【花不棄】40・41・42話あらすじとネタバレと感想|101回目のプロポーズ

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第40話 無念の死

あらすじ

小丘林で深手を負った阿福は聖珠と地図を陳煜に託して息を引き取った。

一方、陳煜の安否を気遣う花不棄のもとには「朱八華危篤」の知らせが。

萍児が雇った刺客が待つとも知らず、急ぎ蘇州に向かう不棄と朱寿。

東方炻の登場と駆けつけた陳煜によって不棄はからくも郡王府に戻ることができた。

郡王としての行動に矛盾が露呈した陳煜は、当分身を隠す必要があると不棄に話す。

しかし、その矢先に謀反の罪で都へ護送されることになってしまう。

ネタバレ

陳煜が小丘林に向かったと考えた東方炻は、祖父である蕭九鳳に報告。だが蕭九鳳は陳煜を危険視していない様子。そして柳青蕪を殺し、花不棄を捕らえるよう命じた。柳明月は許され蕭九鳳のもとに戻っている。

小丘林。碧羅天を探す阿福と妹・張妃。蕭九鳳の配下に襲われるが碧羅天の入り口を見つけた。そこへ蕭九鳳と柳明月・柳青妍が現れ戦闘に。張妃は柳青妍に殺され、それを助けようとした阿福も蕭九鳳に重症を負わされる。

そこへ陳煜が駆けつけ二人を救出した。柳明月は蕭九鳳をかばって負傷するが、蕭九鳳は彼女を気遣うこともなく陳煜を追う。見捨てられた柳明月に、柳青妍は「両親を殺し私たち姉妹に厳しい訓練を課した」と話し、喉を切った。

「私の亡骸は妹と共に焼き、碧羅天に葬ってくれ」阿福は聖珠と地図を陳煜に託し、心臓を貫いて自害した。森の中で2人を焼き「碧羅天へお連れする」と誓う陳煜。

皇宮。陳煜が蓮衣客だと気がついた白漸飛は、皇帝に謁見し信実を伝えた。さらに朱府に居るのが信王の落胤で、陳煜と特別な関係だとも教える。皇帝は陳煜を厳罰に処すと決める。

東平郡王府。「旦那様が危篤」と手紙が届く。急ぎ蘇州に向かう花不棄と朱寿。そこへ萍児の雇った刺客が現れる。助けに現れたのは見張りから報告を受けた東方炻。朱寿は花不棄を東方炻に預け、逃がした。

東方炻は花不棄を連れ去ろうとするが、陳煜が現れ奪い取る。

東平郡王府。久々の再会を喜ぶ2人。花不棄は刺客が萍児の仕業だと気づいており、調査するよう言った。しかし陳煜はすでに手を打っており、萍児が刺客と会っていたと判明すると、郡守府に突き出す決断をした。

陳煜の命令で郡守府に差し出されると知った柳青蕪。陳煜の部屋へ飛び込み「花不棄の計略」と言い逃れをする。だが陳煜はそれを認めず、突き放した。

郡守府。牢の中、萍児は独断で刺客を雇ったと白状する。柳青蕪は怒りと悲しみに震える。

東方炻の屋敷。蕭九鳳が現れ「碧羅天の入り口から阿福を連れ去ったものがいた、聖珠と地図を持ち去ったはず」と話す。その人物が矢の名手と知った東方炻「それは陳煜です」と教えた。軍王府を襲うことになる。

郡守府。「謀反の罪で郡王が都に護送される」と看守が話している。柳青蕪は陳煜に知らせるため牢を抜け出した。

その夜、蕭九鳳一行は郡王府を包囲。しかしそこに兵士が現れ屋敷に突入していく。

夜中に起こされた花不棄は「脱出の準備を」と小六に言われ逃げ出す。陳煜が戦闘中だと聞いた花不棄は助けに戻ろうとする。しかしそこへ、囚われの身となり逆賊となった陳煜が運ばれてきた。

感想:ふさわしい最後

鉄の女 柳明月は唯一の弱みがアダとなって死んでしまいました。花不棄に敵討ちしてほしかったけど、まあ彼女の最後にふさわしいということかな。柳青蕪は同じ道を辿らないといいね。

さてよくわからないけど、白漸飛が陳煜を告発して捕らえられてしまいまして…?これも作戦の一環なんだろうか。

第41話 皇帝の特使

あらすじ

謀反の罪に問われ西楚州の牢へ護送された陳煜。事情がつかめない東方炻たちは皇帝の出方をうかがうが、実は花不棄と生きるために陳煜が考えた策だった。その陳煜の前に皇帝の特使として白漸飛が現れ、蓮衣客だったことを不問に付す代わりに、逆賊である東方炻と朱府の関係を調査するよう命じる。一方、陳煜と朱寿が捕らわれたことを知った不棄は杜(と)知府に助けを求めに行くが、白漸飛から保釈金を払い朱府の商いに関与させるよう条件を突きつけられ…。

ネタバレ

西楚州。護送される陳煜を追って花不棄と小六は街へ向かう。蕭九鳳と東方炻も皇帝の真意を探るためやってきた。陳煜を乗せた鉄車はゆっくりと知府へむかっていく。「朱寿も捕らえられた、朱府に戻り情報を探る」花不棄は朱府の店舗へ向かう。

杜知府。到着した陳煜はすぐに解放される。すべては自由に動き回るための策略だった。

そこへ皇帝から密命を受けた白漸飛が使者としてやってくる。「江南朱府は逆賊と結託、半年で本件を解決せよ、花不棄と会うことはならない」陳煜は花不棄を人質に脅されてしまった。

さらに「毒薬を飲み3月ごとに解毒薬を渡す」とでかい態度に出る白漸飛。陳煜は毒薬を白漸飛に無理やり飲ませ口止めする。白漸飛は怯える芝居をするが、毒薬は偽物で、陳煜の本意を確かめただけだった。

朱府の店舗。番頭と話をした花不棄は朱寿を解放するため役所に向かうことに。しかし店舗から出た所で東方炻に声をかけられる。そこで「朱寿の状況と朱府に影響があるか調べてほしい」と頼み利用することにした。

花不棄は小蝦と街で再会。朱福も銀子を持ってやってきたらしい。

杜知府。朱府の代表として花不棄は知府へ。それを知った白漸飛は、陳煜に知られないよう対応する。

白漸飛は小蝦を下がらせ、花不棄と二人で話をすることに。「私は信王の娘ではない、東平郡王府との付き合いは商いだけ」と芝居をする花不棄。白漸飛は「100万両の銀子を払い、朱寿に保証書を書かせる、陛下への忠誠心を示すため私が皇家に代わって株を一割所有し数名に帳簿を調べさせる」と解決策を提案した。花不棄は忠誠を誓うと同意。

杜知府からの帰り。花不棄は「元祟に白漸飛のことを聞いてほしい」と小蝦に頼み事をする。白漸飛の狙いは保釈金を払わせ朱府を掌握すること、花不棄は気づいた上で話に乗った。

朱府。朱寿が釈放され戻ってきた。「熟睡していて逃げ送れたのです…」とメソメソしている。

朱福は「普通なら明月山荘も謀反の疑いありと捕らえられるはず、さらに言えば朱府の代表であるお嬢様も追われるはず」と不審な点を指摘。花不棄はそこでやっと陳煜の策略に気がついた。

今度は蓮衣客に変装した東方炻がやってきた。花不棄はすぐに偽物だと気づくが知らぬふりをして話を聞く「もし私が死んだら東方炻と生きろ…」怒った花不棄は仮面を外させる。東方炻は陳煜の自作自演か知りたいと話した。

感想:目は口ほどに物を言う。

蓮衣客の変装すきねえみんな…

顔隠してるけどさ、目の部分ばっこり開いてるからすぐ誰だかわかると思うんだけど。顔の下半分って意外と判別できないけど、目って印象が残りやすいよね。

最終決戦が始まりそうになっては先延ばしに…また近づいては先延ばしに…を繰り返しております。東方炻も毎回求婚するしかやることないし、花不棄と陳煜も大体やること一緒だし!ネタがないよ!

第41話 碧羅天の聖女

あらすじ

捕らわれているはずの陳煜の情報を、小蝦とともに牢の前で探っていた花不棄だったが、柳青蕪の罠にはめられ妓楼に売り飛ばされそうになる。袖に仕込んでいた弩(ど)で柳青蕪を撃ち、逃げ出した不棄。逃げる最中、狼狽のあまり落馬しそうになったところをある男に助けられるが、自分が人を殺したことへの衝撃で気を失い、東方炻の客桟(きゃくさん)へ運ばれる。店へ戻った不棄はお礼を言うためその男を呼ぶが、手に傷があることに気づく。そしてその夜…。

ネタバレ

朱府。東方炻は「郡王は陛下の欲するものを持つ、渡せば死罪渡しても拷問」と花不棄に教える。花不棄は街で陳煜の様子を探ることに。

東方炻の宿。東方炻は「郡王が囚われたことは偽りかもしれない」と蕭九鳳に話す。蕭九鳳は花不棄を捕らえるよう命じる。

杜知府の門前。翌日、食事にやってきた看守の噂話に「あの方」という言葉が出てきたことを不審に思う花不棄。花不棄は「東方炻が誠王の末裔なら、手を貸してくれるはず」と銷金窟に向かう。小蝦には白漸飛を探らせることにした。

銷金窟へ向かう花不棄。その側ですべてを聞いていた柳青蕪と萍児。「お前は白漸飛を調べなさい、私は良い策を思いついたので花不棄を追うわ」花不棄は柳青蕪に捕らえられる。

崖の上。花不棄を思ってたそがれる東方炻。そこへ小蝦が花不棄を探し慌ててやってくる。

花不棄は柳青蕪に連れ去られ、妓楼に売り飛ばされそうになっていた。必死に抵抗し、隠し持っていた弩を使って柳青蕪を倒し逃げ出した。慌てて逃げる途中。馬で子供をはねそうになり謎の男が助けてくれる。

そこへ東方炻が助けに現れた。花不棄は「柳青蕪を殺したの…」と気を失ってしまう。黒鳳が馬車を見に行くが中には誰もいない。

朱府。花不棄が行方不明になり焦る一同。そこへ花不棄を助けた男が現れ「銷金窟にいる」と教える。

杜知府に捕らえられた柳青蕪。白漸飛はそれを知り「やつの心には花不棄だけ、護送は芝居でとうに花不棄と西楚州を離れている」と不安を煽る。柳青蕪は「陛下に合わせて、聖女の正体を陛下に教えるわ」と取引を持ちかけた。

銷金窟の客桟。目を覚ました花不棄は「陳煜に逆賊の汚名を着せてまで陛下が欲しがるものとは」と聞く。東方炻は「碧羅天の聖珠だ」と答えた。そこへ、朱寿と小蝦が迎えに来る。

朱府に戻った花不棄。恩人について尋ねると「白瑪という口の聞けぬ流れ者」と教えられる。そこで白瑪を江南へ荷を送るために雇うと決めた。花不棄は白瑪の手の甲に陳煜と同じ傷があることに目を留める。

その夜、花不棄の部屋に入ってきた白瑪。「陳煜、これ以上芝居に付き合えないわ」顔面ベリベリィ!騙されたことに怒る花不棄。陳煜は「白瑪が東方炻の手のものだと気がつき、捕らえて入れ替わった」と話す。

そしてついに碧羅天の聖女について話をする。「私が碧羅天の聖女?」信王の真意、東方炻の後ろにいるものに狙われていること。さらに宝を手に入れようとすれば聖女を生贄にしなければいけないことも教えた。

陳煜は「護送車を襲わせ逆賊を捕らえ、花不棄の正体を知るものも排除する」と作戦を話す。しかし花不棄は「逃げない」と頑なに突っぱねた。

翌日。「朱府の護衛を集め陳煜を助けるために護送車を襲うふりをする」と朱府一同に話す花不棄。

感想:朱府一同

朱府のみんな〜^^が揃うとなんか楽しい。東方炻にぐずられてるときより、陳煜とイチャコラしてるときよりとても楽しい。楽しい朱府の愉快な日常を見せて。

なんかよくわかんないけど、話数を持て余したので話しこねくり回しとこ!っていう意図を感じる。阿福が碧羅天に王手かけた所でクライマックス持っていっても良かったと思いましゅ。

そうこう言ってるうちに残り9話になりました。今までの話の流れからして、ハッピーエンドにはなりそう。

次回、43・44・45はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。