【花不棄】4・5・6話あらすじとネタバレと感想|私を都へ連れてって

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第4話 放浪の身から令嬢へ

あらすじ

賊が侵入したどさくさに紛れて薬霊荘を抜け出した花不棄。

賊を捜索する家職や護衛に追いつかれたため、偶然、その場に居合わせた莫若菲と従者に賊の濡れ衣を着せて自分は姿をくらます。

しかし、莫若菲は無実の罪を晴らすために不棄を捜し当て、一緒に薬霊荘に戻って誤解を解けと迫る。

薬霊荘に連れ戻された不棄は林満堂から驚くべき秘密を明かされた。

不棄に対する林荘主の待遇が急に変わったのは側室にするためではなかったのだ。

ネタバレ

薬霊荘。雲琅は花不棄に剣を突きつけ脅すと、小屋の中に押し込んだ。そして傷の手当をしてくれと花不棄に迫った。食事を取りに外へ出た花不棄は雲琅を小屋に閉じ込め助けを呼ぶ。だが雲琅は犬の出入り口から逃げ出した。

その騒動に乗じて花不棄も薬霊荘を逃げ出す。蓮衣客が探しに来るがすれ違ってしまった。

あばら家。花不棄が家に戻ると中には莫府当主 莫若菲とお付きの剣声がいた。そこへ薬霊荘の家職たちがやってきたので花不棄は「中に賊がいますよ」と罪をなすりつけ逃げた。

家職と薬霊荘の護衛に囲まれた莫若菲は「従者は熊に襲われ怪我をした。賊呼ばわりした娘に話を聞いてから薬霊荘へ行く」と約束する。

洞窟。花不棄を探して莫若菲がやってきた。莫若菲は「屋敷に戻って誤解を解いてくれ」と頼むが、花不棄はどうしても戻りたくない。しかし「一緒に戻れば金の飯碗をやる、私は都の莫府のもの」と聞いて気が変わった様子。

陳煜は街で花不棄を探している。柳青蕪も捜索するが見つからない。

薬霊荘。花不棄と莫若菲は薬霊荘に戻った。そこへ林満堂がやってくるが、すぐに柳青蕪が戻ってきたと報告を受けて出ていく。

花不棄の存在を知られるわけにはいかない林満堂は、あの手この手で柳青蕪を引き止める。だが柳青蕪は「蓮衣客を捕まえたと聞いた、自ら調べる」と屋敷に乗り込んでくる。その様子を見ていた息子 林玉泉は花不棄を部屋から連れ出そうとするが、莫若菲に吹き飛ばされてしまう。

莫若菲の姿を見た柳青蕪は「全くの人違い」と言って出ていった。だが手下に莫若菲を見張るよう命じ「師匠と官銀流通権を争う男だ、薬霊荘はまだ利用できるので莫若菲が離れてから殺す」と言う。

莫若菲は花不棄が信王の娘だと気がつく。そして部屋に戻ってきた林満堂に「物乞いから侍女になったときいたが」と尋ねた。林満堂はごまかして去っていく。

騒動の間に逃げ出そうとした花不棄だがまた捕まってしまった。部屋に閉じ込められわめいていると、そこへ林満堂がやってきた。林満堂は「信王が生き別れの令嬢を探している、間違いなければ都に送っていく、姿絵にそっくりだ」と真相を教える。あまりの急展開に花不棄は妄想が止まらない。

林満堂は林玉泉に「表向きは養女として林丹沙に礼儀作法を教えさせる」と話した。そして花不棄が信王の娘と聞いた林丹沙はころっと態度を変え、花不棄の教育を始める。

宿屋。林満堂は陳煜に探りを入れにやってきた。陳煜は「探し出して八つ裂きにしなければ気がすまない」と激高した様子を見せ追い返す。

薬霊荘。莫若菲は「薬霊荘が見つけようと、届けるのは我々」と花不棄を連れ出す算段をしている。そして宴を開かせ「信王の娘を探しに来た」と林満堂に話す。

林満堂は「莫若菲は花不棄を令嬢と見て脅したのだ」と策に気がついている。しかし「殿下は肉親の情がなくむしろ妹を憎んでいる」ため陳煜は利用できない。そこで花不棄を莫若菲に渡し、状況を見て後見を名乗り出ることにする。

感想:サービスシーン

風呂のシーンが絶対はいるのは、水戸黄門的なあれなの?由美かおるなの?

はい!出てきました莫若菲お姉さま!ちょっと目の印象強すぎるけどきらいじゃないし、男装が様になっていて素敵…この人は邢恩/シン・オンという女優さんで、他の作品でも男装の麗人を演じたことがあるみたい。この役が男か女かはわかりませんが。中の人は1990年生まれの30歳。

第5話 商人の目算

あらすじ

訳も分からず薬霊荘の令嬢になってしまった花不棄。

信王の命を受け、王と薛菲の間に生まれた娘を捜しに西州府へやってきた莫若菲は、林荘主に取り引きを持ちかける。

明月山荘の支配から逃れたい林荘主は不棄を莫若菲に託す。

不棄は九おじさんの墓前に参り莫若菲と都へ向かうことに。

だが道中、明月山荘の刺客に襲われる一行。

間一髪のところで蓮衣客が現れ不棄を救出するが、不棄はおじさんの形見の鉢がないことに気づき…。

ネタバレ

陳煜のもとに信王からの文が届く。内容は「娘を連れてきてほしい」というもの。陳煜は「娘がいるか確かめてから策を練る」と阿炻に話す。

薬霊荘。花不棄と正式に面会した莫若菲は「薛菲の娘ではない」と言い出す。林満堂は「莫府の協力が得られれば、都にも店が出せる」と手を組む提案をした。

林満堂は薛菲について話をする。「私の名前の「菲」は父が見初めた女性を想ってつけたもの。婦人は縁談を逃れ莫府の別邸に住んでいたが信王が見初めてしまった、だが父は引き渡しを拒み、父に怒った母は婦人の家族に知らせてしまい、婦人は家に連れ戻されその後音沙汰はありません」

莫若菲は林満堂と手を組み、多少似ている程度の花不棄を令嬢に仕立て上げると言う。

呼び出された花不棄は「莫若菲と都へ」と告げられる。そこへ陳煜が駆けつけた。「殿下」と呼ばれた陳煜を見て、本当の身分を知った花不棄は驚く。陳煜は「父上の娘に似ているから養女にしたいのだな、人違いだと伝えに来ただけだ」と話した。莫若菲がそれでも食らいつくので、陳煜はあっさり去っていく。

陳煜は莫若菲に花不棄を預け、影から都への旅路を見守ることにする。

花不棄の部屋。荷造りをしていた花不棄は、侍女に「物乞いの服は捨てて」と言われてしまう。そこで「墓参りに行かせてくれたら昔の身分は忘れる」と外出を頼んだ。墓の前ですべてを報告し、興源質店へ行くと告げる。そして花不棄は身分を捨て令嬢らしく振る舞うようになった。

翌日、花不棄は莫若菲たちと薬霊荘を立つ。薬霊荘を見張っていた柳青蕪の配下は「探していた娘が出てきた」と報告。柳青蕪はすぐに明月山荘の柳明月に報告。「密かに手を回し、薬霊荘を乗っ取り林満堂を始末。娘を殺し莫若菲の責任に、莫府がいなくなれば都合がいい」と柳明月は仕事を命じる。

その夜、宿に泊まった花不棄一行。莫若菲は「都へ行けば郡主となる」と振る舞いに気をつけるよう話した。

翌日、都を目前にして柳青蕪率いる刺客が花不棄たちに襲いかかった。莫若菲と剣声は花不棄を守り逃げ出すが、刺客に囲まれてしまう。そこへ蓮衣客登場!花不棄を助け逃げようとするが、花不棄は鉢を取りに戻ってしまう。莫若菲と剣声が敵を引き止め、花不棄と蓮衣客は馬に乗って逃げた。

追い詰められた莫若菲。だがそこへ莫府の侍衛が駆けつけ柳青蕪たちは逃げていく。

森の中。追ってから逃れた花不棄は持ち出した荷物の中にあった傷薬を蓮衣客の顔の傷に薬を塗ってやろうとする。だが拒まれてしまった。花不棄は「莫若菲を巻き込んでしまった、別行動すべきかな」と悩んでいる。そうしているうちに蓮衣客は去ってしまった。

そこへ負傷した莫若菲と剣声が駆けつける。莫若菲は鉢を地面に叩きつけ「命が惜しくないのか」と怒鳴りつけた。「バカにしないで、鉢がなくて水が飲める?裕福な人に貧乏人の気持ちはわからない!私を利用して信王に取り入るのよね」花不棄が言い返すと、莫若菲は許しを請う。花不棄を振り向かせようとしたとき、莫若菲は倒れてしまった。

感想:欲がすごいな

莫若菲はいい人なのかと思ってたら、商人気質の策士だった。悲しいよなんだか。まあまだ血縁だって知らないし、そんなもんなのかな。

さてさて、陳煜さんが「気をつけるよう脅しておいた」ってドヤってたのに一行の護衛は一瞬でやられる程度の質と量でした。まあそうでないと陳煜おじさんの出番が無くなるわけなのでまあ…

それにしても今回、まだ4話目とは思えないほど無駄話が多かった。

第6話 信王の思惑

あらすじ

負傷した莫若菲を連れ莫府に到着した花不棄。

莫府にやってきた不棄を見て莫夫人は驚愕する。

その頃 信王府では、信王が娘を捜していると聞きつけた者たちが我こそはと名乗りを上げていた。

陳煜は莫府を訪れ、本物の娘であれば殺すと不棄に脅しをかける。

一方、信王は阿福と莫府から送られてきた不棄の血を調べる。

実は信王は碧羅天の地図と聖女を捜していたのだ。

不棄を聖女・薛菲の血を継ぐ娘と踏んだ信王は、不棄を屋敷へ迎えるべく陳煜や甘妃を説得するが…。

ネタバレ

莫府。莫若菲の母親 莫夫人が駆けつけ治療を行う。剣声によれば、莫若菲の治療は医者を呼ばず必ず莫夫人が行うらしい。治療を終え花不棄の顔を見た莫夫人は驚く。莫若菲は剣声に花不棄の世話を頼んだ。

まき部屋。「若様はその鉢のせいで負傷した、信王に会うまでここでおとなしく待ってろ」剣声に嫌われた花不棄は閉じ込められてしまった。

信王府。家に戻った陳煜は母の姿絵を見ながら、花不棄を助けたことを詫びた。「絶対に王府の敷居はまたがせません」と語りかける。

信王府には信王が娘を探しているという噂を聞きつけた者たちが偽物を連れ押し寄せていた。

莫府。お腹が空いて眠ってしまった花不棄。夢の中で花九に会い涙を流す。そこへ陳煜がやってきて眠る花不棄の頬を拭ってやろうとする。だが花不棄は寝ぼけて、陳煜の手にかじりついてしまった。陳煜は逃げていく。

目が覚めた花不棄は小屋の中でねずみを見つけて食べようとする。その様子を盗み見していた陳煜は、姿を見られないように鶏肉を与えた。

花不棄は鶏肉を食べながら、姿を見せない声の主に話をする。「林家が私を養女にし、莫府が信王の所へ連れて行くのは下心があるから、恩恵がないのに親切なんかしない、でもおじさんは違う」花不棄の気持ちを聞いた陳煜は姿を見せることなく出ていく。

明月山荘。柳青蕪の双子の妹 柳青妍は任務に失敗した姉をあざ笑う。2人は荘主の座をかけて争っているらしい。

莫府。莫若菲が目覚めた。剣声は「刺客については人相書きを描いて捜索中」と報告。莫若菲は「襲われたのは官銀流通権の入札が関係している」と勘付いている。薛菲を逃がしたことで信王との関係が悪くなった莫府だが、花不棄を送り届ければ歓心を買える。問題は山積みだ。

そして、花不棄が薪小屋にいると知った莫若菲は飛び出していく。

まき小屋。莫若菲は花不棄を連れ出した。そして剣声に「信王にいつ娘を届ければいいか聞いてこい」と命じていると陳煜がやってきた。そしてもう一度「父上の隠し子ではない」と否定する。だが莫若菲は「身の上を聞いたが偽りとも思えない、一度会わせた方がいい」と頑なだ。

陳煜は「父に取り入ろうと何人も屋敷を訪れたが全て偽物、報われぬどころか己の首を絞めるぞ」と警告。花不棄と話があるので下がれと命じる。

陳煜は花不棄に信王府に入りたいのか尋ねる。「お断り、おじさんの意志を継ぎたいだけ」花不棄の言葉を聞いて笑う陳煜だが「本物であれば即座に殺す」と去っていった。

陳煜と何を話したか聞かれた花不棄。「王府に入るなと忠告された」と素直に答える。莫若菲は「ごちそうを用意したから着替えを、剣声が戻れば送り届ける」と言う。

与えられた部屋に向かった花不棄を待ち受けていたのは大勢の侍女。秀春を筆頭に何人もいる。

王府から剣声が戻った。王府は偽物ばかりやってくるので「血を調べる、血を数滴と所持品を渡せ」と命じたらしい。報告を聞いた莫若菲は「血を数滴取り、荷をすべて王府へ」と命じた。着替えを終えた花不棄は、侍女に押さえつけられ指先から血を取られる。

莫府。「誰の血だろうとこの薬を混ぜれば信王の血と混ざり合う」莫若菲は花不棄の血にこっそり細工をする。

信王府。聖珠に花不棄の血をかけると、珠にほどこされたカラクリが動き出した。碧羅天の聖女が見つかり喜ぶ信王は花不棄の荷物を調べる。だが荷物にはなにもない。「朱華とはどんな人物だ、当時やつが莫百行に薛菲を託した、薛菲との関係は、この父親か?」信王は何もわからないと苛立つ。

さらに数年前に碧羅天に侵入した謎の人物によって碧羅天の地図の半分が盗まれており、半分は信王のもとにあるが残りの地図がなければ碧羅天の入り口はわからない。阿福は「数年間、聖珠が都にあると噂を広めました」とおびき出す罠を張っていた。

信王は1人になると自らの血を採取し、花不棄の血とすり替えた。そして陳煜と甘妃を呼び出し、目の前で血を混ぜて見せる。同じおっさんの血なのだから混ざって当たり前だ。信王は2人に「老い先短いので、娘を王府で引き取らせてほしい」と願った。甘妃はトゲトゲしいながらも承諾。だが陳煜は反発する。「母が嫉妬深いと侮辱されたことは忘れない、あの女は殺します」と出ていった。

信王は、陳煜に武芸を教えた阿福に説得を頼む。だが陳煜は異母妹を王府に迎える気はないという。

莫府。花不棄は荷物がなくなったことに気が付き慌てふためく。外に飛び出すと莫若菲が鉢を持ってくるところだった。「他人には価値のないものだから」と王府に渡さなかったらしい。

感想:よく食べるヒロインだ

こんなにむしゃむしゃむしゃむしゃしてるヒロイン初めて見ました、生命力が強くて好感持てるな。

さーてなんか小ネタが多くて色々ごちゃごちゃしてるんで整理!

まず莫若菲の治療を御母上しか出来ないっていうのは、やっぱり莫若菲が女だから?

そして信王が花不棄の血を確かめもせず細工をしたところを見ると、父親ではないらしい。第1話でそれっぽいこと言ってたし。

陳煜の母親はなくなっていて、それがどうやら薛菲絡みだから異母妹を憎んでいる。でも見たところ信王の野心と、甘妃の悪巧みで騙されてるだけなんじゃないの?って気がする。

じゃあ花不棄の父親は誰なのか。朱華が莫府に預けて莫百行が一目惚れ、でも信王に追われたときには朱華と薛菲は一緒にいた。おじさんがパパなの??

次回、7・8・9はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。