【麗姫と始皇帝・全48話】34・35・36話のネタバレとあらすじと感想

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(れいきとしこうてい〜げっかのちかい〜、れいきでん、れいひめ)」のあらすじとネタバレと感想を最終回まで掲載していきます。

【麗姫と始皇帝】登場人物 独断と偏見ネタバレパワー(´◠ω◠`)))

  • 公孫麗…こうそんれい、主人公、亡国 衛の公孫家令嬢、幼い頃に嬴政を救ったことで付きまとわれる
  • 嬴政…えいせい、秦の大王、夢は公孫麗を嫁にすることと天下統一、荊軻が嫌い
  • 公孫羽…こうそんう、麗の祖父、衛の総帥だった、風林火山に負けて退場
  • 荊軻…けいか、公孫羽の弟子、師匠の言いつけを守る優等生タイプ、麗に捨てられ飲んだくれに
  • 韓申…かんしん、公孫羽の弟子、麗の大師兄、麗を守るための行動をするが脇が甘い
  • 天明…てんめい、王宮に入る前に麗と荊軻がこしらえた息子
  • 蓋聶…こうじょう、伝説の刺客、夏侯央に妻を殺されて敵討ちに燃える、作中で一番強い男
  • 蓋蘭…こうらん、蓋聶の娘、荊軻に一目惚れ、とっても素直でとってもいい子
  • 趙姫…ちょうき、嬴政の母、呂不韋との間に嬴政を…、寂しさから情夫嫪毐にハマる
  • 呂不韋…りょふい、今作では嬴政の父、ちまたで聞く呂不韋感ゼロの呂不韋、子煩悩
  • 荘襄王…そうじょうおう、嬴政の父、呂不韋に遺言を無視されてかわいそう
  • 嫪毐…ろうあい、呂不韋が趙姫との関係を精算するため送った情夫、嬴政に始末される
  • 李仲…りちゅう、秦の将軍、嬴政の忠誠を誓うけどたまにはっきり意見する、良心
  • 嬴成蟜…えいせいきょう、嬴政の弟、趙 嘉太子にそそのかされてお兄ちゃんと絶縁、燕に逃げて平和に暮らすという一番幸せそうな人
  • 蒙武…もうぶ、秦の将軍、名将なのに腕くらべにかり出されるかわいそうな将軍
  • 華陽太后…かようたいこう、後宮のヌシ、楚の出身なので楚夫人と懇意
  • 夏侯央…かこうおう、丹頂門、己の利益最優先、公孫羽の鵠落剣法が欲しくて暗躍
  • 鮑野…ほうや、夏侯央の弟子、性格悪い
  • 趙高…ちょうこう、秦の宦官、今作の趙高は小物
  • 嘉太子…かたいし、趙の太子、趙遷に王座を奪われ大変なことに
  • 丹太子…たんたいし、燕の太子、幼い頃から秦に人質として囲われていた、嬴政はマブダチだと思っていたが、丹太子は憎しみマッスルで復讐に走る
  • 敏夫人…びんふじん、嬴政の妃、趙遷の彼女だったが裏切られて復讐中
  • 楚夫人…そふじん、嬴政の妃、麗に突っかかるが最終的に憎めない人
  • 鄭夫人…ていふじん、嬴政唯一の王子扶蘇の母、故人
  • 扶蘇…ふそ、嬴政の息子
  • 田光…でんこう、良心的なおじいちゃん、実は燕 丹太子のブレーンで嬴政暗殺を計画する
  • 李斯…りし、秦の宰相、あっちにごますりこっちにごますり大変そう
  • 高漸離…こうぜんり、荊軻の剣友、まともな助言をする
  • 景良人…けいりょうじん、嬴政の妃、名前があるだけのモブ…大変かわいそう
  • 韓長使…かんちょうし、嬴政の妃、同郷だから〜という理由で韓非に払い下げられ子供が出来る
  • 清児…せいじ、麗の侍女
  • 韓非…かんぴ、嬴政に重用されるが優秀だったので消された人、めっちゃいい人

【全48話】「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第34話「未練」

荊軻は麗を忘れられず、泥酔してしまい、蓋蘭に介抱される。気付くと2人は同じ床で寝ていた。高漸離は丹太子と手を切るよう荊軻に忠告するが、荊軻は理解できない様子。韓申は成キョウに帰国を説得するため、家を訪ねる。麗は清児(せいじ)に、幼い頃に出会った少年の話をする。太后は戸惑いながら訪ねてきたエイ政に、麗の嘘は愛ゆえのものだと諭すのだった。朝議で麗の処分について議論が交わされる中、エイ政は途中でやってきた天明を抱き上げて去る。エイ政は麗の解放を決意していた。麗は、敏夫人の謀略を楚良人に話し始めるのだった。

ネタバレ「未練」

趙。丹太子は救出してくれた人々に感謝した。

秦舞陽は樊於期に「逃亡罪で一族が皆殺しにされた」と教える。

韓申の目的は麗の文を嬴成蟜に渡すことだった。

麗は嬴政のために兄妹の再会を計画している。

丹太子から嬴成蟜の情報を聞いた韓申は、嬴成蟜を捜しに向かった。

その夜、荊軻は麗のことを思い出して酒に浸る。

牢。清児は「なぜ丹太子を助けたのか」と麗にきいた。

麗は祖父から弱きものの味方をと言われてきたことを教える。

そして、幼い頃に出会った少年と満月に友情を誓った話をした。

嬴政は隠れて話を聞いている。

南宮。嬴政はその足で太后 趙姫に会いに来た。

趙姫は「愛しているから嘘を付く、あなたを思うゆえの嘘

泥酔、心配で駆けつけた」一瞬だけ正気に戻ってさとす。

趙。蓋蘭は泥酔した荊軻を介抱。

荊軻は「気持ちに答えるつもりだったのに、心にあいつが」と苦悩する。

蓋蘭は荊軻を抱きしめ、なだめた。

翌朝、2人は同じ布団で眠っていた。

何もなかったようだが、荊軻の様子にショックを受けた蓋蘭は「嫌いなら会わない」と飛び出していった。

正殿。嬴政は華陽太后と臣下に、麗の処分を迫られる。

そこへ天明が来て、嬴政は抱き上げて出ていってしまう。

趙。高漸離は「丹太子はしたたかで油断ならない、きっと利用するために近づいた」と荊軻に警告。

しかし、荊軻は聞き入れない。

正殿。嬴政は咸陽の郊外に屋敷を用意させていた。

自分の側は危ないので、麗と天明をそこに移すという。

韓申は嬴成蟜の自宅へ。

妻子が出てきた。

そして、韓申は急いで秦王宮を目指す。

牢。麗は楚良人を呼び出し、ある公子と娘の物語をした。

「高官の娘と愛し合い将来の約束をした、自分が太子になればその娘を太子妃にすると、その後、公子の母が大王に寵愛され公子が継承者になった、太子は公子になって約束を忘れ美女を大勢集めた

娘は嫡廃された太子と手を組み復讐を…」

楚良人は敏夫人のことだと気付いた。


感想:楚良人は改心するの?

退場するもんだと思ってたら、話のわかる女だったのね。

まあ麗の言うように、ただ王后になりたいだけだもんなこの人。

さて、なんか不穏な空気です。

偽物のアーリフ・リーは善人じゃないらしく、高漸離は荊軻に警告。

しかし人の話なんてさっぱり聞いてない荊軻はついていくらしい。

丹太子は荊軻と麗の関係を知って利用するんじゃないの?

第35話「献身」

敏夫人の謀略を聞かされた楚良人はエイ政に告発する。そこへ韓申が帰国、麗が投獄されたと知り、激怒する。韓申はエイ政に麗の頼みで成キョウを捜し、成キョウの息子を連れ帰ったことを告げ、傷だらけの麗を抱きかかえ、王宮を出る。

同じ頃、邯鄲を発った荊軻一行は、丹太子を無事、燕へ送り届け、燕王から歓待を受ける。数日後、エイ政は韓申と麗の投宿先を訪れ、麗と2人きりで話したいと言うが、韓申は決闘に勝てば認めると言うのだった。

ネタバレ「献身」

王宮。敏夫人に嘉太子から密書が届く。

趙高は趙で怪しい商人(尉繚)が動きを見せていると言った。

敏夫人は離間策の密偵なのではと怪しむ。

正殿。楚良人は、韓非を殺した犯人が敏夫人だと告発した。

そこへ韓申が趙から戻る。

韓申は麗が牢に入れられたと知り、急いで向かった。

牢。李斯は祖太后から生涯忘れない痛みを与えるよう言われた、と麗をはりつけに。

そこへ韓申が駆けつけた。

嬴政も兵を連れて追ってくる。

韓申は「麗はお前を思って嬴成蟜を探しに行かせた」と真相を話した。

王宮。韓申は嬴成蟜の息子 小嬰を連れてくる。

幼い小嬰は父が阿嬌だと話す。

嬴成蟜は趙の嘉太子にそそのかされ謀反を起こした経緯を文にしたため韓申に託していた。

嬴成蟜は息子を王族の子として育ててほしいと、嬴政に願ったのだ。

韓申は、嬴成蟜の居場所を知れたのは丹太子のおかげ、その丹太子を助けた麗の行動がなければ会えなかったと話す。

しかし、嬴政はまだ荊軻とのことを疑う。

韓申は麗を連れて王宮を出た。

麗はひどい傷のため高熱を出す。

医師は傷跡が残るといった。

丹太子一行は燕王宮に到着。

燕王は荊軻たちを歓待する。

丹太子は早く政治の話がしたいが、燕王は連日宴を開いた。

数日後、麗は回復。

天明を心配する。

韓申は「3人で麗の望む場所へ行き、静かに暮らそう」と提案。

そこへ嬴政がやってきた。

面会を願う嬴政に韓申は「お前の猜疑心が原因、二度と近づくな」とキレる。

そして、韓申は麗のことを愛している何よりも大切と認めた。

2人は勝負することに。


感想:私のために争わないで

「私のために争わないで!」一回くらい言ってみたいわね。

イケメン2人に取り合われる人生かあ…めんどくさそうだな!

創作物見てると思うんだけど、私は感情移入タイプじゃないんだよな。全くの第3者として世界を俯瞰しているので、登場人物がわちゃわちゃしてても一歩引いちゃう。

さて、なんかまごまごしてた丹太子一行が趙に到着しました。

特に見どころもなく(コラ)あと十数話しかない…?

第36話「諦め」

韓申との決闘で負傷したエイ政は、天明を渡すと麗に告げて去る。麗は心を痛めつつ、天明との再会を喜ぶ。鞠武(きくぶ)は丹太子と再会して、麗が永巷にいたことを話し、秦の罪人である樊於期を辺境へ送るよう勧めるが、丹太子は却下する。外で話を聞いた荊軻は麗の身を案じる。エイ政は麗を忘れるため韓に出陣するが、途中ではぐれてしまう。李仲に助けを求められた麗は、韓申にエイ政への思いを告げ、天明を託し韓へ赴く。一方、山中ではエイ政が敵の兵士に囲まれていた。

ネタバレ「諦め」

街。韓申は勝負を提案し、勝ったら面会を、負けたら天明を渡せと要求する。

嬴政が敵うはずもなく、危ないところで麗が止める。

嬴政は「幸せにする自身がない、そばに置けば傷つける」と立ち去った。

燕。丹太子は太傅 鞠武と再会。

麗が牢に入れられていると知った。

太傅は秦の重罪人である樊於期を辺境へ送り危険を回避すべきと提案。

しかし丹太子は樊於期を見捨てられない。

話を聞いてしまった荊軻は麗を心配する。

翌朝、天明が麗のもとへ。

李仲は、嬴政が韓に出陣したと教えた。

皇宮。李斯は敏夫人に出陣の件を報告。

敏夫人は「進言を聞き入れたわけではない、皇宮を離れて心痛を癒やすことが目的」と真意を話す。

燕。丹太子は荊軻たちのため、街に邸宅を用意する。

竹林。麗と韓申は、天明の稽古を見守っている。

そこへ李仲がきて「大王が敵の急襲ではぐれた、手を貸してほしい」と懇願した。

陣営。韓の密偵は、秦の陣営で大王が行方不明になったと知る。

咸陽。麗は助けに行く決意をして、韓申に天明を預けた。

「愛しているから見殺しに出来ない」

皇宮。楚良人は気落ちしている。

韓申は麗姫のためになりふり構わず剣を向けた、いなくなって嬉しいはずなのに寂しくて心が空っぽなの…

戦場。韓軍が山を捜索し始める。


感想:戦の理由

女に捨てられてやけくそで討伐に出かけるってなんですか!!!なんていい迷惑なの!?

もうわかんない、嬴政の良さが天明を認めていることくらいしかないので(ていうかキッズに優しいこと?)麗が惚れた理由もさっぱりわからないし、どう考えても韓申のほうがいいし。

メインもサブもありえない中国ドラマ初めてだな。

次回、37・38・38話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。