ミーユエ〜王朝を照らす月|第11話・第12話・第13話あらすじとネタバレ感想|魏美人ちゃん大好きだよ…

こんばんわ~!みるこです!

ミーユエ〜王朝を照らす月〜のあらすじとネタバレ感想の記事です。

ここからは3話ずつまとめて書きたいと思います、読みやすいし。

それでは、魏美人が南后なんこうに鼻が曲がっていると信じ込まされた所から始まります。

独占見放題

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

ミーユエ|第11話「命の恩人」あらすじ・ネタバレ感想

楚王の体臭を嫌って魏美人が鼻を隠しているという南后なんこうの妄言を信じた楚王は、魏美人を鼻そぎの刑に処す。一方、黄歇こうあつとビシュによって幽閉場所から救出されたミーユエは、黄歇こうあつと生涯添い遂げることを誓う。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第11話のネタバレ

サクッとネタバレ

鼻が曲がっていると南后なんこうに信じ込まされた魏美人は扇で鼻を隠すように。

ある日魏美人の誕生を祝う宴で「私の秘宝九尾天狐灯を魏美人がどうしてもと欲しがった、その理由が匂いを消すためだ」と楚王の体臭を嫌っているような嘘を吹き込む。

これにより魏美人は鼻をそがれる。魏との関係に亀裂が入り会盟が危機に陥る。

屈原に攻められるも楚王は私生活のことだ!と逆ギレ。

一方、葵姑きこがユエの居場所を見つけ黄歇こうあつしゅに伝える。

月華台に押し入った黄歇こうあつはユエを助け、しゅも自ら毒を飲み医者を呼ばせる。

葵姑きこたちの献身的な看護でユエは元気になる。

そんな時泰王が楚に戻り縁談をまとめるため張儀ちょうぎが何やら策を練っているようで。

細かくネタバレ

  1. 南后なんこうに騙され鼻を隠すようになった魏美人。
  2. 屈原は楚の改革のため新法の草案を作る。
  3. 黄歇こうあつはなんとかユエを救い出そうと屈原に頼み込み張儀ちょうぎで大王に進言し縁組をしたら良いと言ってくれる。
  4. 南后なんこうは楚王を招き魏美人の誕生会を催す。だが魏美人が九尾天狐灯を「匂いを消すため」そばに置いているという南后なんこうの話を真に受けた楚王によって、魏美人は鼻を削がれてしまう。
  5. これにより滞在中であった魏の面目が丸つぶれに、五国の会盟は危機に立たされる。この事件によりユエの話もできず。
  6. そのころ葵姑きこがユエの居場所を突き止める。しゅ威后いこうに「ユエを助けなければ嫁に行かない」と直談判、黄歇こうあつは月華台に押し入る。
  7. すんでのところでしゅが助けに入るが罪人だと言って医者を呼んでもらえない。しゅが自ら毒を飲み医者を呼ばせ一命を取り留める。
  8. いんが毒を盛ったと威后いこうにバレる。
  9. 楚に戻った泰王を張儀ちょうぎが出迎える。趙に勝って公主を得るにはさっさと既成事実を作ってしまえばいいと策を練る。

今は微笑ましいのに今後…

お!摯先生久しぶり!裏切りもんばっっかりだな!

いやー今回のしゅはかっこよかったよ。今まで黙ってたからこそいんにビシッと言った場面は最高に気持ちよかったですね。報いを受けるわよ!って言ってみたい。

あとあれですね、公主様でも太子の教育係様でも探せなかったユエの居場所を葵姑きこが見つけてくるというwww葵姑きこやっぱりすごい大好き。

楚に戻ってきた泰王が「より容易な道を行くために魏の公主を〜」って話をしていたけど、もしこんなふうに政治利用される運命じゃなくどこか違うところへお嫁に行ってたら魏美人ちゃんも幸せになれたかな…うっうっ…許すまじワキガ野郎。

魏美人ちゃんって言ってるけど魏の国の称号が美人だから、名前もなんにもわかったもんじゃねえし、寂しいンゴ…

ユエ「安心して!姉上の好きな人はとらないから^^」

くぅ〜!気持ちいいほどのフラグだな!

ミーユエ|第12話「暗殺計画」あらすじ・ネタバレ感想

楚王の怒りを買って鼻をそがれた魏美人は自害した。張儀ちょうぎ南后なんこうに献じた策が魏美人を亡き者にしたことを知ったミーユエは、張儀ちょうぎと絶交する。一方、秦王への対応に悩む楚王は、昭陽の進言で秦王の暗殺を企てる。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第12話のネタバレ

サクッとネタバレ

鼻を削がれた魏美人は自害。魏美人の寝殿を訪れたユエは張儀ちょうぎの口からそれを聞き遺品の簫を渡される。

張儀ちょうぎは素直に自分の策で魏美人が死んでしまったことをを話すがユエは怒り縁を切ってしまう。

泰王が結納品を持って戻ったことを知ったしゅは、泰王の気持ちに答えたいと身につけていた佩玉をユエに託す。

佩玉を渡した帰りに趙の使者とすれ違うユエ、これを利用し樗里疾ちょりしつは彼女はしゅ公主で泰王と仲睦まじいのだと嘘をつく。

楚王は魏美人が死んだことに加え泰王の度重なる謁見の要求さらに趙との関係も捨てられないと八方塞がりで、最終的に泰王を宴に招いて暗殺してしまうことに。

これを知ったしゅは夜にお忍びで泰王を訪ね身も心も結ばれる。

翌日宴の席でその事実が明らかになり、趙の使者は樗里疾ちょりしつに騙され帰国し、しゅの婚姻が決まる。

細かくネタバレ

  1. 黄歇こうあつの口から魏美人が鼻を削がれたことを知ったユエ。寝殿を尋ねるそこに張儀ちょうぎが。彼の口から魏美人が自害したこと、そしてそれは張儀ちょうぎの策略出会ったことを知りユエは張儀ちょうぎと縁を切る。
  2. 泰王が結納品をもって戻ったことを知ったしゅは自身の身につけていた佩玉をユエに託す。泰王にそれを渡し戻るユエのことを樗里疾ちょりしつしゅ公主だと偽り、いかにも密会しているように装う。
  3. しゅを趙に嫁がせるため泰王を暗殺すると知ったユエはしゅを連れて泰王を訪ね、既成事実を作る。
  4. 正々堂々嫁に迎えたいと暗殺されることを知っても宴に乗り込んだ泰王。
  5. 趙の使者は仕組まれた逢引の現場を目撃し帰国したと知った楚王はしゅと泰王の婚姻を認めることに。
  6. 南后なんこうしゅの婚姻の話で威后いこうをからかいに来る。
  7. 靳尚きんしょう威后いこうに今の国力ならば仲睦まじい泰王に嫁いだほうが公主は幸せであると進言、それを聞いて威后いこうはそんなに言うならば泰王の人となりを自分が見極めると言い出す。

「公主であれ王族であれ運命は他人の手中にある」by黄歇こうあつ

うーん、ユエにはなんども女であることが枷となってしまうね。

そんでもって襲いかかるなやおっさんwファーww笑い転げてしまったじゃないのよ。

夜にやってきた時点でやる気満々だったってことなんですね。いや〜しかしこのおじさん国に正妃はいなくとも側室いっぱいいるんでしょ?なんだかな

しかし逢引の話を聞いてウキウキで威后いこうをからかいに来る南后なんこう最高かよ。

早く教えてあげないと〜うふふっ!ってなんかすごい仲良く見えてきた。一応息子の嫁だし跡継ぎも生んでるし手を出せないんだろうけど面白すぎる。しゅとユエが嫁にいったら全然出なくなっちゃうのかなあ。

ミーユエ|第13話「祭典の舞」あらすじ・ネタバレ感想

秦王との結婚が決まったしゅ公主はミーユエに侍妾として共に秦へ嫁ぐことを提案。だがミーユエは将来を誓い合った黄歇こうあつのことを考え、これを固辞する。少司命の祭典ではしゅが舞を、その伴唱を黄歇こうあつが務めることに。

「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」第13話のネタバレ

サクッとネタバレ

婚姻が決まったしゅはユエに侍妾としてついてきてくれないかというがユエは黄歇こうあつと結ばれたい。

今までの母の罪は許してやってほしいとしゅは言う。

少使命の舞の日、どうしても黄歇こうあつの歌で舞の主役を務めたいいんしゅに腹痛を起こす酒を飲ませるが、しゅの口利きによりユエが舞を舞うことに。

その出来に泰王も感心するが威后いこうは激怒。舞のあと褒美としてユエとの婚姻を申し出た黄歇こうあつのことも一蹴。明くる日、朝から呼び出された黄歇こうあつ威后いこうに公主との婚姻を認めると告げられる。

喜んだのもつかの間、公主とはいんのことで威后いこうに仕組まれた婚姻であった。

細かくネタバレ

  1. しゅはユエに侍妾として一緒に泰に行ってくれこのままここに居ても危険があるかもしれないからという。
  2. ユエは過去からのあらゆる罠や陰謀は威后いこうの仕業だとしゅに話すが、しゅはそれでも母を許してやってほしいと話す。
  3. 少使命の舞の日、しゅいんに腹痛を起こす酒を飲まされ代わりにユエが舞を披露することになる。舞が終わると黄歇こうあつはユエとの婚姻を申し出るがその場は威后いこうにより濁されてしまう。
  4. 威后いこうはユエが舞を披露したことに激怒、なにか企んでいる様子。
  5. 楚王はしゅに6000人もの付き人と4000人の兵士をつけるという。
  6. 朝早く威后いこうに呼び出された黄歇こうあつ威后いこうから結婚を認め金華台を贈ると話されるが、実はそれはいんとの縁談で仕組まれたものであった。

えっ、犯人だと思ってなかったの????

いんの侍女www

侍女だから一応いんの言うこと聞いてるけどこの子いい子だよね。巻き込まれて死んだりしないでほしいなあ。飲んじゃダメって顔しかめて首横にふるのって中国でも似たような感じなんだな。

あの宴の時の威后いこうの頭どうしたの?カーニバルなの?どうしたの?今にも脱いで踊りだすのかと思ったよ。頭に孔雀くっつけてるみたいで頭おかしいのかと。
そればっかり気になっちゃったけどこの宴の舞台美しいな…

そんなこんなで威后いこう様はなんか怪しい感じを醸しながらもおとなしくしてたと思ったら、最後の最後でいん黄歇こうあつにやるって。おいおい。

でもなあ威后いこうがあと何年生きるか知らないけど、黄歇こうあつの今後のこと考えれば疎まれてるユエをもらったら楚国ではいきにくいぞ?

それこそ泰に行くんだろうか、まあそうはならないユエの人生。