【麗姫と始皇帝・全48話】28・29・30話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第28話「幇助」

エイ政の苦しい胸の内を知る麗は丹太子救出計画を韓申に告げ、お見舞いの名目で太子府へ向かう。ちょうどその時、盗賊に扮した田光と荊軻が屋敷を襲撃し、麗を人質にとり逃亡、混乱に乗じた田光は丹太子を救出する。麗と荊軻は再会するも、ぎこちなく言葉をかわすのみで、すぐに荊軻は丹太子と共に函谷関(かんこくかん)へ向かう。一方、丹太子が逃亡したと知ったエイ政は激怒する。葬送請負人に扮した荊軻一行は、追ってきた李仲(りちゅう)の検分を受けるのだった。

ネタバレ「幇助」

田光の庵。田光は荊軻に「燕の丹太子を救出してほしい」と頼む。

王宮。韓申は麗に「荊軻が救出に来る」と知らせた。

荊軻は麗が関わっていると知らない。

韓申は露見すれば罰を受けると心配する。

麗は「友を留めおくのは本意ではないはず」と嬴政の本心を語った。

その時、扉の外で物音がする。

しかし誰もいない。

田光の庵。荊軻は蓋蘭に「無事に戻る」と約束した。

王宮。嬴政のもとに「丹太子が病を患いふせっている」と報告が入る。

麗は「代わりに見舞いに行きます」と申し出た。

燕太子府。麗は見舞いとして歌を送る。

その歌を聞いた馬が暴れだし、そこへ田光たちが盗賊として乱入。

荊軻は腕の中に飛び込んできた麗を人質にして逃げる。

王宮。嬴政のもとに麗がさらわれたと報告が入る。

嬴政は捜索へ向かった。

丹太子は身代わりと入れ替わって無事に脱出。

麗と田光と荊軻と韓申に感謝した。

麗には「来世で恩をお返しします」と膝をつく。

荊軻は麗と別れがたい様子で振り返る。

麗も振り返るが一度も荊軻と目は合わなかった。

嬴政は麗を見つけた。

そして罠だと気づき太子府へ向かう。

太子府にいた偽物は舌を噛んで自害した。

嬴政は丹太子を捜索させる。

函谷関。田光たちは棺の底に丹太子を隠して、葬列を装い関を抜けようとしていた。

そこへ韓申と李仲が来て…


感想:お国のために

誰かのために身代わりとなって死ぬ覚悟するってよく出てくるけど、絶対ムリだわ。

すごい時代でござるな。

ヒロインに仕える侍女が、嫁に行かずにずっと一緒にいたいって尽くしてる気持ちもわかんない。

行き過ぎた個を優先するのは嫌いだけど、やっぱり尊重されて生きたいよね。

さて、丹太子の危機!

第29話「親子」

荊軻一行は禁軍を撃退し、丹太子の救出に成功した。丹太子への情から、エイ政は追跡に乗り気でない様子。天明(てんめい)を王宮に戻し、実子同様にかわいがるエイ政。麗との関係は更に深まっていた。韓非の子をみごもった韓長使(かんちょうし)は、無事に出産できるよう、麗にエイ政への口添えを懇願する。一方、楚良人(そりょうじん)は韓長使の子を引き取り、自分が産んだことにするため懐妊を装う。秦軍は李牧(りぼく)率いる趙軍に連敗。朝議で昌平君は停戦と離間を進言し、丹太子追跡を唱える李斯の意見を退ける。

ネタバレ「親子」

函谷関。李仲が丹太子の隠れている棺を剣で貫く。

荊軻は李仲を人質にし、丹太子を逃した。

王宮。李仲は丹太子を取り逃がしたと報告。

盗賊の中に相当の手練がいたと話す。

嬴政は韓申に心当たりはないかと聞く。

麗が間に入ってごまかした。

嬴政は丹太子への情から、追跡に乗り気ではないようで、その日は話を切り上げる。

昭徳宮。麗は丹太子たちを案じていた。

そこへ嬴政がやってきて「天明を王宮に呼び戻す」と知らせる。

「長らく引き離してすまなかった、今後は一緒に暮らせ、天明は余の子だ」

楚良人は韓長使懐妊の情報を仕入れる。

お腹にいるのは韓非の子だ。

侍女は、逆臣だと勘違いされている韓非の子なら誰も気に留めない、懐妊を装い引き取ればいいと助言した。

楚良人はお見舞いを持って韓長使のもとへ。

韓長使は脅かしに来たと勘違いし、見舞い品を捨てる。

楚良人は侍医を買収し、懐妊を偽装しようとする。

しかし、言うことを聞かないので家族を人質に脅した。

懐妊を隠しきれなくなった韓長使は麗に「無事に産めるよう、大王に口添えをしてほしい」と頼む。

麗から話を聞いた嬴政は「安心して産ませると伝えろ」と言う。

正殿。趙高が楚良人の懐妊を報告。

嬴政は同時期に2人も懐妊したことを不思議に思う。

正殿。進軍は将軍 李牧の率いる趙軍に連敗している。

李斯は丹太子を追跡し人質にすることを提案。

しかし、昌平君は停戦と離間を勧めた。


感想:久しぶりのわが子

いつの間にやら大きくなった天明が出てきた!

全く当てなかった様子だから(ドラマの事情)うれしいね。

それにしても、嬴政は他人の男の子供を我が子だと言えるところだけは素晴らしいと思います。

ただ一緒に暮らしてなかったので、これからどう接するか見もの。

第30話「疑念」

李斯は夏侯央(かこうおう)と鮑野(ほうや)から、麗を救出したのは韓申ではなく荊軻であること、更に入内(じゅだい)前、麗と荊軻が恋仲だったと聞かされる。同じ頃、敏夫人は韓長使を王宮から脱出させ、趙高に韓長使の家族もろとも殺害するよう命じる。ある日、麗は太后からかつて趙王趙遷(ちょうせん)と敏夫人が恋仲だったこと、趙遷が浮気性だったことを告げられる。やがて韓長使が遺体で見つかり、楚良人は敏夫人を問い詰める。そこへ麗がやってきて、敏夫人と関わらないよう忠告するのだった。

ネタバレ「疑念」

丹太子一行は趙の領域に入った。

荊軻は何者かにつけられていると気付く。

咸陽。李斯は麗姫を始末していれば失脚しなかったと夏侯央たちを責める。

李斯は麗を救出したのが韓申だと思っていた。

鮑野は荊軻という男が麗姫と恋仲にあったと教える。

敏夫人は韓長使の見舞いへ。

韓長使は麗を頼ったと話してしまう。

話を聞いた敏夫人は「王宮を出してあげる」と言った。

楚良人のもとへ嬴政がやってきた。

楚良人はお腹の膨らみを偽装してなんとかやり過ごす。

敏夫人は趙高と密会。

韓長使を脱出させ家族もろとも始末しろと命じる。

趙高は王宮を出すだけに止めようと思っていたため動揺した。

敏夫人は、韓長使が麗を信用したことが気に食わないのだ。

南宮。麗は太后 趙姫になつめを届ける。

太后は「昔、呂不韋からもらった趙のナツメと同じ味」と話した。

麗はそのナツメが敏夫人からの贈り物だと教える。

すると太后は「敏代のこと?」と食いついてきた。

「嬴政を愛していないのに嫁いできたのよ敏代と趙遷(今の趙王)は恋仲だった、でも趙遷は浮気症で有名なの」

麗は敏夫人が趙遷を嫌い、祖国に興味がないよう振る舞っていることを不審に思う。

韓長使の死体が郊外で発見された。

敏夫人と麗は清児から韓長使のことを聞く。

敏夫人は「楚良人と李斯に口封じのため殺されたのかも」と話す。

麗はなぜ楚良人の仕業にしたいのかと疑念を抱いた。

趙の街に到着。

荊軻は尾行している男を捕らえる。

その男は将軍 樊於期だった。

楚良人は韓長使が殺されこと、その直前に敏夫人と面会していたことから敏夫人が黒幕だと気付いた。

楚良人は敏夫人を問い詰める。

そこへ麗が来て、楚良人を止めた。

麗は楚良人を追いかけ話をする。

「私は殺していない、九眼瑠璃珠は祖太后や敏夫人にも贈った、趙討伐で韓非を恨むのは敏夫人」

麗は「命を落としたくなければ関わらないほうがいい」と助言する。

麗は嬴政に「暇があれば太后に会ってあげて」と頼む。


感想:警備とは

あまりにスカスカな警備だなと…抜け出せるし侵入できるし持ち出せるし…丹太子も普通に逃げ帰られたのでは?

さてさて、もう虫けらのように始末されますな。

敏夫人が趙遷といい仲だったのはホントなの?それも策略で、本当は嬴政ラブなんじゃないの?

だってただのぼんくらっぽかったし?

恋敵がいなくて面白くないね。

次回、31・32・33話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。