【花不棄】7・8・9話あらすじとネタバレと感想|私が令嬢にな〜っても

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第7話 来たれ!平穏な日々

あらすじ

しびれを切らした信王が、とうとう莫府を訪れた。

母親とは似ても似つかぬ性格の花不棄だが、その姿に薛菲の面影を重ねるのだった。

しかし感動の対面を阻むがごとく陳煜が現れる。

陳煜は腹違いの妹の存在を拒むあまり、冷たい湖水に不棄を容赦なく突き落とす。

結局、不棄は王府に迎え入れられず、代わりに莫府の令嬢として莫府に住むことになる。

しかし莫夫人は、かつて夫の心を奪った薛菲を心の底から憎んでおり、娘の不棄を亡き者にしようと企てる。

ネタバレ

莫府。莫若菲は花不棄から借りた鉢を観察するが何も見つからない。話を切り上げ、花不棄のためにごちそうを作らせたと誘った。

信王府。信王の病は重くなる一方で、しびれを切らし花不棄に会いに出かける。

莫府。莫若菲は薛菲の話を花不棄にしてやる。そこへ信王がやってきたと報告が入った。花不棄はおしとやかに振る舞うよう命じられ庭で待機。だが陳煜に脅され王府に入りたくない花不棄は、庭になっていた果物を取る様子を信王にわざと見せた。

果物を取るために積んだ石から、足を滑らせ池に落ちた花不棄を陳煜が助ける。陳煜は父親の前で花不棄を乱暴に扱い、莫若菲に嫌味を言った。その場を収めようと考えた莫若菲は親子を宴に誘う。

宴の席。陳煜と信王は花不棄のことで言い争いに。陳煜は去っていく。莫若菲は「花不棄と義兄弟の契りを結び義妹に迎える」と信王に話した。

花不棄を莫府の庇護下に置けば、莫府は王府の後ろ盾を得られるという作戦だ。

莫若菲は着替えのため部屋に戻っていた花不棄を訪ねる。そして「今後お前は莫家の令嬢だ」と契りを結ぶことを教えた。花不棄は「令嬢になっても外出させて、お小遣いもほしい」と交渉する。莫若菲は月に30両もお小遣いをくれるという。

外出していた莫夫人が戻った。そして花不棄に贈り物をし「令嬢として気兼ねなく暮らしなさい」と優しく接する。

だがその夜。花不棄は「私に優しくする人には下心がある。物乞いの日々が懐かしい」と花九のことを思い出していた。そして屋敷の探索へ出かける。

部屋を出ると蓮衣客が待ち構えていた。「莫府を追い出されても生きていける、言っとくけどタダ飯ぐらいじゃないの。莫殿は後ろ盾を得たい、信王は良心を慰めたいこれは人助けよ、お役御免と言われたらすぐに退散する」

蓮衣客は花不棄の本心を聞き「屋敷にいろ、安全だし莫若菲は信用できる」とさとした。すると花不棄は「私が安心して住めるよう気遣いを?」と蓮衣客をからかう。蓮衣客は動揺して去っていく。

莫夫人の部屋。「薛菲の娘が莫府に現れ養女となるなんて、心の底には憎しみが渦巻いている、あの娘の目はあの女そっくり」莫夫人は莫じいに話をしている。

かつて莫家が窮地に立たされたとき、莫百行は飛雲堡までやってきて頭を下げ莫夫人を娶った。そして側室は迎えないと約束したのに約束を破った。莫百行は親友である朱華から預かった薛菲に酔った勢いで手を付けた。莫夫人が朱家に返したと知ると怒り責めた。

莫夫人は莫じいに薛菲の実家である薛家荘を焼き払うよう命じた。その後、莫百行は血を吐いて死んだ。薛菲を思うあまり体を壊し、薬を拒んで死んだのだ。

莫夫人は莫じいに毒を渡し「ゆっくりと毒を盛れ」と命じる。

感想:みんな親戚なの?

莫夫人が飛雲堡の出身なら、雲琅は甥っ子か。そんで雲琅と莫若菲はいとこ。狭い世界で婚姻しまくってる感じだなあ。

最近真田丸を借りてきて見てるんだけど、あれもあれで知り合い同士で結婚しまくってて面白い。茶々を側室にする秀吉はきもすぎるが。

第8話 屋敷に潜む脅威

あらすじ

莫府で暮らし始めた花不棄は、毎日運ばれる汁に莫じいが毒を入れていることに気づく。

莫若菲は優しいが、莫府も不棄にとって安全な場所ではないようだ。

一方、天門関での暗殺に失敗した柳明月は今度こそ不棄と若菲を殺すため、柳青妍を莫府に送り込むと同時に、薬霊荘には柳青蕪を遣わして明月山荘を裏切った林満堂を殺させる。

青蕪が林玉泉と林丹沙に刃を向けた時、蕭九鳳が現れ、命と引き換えに莫府に潜入し不棄を守れと兄妹に言い渡す。

ネタバレ

もうすぐ大晦日。花不棄は秀春から元宵節の灯篭祭について聞く。そこへ莫じいが滋養のある汁を届けに来た。花不棄は「運動したばかりなので後で飲む」と言う。

明月山荘。荘主 柳明月は「朱府に協力し官銀流通権の入札を、莫府に潜入し花不棄と莫若菲の始末を」と柳青妍に命じる。柳青蕪には「裏切り者の林家を皆殺しにしろ」と命じた。蕭九鳳には内密に動かなければならない。

二人が出ていくと蕭九鳳がやってきた。蕭九鳳は柳明月が花不棄に手を出そうとしたことを把握しており「薛菲の娘を殺そうとしたな」と咎める。そして自ら処理すると言って北野王の宴に出かけた。

莫府。翌朝、莫じいが持ってきた汁を飲み忘れた花不棄。秀春に「昨日の汁を飲んではいけません!黙っていればわからない」と止められた。しかし秀春に隠れて飲み干し、自らお椀を返しに厨房へ。そこへ莫じいが来たのでとっさに隠れる。後を追うと莫じいは汁に毒を入れていた。

汁を渡された花不棄は飲むふりをして様子を見る。花不棄は「莫府も安全ではない」と考え、燈籠まつりの日に逃げ出す決意をする。

莫若菲がは「明後日は新年だから贈り物を」と花不棄に紅や装飾品を山ほど渡す。紅の色はどれも一緒でわからない、という花不棄に莫若菲は妙に詳しく解説する…

話の流れで花不棄は莫じいのことを聞き出す。莫若菲は「輿入れのときに飛雲堡から伴った護衛、母上の言う事なら何でも聞く」と教えてくれた。

更に調査をすすめる花不棄は秀春に話を聞く。「全当主はお怒りのあまり亡くなられた、側室を娶ることを許されず泣き暮らして憤死、誰かは知らないが薛性のもの。莫府では薛家のものは雇わない」

薬霊荘。柳青蕪は林満堂を始末。そこへ捕らえられた林丹沙と林玉泉も連れてこられた。蕭九鳳は2人に密偵として莫府に潜入し花不棄を守れば助けてやると交換条件を出す。時が来れば迎えをやると。2人は毒を飲まされ蕭九鳳は「3ヶ月毎に解毒薬を、任務が済めば完全に解毒をする」と言った

鬼谷。実は蕭九鳳も碧羅天を狙うものの1人。碧羅天の地図の半分は蕭九鳳が持っているようだ。黒鳳は花不棄が見つかったことを知り「鬼谷につれてきましょう」と言うが蕭九鳳は「まだ早い、正体を知れば抵抗される」と止める。

王府。西州府で調査を進めていた韓業から文が届く。そこには林満堂の死と、林丹沙 林玉泉兄妹が行方知れずになったと書かれていた。

侍女に化け莫府に潜入していた柳青妍が行動を起こす。仲間を屋敷に入れ年越しの日に使われる花火に暗器を仕込む計画だ。

年越しの食事。花不棄と莫若菲と莫夫人は卓を囲む。花不棄は毒を疑い肉を食べず、婦人が手を付けた皿だけに箸を伸ばす。莫若菲は不審に思っている。莫夫人は「あなたが花火に点火しなさい」と花不棄を立てると部屋に戻った。

莫若菲は莫夫人がいるので花不棄が遠慮していたと勘違いし「もう我慢しなくていいぞ」と肉を勧める。2人でもぐもぐぅ^^

爆竹を鳴らし花火を上げる。花不棄はヤグラの上で祝儀を撒く役目を与えられた。花不棄が火をつけた瞬間、花火から暗器が飛び出す。しかし作戦は失敗。花不棄は吹き飛ばされただけで済んだ。

柳青妍は花不棄を殺そうと落ちてきたところを狙う。しかしすぐに莫若菲が駆けつけ未遂に終わった。莫若菲は柳青妍の正体に気づきかけたが、うまく芝居をされかわされる。

感想:この姉妹の幸せ物語でいいです

莫若菲お姉ちゃんと花不棄の幸せ物語で良くない?莫若菲がただの物乞い少女に優しすぎておばあちゃんもう涙が…なんていい子なの…

ここまで来ても全くわかんないんだけど、結局莫若菲はお姉ちゃんなの?お兄ちゃんなの???妙に化粧に詳しいとか、医者に体を見せないとかフラグのようでフラグではないような…???

えー悩む。どっちがいいだろう。お姉さんだと想って恋心を隠していたらお兄さんで結ばれるオチが良いな。まってどれだとどっちにしろ結ばれないじゃん。いや、結ばれなくていいのよ。薄田泣菫の詩集のような世界でいいの。

第9話 冷徹な世子

あらすじ

大晦日にまたも何者かに命を狙われた花不棄。

父の信王に代わって莫府へ見舞いに来た陳煜と口論になり、形見の鉢を陳煜に奪われてしまう。

その頃、飛雲堡の後継者であり莫若菲の従弟でもある雲琅が莫府を訪れていた。

そこへ不棄が失踪したとの報告が入り、莫府は大騒ぎに。不棄は気絶したところを発見されるが、雲琅は不棄の正体を知り驚きを隠せない。

一方、信王府に戻った陳煜は皇帝に官庫の管理を引き継ぎたいと申し出るのだった。

ネタバレ

莫府。莫夫人の部屋。莫若菲は母 莫夫人を疑った。「昔薛家に火を放つよう命じましたよね」神童と呼ばれた莫若菲はすべてを知っていた。莫夫人は「あの女の娘のために良くも母を責められたわね」と号泣し怒る。

厨房で1人怪我の手当をしている柳青妍。莫若菲がやってきて手当をし褒美まで渡す。ちょっぴり心が動く柳青妍。

一度は納得した莫若菲だったが、青児の身売り証文と戸籍を確認し刺客ではないかと怪しんでいる。

王府。花不棄が怪我をしたことを報告に来た莫若菲。信王に「警護がゆるい」と叱責される。信王は襲撃の犯人について陳煜を疑うが、阿福は「酒を飲んで寝ていたので陳煜ではない」と否定。

莫府。花不棄に嫌味を言う陳煜。花不棄は怒って「莫府を出ていく」と言い出し、最後には泣き出した。陳煜はうろたえてなだめようとする。しかしウソ泣きに騙されただけだと知り、鉢を奪って王府に帰ってしまった。花不棄は取り戻そうと後を追うが門の外へ出られない。

薬霊荘に忍び込んだことが父親にバレた雲琅は、父に怒られるのが嫌で莫府を訪ねてくる。莫若菲とはいとこだ。

一方、花不棄は陳煜を追いかけようと塀を登って抜け出そうとするが、地面に落ちて頭を打ち気を失う。

王府。「阿炻が明月山荘を調べている際に殺された」急な知らせに陳煜は悲しみに暮れる。そして莫府を襲撃した賊も明月山荘のものだ、なにか秘密があると関係を疑う。

そこへ将軍のできの悪い息子 元祟と御史の息子で文人 白漸飛が訪ねてきた。元祟は「信王府の世子は妹が目障りで王府に迎えず、襲撃まで」今や街中の噂だと陳煜をからかう。だが陳煜はすべての動きを察しており「皇帝に官庫を任せてもらえるよう願い出る」と話す。

莫府。いなくなった花不棄を屋敷のもの総出で探している。雲琅は意識を失っている花不棄を見つけ、薬霊荘で会った娘だと気がついた。そしてそれが莫家の令嬢 花不棄だと知る。

目を覚ました花不棄は莫若菲に「機転の利く侍女を増やす、二度と外へ出るな」と叱られた。

今度は飛雲堡の雲清揚が息子を探して乗り込んできた。雲琅が勝手に薬霊荘を探ったため怒っているのだ。莫若菲は「20年ものの女児紅を飲みましょう^^」と雲清揚をなだめて連れて行った。

宴の席。雲清揚は「飛雲堡に手を貸してほしい、馬の疫病で数が減り2000頭頂けるよう陛下に頼んでほしい」と莫若菲に頭を下げる。

広宣宮。阿福は皇帝に密書を送った。「世子の申し出は信王の差し金にあらず」

王府。信王は官庫の管理などすべきではないと考えていた。陳煜を必ず都から出し領地を与え、碧羅天を見つけ天下を手中に治めさせる。先の短い信王は息子に野望をたくそうとしている。興奮した信王は吐血し、また倒れる。

甘妃は「回春丹に問題があったのでは?」と陳煜に嫌味を言う。目覚めた信王は「官銀流通権には関わるな」と忠告。陳煜は「入札と灯篭まつりの警護を任された、それ以降は関わりません」と話す。

感想:赤の他人にここまで心配されるのは気持ち悪い

今までおじさんしか信用できる人がいない状況で生きてきたのに、突然あんなに親切にされても信じられないよな。ずる賢いからすべてを見通していて安心できるけども。

任務で潜入した柳青妍は、莫若菲お姉さまに惚れちゃう展開か?自分より美しい男とか最高だよなわかるよ。というかなんか、明月山荘は百合の香りがする。柳明月は蕭九鳳に入れあげてるみたいだけど、その他には男が出てこないし。

次回、10・11・12はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。