賞金を懸けて危険を知らせようとした。

しかし、そのことに怒った元崇が蓮衣客に扮して街を練り歩き、人々の注目を浴びる。

蘇州府を訪れていた雲琅が噂を聞きつけ、偽者の蓮衣客と決闘を果たすが、陳煜が裏で助けたため敗れてしまう。

その手並みに気づいた東方炻は、好敵手を得たとほくそ笑む。

そして朱府との縁談がまとまるよう、強引に事を推し進めていく。

ネタバレ

駆けつけた護衛は自害してしまった。東方炻は蓮衣客の印が書かれたコインを見つけ、花不棄との関係を問い詰める。花不棄は「弱い者いじめしか頭にない卑怯者!」と東方炻を罵り、蓮衣客を褒め称えた。

花不棄の心に蓮衣客がいると知った東方炻は「探し出して始末してやる」「朱府の商いがこのまま続くと思うなよ」と脅す。花不棄はまた気絶させられた。

朱府。屋敷に戻された花不棄は「蓮衣客にさらわれた」とウソを付く。そして花不棄を守れなかったと自責の念を抱き、ひざまずいている小蝦に頼み事をした。「蓮衣客の設計図を使って仕掛けを作り、蓮衣客の首に1万両の賞金をかけて」花不棄は蓮衣客に危険を知らせるつもりだ。

花不棄が蓮衣客に賞金をかけたと知った元祟はその嘘に怒り、蓮衣客に扮して街を練り歩く。白漸飛はオロオロしながらついていく。

雲琅は小蝦の姿絵を持って街で聞き込み。そこで蓮衣客が現れたと聞き「毒を盛ったか確かめてやる」と酔一台へ向かう。

酔一台。東方炻がやってきて蓮衣客を名乗る元祟を見極める。すぐに偽物だと気がつきその場を離れた。

今度は雲琅がやってきて「毒を盛ったのか」と問いただす。元祟は訳も分からず襲われ、そこへ東方炻が止めに入った。

雲琅は元祟に勝負を挑むが、元祟などまるで相手にならない。しかし、こっそり様子を見ていた陳煜が助太刀し、雲琅は負けてしまう。それに気がついた東方炻はすぐに追うが逃げられてしまった。

東方炻は「好敵手に出会えた」と花不棄に感謝する。

屋敷に戻った元祟は陳煜に押さえこまれる。「不棄の意図に気付かぬか?蓮衣客として現れると危険だという知らせだ」と言われようやく納得したようだ。

宿屋。林丹沙は怪我をした雲琅のために炉を借りて薬を煎じる。「火加減を気にして煎じてこそ薬効を引き出せる」という彼女に「ありがとう」と感謝する雲琅。それを聞いて涙を流す林丹沙は「嫌われなければそれだけで幸せ」と笑った。雲琅は「辛く当たっているのは嫌っているからではなく…」林丹沙はその言葉を遮った。

花不棄を嫁にもらうため東方炻が動き始めた。朱府と競合し商いを傾けるというのだ。店の名前は東記。

朱府。東記の話はすぐに朱府にも届く。黙っていられなくなった花不棄は「さらったのは東方炻で、謎の男の孫だと言っていた」と朱八華たちに話す。そこへ東方炻が訪ねてきた。

東方炻は朱八華に面会し、花不棄を嫁にくれと頼む。そして「祖父が薛菲を見つけたとき死因は出産によるものではなく遅効性の毒が原因だった、誰が毒を盛ったかおわかりですね?」と教える。朱八華に「婿に入ってもいい」と耳打ちすると去っていった。朱八華は絶対に嫁にやらない!と怒っている。

小蝦は朱府を出た東方炻の後を追う。屋敷を見張っていた陳煜の護衛もそれに気がつき続いた。

小蝦は東方炻に勝負を挑むが、左肩を刺され気絶してしまう。そこへ蓮衣客が姿を見せぬまま助太刀。小蝦を守った。

感想:困り眉

白漸飛の困り眉が気になって気になって…この人 陳情令に出てるよね?

さてさて、内容があるようで無い回でした。特に話は進んでいないけど、それぞれの登場人物が内容把握するための場面が多くて大変だ。なんだろう、乙ゲーシステムって優秀だったんだなっていう気持ち。

うーん、花不棄が二人のイケメンに好かれて奪い合いされてる大変!きゃー!って展開なんだろうけども、なんか東方炻が鼻について無理。「女は屋敷にこもって買い物してろ」とかなんだろうこいつの女性感。完全に歪んだ育ちをしちまったのか、それとも資質がそうなのか…

その点だけ見るなら陳煜はわかってるよなあ。

次回、28・29・30はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。