【新 白蛇伝・全36話】7・8・9話のあらすじとネタバレと感想|うぶすぎて眩しい

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「新・白蛇伝〜千年一度の恋」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD情報

登場人物まとめ一覧

  • 白素貞はくそてい:純真な白蛇、修行をして人間の体を手に入れた
  • 許仙きょせん:医師、愛称 漢文
  • 小青しょうせい:青蛇、白素貞と姉妹になる
  • 法海ほうかい:金山寺の僧侶
  • 金如意きんにょい:許仙を慕う済世堂の娘
  • 景松けいしょう:釈迦の弟子 金鼠
  • 許姣容きょこうよう:許仙の姉、母が亡くなり許仙を連れて李公甫に嫁いだ
  • 李公甫りこうほ:巡査長、姣容の尻に敷かれている
  • 許懐仁きょかいじん:許仙と姣容の父、罠にはめられ流刑に
  • 睦王ぼくおう:許仙の友
  • 梁墨涵りょうぼくかん:許懐仁を罠にはめた、梁俊の父
  • 梁俊りょうしゅん:小悪党
  • 秦三しんさん:梁墨涵の配下
  • 胡可心こかしん:妖狐
  • 小青の子分:貴宝、大鉗子、阿羅、大鼓
  • 東海竜王:小青の父
  • 玉芙蓉ぎょくふよう:小青の母
  • 王道陵おうとうりょう:ヒキガエルの妖怪

【全36話】新・白蛇伝〜千年一度の恋 あらすじ・ネタバレ・感想

「新・白蛇伝〜千年一度の恋」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第7話


酔仙(すいせん)楼での事件で李公甫は君心(くんしん)楼の芸妓・胡可心(こ・かしん)が怪しいと狙いを定める。妖狐の胡可心は言い逃れようとするが結局は李公甫と許仙の策略にはまる。だが美しい胡可心の関心を引きたい県令の梁俊(りょう・しゅん)が現れたことで胡可心は逮捕を逃れる。このことで李公甫は胡可心の恨みを買う。許仙は金如意の存在を誤解する白素貞に必死に釈明しようとする。ちょうちんに自分の気持ちを書いて飛ばすが白素貞は会おうともしない。臨安を離れる当日もある出来事から別れのあいさつができない。西湖で出発を待つ白素貞。すると大雨が降り、傘を差した許仙がやって来る。

ネタバレ「再びの十五夜に」

酔仙楼。許仙のアイデアを聞いた李公甫は香炉を用意。「犯人が香炉に手を入れれば黒く染まる」と最初に話し一人づつ確かめる。躊躇して手に灰が付かないものが犯人だ。胡可心は手を入れるのをためらい、それを見た李公甫は彼女を捕らえるよう命じた。

そこへ李公甫のせいで知府になりそこなった県令 梁俊がやってくる。胡可心は梁俊を誘惑して味方にし、その場を逃れた。

済世堂。金如意は張り切って許仙の手伝いをしている。しかし患者に間違って薬を渡し、腹痛を起こさせる失敗をしてしまった。許仙は「面白半分は良くない」と注意して家に帰るよう説得。金如意は白素貞に嫉妬して口を滑らせ「勘違いしないように私達の関係を伝えた!」と言ってしまう。

白府。許仙は白素貞が怒った理由を知り白府を訪ねる。だが白素貞には会えず、小青には追い払われる始末。許仙は門前で白素貞を待ち続けた。

その夜、雨の中 待ち続ける許仙に傘を持っていく白素貞。景松は「時の流れる歳月が違うので愛するべきではない」と警告する。白素貞は許仙に傘だけ渡して帰るよう言った。

その帰り道、許仙は倒れてしまう。

李邸。翌日目を覚ました許仙は姉の制止を振り切りちょうちんを直し始めた。ちょうちんを天燈に直した許仙は、白府の門前でそれを空にあげる。

許仙の天燈を見る白素貞。そこには許仙の気持ちが書かれていた。「明日西胡へ」白素貞には心の迷いがあり、許仙の気持ちに応じることが出来ない。

景松は白素貞を許仙から引き離すため峨眉山への帰郷を早める。明日出立だと聞いた白素貞は「お世話になった人に挨拶を…」と頼んだ。

胡可心を怪しむ李公甫は、彼女を尾行中。胡可心は尾行に気づき李公甫を始末しようと考える。そこへ法海が現れたため胡可心は姿を消した。

法海は「妖狐の匂いがする、狙われている証拠」と伏魔剣を護身用に渡す。李公甫は伏魔剣のおかげで命拾いをする。

済世堂。金如意は父に「許仙を婿にして!」とわがままを言う。娘が可愛い金氏は断ることが出来ず、要求を聞き入れた芝居をして結納品を用意することに。

李邸。白素貞と景松は別れの挨拶に。李公甫と姣容が迎えに出ると伏魔剣が反応してしまった。景松は法器が反応しないよう術をかける。

そこへ金氏が結納の品を持って押しかけてきた。金氏は李公甫に「後日説得して引き取りに来るので演技をしろ」と耳打ち。だがその光景を見た白素貞はショックを受けて立ち去ってしまう。

小青は街で李公甫に出会う。そして法器のことを面白がり、子供に小便をかけさせその効力を弱まらせた。白素貞が蜀に帰ると知らされていなかった小青は、李公甫からその話を聞きすぐに向かう。許仙も後を追った。

船着き場。駆けつけた小青は「どんな場所でもついていく、一生一緒にいる」と白素貞にべったり。白素貞、景松、小青の3人は峨眉山に旅立つ。だがそこへ許仙が到着し「探している人がいる」と呼びかけ船は岸に戻った…

感想:結ばれない

許仙が大胆な行動に出なきゃ絶対結ばれない2人だな。大人しすぎて手も握らず5年位過ごしそうだもん。それはそれで…へへ…

新しく出てきた胡可心お姉さんは妖狐だそうです。白浅はいい狐でしたけど、胡可心お姉さんは違うの?あくどい金儲けをする男を影で倒してまわる正義の見方だったりしない?だめか。

さて、許仙が人間でいる限り二人の愛がうまくいくとは思えません。どうなるやら。許仙も仙人のようになるしか無いよね。

第8話


白素貞は許仙の謝罪を受け入れ、彼の愛が本物だと心から理解する。2人は断橋で抱擁し愛を誓う。一方、李公甫を襲おうとして法海の法具に阻まれた胡可心は懲りずに再び李公甫を狙う。しかし今度は法海が李公甫に貸した伏魔剣によって傷つけられ、追い詰められて白邸に逃げ込んだ。そして許仙が滞在する部屋に忍び込み誘惑しようと試みるが、彼は全くなびかず可心の下心に気づく。許仙に危険が迫ったちょうどその時、白素貞が現れ、可心は慌てて逃げ出したが景松に尾を1本奪われてしまう。怒りが収まらぬ可心は読心術で金如意、白素貞、許仙の関係を見抜き、許仙を最低な男に仕立て上げる。

ネタバレ「雨の夜に」

雨の西湖。白素貞を傘の中に入れた許仙は「ここで別れたらもう会うことはない、お元気でこれでお別れだ」と傘を返して去っていく。白素貞が傘の柄の部分を見ると「山に木あり 木に枝あり心のなかで君を慕う、君はそれを知らず」と書かれていた。その言葉を見て白素貞は許仙を追いかける。

許仙と白素貞は橋の上で愛を確かめ抱きあった…

許仙は「蜀へ一緒に行く」と言い出す。驚いた白素貞はそれを止めた。許仙は「誰とも婚約していない、愛しているのは君だけ、共白髪になるまで添い遂げる」と真っ直ぐな気持ちを伝える。そこへ小青がやってきて2人は白府に戻ることに。

白素貞は李公甫の持っていた法器のことを気にしている。小青は「小僧の小便をかけてやったので大丈夫」と安心させた。

同じ頃、小青の4人の子分は主が不在の間も屋敷を守るため結界を張っている。

白府。屋敷に戻った3人。雨が止まず許仙は白府で一晩過ごすことに。小青の子分たちは守衛をしていることにしてごまかす。

書斎。許仙は白素貞の手が冷たいことを気にして生姜湯を飲むよう勧める。だが間接キッスで赤面…気持ちが通じ合ったはいいがどう接していいか混乱している様子。

同じ頃、許仙の外泊を知った姣容は「私に義理の妹ができるのよ」と喜んでいる。そして李公甫に「結納品は返してきて」と命じた。そこへ胡可心が襲いかかるが法規に撃退された。

法器に追われた胡可心は結界の張られた白府へ逃げ込む。部屋の中には許仙が。胡可心は「山賊に襲われた」と言って許仙を誘惑するが魂胆を見抜ぬかれる。そこへ白素貞がやってきて胡可心は庭の方へ逃げ出した。

小青の子分の1人大鼓が白素貞と同じ陣法を使って胡可心を追い詰める。その陣法を見た白素貞は「私の陣法を使った上、東海蟠竜紫晶鈴の結界を張ることができる、東海竜王の配下では?」といぶかしんだ。

胡可心は景松にしっぽを一本奪われ逃げ去る。負傷した胡可心は白素貞が白蛇だと知り妖丹を狙うことに。

白素貞は許仙に一連の騒ぎについて「財産が多いので盗みに入っただけ、守衛が居るから大丈夫」と説明。許仙は白素貞を心配している。

済世堂。金如意は許仙が白府に泊まったと知る。戻ってきた許仙から話を聞こうとすると、今度は李公甫がやってきて「好きなら配下に調べさせて信用できれば一緒にしてやる!」と内緒話。その一部始終を見ていた胡可心は、白素貞が李公甫の義弟 許仙に好意を抱き、済世堂のお嬢様は白素貞に嫉妬していると見抜く。そしてこの関係を利用することに。

駄々をこねる金如意に許仙は「男と女の感情はない。妹だと思ってかわいがっただけ」とはっきり告げた。そこへ白素貞がやってきて、許仙の仕事を手伝うことに。

金家。李公甫は結納品をきっちり返却。その様子を見た金如意は「白素貞は素性もわからないのよ!」と父に吹き込み、許仙と離れさせるよう仕向けた。

一方の2人。白素貞は許仙が民を想い官吏を目指していたことを知る。許仙の父はその昔悪党にはめられ、嶺南へ流刑となっていた。その影響で許仙の母は、許仙に穏やかな暮らしをさせるため済世堂の弟子にしたという。許仙はすでに亡くなった母の気持ちに理解を示していた。

そこへ金氏がやってきた。2人がサボっている様子を見て注意しようとするが、今度は周夫人がやってきて白素貞は女の医者として重宝される。金にがめつい金氏は周夫人からたんまり謝礼を受け取り「漢文と切磋琢磨しなさい^^」とご機嫌で帰っていった。

白府。白素貞の部屋に忍び込んだ胡可心は、許仙の手紙を偽造し机に置く。その気配を察知した小青と景松は部屋にやってきて手上を見た。内容は許仙が白素貞を月見に誘うというもの。

翌日、許仙に化けた胡可心は誘い出した金如意に接近。その様子を景松と小青が目撃した。

感想:愛の言葉

許仙が愛の告白をするのと対照的に、白素貞は気の利いたこと言えないのが面白いね。千年修行して書物の知識はたっぷりだけど、実践は一つもない赤ちゃん状態だもんな。いやあ、かわいい^^にっこにこ

最初から最後までこの純真無垢な感じなのか、許仙との愛で揉まれて成熟した女性になっていくのか、どっちでも楽しみです。

さてさて、妖狐のお姉さんはなぜか直接攻撃に出ず、人の恋路を引っ掻き回し始めました。馬に蹴られちゃうぞ!

ていうか正体バレして危険なんだから、普通なら李公甫に仕返しだけして臨安を去るけどな。そこはドラマよ〜。

今回出てきた東海竜王というのが小青のお父さんかしら?小青と白素貞は本当の姉妹だったりして。

第9話


許仙に化けた胡可心は金如意の機嫌を取り、その様子を小青と景松が目撃していた。小青はだまされたうえに景松の口車にも乗せられ、許仙を最低な偽君子だと思い込んで罰を与える。普通の人間である許仙は小青の罰によって命を落としかけるが、間一髪のところで白素貞に救われた。この件で素貞は小青、景松と仲たがいしてしまう。状況を見抜いている素貞と許仙の関係は更に深まり、如意はますます嫉妬して2人を邪魔しようとする。胡可心は梁俊を利用して素貞に不快な思いをさせ、ついには梁俊を殺して素貞に罪をなすりつけた。

ネタバレ「千年の秘めた思い」

橋の上。許仙に化けた胡可心は「白素貞は淡白、美しい君とは比べ物にならない^^」と金如意を誘惑。その様子を見ていた小青は怒り狂う。だが景松はその正体に気づき、許仙を始末するため胡可心を利用することにした。

白邸。景松に焚き付けられた小青は許仙の正体を白素貞に話す。だが白素貞は許仙を信用していた。

そこで小青は「大鉗子の想い人を西湖の花見に誘う手紙を書いてほしい」と頼む。小青は子供を使ってその手紙を許仙に届けさせた。

済世堂。手紙を受け取った許仙は西湖に出かけていく。その道中、胡可心は許仙に妖気を仕込んだ。

西湖。船の上で白素貞を待つ許仙。その様子を隠れて見ている小青と景松。小青は子分に命じて許仙を始末しようとする。しかし子分が甘いので、小青は自ら船を転覆させ許仙を湖に沈めた。

一方、白素貞は許仙が手紙を受け取り待ち合わせに向かったと知る。策略に気がついた白素貞はすぐに西湖へ向かい、湖に落ちた許仙を助けた。しかし許仙は意識が戻らない。妖丹を使って許仙を助けようとすると、胡可心の仕込んだ妖気が白素貞に襲いかかった。景松は胡可心の妖気から白素貞を守る。

白素貞の妖丹のおかげで許仙は助かる。しかし人間を傷つけようとした小青と景松に白素貞は憤慨し仲違いしてしまう。

李邸。白素貞は許仙に寄り添い看病する。姣容はその様子を見て、見舞いに来た金如意を帰らせた。

酒楼。景松は白素貞に嫌われやけ酒中。そこへ小青がやってきて同席。景松は過去の話を始める。

「釈迦の弟子だったが蓮の台座をかじり外界に落とされた、初めての外界で法力も効かず獣に襲われ洞窟へ、そこにいた蛇に命を救われた。蛇は知恵に目覚め修行を求めていたので導いた。そして千年の時の中で白素貞を育て上げた」

景松は「人間にすれば何世代もの時間を白素貞と共にしているのになぜ理解が得られないのか」と苦悩。それを聞いて小青は「そんな時間は関係ない」と怒ってしまう。

君心楼。巡回中の法海は禅杖が反応し妓楼に飛び込む。その気配を察知した胡可心は変装して逃げ出した。そこへ小青がやってきて法海の邪魔をし眠ってしまう。

逃げ出した胡可心の前に景松が現れた。景松は胡可心が法海から逃げる手助けをした様子。そして「許仙を殺せ」と胡可心に命じ、妖怪の行動を制限する釈迦の道具「妖怪縛り」を渡す。

李邸。白素貞が看病していると、金如意が偽 許仙の話を信じてやってきた。「想い人は私よ!」と白素貞を追い払おうとするが「私が好きなのは素貞だ」ときっぱり言われ怒って帰ってしまう。白素貞は金如意の様子を見て異変に気がついた。

胡可心は梁俊を病にし「白素貞という生き菩薩がいる」と吹き込む。

済世堂。梁俊は白素貞に無理やり診察をさせる。そこへ許仙が駆けつけた。白素貞は処方箋に下剤を混ぜるが、許仙が薬剤を作り取り除く。梁俊が帰ると許仙は「人を救うための医術で人を脅かしてはいけないよ」と白素貞を諭した。二人の会話を金如意の侍女が盗み聞きする。

その晩、梁俊が急死。

済世堂。翌朝、白素貞が済世堂にやってくると金如意が邪魔をする。そして「薬に手を加えたわね」と問い詰めた。そこへ衛兵が来て梁俊が昨夜中毒死したことを告げた。

同じ頃、侍女は許仙が済世堂に行かないよう「患者がいる」と言って別の場所へ誘導。

感想:紫の上計画

ただの修行仲間かと思ったら、景松さんったらそんな趣味をお持ちでしたのね。そりゃあ自分が見出した可愛い子蛇ちゃんを横取りされたら気に入らないよな。千年も一緒にいて恩義があるんだし、白素貞ももうちょっと景松の言うことを聞いてあげたほうがいいと思う。彼がいなきゃ許仙と出会うこともなかったわけだし、どっちかというとお父さんだよね。

お世話になったお父さんはちゃんと説得してから結婚しなさい!めっ!

この構図で言うと、法海も小青のお父さん的立場なのかな。今後小青に好きな男ができて、法海が「許さん!」って言う展開を望みます。

次回、10・11・12話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。