【如懿伝】|61・62・63話|あらすじ・ネタバレ感想|金玉妍の野望

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

https://monosirii.com/wp-content/uploads/2020/07/Eb_rHzxUEAUrD_W-min.jpegみるこ

この記事では、

【如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~】

61・62・63話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

未視聴の方はご注意ください。

DVD情報

登場人物一覧まとめ(ネタバレなし)

  • 烏拉那拉ウラナラ青桜せいおう…皇后。烏拉那拉皇后の姪。父は那爾布ナルブ。弘暦と幼馴染。
  • 愛新覚羅アイシンギョロ弘暦こうれき…乾隆帝。父は雍正帝、養母は皇太后
  • 皇太后…鈕祜禄ニオフル氏。弘暦の養母。先帝皇后と争ってきた。
  • 烏拉那拉皇后・先帝皇后…雍正帝の正妻。第3皇子 弘時の養母。如懿の叔母であり、皇太后にはめられて死んだ。
  • 富察琅嬅フチャろうか…乾隆帝の皇后。今最も勢いのある富察家の娘。息子をなくして心身ともに弱りはて、川に落ちて退場。
  • 高晞月こうきげつ…慧貴妃。父は高斌こうひん。皇太后にに薬を盛られて死んだ。
  • 蘇绿筠そりょくいん…純貴妃。
  • 金玉妍きんぎょくけん…嘉貴妃。朝鮮出身。
  • 珂里葉特海蘭ケリェテハイラン…愉妃。
  • 葉赫那拉エホナラ意歡いかん…舒妃。皇太后の間者。子供を失い絶望して焼身自殺。
  • 黄綺瑩こうきえい…儀嬪。水銀中毒により退場。
  • 白蕊姫はくずいき…玫嬪。死産し出家。慶貴人に毒を飲ませ死罪となった。
  • 陳婉茵ちんえんいん…婉嬪。蘇绿筠の宮に住んでいる。
  • 拜爾果斯バイルガス氏…かく嬪。蒙古出身。
  • 巴林バリン湄若びじゃくえい嬪。蒙古出身。
  • 陸沐萍りくぼくへい…慶嬪。モブ。
  • 李玉りぎょく…養心殿の太監(イケメン枠)
  • 惢心ずいしん…青桜の侍女(後宮の良心)江与彬に嫁いだ。
  • 三宝さんぽう…如懿の太監。
  • 阿箬あじゃく…慎常在から貴人へ、さらに嬪まで位が上がるが…。青桜の侍女だった。如懿を裏切り、皇后派閥に合流した。乾隆帝の側仕えになる。
  • 茉心ばつしん…高晞月の侍女。天然痘に感染し退場。
  • 星旋せいせん…高晞月の侍女。疥癬により退場。
  • 蓮心れいしん…富察琅嬅の侍女。皇后の思惑で王欽と結婚させられるが、如懿に救われた。皇后の死後、川に身投げし退場。
  • 素練それん…富察琅嬅の侍女。皇后のため暗躍。金玉妍に殺される。
  • 張廷玉ちょうていぎょく…朝廷の高官。
  • 凌雲徹りょううんてつ…御前侍衛。如懿の手助けになる。苦役から紫禁城に戻る。
  • 趙九宵…冷宮の侍衛。凌雲徹の同僚。瀾翠に惚れている。
  • 茂倩もせい…凌雲徹の嫁。
  • 衛嬿婉えいえんえん…炩妃。暗躍中。
  • 春嬋しゅんせん…衛嬿婉の侍女。
  • 瀾翠らんすい…衛嬿婉の侍女。
  • 王蟾おうせん…衛嬿婉の太監。
  • 江与彬こうよひん…侍医。惢心と同郷。
  • 斉汝せいじょ…侍医。避妊薬などを処方している。皇太后の命令で妃嬪を害していたことがバレ、乾隆帝に始末された。
  • 王欽…養心殿の太監。蓮心と結婚したが
  • 趙一泰ちょういったい…皇太后の太監。
  • 福珈ふくか…皇太后の侍女。
  • 進忠しんちゅう…養心殿の太監。衛嬿婉に取引を持ちかける。
  • 恒娖こうさく恒媞こうてい…皇太后の娘。
  • 璟瑟けいしつ…乾隆帝の第1皇女。母は富察琅嬅。蒙古に嫁いだが出戻ってくる。
  • 容珮…翊坤宮女官。惢心の代わりに如懿に仕える。

現時点の皇子一覧

生母名前備考
1哲妃(哲憫皇貴妃)永璜えいこう養母:如懿・純貴妃
2皇后・富察琅嬅永璉えいれん喘息で逝去(海蘭疑惑)
3純貴妃・蘇绿筠永璋えいしょう
4嘉妃・金玉妍永珹えいせい
5愉妃・珂里葉特海蘭永琪えいき養母:如懿
6純貴妃・蘇绿筠永瑢えいよう
7皇后・富察琅嬅永琮えいそう天然痘で逝去
8嘉妃・金玉妍永璇えいせん

第61話 皇子の悲劇

えい嬪・巴林バリン湄若びじゃくが懐妊する。

その日はれい妃・衛嬿婉えいえんえんの誕辰で、乾隆帝は彼女の崑曲こんきょくを見ながら酒を飲んでいた。

如懿と乾隆帝の馴れ初めも崑曲だと知った衛嬿婉は「その曲を練習する」というが乾隆帝に止められる。

乾隆帝は衛嬿婉を放り出し如懿のもとへ。


ジュンガル討伐は順調だ。

第5皇子・永琪えいきの活躍もめざましく、乾隆帝は第8皇子・永璇えいせんの指導を任せることにした。


嘉貴妃・金玉妍は第4皇子・永珹えいせいを皇太子にするため、有力者との婚姻を目論んでいる。


腹が大きくなってきた穎嬪、如懿と海蘭は紫禁城を歩いている。

そこへ犬を連れた金玉妍一行が。

穎嬪と金玉妍は言い争いになり、犬は如懿たちに向かって激しく吠えた。

侍女・容珮が前に出て二人をかばう。

金玉妍は「弱い公主などいる必要があるか」と発言し、侍女・容珮に平手打ちされる。

その様子を炩妃・衛嬿婉は影から見ていた。


その夜、衛嬿婉の太監・王蟾おうせんは、第8皇子・永璇の使う馬のくらになにか細工をする。


翌日、第5皇子・永琪が第8皇子・永璇に馬の指導をしてる。

すると突然馬が暴れだし永璇は落馬。

足を骨折してしまった。

永璇はすぐに擷芳殿に運ばれ、金玉妍もとんでくる。

金玉妍は永琪の仕業だと激高し彼を突き飛ばした。

そこへ如懿と海蘭もやってくる。

金玉妍は二人が自分を陥れたと恨みを持つようになった。

如懿は調査の全権を乾隆帝に託し公平を期すと言った。


凌雲徹は第8皇子の鞍に針が仕込まれているのを発見する。

だが陰謀だったと発覚すれば、第5皇子・永琪の養母である如懿が批難の的になるかもしれない。

凌雲徹は李玉と相談し真実を隠蔽する。


凌雲徹は冷宮の同僚・趙九宵ちょうきゅうしょうに頼み、鞍と針を紫禁城から持ち出した。

その夜、二人は晩酌をしながら事件について話をしている。

趙九宵が思いを寄せる女の話をすると、凌雲徹もつられて「彼女が幸せなら、もう悲しませたくない」と名前を出すことはないが如懿への思いを口にする。

その話を妻・茂倩もせいは影で聞いていた。


凌雲徹は鞍と針を、如懿からもらった靴を隠している箱にしまいこむ。

茂倩はその中身を勝手に見てしまう。


第8皇子・永璇の事故は調査の結果、不慮の事故ということになった。

衛嬿婉は嘉貴妃が再起をかけて自分の息子を犠牲にしたのでは…と乾隆帝に吹き込んだ。

感想:いや調べろや

皇后のためにそっ閉じ…じゃないですから調べようよ!?

お前の元カノの仕業だよ!

ここまで陰謀が簡単に成功するなら企んだもの勝ちになっちゃう気がするんですけど、脚本的に衛嬿婉を始末するわけにいかないから仕方がないんだなあ。

衛嬿婉のキャストをもうちょっとなんとか出来なかったかね。

出てくる度になんか1人だけ違うんだよ。

陸沐萍も違うけど彼女はモブ要素もありだから受け入れられる。

その点もうなんか衛嬿婉は…

冷宮から出てくるまでの話が最高に面白かった。

第62話 赤い衣の公主

第8皇子・永璇はもとのように歩けなくなる。

嘉貴妃・金玉妍は乾隆帝に泣きつき、第8皇子の将来のためにも兄である第4皇子・永珹に妻を娶らせたいという。

乾隆帝は承諾した。


金玉妍の犬が行方知れずになってしまった。

麗心が探しているが見つからないらしい。

金玉妍は永璇のことで精一杯。

もうすぐ上巳節なので褒美の支度を…と侍女が声をかけると、苛立ちながら「布でも用意しなさい」と言った。


如懿のもとに炩妃・衛嬿婉と慶嬪・陸沐萍りくぼくへいがやってくる。

陸沐萍は失脚した金玉妍派だったため、皇后に媚びを売ろうと第12皇子・永璂と公主に着物を仕立てて持ってきたのだ。

布地は金玉妍から贈られたもの、着物を贈るよう助言したのは衛嬿婉らしい。

如懿はさっそく二人の子供に着物を見せる。

しかし、公主が「赤い着物を着たい」と言ったので、公主には赤を皇子には緑を着せた。


御花園で如懿と穎嬪が話をしている。

側では二人の子供も遊んでいる。

そこへ第8皇子・永璇を連れた金玉妍がやってくる。

金玉妍は憎々しげに如懿を見るが、そのまま通り過ぎようとする。

その時、行方不明になっていた金玉妍の犬が公主に飛びかかった。

公主は意識を失いすぐに翊坤宮へ運ばれた。


乾隆帝もすぐに駆けつけ、無実を訴える金玉妍から話を聞く。

策を企てた衛嬿婉は金玉妍を攻め立て、海蘭は公主の着物が原因であることに気がついた。

着物には金玉妍の使う香りがついており、そのせいで公主が襲われたというのだ。


治療の甲斐無く公主は亡くなる。

乾隆帝は金玉妍を答応に、側仕えは追放、毎日鞭打ちの刑に処すと命じた。

とばっちりを食らった陸沐萍は貴人に降格され禁足に。

犬は首を折られ死体となって発見された。


如懿は公主の死に呆然とする。

その間、金玉妍はムチで打たれ続けるが決して罪は認めない。

穎嬪は事件の衝撃で流産してしまった。

子供は公主だった。


公主の三十五日忌がやってきた。

乾隆帝の許しを得て、李玉と凌雲徹も参列する。


衛嬿婉は侍女・瀾翠らんすいから第8皇子の事件と針についての話を聞く。

趙九宵が喋ってしまったのだ。

衛嬿婉は「凌雲徹が上に報告しないのは、まだ自分に気があるからだ」とご機嫌になる。

そこへ法要を終えた如懿たちが通りかかった。

如懿が去り際に落とした花の髪飾りを凌雲徹は大切そうに拾い上げる。

その様子に気がついた海蘭はすぐに「片付けておく」と取り上げた。

その様子を見た衛嬿婉は、凌雲徹の心にいるのが皇后だと気がついてしまう。


玉氏の助けでジュンガルを兵糧攻めにし、討伐は目前となる。

報告を受けた乾隆帝だが、皇太后の娘・恒娖こうさくはダワチの子を身ごもっているらしい。

乾隆帝は仕方なく、ダワチを親王にして都に住まわせることに。

皇后と恒娖は20年ぶりに再会した。

そして乾隆帝も妹に会いに行くが…

感想:犬が不幸になりがち〜!

ほら…ほらやっぱり死んじゃった…しかも可哀想な死に方…

行方不明だった間に衛嬿婉になにされてたかもわからないし、もうこれは許すまじ衛嬿婉。

馬を痛めつけたり犬殺したり、やり方が汚い。

しかし10人以上皇子がいるのに公主は全然生まれないの不思議だ。

公主は少ない上にどんどん死んでしまって今宮中にいる公主は0になってしまった?いや?純ちゃんとこに女の子がいたっけ。

第63話 ついえた野心

乾隆帝は恒娖が嫁入り前に贈った思い出の品を見せる。

だが恒娖の心には響かない。

乾隆帝は許されないことをした、と知る。


玉氏がジュンガル平定に大きく貢献したため、金答応・金玉妍を貴妃に戻すと乾隆帝は如懿に話す。

自由になった金玉妍はさっそく第4皇子・永珹と再会し、

婚姻の許しを得たので親王の孫娘を娶ること、

富察琅嬅皇后の養子に入れるよう玉氏が手を回していることを話した。


乾隆帝は養子の話について富察傅恒に相談。

富察傅恒は姉が生前養子について話した事実はないと否定した。


妃嬪たちが翊坤宮に集まる。

衛嬿婉に煽られた金玉妍は「先帝も乾隆帝も第4皇子、うちの息子は縁起がいい」と発言してしまう。

如懿は言葉に気をつけるようたしなめるが、めまいを起こしてしまった。


如懿は懐妊していた。

乾隆帝はすぐに駆けつけ喜ぶ。

だが妃嬪たちが控えているのを不審に思う。


如懿の部屋から出てきた乾隆帝は、先程の金玉妍の発言を聞いたらしい。

皇族の血筋と婚姻関係を持つこと、

先帝と同じ第4皇子で縁起がいいと立太子をほのめかしたこと、

永珹を皇后の養子にすることで嫡子の身分を得ようとしたこと、

乾隆帝は皇太子の座を狙っていると激怒する。

窮地に陥った金玉妍だが、今度は海蘭が自分を罠にはめたと言い出す。

海蘭はすぐさま立ち上がり、誰のことも陥れていないと誓いを立てた。

海蘭は金玉妍にも誓いを立てるよう要求する。

皇后と第7皇子の死、如懿たちを害したこと、高晞月・白蕊姫・黄綺瑩・阿箬の死について、

「誰かを陥れていれば、玉氏は滅ぶ。息子ともども死ぬ」と誓うように言う。

金玉妍は誓いを立てようとするがためらってしまった。

そこに衛嬿婉が口を出し「嘉貴妃は誓えないようです」ととどめを刺した。

乾隆帝は大激怒、金玉妍を蹴り飛ばす。

永珹は親王の養子にし貝勒とする、金玉妍は庶人に落とされ一生禁足となった。


如懿は奥の部屋ですべての話を聞きながら寝支度を整えていた。

その場に一度も顔を出すことなく、如懿は金玉妍を排除した。


啓祥宮に監禁される金玉妍。

永珹は母を助けようとするが、この期に及んで玉氏の王の話をする母に嫌気がさし走り去ってしまう。


季節は過ぎて如懿の腹が目立つようになった。

欽天監は腹の子が「吉祥の子」だと予言し皇太后を喜ばせる。


永珹の婚儀が行われ、福晋とともに紫禁城にやってくる。

だが乾隆帝は会おうとせず、如懿も身重で皇太后もそれに同調した。

永珹は母に会うこともなく去っていった。

金玉妍はすっかり落ちぶれ、そばにいるのは一人の女官のみ。

誰の手助けもない。

玉氏の王は金玉妍を見限り、新たな女を乾隆帝に献上していた。

如懿は玉氏の顔を立てるため…と進言し、乾隆帝は「宋氏を貴人に封じ円明園に留め置け」と命じた。

感想:哀れにも思える

好きな男のために尽くして尽くして地に落ちてしまった…ホストにハマるキャバ嬢か?

まあ後宮なんてキャバクラみたいなもんか!がは!

やめよう、怒られそうである。

金玉妍の敗因は息子の立太子を急ぎすぎたこと、玉氏への想いを乾隆帝に隠しきれず深い寵愛を得られなかったことかな。

もっと従順に振る舞っていれば、そのうち如懿の嫡子を排除して永珹を帝位につけることが出来たかも。

その点でいうと恐ろしいのは衛嬿婉。

如懿が懸念するように、乾隆帝は物珍しさにドハマリしてしまう可能性がある。

両家でしつけられた娘ではなく、家族に問題を抱えながら人に媚びを売ることで生きてきた女なんで、ぼんくらは好きそうだよなあ。

永珹がこれで誰かに恨みをもたなきゃいいんだけど、皇太后も如懿も突き放してしまったから衛嬿婉あたりに利用されないことを願う。

永珹自体は協力すれど悪事には関与してないんだからまあ。

さてさて中盤も超えて残りも少なくなってまいりました。

如懿は悲劇の皇后、だけどどうにか幸せな結末がみたいなと思います。

次回、64・65・66話はここから!