【運命の桃花・全60話】34・35・36話のあらすじとネタバレと感想|正義の天雷真君

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第34話

林黙(りんもく)は関(かん)おばさんの紹介で医者の孫(そん)先生の薬舗で働くことになる。そして、その帰りに妖獣・五碗(ごわん)と出会い、子犬だと思って連れ帰り小白(しょうはく)と名付ける。その頃、火精では体が持たない九宸(きゅうしん)は天尊からもしもの時は神農鼎を使って彼の命を助けると釘を刺される。一方、魔君は赤い月の夜に魔族の大群を六界に迎え入れようとしていた…。

ネタバレ「恋しい気持ち」

林黙は働き口を探す。耳が聴こえないと知った店主は暴言を浴びせ追い返そうとする。そこへ関おばさんが来て助けてくれる。関おばさんは「私の働く薬舗で手伝いをして」と孫医師に話を通してくれた。孫医師は桃のおかげで味覚が戻って食事を楽しんでいる様子。

桃花小築とうかしょうちく。景休は五碗に気づき屋敷から追い払う。

薬舗。働き者の林黙。あまりに動き回るので孫医師は座るよう促した。「舌がどうして治ったかわからない、鍼治療のせいかもしれない。目も毒に侵されているはずだから鍼を試してみよう」と提案する。

清風観の38代目 朱自在は五碗を見つけて「お前と切磋琢磨し神仙の仲間入りがしたい!」と説得中。弟子 包鎖柱は縄を持ってスタンバイ。そこへ林黙が通りかかった。林黙は「食べるつもりね」と二人を非難し、五碗を連れ帰る。

桃花小築とうかしょうちく。林黙は「薬舗で働く、子犬を拾ったの留守番も寂しくないでしょ」と景休に報告。二人は慎ましくも幸せな暮らしを送っていた。林黙は五碗に小白と名付ける。

扶雲殿。雲風は「天雷真君が周囲を探っている、しばらくは人間界へ行かないほうが良い」と忠告。その時 空に逐日鳥が飛んだ。九宸は霊汐を懐かしむ。花煙も十三も霊汐が恋しい。十三は霊汐を思い出して元瞳に怒りを覚えた。

祠堂。杜羽は「東海へ行こう」と元瞳に言う。しかし元瞳は「東海水君が許すはずがない」と現実を見ていた。そこへ十三が現れ、元瞳に勝負を挑んだ。

紫雲台。暴れまわり祠堂を壊した十三。普化仙君から罰を受けそうになっているとこへ九宸と司命が駆けつけた。司命は十三をかばい、九宸は「私に構わず相応の罰を」と言う。十三はムチで打たれた。

扶雲殿。体中傷だらけになった十三。九宸は「謹慎しろ」と叱る。十三は「なら司命殿が良いです!」とこりていない。

薬舗。霊汐は処方された薬剤が取り違えられていると気づいた。すぐに関おばさんに報告し、立ち回ってもらう。林黙の知識に感心した孫医師は、薬の調合を任せることに。

天尊山。天尊は九宸を呼び出し「火精はいずれ燃え尽きる、天君から全て聞いた。世の公正と民の益は守れるのか、私のあとを継ぐのだ死んではならない、もし霊汐が劫を乗り越えられなければその時は…」と忠告。九宸は「必ず霊汐は刧を乗り越えます」と答えた。

洗仙池を眺める九宸を元瞳が追いかけてきた。元瞳は「全て私の過ち」だと認める。しかし霊汐のことは口にしない。「そばに置いてほしい」とすがるが「私が抑えねばお前は今頃池の底だ」と言われてしまった。

魔君は「赤い月の夜、幽冥門を開け放て、わたしが魔族の大軍を迎え入れる」と仲昊に話す。


感想:ごわ〜ん!

かわいいね五碗^^はすはす

どこからどう見たって子犬には見えませんが、まあ良いでしょう。たぬきを犬だと言って飼う人もいれば、犬をたぬきだと言って飼う人もいます、世は広く視野は狭いのです。

元瞳がマジで怖いのだが?あれだけ突き放されてるのに「私のことを待っていたんですね」とは思わんじゃろ、のうノブ。あんまり使いたくはないが、これはもうパスってるとしか…完全に利益のためだけにしか行動しない人の気持ちがわからない、自分のしたいようにしか行動しない…いやそんなねえ^^悪い方のパスだよ。

九宸の居ぬ間に、ラブが発生してますが良いんでしょうか?これあとで司命星君が怒られちゃうじゃん。それにても!今回はちゃんと十三をかばってた!普化に立ち向かってたし偉いぞ司命!

第35話

孫(そん)先生の助手になった林黙(りんもく)は医術を身につけてもっと世の中で役立つ人間になれたら実家に帰りたいと景休(けいきゅう)に打ち明ける。その後、家の中で倒れている景休を見つけた林黙は、仲昊(ちゅうこう)が彼の体に打ちこんでいた7本の白骨釘を抜いて手当てする。実はその白骨釘を抜けるのは鳳凰族の者だけ。4日後に目覚めてそれに気づいた景休は…。

ネタバレ「救われた心」

扶雲殿。謹慎中の十三は「神尊が助けてくれなかった!」と文句を言っている。「霊汐と扱いが違う!私が思うにきっと霊汐のことを…ギャッ」背後に九宸が立っていると気づいた十三は大慌てで言い訳した。

桃花小築とうかしょうちく。林黙は孫医師の弟子になったと嬉しそうに報告。五碗が景休に向かって吠えているので「どうして小白はあなたに吠えるの?」と不思議に思う。景休は「空腹なのだ^^」とごまかした。

その夜、景休は体に打ち込まれた白骨釘を自力で取り除こうとする。そこへ林黙がやってきて、溶けたロウで手をやけどしている景休を気遣った。景休は「目が永遠に見えなければどうする?」と質問。林黙は「治らないのは仕方ない、道は自分の足で歩かなければ、私は役立つ人になったら帰るの」と話す。

山霊界。仲昊は黒蚩に「霊汐を見つけ出せ」と命ずる。

薬舗。おせっかいな関おばさんは林黙に見合いの相手を探したいらしい。林黙は「耳が聞こえないから嫁ぐ気はないんです」と拒否するが「相手を見てから判断したら良い」と強引。林黙は誕生日を教えた。

桃花小築とうかしょうちく。その夜、景休は白骨釘を抜こうと試み気を失った。そこへ返ってきた林黙に五碗が吠えて教える。林黙はその白骨釘を抜き手当する。

4日後、景休が目覚めた。白骨釘を林黙が抜いたと聞いて驚く。白骨釘を抜けるのは鳳凰族のみ。景休は仙力が次第に回復する。

牢。宝青が兵士に虐げられていると黒蚩がやってきて「公主は丁重に扱え」と言う。そして「賢者は時勢を読む、体をいたわれ」と食事を差し出して行った。

司命は天尊に言われ九宸を見張っている。「天尊に神尊をそそのかせば人間界に落とすと言われたんです!人間界に行っちゃだめですよ!」

桃花小築とうかしょうちく。林黙の出自が気になった景休は父親について尋ねる。しかし林黙は話さない。箸を投げて仙力を確かめるが、無反応。景休は「鳳凰族のおとしご」かと疑う。

桟橋。景休は赤鷩と合流。宝青は山霊界にて幽閉、翎月は撮魂の術で操られ天族を欺いた後 幽閉されている。赤い月の夜に魔族の大軍を引き入れると報告を受ける。景休は「天息宮に動きがあれば知らせろ、垣渡を討つ」と命じる。

私塾。関おばさんは林黙に書生 沈裵書を紹介。

桃花小築とうかしょうちく。景休は林黙の帰りが遅いと心配している。


感想:新たな男が

九宸が司命星君に付きまとわれている間に、新たな男が出てきたww胡散臭い気がしたんだけど、気のせい?すぐに人を疑うんだから^^もう

それにしてもみんなあんなに心配してたのに、霊汐のことほったらかして!青瑶は仕方ないけど、九宸さんは誰かに見張らせるとか…自由人雲風も今は動けないし…良く出来てるな?

十三に話せないのは彼女(彼?)が実直すぎて自分のための嘘もつけず、敵に何でもバレちゃうからなんだろうけど。がんばれ十三!それがあなたのいいところ!

第36話

林黙(りんもく)が関(かん)おばさんの紹介で書生・沈裵書(しんはいしょ)とお見合いしたと知って嫉妬を感じた景休(けいきゅう)。彼は自分が彼女に惹かれていると気づくが、林黙が作った桃の酒を飲んで視力が戻ると、彼女が霊汐(れいせき)とそっくりなことに驚く。一方、元瞳(げんどう)からの情報で九宸(きゅうしん)が鎖妖塔の神農鼎をすり替えたと知った天雷真君(てんらいしんくん)は、従極淵に押し入ると九宸を詰問して…。

ネタバレ「奇妙な符号」

桃花小築とうかしょうちく。心配する景休に、林黙は関おばさんに見合いの相手を紹介され香草を渡されたと話した。景休は「人柄は??住まいは???」と気になって仕方ない。

薬舗。翌日、林黙は見合いを断る。そこへ景休が迎えに来た。

桃花小築とうかしょうちく。二人が戻ると、門前に沈裵書の書いた書が置かれている。その夜、林黙が書を読んでいると景休は明かりを消して邪魔をした。

雷首宮。元瞳が拝謁を願い出る。鎖妖塔の神農鼎が女媧石に変わっていることを教えた様子。

私塾。景休は沈裵書を訪ねた。そして「幾度も科挙に落ちたのでは?」と指摘しまだ嫁を迎えるべきではないと威嚇した。沈裵書は「好きならなぜ本人に伝えないのだ」と景休に聞き返す。

桃花小築とうかしょうちく。景休の帰りを待っていた林黙は「桃の酒が明日飲めるわ」と嬉しそうに話す。

翌日、林黙は酔ってしまうため酒を口にしない。景休は自らが山霊族だと教え、それを聞いた林黙は「桃源郷のような場所ね」と話した。景休は酒を飲んで苦しみだし、目が見えるようになる。そして霊汐と瓜二つの林黙を見て驚いた。「他人の空似?いや鳳凰族だ…」

従極淵。天雷真君が乗り込んで来る。九宸は修行中で気が付かず神農鼎を見られてしまった。天雷真君は神農鼎を奪おうとする。

同じ頃、林黙が突然苦しみ始め助けようとした景休は、耳の裏にある魔印を見つける。

従極淵。九宸は「どうかお目溢しを、この大恩はいつか必ず返す」とひざまずいた。

その姿を見た天雷真君は「そなたは文武に優れ私も尊敬しているが、その優柔不断さは軽蔑する。そなたが早く元征に手を下していれば天兵10万が道連れで死ぬこともなかった。しかも長生海から帰ると元家をかばったな!我ら天族は厳しい法によって六界を総ているのだ、法に理不尽な点があっても守らねばならない、過剰な情けは慈悲にあらず、この言葉を胸に刻んでおけ、自愛するんだな!」めっちゃ良いこと言って去っていった。

林家。景休は姿を消して家族の様子を見る。林少海が千文字を読んでいると楊氏がやってきて、林黙のことを心配している。さらに仙術で過去の光景を見た。いじめられる林黙…景休は居場所が知れれば大変なことになると危惧する。

桃花小築とうかしょうちく。翌日、体が痛むと不思議そうな林黙に「悪夢を見て喚いていたぞ」と教えた。林黙は景休の目が見えると気づき「治ったのは天の御加護」と喜ぶ。

薬舗。景休がやってきて、目が治ったことに孫医師も驚く。景休は関おばさんに「見合い相手を紹介しないでほしい」と頼んだ。


感想:天雷真君

見始めてから36話、初めて天雷真君の言葉に感動した。単純明快野郎だから、別に悪いやつじゃないんだよな。努力して今の地位に居るんだろうし、ちょっと思い込みが激しすぎるのが玉に瑕ですが。

最後の「自愛しろよ!!」って吐き捨てて去っていくの可愛すぎる。おめえが消耗させたんじゃい!とは言い返せない可愛さだった。しかしこのタイプは組織にいたら嫌われそうだ^^

とにかく手を引いてくれてよかった、しかしあの戦闘でだいぶ火精をすり減らしちゃったんじゃないだろうか…今の所、霊汐の刧を心配するより、九宸おじさんの命が持つかのほうが…なあ?

景休さんはガチラブっぽくて今後が大変心配。もうみんな心配だわ。死エンドだけはやめてくれ!

次回、37・38・39話はここから!

全話、ネタバレ一覧はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。