【両世歓・全36話】19・20・21話のネタバレとあらすじと感想|結ばれて春

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

【全36話】「両世歓~ふたつの魂、一途な想い~」あらすじ・ネタバレ・感想

「両世歓」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

DVD&配信情報

「両世歓」登場人物一覧【※ネタバレ注意】

  • 風眠晩/原沁河/阿原/…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原清離の双子の姉、幼い頃知夏にさらわれ昭州で侍女として育つ
  • 景辞/景知晩/阿辞/端侯…雍帝と景妃(昭州の出身)の息子、昭州で昭王を義父として育つ
  • 原清離…雍国大将軍 原皓と原夫人(楚玉羅)の娘、原府のお嬢様として育つ、紀の将軍 李源に惚れている
  • 慕北湮…賀王の息子、原清離の婚約者、ぼんくら息子だけどいいやつ
  • 左言希…賀王の養子、慕北湮の兄、飛廉衛の頭領、慕北湮を思い医学の道に進んだ
  • 長楽公主…雍帝の愛娘、趙岩のことが大好き、意外と理性的
  • 小鹿…原清離の侍女、風眠晩と出会い仲良くなる
  • 雍帝…雍国の皇帝、若い頃は女にモテモテで奔放だったらしい…そして悲劇が
  • 毫王…雍帝の息子、帝位を継ぐ気満々だけどあんまり才能はない
  • 鄴王…雍帝の息子、アホの子と見せかけて裏で暗躍
  • 慶王…雍帝の息子、母は張賢妃、大変物分りがよく穏やかな人
  • 景妃…雍帝の正妃、色々あって刺客に襲われ死ぬ
  • 張薈/張賢妃…慶王の母、元々正妃だったが、景妃に惚れた雍帝により位を剥奪される
  • 昭王…昭州の王、紀と雍の間で板挟み
  • 王則笙…昭王の娘、あんまり可愛くない上に風眠晩をいじめる
  • 知夏…景妃の侍女だったが、その死後 景辞に仕える、物分りの悪いおばさん
  • 原夫人/楚玉羅…風眠晩と原清離の母、過去のしがらみから逃れられないでいる
  • 原皓…原夫人の夫、戦死
  • 廿七…原府の執事
  • 妙貞師太/昇寧長公主…雍帝の姉、尼になったが事件に巻き込まれ殺される
  • 李源…紀の将軍、王のいとこ、原清離に一目惚れするが叶わず、風眠晩をめとろうとする
  • 趙岩…雍の貴族、長楽公主に想われるが…
  • 賀王…賀王府の長、戦のトラウマでちょっとあれ
  • 姜探…左言希の妹弟子
  • 小風…風眠晩のために景辞が捕まえた鷹
  • 阿黄…景辞の従者
  • 付小涵…飛廉衛に所属、景辞と左言希の命令で動く
  • 傅蔓卿…妓女、事件に巻き込まれ殺された
  • 小玉…妓女、裏の顔がある
  • 喬貴嬪…雍帝の現在の寵姫、大理寺卿 喬立の娘
  • 瑟瑟…鄴王の侍女、小印子と恋仲、事件に巻き込まれる
  • 小印子…鄴王の太監、事件に巻き込まれる

第19話 ネタバレ「5人の遺体」

原沁河(げんしんか)は景知晩(けいちばん)に自分の想いを伝え絶対にあきらめないと宣言。その後、慕北湮(ぼほくえん)の前で酔い潰れてしまう。一方、都に護送されていた靳大徳(きんだいとく)と薛(せつ)夫人が毒ヘビに噛まれて死亡し、趙岩(ちょうがん)と長楽(ちょうらく)公主は何者かによる口封じを疑う。また、景知晩は都に帰る左言希(さげんき)から二つの解毒薬を受け取る。そんな中、川辺で5人の遺体が発見され…。

沁河県役所。

風眠晩は趙岩から犯人を護送する話を聞いた。

毫王の奏上で慕北湮が棺を都に運ぶことになり、左言希も都に戻るという。

趙岩と公主は犯人と文書を大理寺に渡して捜査を続行するようだ。

趙岩は「一緒に帰らないか?」と言う。

しかし風眠晩は「ここで自由に生きたい」と断った。

公主の部屋。

風眠晩は公主のもとへ挨拶に行く。

公主は別れを惜しみ「もう少し時間があれば恋を応援できた」と話す。

2人は恋バナをして盛り上がった。

そこで長楽公主は「趙岩のことで文句を言いに行くと、原清離は気弱な名家のご令嬢を演じて私が悪者になったのよ」と以前の原清離のことを教えてくれる。

長楽公主は都から持ち込んだ道具や寝具、衣を風眠晩に贈った。

風眠晩の部屋は令嬢らしく華やかになる。

その頃、景辞は付小涵を都へ送り、事件の進展を見守る雍命じていた。

公主一行は犯人を護送しながら都へ向けて出発。

城門まで来ると、鄴王が現れ公主の馬車に同乗した。

沁河県役所。

李斐は秘蔵のお酒を提供して慰労会を開く。

風眠晩は景辞を誘うが断られてしまった。

2人は言い争いになる。

「みな原清離だと気づいている、認めて嫁に行け」

「拒むのは縁談のことも関係しているの?縁談は破棄するわ」

「勝手にしろ、私は認めない」

「本心じゃない!あなたは私が好きなはず!」

景辞は巾着をくれた女生と風眠晩が瓜二つだったため、混同しただけだと嘘をついた。

風眠晩は認めず「私の心が告げる、あなたは嘘をついていると!あなたに情があるなら私は決してきらめない!」と走り去る。

景辞は血を吐き、あまり長くないことを悟った。

護送中。

靳大徳と薛照意の檻に毒蛇が侵入。

2人は蛇に噛まれて死んでしまった。

誰かが口封じを図ったのだ。

鄴王は「物騒なので同行しない」と姿を消した。

賀王別院。

風眠晩は酒を持って慕北湮のもとへ。

都に行く前に恨みを解きたいと、仲直りを申し出た。

慕北湮は「自分勝手で君を怒らせた」と己の非を認め謝ってくれる。

風眠晩は「縁談を破棄して、今の私は原清離じゃないし何も覚えてない」と破談を願い出た。

男たちはみな毛虫だが、景知晩だけは違う。

強い思いを聞き、慕北湮は破談を承諾する。

「今は誠実で可愛い、自分を偽るな、前よりずっといいぞ」

風眠晩は酔っ払ってふらふらだ。

「でもあなたは毛虫じゃない、北湮ありがとう」

沁河県役所。

昭王の太監 魏順が滋養薬を景辞に届けに来た。

昭王は雍との婚姻を考えているという。

賀王別院。

慕北湮は酔っ払ってしまった風眠晩を送っていくことに。

恕心医館にやってきた景辞は2人が寄り添う姿を目撃しショックを受ける。

恕心医館。

景辞の症状は全く良くなる気配を見せず、悪化の一途をたどっていた。

左言希は景辞が昔から飲んでいる昭王の薬を確かめる。

それは高価な滋養薬で、変わった点はなかった。

都へ帰る左言希は、万が一のために解毒の薬を渡す。

沁河県役所。

酔って寝ていた風眠晩が目を覚ますと、すでに慕北湮は都に旅立った後だった。

慌てて飛び出した風眠晩は景辞にぶつかる。

景辞は「都へ帰ればいい」と言って、また言い争いになる。

「あなたがここにいる限り都には戻らない」

新たな事件が起こった。

川辺に埋められていた遺体が雨により露出し発見されたのだ。

遺体は腐敗しものすごい腐臭を放っている。

見つかったのは4人の壮年男性。

顔は判別不能、首を切られ即死、死んだのは3−4ヶ月前だ。

そして、全員小指を切られている…

感想:黒幕の正体

鄴王が黒幕で、賀王を殺したり暗躍してたのが馮亭?

でもそれじゃなんか弱いので、さらなるバックがいるんでしょうな。

もう誰がいい人で誰がやばいやつなのか…わかんない!!

景辞がずっと毒に侵されてるのも謎だし、今回出てきた昭王の丸薬でますます怪しいし、左言希たちは都に帰っちゃうし、鄴王はこのまま沁河県で暗躍しそうだし!

次の展開で一個ありそうなのは、景辞がわざわざ「巾着を作った娘は嫁いだ」って言ったので原清離が出てきて「景辞が好きなのはこの女なのね…」ってなるやつですね。

一人二役なのに初回以来全く出てこない原清離ちゃん。


第20話 ネタバレ「愛の面影」

発見された遺体は赴任してきた水利部の郎中・何弘(かこう)とその従者だと睨んだ景知晩(けいちばん)。彼は実際に着任したのは何弘の偽者だったと推理し、中流に計画外の分水路が作られていたことを突き止める。そして、景知晩がその水路を確認しに出向くと姜探(きょうたん)たちが現れる。そこに駆けつけた原沁河(げんしんか)は景知晩を助けるが、敵の毒針に刺されてしまい…。

沁河県役所。

景辞は見つかった遺体が地方に派遣された役人だと推理する。

官報を調べると、毫王が来る前に朝廷は何弘という官吏を派遣していた。

4ヶ月前、水利部の郎中 何弘が着任し治水工事を担当している。

しかし、2ヶ月前に毫王が来てから何弘は行方不明になっていた。

景辞は替え玉が着任し、毫王にバレる前に逃げたのではないかと推理する。

黒幕の隠れ家。

黒幕のもとに、埋めた遺体が見つかったと報告が入った。

黒幕は「すでに替え玉は隠しているため見つからないだろう」と言う。

しかし、景辞の存在はこのままでは驚異となる。

黒幕は景辞を始末することに決めた。

沁河県役所。

阿黄は水路を調査し、計画にはなかった分水路を作って他に水を流していると突き止める。

河川図を確認した景辞は現場へ向かった。

川辺。

水路が作られたのは低地で、水には困らない土地。

水路の続く先には穎水があり、そこには匡国の兵が駐屯している。

匡国が反乱を起こす場合、水路を使って沁河に兵士を運ぶことができるのだ。

沁河は都に近く、雍国の驚異となる。

沁河県役所。

その頃、風眠晩は景辞の部屋で河川図を見つけた。

風眠晩は「抜け駆けは許さないわ」とすぐに追いかける。

川辺。

景辞と阿黄を黒幕の刺客たちが襲う。

そこへ、風眠晩が駆けつけた。

風眠晩は姜探の毒針が腕に刺さってしまう。

しかし姜探の左胸を剣で刺しやり返した。

顔を隠していた布が落ち、風眠晩は「やはり女将だったのね」と正体を突き止める。

風眠晩は毒針で意識を失う直前、小悪に刺客の後を追わせた。

沁河県役所。

景辞は急いで風眠晩を連れ帰る。

しかし、どの医者にも治療ができない。

そこで、左言希の置いていった解毒薬を飲ませた。

景辞は死にかけている風眠晩を抱きしめ「間違っていた、かけがえのない家族なのに、過去に囚われ遠ざかろうとした」と懺悔する。

「目を開けてくれ、そうしたら私はもう迷わない、過去のしがらみを捨て、今のように静かにずっと一緒に暮らそう

阿原でも風眠晩でも、私の生涯でただ1人の人だ…」

黒幕の隠れ家。

姜探と馮亭は任務の失敗を報告。

黒幕は「景辞を甘く見ていた」と憤る。

黒幕は姜探と左言希の関係についても気がついているようだ。

刺客を追いかけていた小悪は、隠れ家の鳳尾草を持ち帰る。

沁河県役所。

風眠晩だった頃の夢をみてうなされる。

「若様、景辞、やめてお願いだから…」

うなされる風眠晩に気づいた景辞は、風眠晩を抱きしめた。

「お嫁になんて絶対行かない…」

「わかった、嫁にはやらない」

「風眠晩じゃない、私は阿原、景辞じゃなくて、景知晩なの」

風眠晩は夢を見ながら過去の記憶と現在の状況とで混乱しているようだ。

景辞は「阿辞と呼んでくれ」と新たな名前を作る。

「阿辞なのね…」

風眠晩は涙を流しながら景辞にキスをした。

そこへ、小悪が草を持ち帰る。

李斐の部屋。

景辞は小悪の持ち帰った鳳尾草を李斐に見せた。

川辺で襲ってきた刺客の男は何弘を殺した太刀筋と同じだった。

そのため、何弘を殺した刺客と小玉を殺した刺客は同じ一味だと話す。

何弘を殺したのは派兵をするため。

匡国の5万の兵馬を3日以内に都周辺に集結させるために、水路を作ったのだ。

小指は雍王の指示だと思わせる偽装のために行われた。

小悪が持ち帰ったのは草に黄ばみのある貴重な金梗鳳尾草。

沁河では社園にしか無い。

昭宗の時代に杜宰相が建てたが、今では廃墟となっている。

景辞と李斐は杜園へ踏み込むことを決めた。

杜園。

景辞たちは隠れ家を見つけ出す。

そこへ刺客が現れ戦闘に。

景辞と阿黄は中へ入り、黒幕を追い詰めるが逃げられてしまった。

馮亭は令牌を落として行く。

部屋には切り取られた小指、さらに秘色青磁が置かれていた。

黒幕は住処を破壊し姿を消す。景辞は沁河での事件が終わり、都に舞台が移ると確信した。

感想:美しい

はあ〜!!!久々にこんな美しい美男美女のキスシーンを見ました…眼福…

景辞がかがみ込むんじゃなくて、風眠晩が首を伸ばしてキスするっていう構図がとても美しかった。

美人じゃないと絵になりませんぜこれは。

はい、というわけで黒幕の正体は鄴王でした。みんな知ってた。

でも彼が黒幕じゃ弱すぎるので、もっと何かあるんだろうね。


第21話 ネタバレ「結ばれる定め」

景知晩(けいちばん)と愛を確かめ合った原沁河(げんしんか)は記憶を失くす前の出来事を知りたがるが、景知晩は答えず自分の病は治らないと言う。それでも一緒にいると原沁河は誓い、景知晩は今を大切にしようと決心する。だが、原沁河に自分の解毒薬を与えてしまったため体が弱った景知晩は急いで都へ戻ることに。時を同じくして原(げん)夫人が沁河を訪れ…。

沁河県役所。

景辞たちが杜園から戻った。

風眠晩の様子を聞かれた小鹿は「隠れ家へ行ったと知って、着いていくと興奮し倒れちゃいました〜」と嘘を付く。

知夏は小鹿を睨みつけた。

心配になった景辞は早足で風眠晩のもとへ。

残った小鹿は阿黄に「おばさまがまた錯乱してるわよ…薬を飲ませてあげて…」とひそひそ。

からかわれた知夏は憤怒する。

風眠晩の部屋。

お茶を飲みながら本を読んでいた風眠晩は、景辞の気配に気づいて狸寝入り。

景辞は「なぜ目が覚めないのか…」と不安になるが、すぐにお茶を見て寝たふりに気づいた。

「起きていたらキジ汁を作るのに…眠っているから薬だな」

風眠晩は目を開けて「薬はいらない…」と言った。

いちゃこらさっさ。

その頃、部屋の外では小鹿が阿黄を止めている。

「付き添ってるんだから邪魔しないで!一緒に星でも見ましょ」

2人はまんざらでもなさそうだ。

山中。

黒幕である鄴王は馮亭と姜探を連れて逃げていた。

馮亭は令牌を落とした事に気づく。

鄴王は身分がわかる代物ではないと気に留めなかった。

沁河県役所。

風眠晩は景辞に昏睡している時の夢のことを話した。

古い方も新しい方も巾着の刺繍は全く同じ、だから両方自分が作ったのだと風眠晩は確信する。

「慕北湮は破談にしてくれる、真実を話して欲しい」

景辞は「病が治らないので迷惑をかけたくない、長くないんだ」と弱気だ。

風眠晩は「名医を見つければきっと治る、現世がだめなら、来世でも来来世でも」と思い告げる。

2人はお互いの愛を確かめあった。

厨房。

景辞は「過去にこだわらず、今を大切にして生きる」と覚悟を決めた。

そこへ令牌を取り戻そうと馮亭が忍び込む。

景辞は馮亭の攻撃を受けて吐血し、体が弱ってしまった。

体のために都へ戻ることになった景辞は、風眠晩に何も告げず去ることにする。

しかし、過去のことを書いた手紙を書き阿黄に託した。

景辞は意識を失い、知夏と阿黄に付き添われて都へ戻る。

風眠晩の部屋。

風眠晩が目を覚ました。

枕元には古い方の巾着が置かれている。

そこへ小鹿が来て景辞が都へ帰ったと教えた。

風眠晩は馬車を追いかけるが、見つけられず茶屋へ。

そして捕吏の人生に見切りをつけ、都に戻る決意をした。

沁河県役所。

風眠晩が戻ると、原夫人が待っていた。

原夫人は「ずっと探していた、考える時間をあげたの」と再会を喜ぶ。

捕吏として活躍していたことも知っていたようだ。

風眠晩は人から聞く原清離の人物像があまりに違うため、別人なのでは?と原夫人に聞く。

原夫人は「間違いない、私の娘よ」とはっきり言った。

風眠晩は景辞という名の若様に恋をしたと素直に話す。

原夫人は「人柄が良くて一途なら反対しない、陛下に破談をお願いする」と認めてくれる。

風眠晩は李斐たちに別れを告げ、都へ戻った。

端侯府。

景辞を診察した左言希は「安静が必要」と診断する。

賀王府。

慕北湮はひっきりなしの来客と弔いの対応に追われていた。

毫王から滋養剤が届くが「親切にするには意図があるのでは」と取り合わない。

鄴王は不幸が怒ってから姿すら見せない。

信頼できるのは支えてくれた左言希だけだ。

雍王宮。

雍帝は左言希を呼び出し「飛廉衛を動かして重臣を守れ」と命じた。

原府。

さて、都に戻った原清離お嬢様のもとには貴公子たちが詰めかける。

風眠晩は「今後どんな色男にも会わない!」と門前払いを命じた。

そこへ小鹿が情報を仕入れてきた。

景辞が端侯だと突き止めたようだ。

風眠晩はすぐに会いに行くが、知夏が気づいて門前払いする。

昭州。

その頃、景辞が戻ってこないと知った王則笙は泣きはらしていた。

昭王は「呼び戻すのは難しい、お前が雍国へ」と婚姻を決める。

雍と紀の戦では紀が勝利した。

昭州は紀に風眠晩を送ったため、雍帝は気分が良くないだろう。

わだかまりを解くため、人質か婚姻で関係を結ぶというのだ。

雍王宮。

原夫人は風眠晩を連れて雍帝のもとへ。

勝手な出奔を謝罪した。

雍帝は捕吏のことも知っているようだ。

そこへ長楽公主がきて「やっと戻ったのね」と風眠晩を歓迎する。

感想:不倫

原夫人と雍王って男女の関係だよね?原清離と風眠晩は死んだ大将軍の子供でいいです?今更父親が違うなんてことになったら…

いや、もう半分過ぎてるしそこまでのドタバタは起こらないでしょ^^(不穏)

さて、沁河県を出てみんなで都に戻ってきました。

ムードメーカーだった李斐がいなくなってちょっと寂しい。

昭王は王則笙を雍に嫁がせ、何か企みがある様子。やっぱりこの人裏で糸引いてるよな??

次回、22・23・24話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。