【大唐見聞録・全36話】31・32・33話あらすじ・ネタバレ・感想|業務連絡の大切さ

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「大唐見聞録〜皇国への使者〜」について

あらすじ・ネタバレ・感想を掲載していきます。

登場人物まとめ一覧

  • 雲不器(うんふき・雲燁)…古代の唐へタイムスリップ。お調子者。
  • 李安瀾(りあんらん)…李世民の隠し種。母は墨家・田若蘭。何やら秘密がある様子。
  • 李承乾(りしょうけん)…唐の太子。気のいいお坊ちゃま。
  • 程処黙(ていしょぼく)…程咬金将軍の息子。気のいい脳筋くん。
  • 程咬金(ていこうきん)…将軍。お調子者。
  • 李世民(りせいみん)…唐の皇帝。
  • 長孫皇后(ちょうそん)…唐の皇后。女性のお手本と言われるほど出来た人。
  • 田若蘭(でんじゃくらん)…李安瀾の母。故人。
  • 李泰(りたい)…李承乾の弟。魏王。
  • 盧辛月(ろしんげつ)…山東学者の娘。書を売り孤児を養う。
  • 盧寿(ろじゅ)…盧辛月の祖父。山東貴族。
  • 侯君集(こうくんしゅう)…隋国公。李世民の即位に貢献したが…
  • 侯小妹(こうしょうまい)…侯君集の娘。
  • 無舌(むぜつ)…総管大監。李世民の側仕え。
  • 魏徴(ぎちょう)…文官。代々政治家の家系。中国の有名人。
  • 秦瓊(しんけい)…武官。
  • 秦懐玉(しんかいぎょく)…秦瓊の息子。武官。
  • 長孫無忌(ちょうそんむき)…長孫皇后の兄。
  • 長孫沖(ちょうそんちゅう)…長孫無忌の息子。
  • 紅螺(こうら)…燕来楼の踊り子。
  • 公輸木(こうしゅぼく)…李安瀾を「若当主」と呼ぶ謎の人物。
  • 朝雲(ちょううん)…李安瀾の侍女。
  • 李靖(りせい)…鎮国大将軍。衛国公。堅物。
  • 紅拂女(こうふつじょ)…李靖の妻。李得誉の母。田若蘭の義理姉妹。
  • 李得誉(りとくよ)…箱入り息子。
  • 玲瓏(れいろう)…李安瀾の侍女。李承乾の用意した侍女。
  • 呉尚儀(ごしょうぎ)…李安瀾の教育係。
  • 孫思邈(そんしばく)…薬王。

BS12での放送について

BS12での放送はCMの関係で本編カット✂が多いです。

そのため、ネタバレあらすじには放送されていないシーンが多く含まれています。

ご了承ください(▽◕ ᴥ ◕▽)

【大唐見聞録】あらすじ・ネタバレ・感想

第31話

あらすじ

李泰は「爆弾作りが遅すぎて需要が満たせない」と文句を言いに来た。

「改良型なら威力は倍、作る時間は短くなる。だが、安全弁がなければ事故の起きる確率が高くなる」

それを聞いた李泰は「何人かに別の場所で作らせろ、民が数人犠牲になっても構わない」と耳打ちする。

そこへ盧辛月がやってきた。

「私の頼みを心に留めておいてくれ、返事を待っている」と告げると李泰は去っていく。


安瀾がいることは李泰にバレなかった。

雲不器は別室に逃げていた安瀾を見て安心する。

食事のことを聞かれ「辛月が届けに来たから足りてる」と口を滑らせた。

「そう、奥方が居るから必要ないわね」

「俺の本物の奥方は誰だ?間違えたら減給だぞ」

「勝手にしなさいよ、事が済んだら出ていくから」

「その時には本物の奥方に収まってくれ」

話をそらして、調査の事を持ち出す安瀾だった。


またもや密会する盧辛月と李承乾。

李泰に敵対され、雲不器は味方になってくれず思い悩む李承乾に、

「殿下は賢者です譲ってはなりません」と盧辛月は話す。

「君は最愛の人だ、きっと賢者になるよう頑張るから」李承乾もその気持に答えようと必死だ。

盧辛月は玉山に言った話を聞かせる。

「李泰はすでに玉山に住んでいる、皇子とは言え李泰は軽薄で無能な者、なぜ重要な任務につけるのか…」

盧辛月の言葉に李承乾は「体を大切に、きっとなんとかする」と言う。


李世民は「本物の黒幕が尻尾を出す頃だ」と申国公に話す。

そして朝議の場で「太上皇の陵墓で墓守をするため出かける、その間、李承乾を監国に任じ留守を任せる」と告げた。


李承乾は侯君集と密会。

「李泰は製造所の監督をしている、爆弾は100余り」と盧辛月からの情報を話す。

兄弟を争わせ李世民を破滅に導きたい侯君集は「かつての秦王のように、李泰は権力を思うままに振るうようになるでしょう。あなたは李建成のような目に合う」と不安をあおる。

そして「陛下が留守の間に李泰を爆死させる、事故にあったことにすればいい」と悪魔の作戦を口にした。

御者に化けた侯君集の部下と盧辛月が玉山へ、盧辛月が離れた後に工場を爆発させるというのだ。

李承乾は盧辛月に危険が及ぶ…と危惧しながらも承諾してしまう。


李承乾が帰ると侯君集は「爆発のあと盧辛月を始末しろ」と陳彪に命じる。

官兵に殺されたように見せかければ、李承乾は李世民を恨む。


雲不器は上等な酒を持って常何将軍を訪ねた。

酔った常何は「軍功も野心もない、だが申国公は秦王が劣勢と見るや皇宮に逃げた」と話す。

雲不器は常何の酒に薬を入れ、付け髭をして申国公のフリをし始めた。

常何は「墨家のものが駆けつける前に皇宮に入っていたでしょ、楼閣から見ていたよ、耄碌しましたね」と話した。

墨家が来る前に皇宮に戻った申国公は黒幕ではない…雲不器は安瀾に話すが、彼女は認めない。


盧辛月に「李泰の爆死」を頼む李承乾。

一度は拒絶した盧辛月だが、雲燁が都に戻る間なら事を起こせると承諾してしまう。

決行の前日、盧辛月は侯小妹の墓参りへ。

「そこにいるのが私なら良かったのに、戻れるのなら、長安になど来なければよかった…」

供え物のお菓子を置いて去ると、そこへ孫思邈の見習いをしている浩浩が来てお菓子を持っていった。


その夜、雲不器は贈り物を作ったと安瀾を部屋に呼ぶ。

そこにはプラネタリウムがあった。

「俺の代わりに、星が君のそばに」

「どんな星よりもあなたの心がいい」

きっす!きっす!!

だが、安瀾は雲不器にお香を嗅がせ深い眠りにつかせると、変装して玉山を出た。

公輸木はそれに気が付き後を追う。


陳彪は御者を殺して成りすますと盧辛月を迎えに雲家へ。

玉山に到着すると陳彪は作戦を実行するので、ふもとの馬車まで戻るよう盧辛月に言った。

そして倉庫に火を付ける。

逃げる途中で足をくじいた盧辛月は、兵士に案内され馬車に向かうことが出来ない。


墓守のため皇宮を出た李世民は申国公も一緒に陵墓へ連れて行く。

李世民は「申国公がいると見せかけ黒幕をおびき出す、皇宮で人騒ぎを起こすことで監国の腕も試したい」と話した。


やっと目が覚めた雲不器。

辺りは煙に包まれている。

盧辛月を見つけ逃げるよう言うが、彼女は一緒について来てしまった。

職人を助けに戻り、李泰も助け、2人は逃げる。

その途中、落ちていた油の入れ物を見て誰かの策謀だと気がつく。

陳彪は爆発に驚き、盧辛月殺害を諦め逃げた。


安瀾は復讐のため皇宮に潜入していた。

倉庫に忍び込むが、逃がそうとした侍女に殺されそうになる。

だがそこへ公輸木が来て、安瀾を助けた。

感想:そんな女だったなんて!

なんてこった、盧辛月は李承乾と一緒になれないあまり性格が壊れちゃったのか?

爆死には一応びっくりしてたけども、義理の弟になるかも知れない李泰くんを「皇子のくせに軽薄で無能」って…笑うとこだった?

その後、一応暗殺は拒絶してみせるものの、雲燁さんがいない間なら…ってもっともらしい理由つけて承諾しちゃってるし???

安瀾まで早まって飛び出していくし。

皆勝手なことしないで!あと5話しか無いからって焦らないで!

第32話

あらすじ

安瀾を助け逃げる途中で、矢を射られた公輸木は捕らえられてしまう。


同じ頃、皇宮にいた李承乾のもとへ曲者が侵入したと報告が。

報告を聞いた李承乾は「先程の大きな音は何だ」とわざとらしく聞いた。

玉山の爆発は皇宮からも見えるのだ。

李承乾はその煙を見てほくそ笑む。

李承乾が一人になると物陰から安瀾が現れた。

死んだはずの姉との再会を喜ぶが、安瀾は「まず仲間を助けて」と懇願する。

そこへ「曲者を捕らえた」と侍衛がやってきた。

侍衛は「尋問しようとしたところ、口の中に隠していた毒を飲み死にました」と遺体を横たえた。

物陰でその話を聞いた安瀾は涙を流す。


雲燁はふもとの野営地で目を覚ました。

看護をしていた盧辛月は「爆発の被害は甚大で、魏王も負傷した」と教える。

雲燁は傷ついた人々を見て「もっと早く気付けば助けられた、防火の備えは最善だった、これは放火による事故、内部に詳しいものでなければ不可能だ、まさか内通者が?」と裏切りに勘付いた。

そして盧辛月に「爆発のとき見えた怪しげな男は?」と尋ねる。

雲不器は盧辛月の様子がおかしいことに気がつくが、先に安瀾を探すことに。


李承乾は公輸木を「丁重に葬る」と約束する。

安瀾は「母を殺した黒幕を突き止めるため、生きているのを黙っていた。誰にも言わないで」と頼んだ。

そこで安瀾は申国公が陵墓に連れて行かれた事を知る。

「申国公を庇うのには理由がある、父は母よりも政権が大切なのだ」そう思い込んでいる安瀾は、「生まれたときから駒でしかなく、父上に操られている」と感じていた李承乾に手を組むことを持ちかけられた。

「愛するの女を最高の友に嫁がせた挙げ句、姉上の信頼まで失った。弟に地位まで脅かされている。天が不公平だと思うならひっくり返して違う天に変えよう」

李承乾は謀反を匂わせる。

「私が即位すれば、その手で高士廉を討たせる、協力を」

「今は答えられない、でも他言はしない」

李承乾は安瀾に令牌と服を用意し皇宮の外に出した。


李世民のもとに事件の報告が入る。

常何将軍を呼び出すと玉山の事件について、「どう責任を取る!」と叱りつけた。

「責任者はすでに処刑した」と謝罪する常何をひとまず許すことに。

「そなたの首はしばらく預かる、ある任務を与える」と李世民は言う。


野営地まで戻った安瀾は雲不器を探す。

そこへ雲不器がやってきて盧辛月が駆け寄った。

役人が現れ「事故に関わったものを大理寺に収監」と二人を連行してしまう。

安瀾は近づくことも出来なかった


皇宮に勅旨が届く。

「玉山の事故は国を揺るがす重大案件、太子が法に従い処理し、後に朕が自ら審議する、本日より恪物院を封鎖し爆弾の製造を禁ずる、常何に命じて玉山の後処理を、また城外に軍を駐屯させ城内に出入りするもので疑わしきものはないか吟味せよ。」


大理寺に入れられた雲不器は監守に麻雀で勝つ方法を教えて、家に使いを出す。

「旺財(オウム)に布団をもたせよ」

小南が街中の道を教えた旺財は、迷うことなく大理寺にやってきた。

雲不器は旺財と取引し、「安瀾を探してくれ」と頼む。

オウムはまず妓楼で遊んでいた黄鼠のところへ。

「1000両、1000両」としつこく繰り返すので、とりあえずついていってみることに。

そこは大理寺だった。

待った厄介なことに巻き込まれると感じだ黄鼠は逃げようとするが、オウムは「2000両、3000両」と値を吊り上げていく。

雲不器が捕まっているとは知らない黄鼠は、とりあえず掘ってみることに。


李承乾は体調を崩してしまった皇后を見舞う。

皇后は「李泰の罪が軽くなるよう口添えを」と頼んだ。

そして皇后が誰にも会えないよう、李承乾は面会を禁じる。


次は李泰だ。

李承乾は弟を呼び出し、玉山での責任を取らせるので軟禁すると申し渡す。

李泰は「太子の座を守るために、私を陥れたいのだろう」と反抗。

そして本心を話し始めた。

「父上の寵愛を競い兄上と軍功を争ったのは、自分のためではなく太子のため、女のせいで堕落するのを見たくなかった!子供の頃から私達は仲がよかった、兄上を尊敬しているのに争う気があるわけがない、奮起してほしかっただけだ!」

「あの女を殺せばよかった、あの爆発は兄上の仕業か?私の命を狙ったのか?目を覚ましてくれ」

李承乾は弟の話を全く信じず、逆上し「魏王を閉じ込めろ」と命じた。


悲田坊。

陳彪は侯小妹の姿絵をもたせた男に聞き込みをさせる。

孫思邈は姿絵を見て動揺、知らないふりをして扉を締めた。

孫思邈からは聞き出せないと判断した陳彪は、悲田坊の子供を狙う。

孫思邈の見習い・浩浩は「新月姉さんの亡くなった友達にあげたんだ」と話してしまった。

陳彪が土を掘り起こすと、女の手が…そこは侯小妹の墓だった。


「盧辛月が大理寺へ入れられた」李承乾のもとに報告が入る。

李承乾はすぐに会いに向かう。

「雲燁に命を救われた、気づいたようです…」

「計画のためもう少し辛抱を、私達の苦しみは必ず消える」

盧辛月と会った後、雲不器の牢へ向かう。

「軍が破れ、突厥が攻めてくれば我が国は危ない、爆発物の作り方を教えてくれ」と頼んだ。

だが雲不器は「覚書は破棄した、事故を起こした責任もある」と取り合わない。


安瀾は李承乾に協力する決断をする。

「手を貸すわ、ただし2つ条件がある。雲燁を巻き込まず傷つけないで、墨家の者を釈放して城外へ出して」

李承乾は承諾するが…?


陳彪は侯小妹が死んでいたことを、侯君集に報告。

陳彪は殺したのが「おそらく盧辛月かと…」と話す。

侯君集は証拠を探すよう命じた。

「お前を殺したものを父は絶対に許さぬ」


大理寺に黄鼠登場。

さっそく雲不器に捕まってしまう。


監守の食事に薬を盛り、大理寺に侵入した陳彪は盧辛月の牢へ。

「お命が危ない、これに着替えて私と逃げてください」

李承乾の従者のふりをして彼女を連れ出した。

感想:いつでも無駄に楽観的なとこがいい

雲不器は失敗しようが何しようが、ちょっと反省してすぐ立ち直れるのがすごいなあ。

まじでうじうじグダグダするのは無駄、賢い人は切り替えが早い。

雲不器が「孤児」って言ってたのは、現代でも本当にそうなんだ。

そうであれば賢さだけじゃなく、彼の資質が羨ましくなってくる。

さーてさて、弟くんはやっぱりお兄ちゃんの目を覚まさせたいだけだった。

気が弱すぎるし、弟くんが継いだほうがいいよもういっそ。

しかしこの2人結局共倒れして、稚奴が跡継ぎになり武則天に実権握られるんでしょ?困ったもんだ。

第33話

あらすじ

黄鼠は監守に見つからないよう壁に張り付いている。

「占い師に見てもらったら、侯爵といると不幸になると言われた…」

逃げようとする黄鼠に雲不器はネズミの絵(ディズニー調)を見せる。

手助けをすれば純金のネズミ像がもらえるぞ〜とそそのかした。


黄鼠の掘った穴から脱出した雲不器。

そこへちょうど盧辛月と陳彪がやってきた。

「太子が安全な場所でお待ちです」

そう話す陳彪を見て、罠の臭いを察知し心配で後をつける。

陳彪は民家に安置されていた侯小妹の遺体を見せた。

「侯君集に埋葬場所を突き止められたので、ここに運びました」と嘘を付き、盧辛月に探りを入れる。

「悲田坊で侯小妹を殺めたとき、誰かに見られたとか」

「いいえ誰にも見られていない、誰にも見られないよう殿下と郊外運んだのに」

その話を聞いて陳彪の態度は一変した。

「ここへ来て自分が殺した侯小妹の顔を見てみろ」

雲不器は部屋に飛び込み、襲われていた盧辛月を助け出す。

雲不器は「侯将軍がお前を殺せと言っている」と叫び、部屋を出た。


公輸木の遺体と対面した安瀾。

そこへ墨家の沈叔父とその息子がやってくる。

安瀾が李承乾に頼み、都を離れられるよう手配したはずだ。

安瀾は「今すぐ長安を離れて」というが、「墨家の弟子は掌門に安瀾を推す」と忠誠を誓う叔父たち。


脱獄して雲家へ戻った雲不器。

脱獄したと聞いた老婦人は「長安を出て地の果てに逃げよう」と提案する。

だが雲不器は「大丈夫!俺が解決するから」と安心させた。

盧辛月も目を覚まし、雲不器は李承乾と結託しているのか聞き出そうとした。

だが盧辛月は「雲燁さんには大きな恩があるわ、でも私にも譲れないことがある」と口を割らない。

雲不器は外に出ると部屋に鍵をかけた。

そして老婦人に鍵を預け「逃げないように見張ってて」と盧辛月を幽閉してしまう。


侯君集のもとへ「陳彪と盧辛月が消えた」2人が消えたと報告が入る。

「陳彪の母親を見張らせろ、亡骸は使い道がある、そのままにしておけ」


李承乾は安瀾と叔父たちを連れて恪物院へ。

そこではすでに爆弾作りが再開していた。

「爆弾を門に仕掛け、父上と軍を分断する、大丈夫、驚かせるだけだ」

李承乾はそう話すが…?

「玉山の爆発はあなたが?」

李承乾ははすぐに「違う」と否定した。

このままでは製造が間に合わないため改良型爆弾を作ることに。

安瀾は七巧閣にある図面を取りに行くと話した。


李承乾の動きを見張っていた侍女は、安瀾のことを蘇婉に報告。

「陛下が封じた恪物院を、不在の間に開けるのは…」と不安視している。


雲不器は陳彪を探すため悲田坊へ。

浩浩はお菓子をくれたおじさんだと気づき、香り袋をくれたおばさんの話をした。

陳彪は母を助けようと、家の周囲を警戒している。

侯君集の差し向けた刺客がそこかしこにおり、手が出せないでいた。

そこへ、話を聞いた雲不器がやってくる。

老婦人は「軍に入った息子がいたが、玄武門で死んだ、侯君集の配下だった。息子の友人が世話をしに来てくれる」と話した。

その時、侯君集の刺客が家に侵入してくる。

雲不器は老婦人を助け、陳彪は刺客を殺し母を守る。

家の中に入ると、仏像の下に隠していた「焦げ跡のある令牌」を手に二人を連れて逃げた。

傷を負った陳彪の手当てをしようとした雲不器は、首元の大きな傷を見て、安瀾の言葉を思い出した。

雲不器の作戦で3人は追手から逃げ延びる。


陳彪は「何もかも話すから約束しろ、おふくろに平穏な晩年を」と雲不器に母を託した。

そして、焦げ跡のある令牌を渡し、侯君集がすべての黒幕だと話す。

「20年犬を努め、最後に殺される、当然の報いか?滑稽で哀れか?」

感想:死んでない気がするが?

公輸木は本当に死んだの?あんまりにもあっけなくて、なんか仮死状態になる薬でも飲んでるんじゃないの?って気がしてきた。

それを利用して、李承乾は爆弾製造させるし、何だあいつは本当に太子か?そもそも血の通った人間か?排泄物にも劣るぞ。許さんからな。

あと3話で終わる!早すぎ!

次回、34・35・36はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。