【運命の桃花・全60話】31・32・33話のあらすじとネタバレと感想|桃花小築

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第31話


林綻(りんたん)が家に戻され林黙(りんもく)の遺体が見つかったのかと思いきや、高名な医師により皇太子の病が治り逮捕された娘たちは全員無罪放免となったことがわかる。そこで林少海(りんしょうかい)は後悔の念に苛まれるが、一命を取り留めた林黙が現れ安堵する。だが、林黙は父親が自分を湖に沈めたこと、血のつながった娘ではなかったことを知ってしまい…。

ネタバレ「悲しき宿命」

林少海は眠ってしまった林黙を荷車に乗せて川に運ぶ。そして林黙を紐を切ったイカダに乗せ川に流した。イカダが壊れ林黙は水に沈んでいく。霊汐は魔印によって目が覚め、必死に泳ぎ水面を目指した。

司命殿。その様子を見守る九宸だが手を出すことは許されない。

林家。林綻が林家に戻された。林少海は林黙の亡骸が見つかったため林綻が戻ったと思い役人に「娘の亡骸は?」と聞く。役人は「朝早く皇太子の病は名医が治したと報告が入った、宗貴妃は叱られ欽天監は死罪になった、娘たちは朝早くに帰された」と教えた。それを聞いて林少海は血を吐いてしまう。しかし立ち上がり水の底に沈んだ躯を拾いに行こうとする。

そこへ林黙が帰ってくる。何も知らない林黙は父のことを気遣う。林少海は自らの罪を認める。林黙は父の手で湖に沈められたと知った。

林少海は生きて戻ってきた林黙に横暴な態度を取る林綻をぶった。それに怒った側室は「綻こそ実の娘ですよ、黙はよその子なのに!」と真実を口にしてしまう。林黙は衝撃を受け気を失ってしまった。

その夜、目を覚ました林黙は父に笑顔を見せず顔を隠した。父が立ち去ると声を殺して泣いている。

司命殿。一部始終を見守った九宸。司命星君は「この先も1人で劫を乗り越えなければならない」と言った。

林家。翌朝、楊氏も林少海も林黙のことを気遣う。しかし林黙は膝をついて「耳が聞こえず天涯孤独だったが父上がいてたくさんのことを教えてくれて幸せだった、自分を責めないでほしい。私は家を出ていきます、自分の道を進むため」と別れを告げる。

林黙は一人で家を出た。

その様子を見守る九宸。林黙は故郷の土を少しだけ手巾に包み持っていく。

庭軒楼。皇太子の病を治した名医は青瑶だった。侍医になる誘いを断り去っていく青瑶を、方駿は懐かしさを感じると話し引き止めた。青瑶は「ある薬を飲めば前世の記憶が戻る、飲むか?」と問う。方駿は「後ろは向かない前を向いて進めなくなる」と言った。

青瑶が旅館を出ると雲風が待ち構えていた。雲風は「追いかけてくるまで追いかけるぞ!」と今日も元気。二人は桃林に戻る。

九宸は旅路についた林黙をストーカー中。しかし司命星君に一大事を知らされ天宮に戻る。

凌霄殿。山霊界に異変が起こっている。しかし国主 翎月から救援の要請はない。天君は九宸と天雷真君を呼び意見を聞いた。天雷真君は「娘を殺され恨みを持っているのではないか」と助けをこわない理由を推測。天君は山霊界へ九宸を向かわせることに。

人間界。宝青は景休の行方がわからず赤鷩に当たる。しびれを切らし1人で探しに行くことに。

同じ頃、林黙は雨の中、先を急いでいた。東屋に一人の男が座っている。それは仙力と視力をなくした景休だった。傘を差し出された景休は霊汐だと気づかない。


感想:河北ちゃん

宝青は河北麻友子に似てる。もう河北麻友子だと思って、中国語が上手ね〜って目線で見てる。ワガママばっかり言わないの!

さあ、劫を一つ乗り越えましたよ!乗り越えたってことでいいんだよね?これをまとめて一つと言うにはあんまりにも残酷じゃないですか?とは思うが、まああの家族から離れらたので良いでしょう。

林黙のことを見守りたい九宸だけど、仕事が忙しくてそれどころじゃない。無視しようにも司命星君が追っかけてくるw見てる限り、彼としては霊汐7世界3って感じがするのでまあ見捨てないでしょうね。見捨てるほうが私は楽しいが。

第32話


旅の途中で出会った目が見えない景休(けいきゅう)に饅頭を分けてあげた林黙(りんもく)。そのお礼に景休はこっそり仙力を使って彼女が言葉を話せるようにしたのだった。その後、人間のふりをした司命(しめい)に出会った林黙は、彼の占いに従って桃林小築に辿り着く。そこでまた行き倒れている景休を見つけた彼女は、医者を呼んで彼の看病をすることに…。

ネタバレ「新たな旅立ち」

東屋。林黙は景休に饅頭を差し出す。そして雨宿りするうちに眠ってしまった。景休は僅かな仙力で衣を乾かし林黙に感謝する。

天宮。山霊界へ赴くことになった九宸は司命星君に頼み事をする。それは海辺にある廃屋の屋敷に林黙を誘導してほしいというもの。そこへ元瞳がやってきて許しを求める。九宸は無視して立ち去った。

海辺の街。街にやってきた林黙は輿にぶつかられコケてしまう。そこへ偶然やって来た関おばさんに助けられた。林黙はなぜか突然、発声できるようになる(パパのおかげ?神仙の力?)

占い師に化けた司命星君は林黙に接近し「北西に行き、庭に木のある屋敷を探しなさい、ある貴人と運命的に出会うぞ^^」誘導。

森。1人で景休を探していた宝青は欽原に捕まってしまった。「景休の行方は知らない」と話す。

桃花小築。林黙は九宸の用意した屋敷にたどり着く。庭には桃の木がたくさん植わっていて、布団や衣もある。林黙はそこへ仮住まいすることにした。そして桃の木の根本に、故郷の土を混ぜる。

屋敷の前に偶然景休が現れ、行き倒れた所を林黙が助ける。街で薬舗を開いている孫医師を呼び診察してもらう。孫医師は「目が見えず体も傷ついている、知らないものを家に入れてはいけないよ!」と忠告して去っていった。

目覚めた景休も林黙のことを覚えていた。しかし助けの手を振り払い立ち去る。林黙は忘れ物を届けようと後を追う。景休はずぶ濡れになり、林黙は「雨がやんでから発っては?」と屋敷に連れ戻した。

山霊界。仲昊は景休を探している。そこへ欽原が戻り、宝青を連れ戻ったと報告。

半月後、景休が目を覚ました。眠っている間も林黙は毎日世話をし、目の傷が良くなった事を喜ぶ。景休は林黙に「修」名乗り、林黙は修兄さんと呼んで慕う。

山霊界。九宸は雲風と天兵を連れて山霊界へ。しかし「国主の命で戦神は一歩も入れない」と言われ雲風達だけを向かわせる。

天息宮。勝手にやってきた天兵達を見て翎月は激怒。「調べは受ける、天宮との連絡は絶たない、しかし九宸を仇敵とし仇を討つことは諦めない」と宣言した。


感想:なんで話せるようになったの?

本当は話せたけど、潜在的に思い込んでただけ?それとも後で種明かしがくるのかな?ほよよ?

なんかよくわからないうちに、景休さんとの幸せ隠居生活が始まっています。九宸さーーーん!!ここですここ!!

霊汐は何も覚えてないから分かるわけがないし、肝心の景休は目が見えないので何もできない何もわからない…最初の方で「ククッ…面白い娘じゃねえの(by跡部)」っていうネタはありましたが、まさかそんなここまで引っ張るなんて思わないじゃないですか。

ここから楽しみなのは、林黙が知らない男と同居してる事を知った九宸だな。楽しみ^^

第33話


雲風(うんほう)は山霊界へ行って翎月(れいげつ)に会うが、仲昊(ちゅうこう)は成敗したと言われ、取りつく島もなく追い返される。その報告を受けた九宸(きゅうしん)は翎月の言動を不審に思う。その頃、天宮では楽伯(らくはく)と霊汐(れいせき)の敵討ちを決意した承晏(しょうあん)が元瞳(げんどう)の前に現れ戦いを挑む。また、人間界では九宸が林黙(りんもく)の聴力を取り戻すために桃林小築に植えた桃の木がたくさん実をつけて…。

ネタバレ「特別な桃の実」

山霊界。天兵は宮殿を調べるが異常を見つけられない。「仲昊は殺して鷹の餌に、景休は幽閉した」と翎月は答える。追い払われた雲風は、九宸に「警戒され探りきれなかった」と報告。

雲風が立ち去り姿を表した仲昊。欽原は「仇は討ったのです、魔君に手を貸せば六界が…」と説得を試みるが仲昊は引かない。

桃花小築。林黙は景休の目のために貝や魚を取って食べさせる。ある夜、林黙は転んで陶器で手を切ってしまう。景休はそれに気づかず「指輪を暮らしの足しに」と差し出した。林黙は「ここは仮屋、私は耳が聞こえない、あなたは目が見えない、お互いに嫌うのはやめましょう。あなたが去るまで、わたしは目に、あなたは耳になって」と話す。景休は林黙の手当をして打ち解けた。

祠堂。元瞳のもとへ承晏が現れ斬りかかる。承晏は捨て身の仙術を使って元瞳に致命傷を追わせた。

九宸は山霊界でのことを不審に思っている。父親を討ったほどの翎月なら国を巻き込んでも敵討ちに来るはず…そこへ雲風が承晏のことを報告に来た。

桃花小築。桃の実がたくさん成り、林黙は孫医師のもとへ持っていく。

薬舗。孫医師は「桃で酒が作れるぞ、私は毒で舌が効かなくなった残念」と話す。しかし神の桃をひとくち食べて…

桃花小築。林黙は「お酒を作って売るの!」と景休に話す。一つも食べず、すべてお酒にしてしまった。あとから桃を食べていないと気づいた林黙に、景休は「何日かすればまた熟すさ」と言う。

林黙は景休と暮らすため働き口を探すが、耳が聴こえないため追い払われてしまう。

桃林。元瞳を襲撃した承晏は罰としてムチを打たれた禁足となり見張りがつく。傷を負った承晏の世話で桃林を離れられなくなった青瑶は、九宸に霊汐のことを頼んだ。

桃林を歩く九宸。橋にさしかかると、霊汐とのキッスを思い出した(むっつりか?)そこへ五碗が来たので林黙のもとへ連れて行ってやる。

桃花小築。林黙は急いで飯を食べ働き口を探しに行く。九宸は五碗を連れて桃花小築へやってくる。しかしそこへ司命星君が慌ててやってきて「天雷真君が鎖妖塔に入れろと騒いでいる」と報告した。

鎖妖塔。十三が天雷真君を止める。駆けつけた九宸は「天君に封鎖すようよう命じられた」と追い払う。怪我をした十三には司命星君を付き添わせ薬王洞へ行かせた。十三は九宸と司命が何を隠しているのか気になるが、教えてもらえない。

凌霄殿。九宸君が先生にお願いされたって言ってたけど本当ですか!と聞きにきた天雷真君。先生は「それはわたしの命だ^^」とあっさり認め、九宸を守った。

過去の話。霊汐の処刑前、天君は扶雲殿へ出向き「霊汐を救う道が一つある」と九宸に言った。神農鼎のことを教えたのは天君だったのだ。天君は「善良で罪をもおかしていない、だが赦免する事もできない」と苦悩の末、九宸に判断を委ねた。

薬王洞。玉梨は元瞳の傷を完全に治療せず嫌味を言う。玉梨は「楽伯に救われたものがこの天宮にどれだけ多いことか」と元瞳の行いを批判した。天宮中から嫌われまくる元瞳。


感想:

元瞳ほっとかないほうが良いって

無視したりいじめたり、絶対やばいことに手を出しても復讐しようとするって!もう彼女が心を入れ替える未来は見えないなあ、あるとしたら九宸をかばって死ぬ前に〜?とか?それもそれで嫌だが。

今回、青瑶お姉ちゃんが承晏に言ってた伝えたいことってなんだろう?二人の生い立ちみたいな話かな?実はホントの姉弟じゃないような気はしてる。

そして林黙はせっかくの桃を一つも口にしなで、人にあげたりお酒にしたり…今の所恩恵を受けたのは孫医師だけですぜ。景休も食べたら治るのにね。彼に限ってはこのままのほうが良い気がするが。

次回、34・35・36話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。