【紳士探偵L・全24話】22・23話のあらすじとネタバレと感想|上海、危機一髪

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「紳士探偵L~魔都・上海の事件録~」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

配信

DVD

登場人物まとめ一覧

  • 羅非(ルオ・フェイ):元警官、探偵として警察に協力する
  • 秦小曼(チン・シャオマン):女性初の刑事として着任する
  • サボイ:刑事部長、主人公2人の上司
  • 葉常青(イエ・チャンチン):刑事
  • ベンジャミン:監察医、羅非の友達
  • 霍文斯(フオ・ウェンスー):精神科医、警察に協力
  • キャプテン:巨大組織のボスだった、羅非に捕まり刑務所へ
  • 汪蘇蘇(ワン・スースー):サリバンアパートの管理人

【全24話】「紳士探偵L~魔都・上海の事件録~」あらすじ・ネタバレ・感想

「紳士探偵L」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第22話

気品ある出で立ちで中央警察署に現れた1人の男。署内に貼られた自分の顔写真入りの手配書をはがすと刑事課に向かい、一言「自首する」と言い放った。懸賞金つきの大物指名手配犯・金不敗(ジン・ブーバイ)は、こうして勾留された。だが、獄中でも勝手気ままにふるまう彼は、羅非(ルオ・フェイ)との面会を要求し…。

ネタバレ「上海、危機一髪 前編」

指名手配犯 金不敗(ジン・ブーバイ)が上海租界警察署に自主する。

そして羅非に「同時に起こる3つの事件を用意した」と言い放った。

羅非は自主の理由について、手下の魏峰(ウェイ・フォン)に裏切られたこと、羅非がついさっき解決した女教師殺人事件の犯人生化学の教授に興味があることを言い当てる。

金不敗(ジン・ブーバイ)は強いウイルスによって事件を起こそうとしているようだ。

潜入捜査官 魏峰(ウェイ・フォン)は金不敗(ジン・ブーバイ)のもとを離れ羅非たちに協力。見事に事件を解決し、名探偵として紙面を飾った。その写真を見た金不敗(ジン・ブーバイ)は写真を撮った女と魏峰(ウェイ・フォン)が親密な関係にあると睨み狙っている。

羅非はすぐ魏峰(ウェイ・フォン)に傅媛媛(フー・ユエンユエン)のことを話しかくまうよう忠告。

公菫局長官 呂文徳(リュー・ウェンダー)は魏峰(ウェイ・フォン)に恨みを持っている。

潜入捜査官として潜入し、金不敗(ジン・ブーバイ)に信頼された魏峰(ウェイ・フォン)は任務を任された。殺しをする気はなかったが、運悪く呂文徳(リュー・ウェンダー)の妻に流れ弾があたってしまう。妻は一命をとりとめたが麻痺が残った。そのため呂文徳(リュー・ウェンダー)は魏峰(ウェイ・フォン)のことを恨んでいる。

魏峰(ウェイ・フォン)に田百川(ティエン・バイチュアン)からウイルスが関係する新しい犯罪計画があると情報が入った。

羅非と秦小曼、刑事部長サボイは罠を警戒し、近くのカフェで待機する。

その夜、田百川(ティエン・バイチュアン)が殺された。犯人に逃げる時間はなく、最初に部屋に入った魏峰(ウェイ・フォン)が疑われ逮捕されてしまう。

田百川(ティエン・バイチュアン)は「重症の流感に用心を」と言い残しており、羅非は病院を調べることに。

ウイルスに感染したと見られる患者はすでに3人。誰かが街中でウイルスを撒き散らしているようだ。

呂文徳(リュー・ウェンダー)が独断で魏峰(ウェイ・フォン)の銃殺を決定する。


感想:私怨

すげえ、あの北の彼の国みたいな勢いで執行が決まっちゃった。職権乱用にもほどが有るけど、それがまかり通る時代なんだなあ。いろんなことが適当で生きやすそう。

さてさて、とうとう最後の事件です。盛り上がりもなく、恋バナが始まるわけでもなくあっという間に最終回に…

またもや突然現れた新キャラ魏峰(ウェイ・フォン)さん。羅非は秦小曼よりも気にかけて守ろうとしておりますな。出てこないけど過去同僚だったとか?

第23話

殺人犯として逮捕された潜入捜査官・魏峰(ウェイ・フォン)…彼の死刑執行は目前に迫っていた。異例の速さで執行命令が下されたことに驚きながらも、仲間を助けるために奔走する羅非(ルオ・フェイ)たち。実はこの1件の背後には、魏峰に私怨を抱く公董局の呂(リュー)長官の存在があった。

ネタバレ

「上海、危機一髪 中編」

5時半には刑が執行され、魏峰(ウェイ・フォン)が銃殺されてしまう。羅非は現場に戻り、手がかりを捜す。

すると換気口からタバコの灰が見つかった。トリックが分かった羅非は警察に電話し止める。

銃殺を強行しようとした呂文徳(リュー・ウェンダー)から刑事部長サボイが必死に魏峰(ウェイ・フォン)守り助かる。

羅非の推理したトリックはこうだ。

犯人はサイレンサー付きの銃で殺害、銃だけをベッドの下に投げ入れ、次にフィルターを切ったタバコを取り出してそれに爆竹の動線を差し込み魏峰(ウェイ・フォン)を待つ。やってきたらタバコに火をつけ換気口に放り込む、タバコを導火線として逃げる時間を稼ぎ、爆竹の音を銃声に見立て10秒で部屋から姿を消したように見せかけたのだ。

魏峰(ウェイ・フォン)は釈放、呂文徳(リュー・ウェンダー)は処分を受ける。魏峰(ウェイ・フォン)は傅媛媛(フー・ユエンユエン)から子供ができたと知らされ喜んだ。

入院していたウイルスに感染した大学生が死んでしまった。

傅媛媛(フー・ユエンユエン)にウイルスについての写真と手紙が送られてきた。それを知った羅非はすぐに検査し、写真から毒を検出する。

羅非は毒のことを魏峰(ウェイ・フォン)に話す。病院で手がかりを探しながら、同時進行で解毒薬を作ることになった。

ウイルス患者が収容されている病院の医師が死んだ。羅非はすぐに自殺に見せかけた他殺と判定。犯人は4人の患者と家族の中にいると推理する。

傅媛媛(フー・ユエンユエン)が倒れて入院してしまう。さらに、毒をもっと多量に入手しなければ成分がわからず、解毒薬が作れないと明らかに。

魏峰(ウェイ・フォン)は金不敗(ジン・ブーバイ)のもとへ行き取引を持ちかけた。金不敗(ジン・ブーバイ)は羅非を殺すこと、偽の情報を流すことを条件に毒の在り処を教える。

入院していた小虎(シャオフー)の家に向かう羅非と魏峰(ウェイ・フォン)。父 黄(ホアン)はすでに殺されていた。部屋から毒薬が見つかる。


感想:正義よりも

大切なものがあるタイプ〜!?まあ世の中の人間は大体正義よりも自分が可愛いよな。愛する女と子供のためなら何でもすると。

ちょっとまって、あと1話で終わってしまうんですが!?これって続編があるのかい?

さてさて、なんだかさらっと見てきましたが次で最終回です。

次回、最終話はまとめ記事の一番下で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。