【独孤皇后・全50話】10・11・12話のあらすじとネタバレと感想|乙女な楊堅

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 独孤伽羅どっこから:独孤信の娘、宇文護への復讐を誓う
  • 楊堅ようけん:楊家の長男、伽羅との結婚が決まるが…
  • 独孤信どっこしん:衛国公、忠臣だが宇文護にはめられる
  • 崔氏さいし:伽羅の母
  • 独孤善どっこぜん:伽羅の兄
  • 上官英娥じょうかんえいが:伽羅の義理姉、独孤善の妻
  • 楊忠ようちゅう:楊堅たち4兄弟の父、随国公
  • 楊整ようせい:楊家の次男
  • 楊瓚ようさん:楊家の三男
  • 楊爽ようそう:楊家の四男
  • 楊麗華ようれいか:楊堅と伽羅の長女
  • 楊勇ようゆう:楊堅と伽羅の長男
  • 楊広ようこう:楊堅と伽羅の次男
  • 宇文護うぶんご:大冢宰、晋国公、いとこである天王を操り国を支配している
  • 宇文毓うぶんいく:天王
  • 宇文邕うぶんよう:宇文毓の弟、魯国公、伽羅と恋仲だった
  • 宇文珠うぶんしゅ:宇文毓と宇文邕の妹、公主
  • 宇文会うぶんかい:宇文護のうんこ息子
  • 独孤般若どっこはんじゃく:伽羅の姉、王后
  • 阿史那頌あしなしょう:宇文邕の妻、突厥の公主
  • 阿史那厥玷あしなてんけつ:阿史那頌の弟、突厥を治める
  • 趙貴ちょうき:楚国公、忠臣だったが宇文護に始末された
  • 趙越ちょうえつ:宇文護の腰巾着
  • 楊素ようそ:叩き上げの兵士、宇文護に仕えるが出世し国の重要人物となる
  • 鄭祁耶ていきや:楊素の妻
  • 高賓こうひん:忠臣仲間
  • 高熲こうけい:高賓の息子
  • 高霊こうれい:高熲の娘
  • 尉遅迥うっちけい:蜀国公
  • 尉遅寛うっちかん:尉遅迥の息子、酒乱
  • 尉遅容うっちよう:尉遅迥の娘、楊整に嫁ぐ
  • 尉遅文姫うっちぶんき:尉遅寛の娘、妙善庵で尼となる
  • 徐卓じょたく:独孤信の部下、宇文護への復讐のため伽羅に協力する
  • 耿康こうこう:刺史、楊堅が信頼する臣下
  • 宇文贇うぶんいん:宇文邕と阿史那頌の息子
  • 宇文闡うぶんせん:宇文贇と朱皇后 朱満月の息子、楊麗華が養母となる
  • 蕭薔しょうそく公主:梁の公主、楊広に嫁ぐ
  • 陳叔宝ちんしゅくほう:陳の元皇帝
  • 陳婉宜ちんえんぎ:陳の公主
  • 雲若霞うんじゃくか:平民の娘、楊勇と勝手に同棲

【全50話】「独孤皇后」あらすじ・ネタバレ・感想

「独孤皇后」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第10話


独孤善は宇文護が貨幣を偽造している証拠をつかむため、貨幣の鋳造所に潜入する。そんな中、突厥が斉を征伐するための援軍を周に要請してくる。それに乗じて独孤伽羅は宇文護を将軍として送り出し、長きにわたり長安を空けさせる策を思いつき…。

ネタバレ

伽羅と楊堅は徐卓と密会。徐卓は突厥の阿史那厥玷が周と組み斉を征伐するため、突厥と取引し武器の売買で人集めの資金を稼ぐと話した。さらに独孤善は宇文護の鋳造所を発見し潜入して証拠を掴んでいる最中だという。

王宮 文昌殿。突厥が斉を征伐するための援軍を求めてきた。天王は戦をしたばかりで消耗している今 兵を出すのは…と消極的な態度を見せる。すると宇文護が自ら援軍の将を務めると言い出した。まんまと策にはまる宇文護。

伽羅は阿史那頌を呼び出し、宇文護排除のために力を貸してほしいと頼んだ。宇文護をそのままにしておけば宇文邕そして周、阿史那頌の父である突厥の王にも影響が及ぶと諭す。伽羅は突厥の皇子が周に援軍を要請していることを教え「宇文護を長庵から遠ざけさせれば天王が実権を取り戻せる、弟の説得を」と作戦を話す。

客楼。到着した皇子 阿史那厥玷を阿史那頌が出迎えた。企みがあることは伏せて、大事の前に占いをしてみてはどうかと勧める。

王宮。阿史那厥玷は天王に謁見。宴の席に招かれ、天王が宇文護を上座に座らせる様子を見る。占い師から「最も強き者と手を組めば願いが成就する。高い山がまとう雲と霧に惑わされずそのものが誰か見極めるといい」と暗示されていた阿史那厥玷は宇文護を大将軍に指名。宇文護は承諾した。

王宮 崇義宮。宇文賢は母恋しさに王后の部屋へ。伽羅がやってきて「新たな王后が選ばれればもう会いにこれない」となぐさめる。そこへ天王がきて宇文賢に「心の制御を学べ」と諭した。伽羅には作戦成功を伝え、天王の令牌を渡しいつでも王宮に来られるよう計らう。

伽羅は宇文邕と出くわし、作戦に貢献した阿史那頌を褒める。宇文邕はまだ未練が断ち切れない様子。

晋国公府。宇文護の姪である雲婵が都に到着した。しかし雲婵にはきつ音があり、宇文護は眉をひそめる。しかし、他に王后の候補にする娘のあてもなく、出征も間近だ。仕方なく雲婵を王后にした。

魯国公府。帰宅した宇文邕は阿史那頌を褒める。それを聞いた阿史那頌は「全部あなたのため、私はあなたとの子がほしいの。もっと心をひらいてほしい」と素直な気持ちを伝えた。

随国公府。随国公府にやってきた門客の中に尉遅容の恋人陸作謙が紛れていた。尉遅容は拒むが陸作謙は諦めない。

王宮。王后の教育が行われ、参加した雲婵は吃音のせいで笑いものにされる。庭で泣いていると、そこへ伽羅と宇文賢がやってきた。伽羅は雲婵を励まし織物を褒める。すると雲婵は「染色も手直しも自分でした、家にいて織物をしている方がいいが逆らえない、大冢宰が叔父なのだ」と話す。

金を手に入れ人員を揃えた徐浜は「兵を各地に送り宇文護の勢力を崩す」と動き始める。そのためには宇文護の動きを報告する物が必要だ。楊堅は自ら名乗り出た。

随国公府。楊忠が宇文護の近くに潜入すると知った楊忠は大激怒。

その夜、伽羅は楊堅の気持ちを汲み取り「あなたが死んだら私も死ぬわよ」と絆を誓うお酒を飲む。2人は本当の夫婦になった…


感想:乙女な楊堅

やっっだ〜!!!女主攻め、いいわ〜!!!

取り乱しました。着替えを見られて悲鳴を上げる楊堅、伽羅に迫られて一瞬びく!?っとする楊堅が今回の2大見どころです!

なんかあれ以来結構平和じゃない?宇文邕のとこも時間が解決してくれそうだし、楊堅と伽羅は結ばれたし、天王もやる気出してるし…しかしそうは行かないのよな時代の流れに翻弄されて…

楊整の嫁 尉遅容がなんだか怪しい動き。元カレが嫁ぎ先にやってきてしまい、断りきれない様子。さらに宇文護の姪 雲婵も登場して何が起こるのか。

早く2人の長女 麗華がみたいです。独孤伽羅の麗華はあんまり好みじゃなかったんで、とびっきりの美女をお願いします。

第11話


宇文護は自身の出征中に天王の監視を怠らぬよう配下に念を押し、また王后の選考から辞退しようとする姪の雲嬋を引き止める。そんな中、平民のみを征伐軍兵として徴兵していることに憤った楊堅は兵に志願しようとするが、楊忠が激しく反対し衝突する。

ネタバレ

随国公府。やっっっと初夜を終えた楊堅はもじもじしながら翌朝を迎えた。「年老いても寄り添い一緒にいよう」そう願いを込めて髪を一房 切り取りお守りにする。

その夜、楊堅は酒瓶に字を書き木の根元に埋めた。

そんな楊堅の様子を微笑ましく眺めていた伽羅は、庭で尉遅容と陸作謙の逢引を目撃してしまう。尉遅容は「不貞など働いていない、信じてほしい、彼をここから追い出すので夫には秘密に」と必死に訴える。伽羅は「男を長安から追い出さなければすべて話す」と激怒した。

尉遅容は陸作謙を桟橋に呼び出しお金を渡す。しかし陸作謙は受け入れずもみ合いになり彼は池に落ちてしまう。助けようと手を伸ばす尉遅容だが、伽羅の言葉が脳裏をよぎり戸惑ってしまった。気がつくと陸作謙は池の底に…

屋敷に戻った尉遅容は伽羅に「都を去りました」と報告。伽羅は「超えてはならない一線がある」と尉遅容に忠告。尉遅容は逆上し「あなたは過ちを犯したことはないんですか!?」と伽羅に言い返した。伽羅は口ごもってしまう。その話を偶然通りかかった楊整が聞いてしまった。

尉遅容が部屋に戻ると、楊整は妻へのプレゼントとして買った腕輪を床に投げつけ割る。そして「1人で寝ろ」と言い残し書斎へ行ってしまった。尉遅容は崩れ落ちる。

晋国公府。自信をなくした雲婵は宇文護に「王后になれない」と話す。宇文護は「親孝行だと思い没落した家を復興させろ」と辞退することを許さない。そこで、王后選びで全員が言いよどむよう細工をすることになった。

王宮。酒を飲まされろれつの回らなくなった他の王后候補たちは言いよどんでしまう。天王は顔をしかめた。

長安の街。楊堅は街の酒場へ。そこに楊素という男がいて「名家の息子なんだぞ!」と息巻いている。楊素が他の男と争いになったため、楊堅が割って入り助けた。楊素は「大冢宰が斉を討つ兵を募っている、一緒に志願しよう」と楊堅に持ちかける。

楊堅は楊素の誘いを断り酒場を出た。しかし街には平民のみを徴兵する張り紙が…応じなければ厳罰に処されるという。宇文護のやり方に憤り、自らの身分を恥ずかしく思った楊堅は志願することに。

随国公府。楊堅の志願を知った楊忠は激怒。その様子を影から見守る兄弟と嫁たち。楊堅は「必ず行きて戻ると約束します」と先鋒隊の末端兵として出征することを話した。楊忠は「やめなければ親子の縁を切る」と大激怒。

影で話を聞いていた伽羅は「尊重する」と兄弟たちに話す。だが楊堅のことが大好きな末っ子楊爽は「夫の命より復讐が大事なのか」と伽羅に辛く当たった。

父に反対され気落ちする楊堅。「民のために戦いたい、貴族だからと免れることが恥ずかしかった」からは楊堅のその思いを聞いて楊忠を説得する。

「夫に何かあれば宇文護がまっさきに疑われるはず、天王の様子がおかしいのは演技です、楊家が同じ目的を持って動けば大義を為せます」その話を聞いた楊忠は楊堅の出征を認め協力することに。


感想:お父さんったら^^

頭の切れる大将軍のはずなのに、雷親父役になっちゃって^^そしてあっさり伽羅に丸め込まれるという。

楊爽はまだ伽羅の事が憎いんだね。楊堅が大好きだから、お兄ちゃんを危険な目にばかりあわせる女はそりゃあ嫌いだろうな。仲良し兄弟だったのに、伽羅のせいでなんか大変なことに…いや伽羅のせいというか、尉遅容に関しては自業自得ですね。彼女の弱さを見極められなかった伽羅にも問題がある。

後で尉遅容は伽羅を恨みそうだ。宇文珠も阿史那頌も、夫に何かあれば伽羅を憎みそう。こわやこわや。

さーて、楊堅が末端兵として戦場に行くそうです!手柄を上げて帰れると良いね。

第12話


周軍の出立の日、独孤伽羅は自分と同じく戦地へ赴く夫を見送りに来ていた鄭祁耶と出会う。一方、王后に即位した雲嬋は亡き前王后への思いが強い天王から冷遇され続け、悲嘆に暮れる。その様子を見かねた独孤伽羅は王后を貧村に連れていき…。

ネタバレ

楊素の家。自宅に戻った楊素は出征に向けて気合が入る。一方、妻の鄭祁耶は楊素のことを心配していた。鄭祁耶は母の形見を質に入れて手に入れた靴を渡す。楊素は「武功を立てて官位をもらい必ず楽をさせる」と抱きしめる。

随国公府。こちらの夫婦も別れを前にラブラブしている。伽羅は父から教えられた戦地での心得を記し楊堅に渡した。

王宮 崇義宮。天王は酒を飲み初夜を迎える。大監に連れられて崇義宮へ行くと、雲婵を独孤般若と見間違えてしまった。最愛の王后ではないと気づいた天王は「永遠に真の王后にはなれない」と雲婵に辛く当たり出ていく。雲婵は泣き崩れた。

翌日、出生の見送りにやってきた伽羅と楊爽。そこへ楊素と鄭祁耶も来て、お互いの家族を紹介した。楊堅は「平凡な商人の出だ」と身分をごまかす。

宇文護率いる大軍が斉との戦に出発した。

行軍する周軍。鄭祁耶は丘の上から旗を振り「必ず戻ってきて!」と叫ぶ。伽羅も楊爽も同じように無事を祈った。

伽羅と楊爽は鄭祁耶を家に送り届ける。そこで近所の夫人たちに囲まれ「善行で有名な楊夫人だ」と身分がバレてしまった。

王宮。雲婵は独孤般若が作ったのと同じ汁物を天王に差し入れ怒りを買う。雲婵はそれでも「命婦会を作り、良き王后になりたい」と必死に思いを伝えた。だが天王は「大冢宰に操られたものは真の王后になれない」と突き放す。

落ち込む雲婵は庭で伽羅と偶然会う。話を聞いた伽羅は「誠心誠意尽くせばいつか気持ちが伝わる」と励ました。そこで「得意なことで気を引いてみては?」とアドバイス。雲婵は伽羅の優しさに感謝し手製の手ぬぐいをプレゼントする。

王宮。宇文邕は天王に宇文護の蓄財を方法を話した。そして宇文護の悪事を暴くため、徐浜を密かに支援し宇文邕を頭とした隠密部隊を作ることになった。

斉との戦が始まった。初戦は快勝。宇文護は楊堅が入営したことを知らされるが、様子見することに。

楊素の家。伽羅は鄭祁耶を訪ねる。夫を心配する鄭祁耶に初戦の勝利を知らせた。伽羅は雲婵の手巾を見せ、貧しい婦人たちの手に職をつけたいと考えている。そのために鄭祁耶の協力を得ようと相談に来たが、急に吐き気をもよおし懐妊が発覚した。

随国公府。自宅に戻った伽羅は医師の診察で懐妊が発覚。孫ができる!おじさんになるぞ!と大喜びの家族。家事は尉遅容が助けることになる。

伽羅は懐妊を密書で楊堅に知らせた。

鋳造所に潜入している独孤善は、鋳造技師 鐘を野盗から救う芝居をして信用を得る。

伽羅は雲婵を連れて夫人たちのもとへ。夫人たちに技術を身に着けさせるため、雲婵を先生として染め物の技術を学ばせる。自信のついた雲婵は言いよどむ癖もなおってきた。伽羅は「天王に認められるには民に認められるように」と励ます。

二人の会話を聞いていた天王は、伽羅に「何故親しくする?」聞く。伽羅は「接し方次第で真の王后になれる、正直な人なので宇文護の手先にはなりえない。忙しくなれば宇文護の頼みを聞くこともない」と正直に話した。天王は染め物について「販路を見つけたら売ってもいい」と許可を出す。


感想:ガチ恋フラグ

まずはおめでとうございます!明るいニュースは良いですね、このままちゃんと生まれれば、この子が楊麗華ちゃんになるのかな。尉遅容の表情がすごく気になる…何もしないといいけど。

そして雲婵のことを思春期の中2男子のような勢いで嫌っている天王ですが、なんかこの後気に入っちゃってガチ恋するんじゃないかと予想。天王としてはガチガチのタイプでしょ。気弱そうなのが不安ですが、なんとか一瞬でも幸せになってほしいですね。

いろいろな人が宇文護を倒そうと画策しているこの状況。誰も犠牲にならないでほしいなあ(お兄ちゃんとか…お兄ちゃんとか…)

次回、13・14・15はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。