【両世歓・全36話】16・17・18話のネタバレとあらすじと感想|老い先短し

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

【全36話】「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじ・ネタバレ・感想

「両世歓」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

DVD&配信情報

「両世歓」登場人物一覧【※ネタバレ注意】

  • 風眠晩/原沁河/阿原/…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原清離の双子の姉、幼い頃知夏にさらわれ昭州で侍女として育つ
  • 景辞/景知晩/阿辞/端侯…雍帝と景妃(昭州の出身)の息子、昭州で昭王を義父として育つ
  • 原清離…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原府のお嬢様として育つ、紀の将軍 李源に惚れている
  • 慕北湮…賀王の息子、原清離の婚約者、ぼんくら息子だけどいいやつ
  • 左言希…賀王の養子、慕北湮の兄、飛廉衛の頭領、慕北湮を思い医学の道に進んだ
  • 長楽公主…雍帝の愛娘、趙岩のことが大好き、意外と理性的
  • 小鹿…原清離の侍女、風眠晩と出会い仲良くなる
  • 雍帝…雍国の皇帝、若い頃は女にモテモテで奔放だったらしい…そして悲劇が
  • 毫王…雍帝の息子、帝位を継ぐ気満々だけどあんまり才能はない
  • 鄴王…雍帝の息子、アホの子と見せかけて裏で暗躍
  • 慶王…雍帝の息子、母は張賢妃、大変物分りがよく穏やかな人
  • 景妃…雍帝の正妃、色々あって刺客に襲われ死ぬ
  • 張薈/張賢妃…慶王の母、元々正妃だったが、景妃に惚れた雍帝により位を剥奪される
  • 昭王…昭州の王、紀と雍の間で板挟み
  • 王則笙…昭王の娘、あんまり可愛くない上に風眠晩をいじめる
  • 知夏…景妃の侍女だったが、その死後 景辞に仕える、物分りの悪いおばさん
  • 原夫人/楚玉羅…風眠晩と原清離の母、過去のしがらみから逃れられないでいる
  • 原皓…原夫人の夫、戦死
  • 廿七…原府の執事
  • 妙貞師太/昇寧長公主…雍帝の姉、尼になったが事件に巻き込まれ殺される
  • 李源…紀の将軍、王のいとこ、原清離に一目惚れするが叶わず、風眠晩をめとろうとする
  • 趙岩…雍の貴族、長楽公主に想われるが…
  • 賀王…賀王府の長、戦のトラウマでちょっとあれ
  • 姜探…左言希の妹弟子
  • 小風…風眠晩のために景辞が捕まえた鷹
  • 阿黄…景辞の従者
  • 付小涵…飛廉衛に所属、景辞と左言希の命令で動く
  • 傅蔓卿…妓女、事件に巻き込まれ殺された
  • 小玉…妓女、裏の顔がある
  • 喬貴嬪…雍帝の現在の寵姫、大理寺卿 喬立の娘
  • 瑟瑟…鄴王の侍女、小印子と恋仲、事件に巻き込まれる
  • 小印子…鄴王の太監、事件に巻き込まれる

第16話 ネタバレ「嫉妬と敵意」

慕鐘(ぼしょう)殺害事件の調査を命じられた趙岩(ちょうがん)と長楽公主が沁河に到着。そこで原沁河(げんしんか)を見た長楽公主は彼女を原清離(げんせいり)だと思い、趙岩との仲を疑って彼女に嫌がらせを始める。その結果、長楽公主に部屋を奪われてしまった原沁河は景知晩(けいちばん)の部屋に居候させてもらう。というのも、彼女はすでに景知晩と男女の契りを結んだと勘違いしていて…。

沁河県役所。

風眠晩は事件のストレスで病気になった県令の薬を煎じている。

そこへ景辞が現れ、風眠晩が呼び止める。

そして「左言希が犯人だとは思っていない」と話し始めた。

風眠晩は左言希を追いかけたときに出てきた笠の女(付小涵)、姿を消した食事処の女将(姜探)、涵秋波の女刺客が同一人物だと思っている。

そのため、消えた女が真犯人だと推理した。

景辞は「女達は別人だよ」と教え、賀王の胸に刺さった重い刀は男でなければ扱えないと話した。

景辞は一生懸命推理する風眠晩を見て、思わず頭をなでる。

そこで風眠晩は薬を火にかけたままだったと思い出した。

慌てて触り火傷をしてしまう。

「手のかかるやつだ」

風眠晩はその台詞にも、目の前で手当をしてくれる景辞の顔もどこかで見たようだと考える。

郊外。

その頃、趙岩と長楽公主は沁河県を目指していた。

長楽公主は先を急ぐばかりで自分のことを気にかけない趙岩に文句を言う。

そして趙岩の胸元に入っていた絵を取り上げ、そこに描かれている女性が原清離だと指摘した。

長楽公主は勝手に嫉妬して怒ってしまう。

沁河県役所。

公主御一行が役所に到着。

長楽公主はすぐに原清離と瓜二つの風眠晩に気付く。

そして趙岩に向き直ると「これが目当てね!?」と新たに勘違いした。

風眠晩は原清離と犬猿の仲だった長楽公主を知るはずもなく、あくまで阿原として振る舞う。

その態度に公主は「原清離、お遊びなら付き合うわ^^♯」と苛立った。

公主の来訪に気づいた小鹿は、

「趙岩は長楽公主に付きまとわれ、お嬢様に会うと口実を作って逃げたんです!公主は原府で待ち伏せして夫人に追い出されたんですよ」と過去のことを教える。

長楽公主は風眠晩の使っていた部屋に泊まると言い出した。

とにかく敵視されるので、風眠晩は素直に「記憶を失った」と話す。

しかし信じてもらえるはずもなく雑用を押し付けられた。

部屋から追い出された風眠晩は、自分の寝具を小鹿に渡して客間に運ぶよう言う。

小鹿は景辞の部屋に風眠晩の寝具を運んで、

「お嬢様と県尉の関係なら追い出さないわ^^うぉっ!?」

と景辞の存在に気づいて驚いた。

小鹿は公主が部屋を占領して力仕事まで押し付けていると告げ口する。

公主の部屋。

公主の望み通り風眠晩は湯浴みの用意をした。

しかし先に食事だと言い始める。

その間に湯は冷めて、またお湯を運ぶはめになった。

厨房。

風眠晩がお湯を取りに来ると、景辞が厨房に座っている。

心配する景辞に風眠晩は「大丈夫大丈夫^^相手にしなきゃ向こうが不愉快になるだけだから!」と開き直って話した。

そして話題を変え「婚約の身上書を交わさない?」と提案。

景辞は驚き「何を言ってるんだ」と言って出ていった。

夜になり、風眠晩はやっと公主から開放される。

そこへ小鹿がやってきた。

小鹿は「客間は満員^^寝具は県尉の部屋にありますよっ」と話す。

まんざらでもなさそうな風眠晩に、小鹿は「もう結ばれたんですから〜」と背中を押した。

そこへ知夏がやってきて「若様の名声を汚すな!」と問い詰める。

3人は景辞にお伺いを立てるため寝室へ。

景辞の寝室。

景辞は「好きにさせてやれ」と風眠晩の滞在を許す。

その晩、景辞は寝台で、知夏はその間の床で、風眠晩は小上がりで寝ることになった。

景辞は見張りの知夏にばれないよう、遠くで眠っている風眠晩の頭に手をかざして撫でる仕草をする。

翌朝、最初に起きた風眠晩はこっそり景辞に近づいて寝顔を拝見。

「よく見たか?」

景辞は起きていたようで、風眠晩は公主の世話に行くと言って逃げた。

昨夜の湯浴みで発疹が出た公主は、水に問題があるため裏山の泉に水をくみに行けと言い出した。

裏山。

風眠晩は素直に従い水を汲みに行く。

そこへ知夏が忍び寄り、階段に油を撒いた。

風眠晩は足を滑らせ、崖から落下。

そこへ、景辞が助けに現れる。

景辞は足をくじいた風眠晩を気遣った。

「足を怪我したのに胸が痛いの…あなたも足の腱を切られた時、胸が傷んだはず…私がかたきを討つわ!」

風眠晩は景辞への思いを口にした。

「あなたの傷は私の傷、決して許さないわ、私は一生あなたと一緒」

「私も守りたい、一生…」

風眠晩は景辞の頬にキス、そして口にも…

景辞もそれを受け入れ、風眠晩に口づけた。

「慕北湮には嫁がない、必ず縁談を破棄するわ」

感想:姑に小姑まで

原清離の行いでめんどくさい小姑のような女まで現れましたがな。

雍帝に溺愛されてるんでしょ?なんでこんなとこまで来るんだよ!あんまり好きになれないので辛口。

でも今回の姑はいい仕事した。昭州にいたときからそうだけど、知夏はやることが小物なんだよな。

キスだけですけど、とりあえず思いを通わせた2人はどうするんでしょうか。

解決事項は、

1.景辞の病気治癒

2.黒幕排除

病気の方は左言希がせっかく医書を手に入れたのに、捕まったせいで治療がストップ。黒幕も最近の小ネタ展開でご無沙汰です。


第17話 ネタバレ「屋敷の秘密」

長楽公主は強引な捜査で左言希(さげんき)を犯人と決めつけるが、周囲からなだめられ賀王府の捜査をすることに。そこで厨房を再点検した原沁河河(げんしんか)と景知晩(けいちばん)は事件を解く鍵となるある物を見つける。さらに、医館の侍女・芯児(しんじ)から重大な目撃証言を得た二人は薛(せつ)夫人から話を聞くことに。だが、屋敷から飛び出した薛夫人は行方不明となり…。

公主の部屋。

水くみから戻ってきた風眠晩は「転んで足を怪我した」と話す。

公主はさすがに「捜査には行かず休めばいい」と提案した。

しかし風眠晩は「少し休めば大丈夫」と仕事に戻る。

その姿を見た公主は記憶を失ったという話を信じて、趙岩に色目を使わないならしがらみは捨てると決めた。

恕心医館。

公主の号令で捜査が始まる。

操作により左言希の部屋から昇魂草が見つかった。

しかも、帳簿の量と合わない。

公主は不足している7銭分の行方を問い詰める。

しかし、左言希が知らないと言うのでムチ打ちを命じた。

その頃、慕北湮は父を弔っている。

憔悴した様子の慕北湮に、鄴王は「なにか食え」と扠す出すが食べようとしない。

鄴王は「気に入った女の家に数日泊まっていた間にこんなことに」と悔やんだ。

そこへ風眠晩が飛び込んできて、左言希がムチ打ちされると知らせる。

2人が立ち去ると鄴王は「悪く思わんでくださいよ」と怪しげな笑みを浮かべた。

慕北湮は長楽公主に真っ向から対抗。

左言希を信じると宣言し、連れて行く。

裏庭。

左言希は慕北湮に弔いを任せ役所へ戻ると話した。

「王府にとどまれば非難される、阿原と景辞が真相を突き止めてくれる」

一方、公主は邪魔をされてご立腹。

風眠晩は「公主は聡明、別邸に見落としがあるのかも知れません」と屋敷を調べるよう仕向けた。

厨房。

景辞と風眠晩はもう一度厨房へ。

厨房では侍女が氷を扱っていた。

賀王は冷たいものが好きで、屋敷には氷室があるらしい。

風眠晩は慕北湮のもとへ、景辞は左言希の様子を見るため役所に戻った。

風眠晩と別れた景辞は、激しく咳き込み血を吐く。

死期を悟った景辞は「希望を持たせられない…」と風眠晩のことを考えた。

賀王別院。

恕心医館の侍女 芯児がやってきて「事件の夜、屋根の上を飛ぶ左言希を見た」と報告する。

さらに賀王の衣を着た男が左言希の部屋に入っていったというのだ。

その男は賀王と背格好もよく似ており、芯児は父親なら問題ないだろうと判断したという。

しかし、その男は夫人 薛照意と暗がりで長い間話し込んでいたらしい。

風眠晩はその男が部屋の薬剤を盗んだのではないかと気がつく。

そこで第2夫人のことを聞いた。

慕北湮は悲痛のあまり病になったと聞かされていたが、芯児は「病ではなく賀王に殴られた」と真相を話す。

賀王がむち打ちを命じて閉じ込め、執事が見つけたときには瀕死だったというのだ。

風眠晩たちは薛照意の部屋へ。

しかし、薛照意はすでに姿を消していた。

部屋で飼われていたオウムは「墨香、いやん、いいじゃないか〜」と鳴いている。

それは薛照意の幼名。

薛照意が誰かと不貞を働いた証拠だ。

恕心医館。

その頃、侍女 芯児たちの前に赤い衣を着た薛照意が現れた。

錯乱した様子で屋敷を飛び出していく。

崖。

賀王府の使用人は崖の上にいる薛照意を見つける。

薛照意は使用人たちの前で飛び降りた。

沁河県役所。

風眠晩は景辞にオシドリの巾着を贈る。

しかし、景辞は「刺繍をした人が忘れられない」と古い方の巾着を取り出して、新しい巾着を拒絶した。

「好きだったの?私を一生守りたいと言ったのに…」

景辞は、あの晩も解毒薬を飲ませて熟睡したお前と過ごしただけだと真相を明かして突き放す。

感想:育ちがいいから

心がきれい^^公主ったら高貴なお育ちなんだから〜!

しかし刑部の人間でもないのに、なぜ公主に指揮を取らせるのか…?雍帝は何を考えてるんだ?

身分には義務がつきものなんですよ公主。

さて、黒幕組織は毫王の後ろ盾である賀王を排除。

鄴王が黒幕組織に関わっている様子だから、兄弟間の相続争いもあるんかね。


第18話 ネタバレ「殺意の交錯」

一生懸命にオシドリの刺繍を施した巾着を景知晩(けいちばん)に受け取ってもらえず振られてしまった原沁河(げんしんか)。落ち込む彼女だったが、薛(せつ)夫人が崖から身を投げたと知らせを受けてすぐに捜査に戻る。そして、その遺体が偽者だと見抜いた彼女は密かに真犯人を誘き出す作戦を実行。さらに、景知晩(けいちばん)の見事な推理により事件の真相が明らかになり…。

沁河県役所。

薛照意が身投げし、遺体が別邸に運ばれたと知らせが入る。

景辞に突き放されショックを受けた風眠晩は巾着を落としたまま行ってしまった。

その巾着を見た景辞は「名は変わっても人は変わらない、刺繍も同じ」と微笑む。

賀王別院。

執事 靳大徳は損傷の激しい遺体をひと目見て「奥様」と泣きついた。

公主は回りが止めるのも聞かず遺体を見て、嘔吐してしまう。

東屋。

趙岩は公主を気遣い東屋へ連れてきた。

気遣う趙岩に公主は「心構えがなかったせいで大恥をかいた」と自分の過ちを認める。

趙岩は「恥だとは思っていない」と公主の勇気を認めた。

一方、風眠晩は遺体を調べる。

顔が判別できないほど潰れ、夫人だと判断するのは困難だ。

さらに、手のひらにタコがあり力仕事をしていた痕跡。

喉には米粒があり、食事中に殺されている。

つまり、これは薛照意の遺体ではない。

自害に見せかけ薛照意が逃亡したと考え、周囲を捜索することになった。

風眠晩は侍女の名簿を調べて、身代わりになった人物を探してほしいと慕北湮に頼む。

その時、執事 靳大徳はこそこそと怪しい動きを始めた。

恕心医館。

風眠晩は顔が潰れているのにひと目で夫人だと判断した執事を疑っていた。

靳大徳は恕心医館を出てどこかへ逃げようとする。

風眠晩は小風に後を追わせ、公主とともに追跡を開始する。

その途中、風眠晩は景辞の尾行に気がついた。

公主も気づいて「心配なら最初からそう言えば?」と呆れている。

賀王別院。

名簿を調べていた慕北湮は、屋敷に留まるよう風眠晩に仕向けられたと気づいた。

慕北湮は犯人に復讐するため、すぐに風眠晩を追う。

竹林。

風眠晩と景辞は、靳大徳と薛照意を追い詰める。

2人を捕縛したところへ公主と趙岩も駆けつけた。

公主は本当に犯人を捕まえた風眠晩の手腕に感激し褒める。

いつの間にか意気投合した2人。

公主は「はやくものにしなさいよ!困ったときはいいなさい」と恋愛の協力を申し出た。

そこへ慕北湮が駆けつける。

公主は「せめて尋問の後にしなさい、だから賀王に叱られるのよ」と一声で慕北湮の暴挙を止める。

沁河県役所。

役所に戻り、靳大徳と薛照意を公主が尋問する。

事件の経緯はこうだ。

賀王は戦でのトラウマにより悪夢を見ては夫人に暴力を振るった。

執事 靳大徳はそれを知り、同情から2人の間に情が生まれた。

情を交わすうちにオウムが薛照意の幼名を呼び、男女の戯れを真似するようになった。

それを聞いた賀王は不貞を知り夫人を殴った。

情夫 靳大徳は罪がバレる前に賀王を殺害しようと計画した。

賀王から下賜された古着を着て、左言希の部屋から昇魂草を盗んだ。

それを皿に直接入れ、上に氷と刺し身を盛り付けた。

毒見役が食べるときには毒が付着しないが、賀王が食べるときには氷が溶けて毒が刺し身に付着する。

その夜、真の刺客が現れ、毒により脱力していた賀王は剣で刺殺された。

薛照意は錯乱したふりをして崖から飛び降りた。

ツタを体に結んで飛び降り、崖の途中にあるくぼみに隠れ、身代わりの遺体を崖の下に捨てた。

真相を知った慕北湮は二人を罵るが、もう父親は戻らない。

その夜、趙岩は「犯人を都に護送する」と慕北湮に告げる。

趙岩の励ましを受けた慕北湮は、

「阿原は原清離ではない、最初から気づいていたが認めたくなかったんだ」と話す。
しかし、原清離として現れた以上本人として、婚約者として接すると決めたようだ。

趙岩は原夫人の思惑が気になっていた。

夫人が騒がないということは本物の原清離は無事なのではないか。

趙岩は原清離が失踪した日に届いた雪中の梅の絵を見せる、慕北湮にも牡丹が届いていた。

原清離が去る前に2人に手配した贈り物。

趙岩は「無事を確かめるまでは捜査を続ける」と話す。

護送。

護送の最中、2人は蛇に噛まれて死んでしまった。

感想:突然のゲロ

公主のファストゲロ展開にドン引きして何も頭に入らなかった。あの場でゲロ見た人間、全員殺されるレベルの失態では…?わしが公主なら全員処刑するぞ。

さて、公主はあんなに敵対視していた風眠晩と意気投合して、恋愛協力体制に入りました。2人がたぶらかしの作戦を考えている姿を、微笑ましく見守る貴公子が2人…不穏…

結局、賀王は身から出た錆で死んだみたいだしどうでもいいな。トラウマから嫁を殴るってなんですのん。そりゃあ殺されても文句言えませんわ。

ていうか、前の原清離はあくどい女だった風な演出するけど、27人恋人がいただけで何も悪いことはしてないんでしょ?なんであんな言われようなんだ?

次回、19・20・21話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。