【運命の桃花・全60話】40・41・42話のあらすじとネタバレと感想|誰のために何のために

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第40話


人間界に突如、凶獣が現れて街は大混乱に。そこで九宸(きゅうしん)は凶獣を撃退するが、体への負担が大きく昏倒する。それを見ていて助けたのが清風観38代目で仙人になるべく修行中の朱自在(しゅじざい)とその弟子・包鎖柱(ほうさちゅう)。その後、目覚めた九宸は朱自在に懇願され二人を弟子にするはめになる。一方、赤鷩(せきべつ)と再会した景休(けいきゅう)は置き手紙を残して去り…。

ネタバレ「凶禍の兆し」

街。朱自在は動きを止められ逃げられない。そこへ九宸が現れ凶獣 檮杌を追い払った。それを見た朱自在は「あっちの神仙に弟子入りを!」と目を輝かせる。しかし仙術を使ったせいで九宸は倒れてしまった。

薬舗。檮杌のせいで薬舗はけが人でいっぱいだ。手伝いをしていた景休は赤鷩からの連絡を見て外へ出ていく。そこへ朱自在が九宸を連れてきた。

景休は赤鷩から宝青が深手を負い危篤、と報告を受ける。

桃花小築とうかしょうちく。林黙は九宸の看病をする。3日後、目覚めた九宸を見て「妖怪を退治しようとするなんて!命があってよかった」と安堵する。「わずかでも私を案じたか?」いい雰囲気になったところへ朱自在の呼ぶ声が。

「弟子にしてください!!!」九宸に懇願する朱自在を見て、林黙は「命の恩人よ」と言う。林黙にまで言われればもう弟子にするしかない。九宸は初弟子を取った。

薬王洞。玉梨は「利害が一致してるんだから手伝って!あなたから父上に頼んで」と青瑶に話す。青瑶は拒否。

その時、天尊山で雷が鳴る。「まさか神尊が弟子を!?」どよめく天宮。

凌霄殿。九宸は檮杌が魔君の影響で解き放たれたのではないかと天君に報告。異変があるということはなにかの前触れ、調査することに。天君は「暇があれば弟子を連れてこい、褒美を取らせよう」と九宸に話す。九宸は顔がひきつった。

司命殿。天君の命令で開陽と含章が檮杌と魔君の関わりを調べることに。雲風は婚礼を挙げるまで天宮から出てはならないと言われる。

桃花小築とうかしょうちく。景休が姿を消した。九宸の看病をしていて文に気づかなかった林黙は、もう会えないのかと落ち込んでいる。九宸は「それは悪縁だ買い物に行こう」と街へ誘い出した。景休は鉢植えを置いていく。

扶雲殿。元神だけで戻ってきた九宸は雲風に「景休が人間界に、山霊界に何かあったのだ」と話す。そこで小仙を山霊界に送り見張らせることに。

桃花小築とうかしょうちく。林黙は九宸の様子を見に来る。だが身動き一つしないので心配に、目覚めた九宸は「熟睡していた」と言い訳した。

林黙はものさしを探している。そこへやってきた九宸に「破れた衣を繕うより新しく作ろうと思って」と話した。九宸は「物差しがないなら触れて測ればいい^^」と体に手を回させる。林黙は困惑。

凌霄殿。「外界で檮杌が暴れまわり幽都山に入った」と報告が入る。雲風は自ら退治に行くと名乗りを上げた。天君は「これ幸いと恩賞を?」と疑う。そこで百扇仙君をお供につけた。

青瑶は出陣する雲風を見て心配。

薬王洞。玉梨は「嫁入り前に寡婦になっちゃうわよ、見送りに行かないと」と青瑶をからかった。

幽都山。元瞳は「私は力が弱いですから」と雲風に手を貸さない。


感想:天然記念物

九宸の扱いが天然記念物なの面白すぎる。スピード出世で冷静沈着できないことは一つもないと思われていたのに、霊汐が現れたせいでかき乱されて雲風にからかわれる始末。

霊汐に懇願されれば弟子を受け入れないわけにも行かない、そして初弟子を取ったはいいがただの人間w天雷真君にまで驚かれるってもう胸中やいかに!?

30話過ぎた当たりから停滞気味でなかなか進みませんが、最終回に期待して見ていきます。今は宝青が心配。

第41話


幽都山で凶獣を退治した雲風(うんほう)は青瑶(せいよう)を守ろうとして怪我を負う。だが、大怪我のふりをして青瑶の気を引こうとしたせいで彼女の機嫌を損ねてしまう。一方その頃、林黙(りんもく)は桃林小築で九宸(きゅうしん)の世話をしながら過ごしていたが、街のゴロツキ・徐海(じょかい)に目をつけられてさらわれる。そんな彼女を助けに来た九宸は怒りのあまり仙術を使い…。

ネタバレ「突然の災難」

幽都山。雲風は檮杌と戦い傷を追う。そこへ青瑶が現れ檮杌に薬を嗅がせおとなしくさせた。それを見ていた元瞳は檮杌が青瑶を襲うよう仕向ける。雲風がかばい檮杌を倒した。

天幕。雲風は「私はもう死んでしまう、天涯孤独で寂しい日々だったがそなたに出会えた…1人にするのは…わずかでも好いてくれたか?」と一人芝居。そこへ百扇仙君が「雲風上神ともあろう方が死ぬはずない!」とちゃちゃをいれ嘘がばれた。青瑶は怒って立ち去る。

薬舗。林黙は診察を任されるまでに成長した。

桃花小築とうかしょうちく。九宸は林黙が刧を終えるまで火精を保たせようと必死。そこへ林黙が布を持って帰ってきた。九宸の衣を作りながら、林黙はあの日のことを意識してしまう。

凌霄殿。百扇仙君は天君に「雲風と青瑶が怪しい」と報告。天君は過ちを知り青瑶を呼ぶよう言った。

薬王洞。雲風は冗談だったと言って青瑶に謝る。しかし追い出されてしまった。

凌霄殿。天君に呼ばれた青瑶。天君は「檮杌を成敗したそなたと雲風に褒美を与えようと思う何がいいか?」と聞く。青瑶は何もいらないという。天君は「では聞くが二人の縁談をどう思う?」と尋ねた。

宿。景休は宝青のもとへ駆けつけ、自らの命珠で治療を試みるもうまく行かない。「天息宮にある続霊丹が必要」景休自ら取りに行くことに。

薬舗。ろくでなしのごろつき徐海が怪我をして治療にやってきた。徐海は林黙に目をつける。

帰り道、林黙は上玉を売れば稼げると考えた徐海にさらわれる。包鎖柱が偶然姿を見かけ「姿を消した」と朱自在に話す。九宸は報告を受けてすぐに助けに向かう。

夜の桟橋。目覚めた林黙は徐海と子分に怯える。そこへ九宸が助けに現れ、徐海と子分を氷漬けにしてしまった。林黙は意識を失う。九宸は司命の言葉を思い出していた。「仙力で人間を攻撃したり、運命を変えてはなりません、己の身に跳ね返ります」

桃花小築とうかしょうちく。九宸の力を目撃した林黙は「あなたは人間なの?どこの誰?」と聞く。九宸は「誰であっても君を傷つけない。ずっと前から知り合いだ、中秋節にはそなたが一生幸せであるよう祈ろう」と話してキスをした。

桃林。青瑶のもとにやってきた雲風は「天君はそなたと会った直後縁談を取り消された、まだ認めないのか?」と迫る。どうやら青瑶は天君に婚姻の取り下げを願ったらしい。二人がじゃれていると、そこへ九宸がきた。

雲風は締め出し。九宸は青瑶に頼み「元神を守り命を永らえる薬」を貰う。青瑶は「仙力を使ってはならない」と忠告。霊汐が元気だと知って「劫から救えないのは苦しいので見に行かない」と話す。


感想:前進してくだせえ…

えーと今回は、雲風が青瑶に絡みまくってハァハァしてたのと、九宸がうっかり林黙を助けちゃったせいでやばいかもって話だけでっす!!!何も!何も進まなかったよ!親方!

平和でよろしいんですが、このままでは済まないことがわかってるからさっさとかたをつけてほしいぜ。すべて解決した平和が見たいぜ。

しかし、雲風はだいぶ変態くさいな。マゾっけもある。青瑶みたいなツンデレタイプには最高の相性である、がデレるかどうかはわからないので雲風頑張って。面白シーンで「檮杌は私達の橋渡しをした、毎日鎖妖塔に行って餌付けしような^^」とか言ってました。正直ちょっとどうかな、気持ち悪いなと思いました。

第42話


九宸(きゅうしん)は林黙(りんもく)のために麺を作り、どんなに辛くとも彼女が劫を終えるまでそばで見守っていこうと覚悟を決める。そして、弟子の朱自在(しゅじざい)には紫燕山に行って青松上人(せいしょうしょうにん)の教えを受けるようにと言い渡す。一方その頃、天宮では人間界で5万年もの間、劫を経ることができずにいる桑南星君(そうなんせいくん)を案じていた天君(てんくん)が司命(しめい)に協力を求めて…。

ネタバレ「愛の形見」

桃花小築とうかしょうちく。九宸は林黙のために麺を作る。初めての料理で粉だらけになってしまう九宸。それでも林黙は美味しいと言って全て食べた。九宸は苦しむ霊汐を見ることが辛くてもそばにいると心に決め、皿洗いをする。

街。魔除けの札と言って朱自在が商売をしている。桟橋で徐海が氷漬けになっているため、民は不安を感じているようだ。九宸は「鍛錬が足りない」と朱自在を叱責。「紫燕山へ行き青松上人にこれを見せろ、教えを受けられる、成果を収めたら会いに来い」と道を示した。そして「天尊山の戦神 九宸だ。間違いを犯せば切り捨てる」と話す。朱自在は包鎖柱を連れてすぐに旅立った。

凌霄殿。天君は「桑南星君が情刧を乗り越えられずまだ戻らない、なんとかしろ」と司命星君に話す。

桃林。司命星君の任務にくっついて十三もやってきた。司命星君の目当ては青瑶。「方駿の命を救ってほしい、そなたに出会い運命が変わって病に倒れた、体の病は治せるが心の病を取り除かねば」と話す。青瑶は夫との思い出の櫛を渡した。

人間界。方駿は血を吐く。そこへ司命が現れ机に櫛を置いた。方駿が手に取ると、櫛から5万年前の前世の記憶が流れ込む。

街。猛暑の中でも徐海は氷漬けのままだ。林黙は関おばさんの話をきき帰り道 様子を見に行く。しかし恐ろしくなって逃げ帰った。

幽都山。仲昊は早く仙女を探せと黒蚩を詰める。黒蚩は「宝青が逃げる時に傷を負い瀕死だ」と欽原に教えた。欽原は走り去る。

司命殿。司命は青瑶と方駿のことに手を出したせいで、雲風に殺されるのではと怯えている。

薬舗。上の空の林黙。関おばさんは不吉なので街で魔除けの儀式を行う事を話し、林黙に魔除けの酒を渡した。林黙は街中の御札を剥がして持ち帰り燃やす。そこへ九宸が戻ってきて触れたためすぐに手を洗わせた。


感想:方駿も仙人だったの?

仙人が苦を乗り越えるために人間になるのと、ただの人間と何の違いがあるんだろう。普通の人間でも修行すれば仙人になれるわけで。というのも、方駿は青瑶が劫を受けるために降りたときの人間の夫だと思ってたらどうやらそうじゃないらしいので。天君の行ってた桑南星君っていうのがその人でしょ?じゃあ劫を乗り越えて天界に戻れば、青瑶は想い人と再会できるじゃん。だから司命はあれだけ焦ってるわけか!そりゃあ流血沙汰になりますね…

ここに来て色々仙人の名前が出てきております。まじで話が進まなくて寄り道ばっかりだから、小ネタ仙人って感じか?

次回、43・44・45話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。