驪妃(りひ)25話26話27話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第25話ネタバレ「差し迫る時間」

陳少巽(ちんしょうそん)が用意した特効薬により彭城(ほうじょう)王が目覚めるが、四刻のうちに彼に解毒薬を飲まさなければ命が危ないため、驪歌(りか)は白虎の虎胆を持っているはずの徐臨(じょりん)の行方を追う。一方、朝議に出た彭城王は北の国境に迫る魏軍を迎え討つため沈廷章(しんていしょう)に出陣を命じる。だが、陸遠(りくえん)が彭城王による出師の儀で綏遠軍の士気を高めることを提案し…。

承休閣。

一度は目覚めた彭城王だが、また意識を失ってしまう。

陳少巽は徐臨を追うため、驪歌に特効薬を託していた。

特効薬 千絲引を飲ませれば目を覚ますが、その後 4刻のうちに解毒薬を飲ませなければ命が危ない。

驪歌は決死の思いでそれを彭城王に飲ませた。

彭城王は目を覚ます。

陳少巽は徐臨を追い詰めるが、また逃げられたらしい。

驪歌は彭城王を救うため徐臨を追うことにした。

知鑑殿。

彭城王は朝議に出席。

沈廷章に北の国境で魏軍を討つよう命じる。

そこに目をつけた陸遠と謝顥が口を出した。

綏遠軍は鋳造所の件で不満を抱えている、民は綏遠軍は沈家の軍だと口々に噂している。

陸遠は「士気を高めるため出師の儀を行ったほうがいい」と提案した。

出師の儀では彭城王が弓を引き、牛を射なければならない。

彭城王は出師の儀を行うと宣言する。

その後、竟陵王に官吏登用の草稿を託した。

林。

驪歌は徐臨を見つけ出し、彭城王は暗愚ではないと必死に訴える。

徐臨は再び逃げるが、陳少巽と許詹の助けにより驪歌は白虎の虎胆を手に入れた。

彭城王府。

沈楽清は驪歌が少辛と紅丹を遠ざけ苦役に送ったことを不審に思う。

驪歌が王府にいないのではと考えた。

宮に侵入すると驪歌の姿はない。

床には血痕がある。

血痕の先で短刀を見つけた。

沈楽清は短刀を元の場所に戻し、孫太妃が様子を見に行くよう仕向ける。

孫太妃は短刀を見つけ驪妃を問い詰めることにした。

徳勝門。

鎧を身に着け彭城王は儀式に臨む。

陸遠は手を回し、儀式に使われる牛が暴れるよう仕向けた。

彭城王は見事に射抜くが、腹の傷が開いてしまう。

承休閣。

驪歌が白虎の虎胆を持って戻った。

そこへ沈楽清が「捕らえるよう命じられた」と孫太妃の令牌を突きつける。

驪歌は「彭城王は生死の境、白虎の虎胆を届けなければ死ぬ」と沈楽清の耳元で囁いた。

沈楽清は驪歌が沈植に白虎の虎胆を渡すのを見逃した。

感想:なんの毒?

刺されてから2日はたってるような気がしますけど、まだ元気に歩いてますな。

師匠がここぞというときのために取っておいた毒なのに、そんな即効性ないことある?中国の毒は摩訶不思議(´·ω·`)

神経毒でもないし不整脈も起こしてないし、臓器が死んじゃったら解毒しても助からないような…管理人なら指の先をちょっと切っただけで死ぬようなやつ用意するぞ。

えーと後宮のババア…失礼、孫太妃が息子可愛さに暗躍しています。

彭城王の母親と昔揉めたって話してたし恨んでんのかな。

第26話ネタバレ「短刀の出所」

孫(そん)太妃に血のついた短刀を証拠として突きつけられ、彭城(ほうじょう)王を襲った刺客として捕らえられてしまった驪歌(りか)。一方、竟陵(きょうりょう)王は陳少巽(ちんしょうそん)の作った解毒薬を彭城王に飲ませようとしていたが、突然、驪歌を連れて現れた孫太妃に邪魔される。しかも、孫太妃は手が滑ったふりをしてわざと解毒薬をこぼそうとし、それを察した驪歌は…。

仁寿閣。

孫太妃は驪歌を呼び出し、証拠の短刀を見せる。

驪歌が刺客だと判明すれば沈家はお取り潰しだ。

決して認めない驪歌。

そこへ謝韞之が現れた。

謝韞之は裏切られたショックで「真心で接したのに恩知らず」と驪歌の頬を叩く。

徳勝門。

沈植は驪歌から受け取った白虎の虎胆を届ける。

そこへ「驪妃が刺客だと自白した」と急報が届いた。

出師の儀で消耗した彭城王は血を吐いて意識を失う。

仁寿閣。

解毒薬が完成した。

すぐに飲ませようとする曽三宝。

そこへ孫太妃が謝韞之と驪歌を連れて現れた。

孫太妃は薬を奪い取り、わざと手を滑らせる。

驪歌はそれを受け止め口に含むと、彭城王に口移しで飲ませた。

謝韞之はその行動を見て驚く。

謝韞之は人払いをし、彭城王に寄り添った。

沈家。

沈廷章と沈植は先に捕らえられた。

薛逑は沈夫人と残りの家族を捕らえるため屋敷へ。

偶然外出していた沈楓だけは逃げることができた。

陸府。

陸遠の前に徐臨が現れた。

徐臨は「沈廷章に裏切り者の汚名を着せられた彭城の反乱の生存者」と話す。

そして沈家の令嬢 嘉寧のおくるみを渡した。

さらに沈廷章が高祖皇帝から賜った短刀まで…

牢。

牢に入れられた沈家の一同。

沈夫人は驪歌を心配するあまり、心の病が再発してしまった。

最高裁判所。

翌日、驪歌たちは裁判所で廷尉の尋問を受ける。

驪歌は「彭城王がお目覚めになれば潔白を証明してくれる」と訴えた。

すると陸遠は、驪歌が孫太妃の生誕祭から逃亡した刺客だと暴露。

おくるみと短刀を持ち出した。

おくるみには沈夫人自ら施した刺繍がある。

沈廷章は「彭城の戦の後、高祖皇帝より賜った褒美で婚姻の証でもある」と短刀について説明した。

凶器におくるみ。

驪歌は沈家を守ろうと「私は嘉寧ではない」と話す。

感想:阿奴を目の前で

驪歌の目の前で阿奴を始末したのは、必ず沈家を巻き込んで復讐を遂げるという意図があったからか。

親の仇だけでなく、さらなる復讐心を煽れば逃げないもんな。

こわ(‘∵`)管理人幼女だから何もわかんない…ンキュ…

彭城王が目覚めないことには誰も助けられない状況になっちゃった。

沈楓が捕まっていないのでなんとかしてほしいけど、彼のそこまでの力があるのかどうか。

ていうか魏軍が攻めてきてるのに、国で一番の将軍一家を捕まえて裁判してる場合なの?これよくある展開なんだけど、今回は竟陵王が「そんな場合じゃなくね?」って言ってくれてちょっとスッキリした。

第27話ネタバレ「死の淵にて」

驪歌(りか)は沈(しん)家の娘だったことが証明されるが、そのために沈家は罪を逃れられず全員に翌日の死刑が言い渡される。一方、一人だけ逃げのびていた沈楓(しんふう)は霍雲(かくうん)と王子衿(おうしきん)の助けを得て綏遠軍と合流し北の国境へ。また、沈楽清(しんらくせい)は彭城(ほうじょう)王を毒殺しようとする孫(そん)太妃の企みを阻む。そして翌日、死刑執行の刀が振り上げられたその瞬間に…。

裁判所。

沈夫人は「驪歌をひと目見て娘だとわかった」と訴える。

沈廷章も「何が起ころうと共に受け止める」と驪歌に寄り添った。

驪歌は両親の愛に触れ涙を流す。

しかし無情にも翌日の死刑執行が決まった。

彭城王府。

謝韞之が驪歌との面会を望む。

驪歌は謝韞之に問われ、素直に刺客だったと認めた。

孫太妃の前で偽ったのは彭城王に「沈家を守るため認めるな」と言われたからだと理由を明かした。

牢。

驪歌は家族と最後の時間を過ごす。

沈廷章は証拠がなくても我が娘だとわかると寄り添った。

家族は手を取り合う。

「生きるも死ぬも共に」

驪歌は徐臨の狙いは沈家と彭城王だと明かした。

徐臨が独眼だと聞いた沈廷章は、かつて彭城の乱で一緒に戦った徐子憲のことを思い出す。

沈廷章は高祖皇帝の率いる軍の副将。

魏軍との野戦を命じられたのが同じく副将の徐子憲だった。

沈廷章は彭城王と共に籠城し死闘。

野戦から引き上げてきた徐子憲のすぐ後ろに魏軍が迫っていた。

兵の中に内通者がいると発覚し、民を守るため、内通者を入れないために沈廷章は門を開けなかった。

引き上げてきた兵は沈廷章の目の前で犠牲となった。

その後、沈家で火事が起こり短刀と驪歌がさらわれた。

短刀を下賜されたことを知っているのは徐子憲だけだ。

その時、沈夫人が目を覚ました。

しかし驪歌を見ても娘だとわからない。

竹林。

追手から逃げる沈楓を霍雲が助ける。

そこへ王子衿と李成勲も現れた。

王子衿は「北の国境で戦うべき、しれが今の貴方の使命」と助言。

沈楓は李成勲とともに国境へ向かい、綏遠軍を率いて魏軍と戦うと決める。

仁寿閣。

孫太妃は息子である竟陵王に王位を継がせたい。

彭城王が目覚めれば終わりだと考え手を打つことにした。

その頃、沈楽清は彭城王を死なせたくない思いと驪歌を助けたくない思いの間で揺れている。

孫太妃の侍女の動向を探り怪しい動きを突き止めた。

そして承休閣へ出向き、毒殺が露見するよう仕向けた。

孫太妃が黒幕だとは発覚しなかったが、彭城王毒殺を食い止められる。

処刑の日がやってきた。

観衆の中には徐臨の姿がある。

それを見た陸遠は配下に命じて徐臨を追わせた。

刑場にやってくる沈家一同。

王子衿は「送別の酒を贈ります」と全員に酒盃を渡した。

それを飲んだ驪歌は血を吐いて死んでしまう。

観衆の中から空城が「冤罪を隠すために殺したんだ!」と叫んだ。

廷尉は「驪妃の亡骸を預かり、系の執行は延期に」と判断する。

感想:誰だよ

こざっぱりした霍雲が出てきてキョトンとしたわ(‘∵`)一体誰ですかこのおじさんは?

なんかでもね賊バージョンを先に見たからか、小綺麗にしたほうが変装みたいで面白いのよ。取ってつけた感じ…見た人にしかわからない。

えーと、ここでヒロインが死ぬわけに行かないのでみんなで協力して作戦実行中です。

でも視聴者には教えてくれないので憶測です。

驪妃が竟陵王たちに頼んで仮死状態になるような毒を飲ませてもらった、これで時間稼ぎをして彭城王が目覚めるのを待つ。

そんな作戦でいいのか…(ヽ´ω`)

次回、28話29話30話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。