【花不棄】37・38・39話あらすじとネタバレと感想|闇のヒロイン

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「花不棄(かふき)〜運命の姫と仮面の王子〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

配信情報

U-NEXT無料登録で30話(全51話)まで視聴できる( ¨̮ )/

登場人物まとめ一覧

  • 花不棄かふき(林依晨/アリエル・リン)…碧羅天の聖女。母は薛菲。
  • 陳煜ちんいく/蓮衣客れんいかく(張彬彬/チャン・ビンビン)…信王の息子。
  • 東方炻とうほうせき(林柏宏/リン・ボーホン)…医者。蕭九鳳の孫。花不棄の許嫁。
  • 雲琅うんろう(孫祖君/クリス・スン)…飛雲堡の跡取り。
  • 莫若菲ばくじゃくひ(邢恩/シン・オン)…莫家当主。
  • 阿黄あこう…花不棄の犬。
  • 薛菲せつひ…花不棄の母。朱家の出身。
  • 朱九華しゅきゅうか/花九かきゅう…花不棄の叔父。朱家の跡取り息子。
  • 信王しんおう…陳煜の父。
  • 甘妃かんひ…信王の寵妃。
  • 元祟げんすう…将軍の息子。小蝦が好き。陳煜の友人。
  • 白漸飛はくざんひ…御史の息子。陳煜の友人。
  • 蕭九鳳しょうきゅうほう…明月山荘にいる謎の人物。東方炻の祖父。
  • 林満堂りんまんどう…薬霊荘 荘主。
  • 林玉泉りんぎょくせん…林満堂の息子。
  • 林丹沙りんたんさ…林満堂の娘。
  • 阿炻あたく…陳煜の付き人。父は阿福。
  • 阿福あふく…信王の付き人。
  • 剣声けんせい…莫若菲の付き人。
  • 韓業かんぎょう…陳煜の部下。
  • 莫百行ばくはくこう…莫府の元当主。故人。
  • 莫夫人…莫若菲の母。
  • 柳明月りゅうめいげつ…明月山荘 荘主。
  • 柳青蕪りゅうせいぶ…双子の姉。
  • 柳青妍りゅうせいけん…双子の妹。
  • 朱七華しゅしちか…朱家7代目。蕭九鳳と契約をする。
  • 朱八華しゅはっか…朱家8代目。花不棄のおじいちゃん。
  • 朱寿しゅじゅ…朱府の家督。
  • 朱福しゅふく…朱府の家督。
  • 小蝦しょうか…朱府の護衛。花不棄を守る。
  • 雲清揚うんせいよう…飛雲堡当主。雲琅の父。
  • 張妃ちょうひ…阿福の妹。
  • 馬大胡子またいこし…蕭九鳳の秘密部隊の頭領。
  • 黒鳳こくほう…東方炻の部下。
  • 黒雁こくがん…柳明月の部下。
  • 萍児へいじ…柳青蕪の侍女。

【全話】花不棄〈カフキ〉‐運命の姫と仮面の王子‐あらすじ・ネタバレ・感想

「花不棄」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第37話 100万両の人質

あらすじ

盗賊に捕らわれた花不棄。賭け術を馬大胡子に教えることで監禁を解かれるが、盗賊たちと賭けに興じているところを柳明月に目撃される。

しかし機転を利かせて顔を汚した不棄は正体を見破られることなく難を逃れる。

一方、根城に侵入した陳煜はようやく不棄を見つけ、柳青蕪との誤解を解く。

2人は根城からの脱出を図るのだった。

その頃、東方炻は柳明月に命じて不棄と陳煜を捜索させるが、一向に見つからないため自ら根城に火を放ち…。

ネタバレ

砂漠。行き倒れたふりをした陳煜が盗賊をおびき寄せ、東方炻との連携プレイで捕獲に成功。根城を聞き出し花不棄救出へ向かう。

盗賊の根城。花不棄は新しい賭けの道具を馬大胡子に提案し、その見返りに城内を散歩させてもらう。見張りは沙鼠だ。花不棄は休憩中の盗賊たちに混じって賭けに手を出す。

沙鼠は「仲間がどれだけ居るかは頭目だけが知っていて、俺達は持ち場のことしか教えられていない」と話す。それを聞いた花不棄は「これだけ広いならどこかに見張りの配置図があるはず、それを手に入れれば逃げられる」と考えた。

柳青妍の治療をする柳明月。しかし柳青妍は自ら毒を服用しており、一向に良くならない。「何故良くならないのか?」頭を抱える柳明月。

賭けに手を出す花不棄の後ろ姿を見た柳明月。そこへ馬大胡子が新しい配置図を持ってやってきた。柳明月は柳青妍が回復しないため次の手が打てない事に焦っている。そこで「司馬家の娘を連れてこい、若いが度量がありそう、利用できれば助けになる」と命じる。

根城に潜入した陳煜と東方炻。手分けして花不棄を探す。

花不棄は沙鼠に連れられ柳明月のもとへ。そこで荘主が柳明月だと知り、慌てて引き返す。顔を泥で汚して変顔をかまし、なんとかばれずに乗り切った。

陳煜が先に花不棄を見つけ出す。「東方炻と柳青蕪に陥れられた、君を裏切ったことはない」と誤解を解いた。

陳煜と花不棄は見張りに見つかり追われる身となる。陳煜の顔を見た柳明月は「東平郡王だ!殺せ!」と配下に命じた。そこへ現れた東方炻は柳明月を問い詰め「女は殺すな」と激怒する。

東方炻は柳明月から話を聞く。「ここは旦那様の秘密の訓練場」「花不棄は信王の娘ではなく、東平郡王と兄妹でもない」それをきた東方炻は「陳煜こそが蓮衣客だ」と気がついた。

東方炻は任務に失敗し身を隠していた柳明月を叱りつけ、蕭九鳳に報告するという。花不棄を捕らえた沙鼠は、罰として皇帝との戦で先鋒に送れと命じた。そして明月山荘に戻って形成を立て直すと言うが「柳青蕪が裏切ったため、明月山荘を奪われた」と聞かされる。東方炻おこ。

夜になり配置図を探しに向かう2人。仮眠をとっていた馬大胡子を殺し、配置図を盗み出した。そこへ柳明月が現れ、慌てて隠れる2人。花不棄を守るため部屋から飛び出した陳煜は追われる身となってしまう。取り残された花不棄を助けに来たのは、盗賊の扮装をした東方炻だった。

感想:変顔

バレるだろ!!って思ったけど、渾身の変顔だったのでなんだか許せてしまった。すごい女優だなアリエル・リン。

陳煜は花不棄に再会するたび、即ハグしてて強い。かわいい。有無を言わさぬ即ハグ。それから言い訳、許してもらってハグ。良かったね。

第38話 救出の委任状

あらすじ

陳煜を盗賊の根城に残したまま、東方炻に救い出された花不棄は、西楚州の城門で小六と韓業に再会する。

花不棄に渡された盗賊の見張りの配置図を手に、韓業は関将軍と共に陳煜を救出するべく盗賊の根城に向かう。

一方、花不棄が無事であることを知らない朱寿は、東方炻に100万両で花不棄の救出を依頼し、その手付金を稼ぐために銷金窟へとやってくるが、すべては東方炻のたくらみによるものだった。

だがそこに陳煜と花不棄が現れる。

ネタバレ

根城。東方炻と柳明月の策略で、陳煜だけが根城に取り残されてしまった。花不棄は東方炻に無理やり連れて行かれる。

西楚州 城門。陳煜の知らせを待っていた小六と韓業。そこへ東方炻と花不棄が戻ってきた。花不棄は盗み出した配置図を渡し、陳煜を助けるよう言う。東方炻は花不棄を気絶させて小六に預けると逃げていってしまった。

根城。ケガをし追ってから逃れる陳煜は「500人の兵を連れ小丘林へ集合せよ」という柳明月の命令を耳にする。蕭九鳳は皇帝の軍と戦う気らしい。

花不棄を送り届けた東方炻が戻ってくる。そして根城の場所がバレたことを教え「官兵が来る急いで撤退を」と促した。

朱寿は花不棄を探すため役人に掛け合うが、取り合ってもらえない。

根城。韓業と関将軍が駆けつけたとき、すでに根城はもぬけの殻だった。陳煜はケガを負ったものの救出される。そして韓業に碧羅天へ向かった阿福を援護するよう命じた。今度は東方炻が味方のふりをして現れる。

銷金窟。賭場で荒稼ぎをしていた朱寿。そこへ兵士が戻ってきて「根城を制圧した」と話す。朱寿は花不棄が戻ってきたのではないかと急いで朱府に向かおうとする。そこへ玉夫人が声をかけてきた。「一局50万両の勝負をしないか」というのだ。朱寿は断り銷金窟を離れる。

役人は「令嬢は盗賊の根城にはいなかった」と朱寿に話した。意気消沈する朱寿に東方炻が近づく。東方炻は花不棄の行方を知った上で朱寿をからかい「助けを求めるなら委任状を書け、金額は100万両だ」と取引を持ちかけた。

「朱珠が無事に戻れば100万両を東方炻に支払う、戻らなければ東方炻の腕を切り落とす、手付として50万両」朱寿は東方炻と契約を交わしてしまう。

目を覚ました花不棄は「朱府の店に行って、朱寿に迎えに来るよう行って」と小六に言付ける。そこへ柳青蕪が現れ陳煜の部屋に飛び込んでいった。花不棄は慌てて後を追う。

眠っている陳煜にすがりつく柳青蕪。陳煜を取り合って、花不棄と柳青蕪は火花を散らす。だが目覚めた陳煜が手をとったのは花不棄。「明月山荘に戻れ」と言われ柳青蕪はショックのあまり飛び出していく。

朱府の使いがやってきて「朱寿様は玉夫人と勝負するため銷金窟へ、100万両が必要だと言っていた」と花不棄に話す。不審に思った花不棄は陳煜とともに銷金窟へ。

銷金窟。賭場の作りを見て東方家が関わっていると気がついた花不棄は朱寿を案じる。案内された部屋では、東方炻にはめられた朱寿が賭けに負けそうになっていた。

やっと再会できた朱寿と花不棄。朱寿は東方炻と委任状を交わしたことを話し、企みに気がついた。委任状には「花不棄を無事な体で…」と書かれており「私はもう無事な体じゃないの…蓮衣客にさらわれたときに…ぐふふ」と裏を囲うとするが東方炻が許さない。

花不棄の提案で「いっそ100万両かけて帳消しに」ということになった。

感想:恥じらいがなくていい

この世で最も不要なもの、羞恥心と常識。と思って生きているので花不棄のキャラクターがすごい好き。ウジウジ系ヒロインにはどうしてもイライラしてしまうなあ。

賭けの話がメインになってるけど、花不棄が純潔じゃないって東方炻が知ったところを掘り下げてほしかった。この時代に純潔の大切さ相当なもんだろうし。ぐふふ。

第39話 火花散る郡王府

あらすじ

花不棄の機転によって賭けに勝ち、100万両は帳消しとなった。

浮かれ気分で東平郡王府に足を踏み入れる不棄だったが、そこには柳青蕪の姿が。

明月山荘が東方炻の部下に滅ぼされ、命からがら逃げてきたのだ。

哀れを装う柳青蕪に我慢がならない不棄は、陳煜との密会を知って怒り心頭、街に出て物乞いを始める。

そこへ現れた東方炻から愛を告げられてもどこ吹く風。

陳煜はどうにか不棄を郡王府に連れ帰ると、阿福を案じて小丘林へ向かう。

ネタバレ

銷金窟。花不棄の機転で100万両の借金は帳消しになった。

明月山荘。東方炻の差し向けた刺客に襲われ明月山荘は壊滅状態に。隠し扉から逃げ出した柳青蕪は、命からがら郡王府に逃げ込む。

東平郡王府。花不棄と陳煜は郡王府へ戻った。そこへ逃げてきた柳青蕪は哀れな様子を見せ同情をさそった。花不棄は反対するが、陳煜はかくまうと決めてしまう。

「旦那様(蕭九鳳)という男が陛下に成敗されれば、柳青蕪を匿う理由も無くなる」陳煜の言葉を花不棄は信じることに。

陳煜は柳青蕪のため東方炻の動きを探らせている。そこへ小六が来て「柳青蕪の侍女が酒を買い込んだ」と話す。陳煜は花不棄にバレないように様子を見に行くことに。

浴びるほど酒を飲む柳青蕪。いつものように愛を告白するが、陳煜にその気はない。陳煜は「生きれいれば明月山荘を立て直せる」と慰め、同じことが続くなら追い出すと叱った。

陳煜のために料理を作る花不棄。陳煜は小六に見張らせていたが、花不棄が料理を持ってきてしまう。柳青蕪の部屋に行った陳煜の裏切りに気がついて、花不棄は郡王府を出ていく。

街中。花不棄は朱寿を連れて物乞いをしている。そこへ東方炻がやってきた。東方炻は「何があろうと花不棄を娶る」と面白そうに話しかけている。

今度は陳煜がやってきた。意固地になる花不棄に「ゴホゴホ…うっ傷が開いた」と芝居をし、柳青蕪のことを謝る。そして「今日を境にあの者とは会わぬ」と約束した。

東平郡王府。花不棄たちが戻ると柳青蕪が自殺騒ぎを起こしていた。陳煜は会いに行かず花不棄にすべてを任せる。

花不棄はわかりやすい狂言を叱りつけ、小刀を渡し「死にたいならこれで首を切ればいい」と怒鳴る。柳青蕪は花不棄に刀を投げつけ、韓業がかばった。

陳煜の部屋に料理を運んできた花不棄。陳煜は阿福を助けるため小丘林に行くと話す。その間、小六と韓業に部屋を守らせ不在がバレないようにしてほしいと花不棄に頼む。

東方炻は郡王府の様子をうかがっている。陳煜が倒れたと聞いた柳青蕪は急いで見舞いに行くが中に入れてもらえない。そこへ東方炻が来て、柳青蕪の居所を知る。

屋敷に戻った東方炻は、陳煜が郡王付にいないと気がついた。

感想:柳青蕪

なんか見てると、陳煜は柳青蕪の方に心動かされてるんだが。いいのか?

どう頑張っても花不棄が妹扱いに見えて、柳青蕪の問題には突き動かされてるような…なあ陳煜!

見てる側としては柳青蕪ネタに飽きてるんで早くなんとかして。

次回、40・41・42はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。