【運命の桃花・全60話】55・56・57話のあらすじとネタバレと感想|婚姻の約束

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「夢幻の桃花〜三生三世 枕上書〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 霊汐れいせき:丹鳥族 小仙 夸父山桃林で育った
  • 九宸きゅうしん:天族 神尊であり戦神
  • 楽伯らくはく:桃林 孤族 医仙 霊汐の父
  • 青瑶せいよう:桃林 孤族 薬王洞の医官 霊汐の姉弟子
  • 承晏しょうあん:桃林 孤族 青瑶の弟
  • 陌歓はくかん:桃林 丹鳥族 楽伯とは兄弟弟子
  • 花蓼かりく:蓼の花の精 承晏と出会い桃林に住み着く
  • 五碗ごわん:神獣 白澤 霊汐になついてペットになる
  • 天君てんくん:天族 天族の君主
  • 天尊てんそん:天族の最高神 九宸の師匠
  • 天雷真君てんらいしんくん:天族 上神 戦神になりたいおじさん
  • 雲風うんほう:天族 上神 九宸の弟弟子
  • 司命星君しめいせいくん:星君 元人間 韓元信 司命殿で仕事をしている
  • 開陽かいよう:天族 将軍 九宸に従う
  • 含章がんしょう:天族 将軍 九宸に従う
  • 十三じゅうさん:鮫人族 扶雲殿の侍女 元は男だった
  • 花煙かえん:元人間 扶雲殿の侍女
  • 元征げんせい:天族 将軍 5万年前の戦いで犠牲になった
  • 元瞳げんどう:天族 将軍 元征の妹
  • 元夫人げんふじん:天族 元征と元瞳の母 元征のことで九宸を恨んでいる
  • 杜羽とう:東海水君の王子 元瞳の婚約者
  • 薬王やくおう:天族 薬王洞の主 玉梨の父
  • 玉梨ぎょくり:天族 医者 九宸が好き
  • 紫光しこう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 方昇ほうしょう:天族 将軍 天雷真君に従う
  • 彭仙人ほうせんにん:天族 運の悪い仙人
  • 普化仙君ふかせんくん:天族 法を遵守する
  • 百扇仙君ひゃくせんせんくん:天族 天君の側仕え
  • 桑南星君そうなんせいくん:天族 青瑶と縁がある男
  • 南極仙翁なんきょくせんおう:南極仙州の主 占いが得意
  • 景休けいきゅう:山霊族 玄鳥族 国師として山霊界を牛耳る
  • 翎月れいげつ:山霊界 鳳凰族 国主
  • 垣渡えんと:山霊界 鳳凰族 前国主
  • 宝青ほうせい:山霊界 公主 翎月の養女
  • 赤鷩せきべつ:山霊界 将軍 景休に従う
  • せきばあや:翎月の側仕え
  • 巫医ふい:山霊界の医者
  • 昶亭ちょうてい:山霊界 国師となる
  • 魔君まくん(無支祁むしき):九宸と同じく4代目の戦神だったが、魔君になった男
  • 呑天獣とんてんじゅう:魔君の騎獣 霊汐になつく
  • 仲昊ちゅうこう:烈夷族 山霊界に流罪となり天族に恨みを抱く
  • 烈夷れつい:烈夷族 仲昊の父
  • 欽原きんげん:南極仙翁の弟子 仲昊の養子
  • 黒蚩こくし:撼山族 仲昊に従う
  • 禍斗かと:鎖妖塔の看守
  • 祝融火神しゅくゆうかじん:5万年前の戦いで禍斗を逃して死んだ
  • 林少海りんしょうかい:林黙の養父
  • 楊氏ようし:林黙の養母
  • 林夫人りんふじん:林黙の祖母
  • 林黙りんもく:人間として生まれ変わった霊汐
  • 林綻りんたん:林黙の妹
  • 宋承恩そうしょうおん:林少海の友人
  • 宋子玉そうしぎょく:宋承恩の息子 林黙の婚約者
  • 方駿ほうしゅん:桑南星君の刧
  • かんおばさん:林黙に親切にしてくれる民
  • 孫医師そんいし:林黙に親切にしてくれる医者

【全60話】「運命の桃花〜宸汐縁〜」あらすじ・ネタバレ・感想

「運命の桃花」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第55話


翎月(れいげつ)が目覚め、霊汐(れいせき)は母と感動の対面を果たす。だが、その直後、霊汐が青瑶(せいよう)を呼びに行っている間に翎月は息を引き取る。そして、山霊界では国主の葬儀が厳かに取り行われたのだった。この突然の死にショックを受けた霊汐は何か陰謀があるのではないかと考え始める。そんな彼女を慰めに来た九宸(きゅうしん)も景休(けいきゅう)に疑いの目を向けて…。

ネタバレ「砕かれた命珠

山霊界。目覚めた翎月は石ばあやから霊汐のことを聞いた。「魔気を祓って戻り、つきっきりで看病していた、一歩も離れなかった」翎月は目覚めたことは内密にと石ばあやを止める。

その頃、霊汐は薬を煎じている。

翎月の前に景休が現れた。「殺す気ならなぜ目覚めるまで待った、私はお前が野心を叶えるための道具だった」翎月の言葉に景休は「あなたが先に裏切ったのだ」と告げる。翎月は霊汐と宝青のことを丁重に扱うと約束させ、自ら命珠を渡した。そこへ霊汐が来た。

生まれたときから離れ離れになっていた母子は感動の再会を果たす。霊汐は顔色の悪い母を気遣い青瑶を呼びに行った。その間に、景休は翎月の命珠を砕き殺してしまう。

最愛の人が母を殺した、現実が受け止められず宝青は部屋に引きこもっている。

霊汐は亡骸から離れない。赤鷩は「亡骸を移したい」と話すが、霊汐は「死んでいない」と拒絶した。霊汐は花煙を走らせ、九宸に窮地を伝える。

山霊界。九宸が駆けつけた。安心した霊汐は眠ってしまった。

青瑶が駆けつけ翎月の遺体を検分。霊気が尽きたため死んだと判断した。石ばあやは景休の命令で赤鷩に始末されてしまう。

九宸は景休を問い詰めた。「国主を殺したな」しかし景休は認めるはずもなくかわされる。

国葬が行われ翎月が弔われる。

葬式を終え、九宸は霊汐に寄り添い話を聞く。九宸は「共に帰ろう」と誘うが、霊汐は「こんなときに去れないわ。誰が後釜に座るか見届ける」と後釜を狙うものが黒幕であると考えている。

荒涼の地。元瞳は魔功を習得。

山霊界。霊汐は景休を疑ってはいるものの、人間界での優しさを知っているため心が揺れている。

赤鷩は「次期国主について決断を」と景休を急かした。

感想:宝青

宝青はやっぱり鳳凰族じゃないの?赤鷩が鳳凰族は滅びたうんぬんって言ってたけど純血種のことを言ってる?よくわかんない。とりあえず霊汐は、鳳凰×玄鳥だからハーフだ。

さてさて、景休には恩があるし林黙に対してだけはガチで優しさ見せていたので疑いきれない霊汐です。何より大事な九宸が黒だって言ってるんだからもうそれでいいと思うんだけど、そこは人に流されないっていい子だね。

宝青ちゃんはもうドツボにはまってます。彼女が跡継ぎになるんだと思ってたけど、鳳凰族でもないし見殺しにしちゃったということはあんまりこの後よくないことになりそう。魔落ちか?

第56話


霊汐(れいせき)は景休(けいきゅう)の説得で山霊界の国主に即位。国主は異族と結婚できないため九宸(きゅうしん)はヘソを曲げるが、彼女は亡き母への孝行として国が落ち着くまで責任を負う心算だった。そんな中、霊汐の元に宝青(ほうせい)が現れ母の死の真相を教えると言い出す。だが、宝青は霊汐を襲おうとして景休に成敗され、その侍女が翎月(れいげつ)を殺めたのは宝青と証言し…。

ネタバレ「新しい国主」

赤鷩は「各部族が国主の座を狙っているため、早く決断を」と急かした。鳳凰族の血が大切…と気がついた景休は霊汐のもとへ。「私がいれば必ず国主は務まる、公主としての責めを負うのだ」と国師になるよう説得した。

凌霄殿。景休は天君に霊汐を国主とする報告をした。知らせを聞いた九宸は急ぎ山霊界に向かおうとするが、霊汐が扶雲殿に来ていると報告が入った。

山霊界。「霊汐が国主に」話を知り、激怒する宝青。

扶雲殿。十三は「玉梨が色目を使ってる、こうなればさっさと嫁いで既成事実を」と霊汐を焚き付けている。そこへ九宸が戻ってきて「十三は煮炊きをしたいらしいな」と追い払った。

二人きりになると霊汐は「私を国主にするのは無罪の証」と景休が黒幕ではない考えを伝えた。さらに「国主は異族と結婚できない」と後付情報を教える。ショックを受けた九宸は「何者も私からそなたを奪えない」と迫った。霊汐は「真相を突き止め、頼れるものが現れたら戻ってくるわ」と話す。

山霊界。景休は林黙の優しさを思い出していた。そこへ宝青がやってきて「霊汐を国主に?真相を知られたら敵討ちされるわ」と忠告する。そして「私はあなたを愛している、そして霊汐は戦神を愛してるから、愛したって何もしてもらえない!」と振り向かせようとした。しかし景休の心は動かない。宝青は「霊汐がすべて知ればどうするか」と景休を脅す。

宝青は部屋に閉じ込められてしまった。

天息宮。霊汐は国主に即位。

兵を騙して部屋を抜け出した宝青は霊汐のもとへ。同じ頃、景休にも宝青が抜け出した報告が入る。

即位式を終えた霊汐は青瑶と話をしている。そこへ宝青が来て「母上の死の真相を話す、人払いを」と言った。しかし宝青は霊汐を殺そうと襲いかかり、景休が駆けつけ宝青の喉を切った。

天息宮。景休は侍女を脅して「公主が国主を殺した」と嘘をつかせる。しかし霊汐は「地仙でしかない宝青が殺せるわけがない」と信じない。そこへ青瑶が来て、宝青の傷が重く事切れたと伝える。

宝青と景休の話を聞いてしまった花煙。景休のもとへ赴き「師匠にご挨拶します」と言う。景休のことを信じたい花煙だが、景休は悪事を認めた。景休は黒蚩を向かわせ花煙を始末する。

扶雲殿。「景休が宝青を殺し、侍女は宝青が翎月を殺したと証言した」と報告が入る。妙だと感じた九宸は、開陽に侍女を捜すよう命じた。

山霊界。霊汐は花煙がいないことに気がつく。宝青の侍女は仙骨を抜かれ荒涼の地に送られた。そこへ景休が来て相談があると話す。

荒涼の地。宝青の侍女を黒蚩が始末しようとしたところへ開陽が現れ助けた。

霊汐は夜になっても姿が見えない花煙の安否を心配している。そこへ九宸が来た。

天息宮。霊汐は景休を呼び出す。連れてこられたのは宝青の侍女だった。侍女は「私の愛する公主を殺し、母殺しの汚名を着せるとは…」と景休をにらみつける。

霊汐は「母上を殺したのか言いなさい!」と景休を問い詰めた。

感想:スローペース

終盤なのにネタが無くなったのか話がゆっくり進んでおります。今回、翎月を殺したのが誰かみんなで「わかんな〜い」と言ってるだけでした。九宸さんを除く。

ていうか九宸が言うことを信用してやらない霊汐も霊汐だなwwwあっさり即位してちょっと偉そうな態度が板についちゃってるのは…ねえ?

宝青は大好きな人に殺されて本望かな…?ちょっと激情型なのが玉に瑕だけど可愛いし河北麻友子似だし信念は曲げないし嫌いじゃなかったですよ。でもせめて母親のことはかばってほしかったね。

第57話


翎月(れいげつ)と花煙(かえん)を殺したことを認めて逃亡した景休(けいきゅう)。そんな彼をそそのかし新しい魔君になるように導いた元瞳(げんどう)は、自ら縛霊淵に飛びこむ。その頃、霊汐(れいせき)は新しい国師・昶亭(ちょうてい)に国政を任せ朝議を休んでばかりいたが、異変に気づき縛霊淵へ。すると、ある人物が現れ彼女が浴びた魔気を除いてくれる。それは霊汐に会いに来た天尊(てんそん)だった…。

ネタバレ「魔君の再来」

天息宮。景休は翎月を殺したと認め、さらに花煙のことも認める。景休は「すべての苦しみは九宸のせいだ」と霊汐に説く。そして逃亡、赤鷩は開陽と戦い死んでしまう。

司命殿。司命は「人間の運命に手出しをすれば罰を受けるのに、神尊は花煙の運命を変えて皇后にしろと…わたしはもう天罰で死ぬしかない」とぐちを言っている。そこへ十三がきて司命を急かした。司命は花煙の運命簿を見つける。

自悟崖。仕事を終えた青瑶は雲風のもとへ。そばにいると誓った。

荒涼の地。1人逃げ延びた景休の前に元瞳が現れた。「共に見捨てられ、成し遂げたいことも同じ、私と一緒に魔になるのよ」と提案する。

山霊界。霊汐は体調不良と偽り、朝議を開かない。そして新たに選ばれた国師 昶亭だけを部屋に呼んだ。昶亭は天宮にいても見劣りしない才子、将来重責を任せるにふさわしいと霊汐は考えている。

扶雲殿。含章は「黒蚩の死後、撼山族は内乱状態だったが、昶亭国師が出征し内乱を鎮めた」と報告。話を聞いた九宸は「天君が新たな頭領を連れてこいと言っていたので〜」と出かけようとする。含章と開陽はそれを止め「山霊族の国主は異族と婚姻できない、神尊を訴える声が何度も天君に届いているとか、それなのに行けば山霊族に宣戦布告されますよ」と言った。司命は「恋しければ呼びましょう^^」と提案。図星を突かれた九宸は「霊汐ではなく撼山族の首領に会うのだ!」と怒り出す。「ではこの前十三と姿を消したときは?」「縛霊淵の様子を見に行っていたんだ」そこへ十三が茶を運んできた「神尊〜!天息宮でもらったお土産を開けましょうよ」十三のせいで霊汐に会いに行っていることがばれてしまう九宸だった。

荒涼の地。元瞳は「私に力を授けたのは魔」だと語る。「無支祁が死ぬ前に神魂を燃やして残ったもの、そこに各地をめぐり怨念や貪婪殺意や欲望を集めてきた。私ではだめ、あなたなら魔種の威力を発揮できる。私が縛霊淵に飛び込み、幽冥門を開いて魔軍を迎え入れる」その話を聞いた景休は魔種を受け取り魔君になってしまった。

縛霊淵。元瞳は縛霊淵に入り幽冥門を開く。

天尊山。異常を感じた天尊は縛霊淵へ。そこではすでに霊汐が魔を封じ込めていた。天尊は縛霊淵の魔気から霊汐を浄化してやる。そこへ九宸がやってきて、霊汐は目の前の老仙が天尊だと知り驚いた。

天尊山。九宸は「婚姻したい」と天尊に申し出る。「霊汐が国主の座を降りたのち、私が桃林に迎えに行きます。霊汐は大雑把な性格で聡明でも美女でもなく、国主としてもいい加減です、しかし心が美しく私と縁があります、霊汐のことが好きなのでお許しください」天尊は婚姻を認めた。

天宮。天宮に戻ってきた霊汐は「また勝手に決める」と怒っている。さらに「美女じゃないってどういう意味よ!」と激怒。

扶雲殿。九宸は怒る霊汐に「私の妻になってくれるか」と再度告白。イッチャイッチャ^^キッスキッスしている様子を十三たちが目撃。十三は「嫁ぐのね〜」と嬉しそうだ。

桃林。霊汐は婚姻のことを青瑶たちに話した。そこへ花蓼が酒を持ってきて受精の話で下ネタをかます。

花蓼の酒を飲んでべろべろになった霊汐を九宸が迎えに来た。

感想:あと3話

早いものであと残り3話になっちゃった…夜な夜な見ていたけど次は何見ようかな。

さてさて、景休さんの悪事が発覚。赤鷩も黒蚩も始末されてしまい、今度は元瞳が近づいて大変なことになってしまいました。もう魔君候補なんて景休しかいなかったからしょうがないけど。

個人的には、前にも書いたけど、霊汐を理不尽に始末された恨みから九宸が魔君になる流れのほうが楽しいな。そして世界は魔に飲み込まれるのです…完

せっかくなのでこれが終わったら途中辞めにしている夢幻の桃花見るか。

花煙が始末されてしまったのは悲しいけど、九宸の言いつけで来世は愛される皇后になるそうです。それがいいのかわからないけど、まあそのくらいしてもらってもいいよね。

次回、58・59話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。