【麗姫と始皇帝・全48話】37・38・39・話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第37話「南陽」

韓の兵士に囲まれたエイ政を麗が救う。麗はエイ政に蒙武と李仲を大切にするよう諭し、エイ政の無事と南陽で落ち合う旨を李仲に伝える。南陽に着いた麗とエイ政は親切な老婦人から家族を秦軍に殺されたと聞き、言葉を失う。翌日、秦兵に殺された老婦人の遺体を抱き、麗は民を犠牲にしないようエイ政に約束させるのだった。同じ頃、燕では田光は丹太子に秦王暗殺を提言していた。ある日、荊軻と蓋蘭は薊(けい)の街で借金取りに虐げられている親子を救う男を目にする。やがて帰宅した荊軻を大勢の人々が迎える。

ネタバレ「南陽」

陣営。麗が到着。

李仲から情報を聞き、単独で山に入る。

その頃、嬴政は山の中をさまよっている。

そこへ韓の兵士が現れた。

危ないところで麗が助けに現れる。

2人は韓の兵士から逃げ洞穴へ隠れた。

洞穴。麗は傷心から戦を起こすなど王の自覚がないと叱る。

嬴政は民のようにそなたと暮らしたいと本心を語った。

蒙武が進軍を止めていると聞いた嬴政は、罰を与えると憤る。

麗は忠臣を罰しないよう忠告した。

燕。丹太子のもとに秦が韓討伐に乗り出したと情報が入る。

太傅は次は燕に矛先が向かう、秦王を暗殺すべきと進言した。

麗は李仲に伝書鳩を送り、南陽で落ち合う事になった。

陣営。報告を受けた李仲と蒙武は南陽へ移動。

韓 南陽。麗と嬴政は旅人として街に入る。

そこで親切なおばさんの家に泊まることになった。

麗が料理をする様子に興味津々の嬴政。

そこで、麗が吐き気をもよおし懐妊が発覚する。

麗は牢の中で気付いたという。

その夜、親切なおばさんは家族を秦軍に殺されたと話した。

目の前に秦王がいるとも知らず「この手で秦王を殺してやりたい」という。

翌日、李仲たちが南陽を攻める。

ならず者の兵士が麗たちのいる家に侵入。

そこへ李仲と蒙武がきて、嬴政の正体がおばさんにバレた。

剣を手にしたおばさんを、蒙武が殺してしまう。

麗は泣きじゃくり「民が犠牲に、天下統一とは虐殺なの?」と問うた。

嬴政は軍機を正してすべての兵を厳正に処罰すると約束する。

燕。衛荘はみかじめ料を取り立てている男から母子を守る。

その様子を見ていた荊軻は逃げていく男たちに石をぶつけて転ばせた。

荊軻の屋敷。なぜか、大勢の客人が来ている。


感想:天下統一

天下統一したって、結局のとこ燕人だ趙人だってなるじゃん。時間が解決するからいいのか。

キレイ事ばっかり言うなよ〜って気持ちになっちゃった。

泊めてくれたおばさんは殺され損である。

はい、そしてここに来て麗懐妊でございます。

牢の中で気付いたってよく生きてたな。

第38話「死士」

エイ政は朝議で韓討伐を言い渡す一方、麗には知らせぬよう命じる。丹太子は秦王暗殺を決行すべく各地から剛の者を集めるが、その1人が丹太子の寝殿で殺害される。秦からの警告だと指摘する丹太子に、荊軻は自分が秦王を暗殺すると告げる。韓申は天明を送り届けた後、麗に別れを告げて去る。趙の存続を麗に懇願する敏夫人であったが、突き放されて逆恨みし、麗を流産させる。悲しみ憤る麗に、敏夫人は天明がエイ政の子だと誓うよう挑発するのだった。

ネタバレ「死士」

荊軻の屋敷。秦舞陽は荊軻の名を売るため屋敷に客人を呼ぶ。

その中には、母子を助けた衛荘もいた。

南陽。嬴政は韓非の墓を立て、いつか才知を世に知らしめると誓う。

燕。丹太子は秦王を暗殺するため各地から強者を集める。

魏から招かれた無相は剣技を披露した。

正殿。臣下は樊於期のことを議題に上げ、燕を討つべきと進言した。

嬴政はすでに丹太子の近くに密偵を差し向け監視している、なのでまずは韓を攻めると決定した。

そして、韓討伐を後宮に漏らすなと告げる。

燕 太子府。丹太子に招かれた無相が屋敷で殺された。

皇宮。麗は天明と再会。

麗は韓申に感謝を示し、自由に生きてほしいと願う。

韓申は「嬴政が守りきれない時、傷つけたときには頼ってほしい」と別れを告げて立ち去った。

燕。丹太子は無相が殺されたのは、燕に仕えれば死あるのみと知らしめるための秦王の警告と察する。

話を聞いていた荊軻は、秦王暗殺の死士を捜していると気づき名乗り出た。

皇宮。麗は敏夫人のもとへ行き、嬴政の「祖国の滅亡を見せるため生かしておく」という決定を告げた。

敏夫人は「滅ぼす前に嘉太子を王にしてほしい」と懇願。

しかし、嬴成蟜をそそのかしたことで大王は許さないだろう。

麗は「趙に帰って、最後の温情よ」と逃げ道を与えた。

そこで吐き気をもよおし退席する。

昭徳宮。太医府から薬湯が運ばれてきた。

大王からと言われ飲んでしまう。

すぐに腹痛に襲われ流産した。

嬴政は「誰の仕業かすぐに調べろ」と飛び出していく。

麗は1人で敏夫人のもとへ行き剣を向けた。

そこへ嬴政が駆けつける。

敏夫人は麗が荊軻と失踪していたときに子供を身ごもったかのように話した。

麗は天に誓ってないと否定。

敏夫人は天明が大王の子だと誓ってみろと追い詰める。


感想:魔法陣グルグルっ!

まーだぐるぐるするんか!まだ飽き足りないか!?

ていうか、言われて思い出したよ荊軻との夜遊び疑惑。

嬴政も二度と同じことしないって誓ってたけど、どうせ疑うんだろうな。

めんそくせ~!もう好きならどこの男の子供はらんできても産ませて可愛がりなさい!麗はそういう子なの(ちがう)

第39話「望郷」

麗は天明がエイ政の子だと言えず、答えに窮してしまう。復位の口添えを求めて麗を見舞った楚良人は、祖太后(そたいこう)逝去の知らせを受け、崩れ落ちる。太后の死期が近いことを悟った麗は、邯鄲へ帰りたいという望みを伝えると、エイ政はこれを承諾。更にエイ政は敏夫人に邯鄲陥落に立ち会わせるべく、趙への出陣に同行させる。同じ頃、嘉公子に見切りを付けた呂不韋は、エイ政と再会を果たすべく、太后に接触を図るのだった。

ネタバレ「望郷」

正殿。敏夫人に天明が大王の子だと誓って見せろと言われる。

麗は誓えない。

嬴政は麗を部屋に戻した。

そして敏夫人に「己の目で邯鄲の末路を見よ、それが罰だ」と言う。

趙。嘉太子のもとに趙攻めの情報が入ってきた。

趙王 趙遷によく思われていない李牧の地位を確立し、趙を守るため呂不韋が動き出す。

嘉太子は敏夫人が軟禁されたという情報を手に入れ、内通が明るみになったのではないかと考えた。

昭徳宮。麗は他人の嘘で壊れてしまう関係だと悲しむ。

嬴政は李仲に相談。

李仲は「認めた相手を裏切ることはしないだろう」と麗を擁護した。

楚良人が麗のお見舞いやってくる。

麗は楚良人が復位の口添えしてほしいのだとすぐに気づいた。

そこへ、祖太后が逝去したと急報が。

楚良人は「恩返しの出来ない不孝者、誰を頼ればいいのか」と泣き崩れ倒れてしまう。

南宮。太后 趙姫にも死期が迫っていた。

趙姫は「故郷の邯鄲で死にたい」と麗に話す。

麗は「趙へ行くことを認めてほしい」と嬴政に頼む。

しかし、戦が近く 趙は戦場になると嬴政は渋る。

嬴政は麗に懇願され承諾した。

嬴政は敏夫人を趙討伐に連れて行く。

趙遷と再会させ、祖国の滅亡を見せるためだ。

敏夫人は泣き崩れた。

嘉太子府。趙姫と嬴政が邯鄲へ来るという情報が入った。

呂不韋は生きていることを知らせる時が来たという。

しかし嘉太子は反対した。

呂不韋は「趙は死を待つのみ、みな秦に討たれ天下を手に入れるのは嬴政だ」と話す。

呂不韋は趙姫を懐柔することにした。

趙姫の寝室に侍女の服を着た怪しい男が紛れ込む。

麗がすぐに気付いて問い詰めると、呂不韋からの文を渡しに来たという。

そこには出会った妓楼で待つと書かれていた。

麗は手紙のことを嬴政に知らせず、趙姫と先に邯鄲へ向かう。

嘉太子は郭開の宴席へ。

そこで秦の密偵だと言われる頓弱(尉繚)の事を知る。

泥酔したふりをした尉繚は、わざと内通の証拠を盗ませた。

妓楼。麗に連れられ、趙姫は呂不韋に再会した。


感想:疑ってごめん

あれれ、今回は半分くらい信じてるのか。

てっきりまた荊軻に嫉妬して最終回まで大変なことになるかと思ったのに。

さてさて、確実に事件に巻き込まれるのにみんなで邯鄲にやってきました。遠足かな?

舞台を邯鄲に移してあと9話で最終回。

次回、40・41・42話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。