【独孤皇后・全50話】22・23・24話のあらすじとネタバレと感想|新しい時代へ

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 独孤伽羅どっこから:独孤信の娘、宇文護への復讐を誓う
  • 楊堅ようけん:楊家の長男、伽羅との結婚が決まるが…
  • 独孤信どっこしん:衛国公、忠臣だが宇文護にはめられる
  • 崔氏さいし:伽羅の母
  • 独孤善どっこぜん:伽羅の兄
  • 上官英娥じょうかんえいが:伽羅の義理姉、独孤善の妻
  • 楊忠ようちゅう:楊堅たち4兄弟の父、随国公
  • 楊整ようせい:楊家の次男
  • 楊瓚ようさん:楊家の三男
  • 楊爽ようそう:楊家の四男
  • 楊麗華ようれいか:楊堅と伽羅の長女
  • 楊勇ようゆう:楊堅と伽羅の長男
  • 楊広ようこう:楊堅と伽羅の次男
  • 宇文護うぶんご:大冢宰、晋国公、いとこである天王を操り国を支配している
  • 宇文毓うぶんいく:天王
  • 宇文邕うぶんよう:宇文毓の弟、魯国公、伽羅と恋仲だった
  • 宇文珠うぶんしゅ:宇文毓と宇文邕の妹、公主
  • 宇文会うぶんかい:宇文護のうんこ息子
  • 独孤般若どっこはんじゃく:伽羅の姉、王后
  • 阿史那頌あしなしょう:宇文邕の妻、突厥の公主
  • 阿史那厥玷あしなてんけつ:阿史那頌の弟、突厥を治める
  • 趙貴ちょうき:楚国公、忠臣だったが宇文護に始末された
  • 趙越ちょうえつ:宇文護の腰巾着
  • 楊素ようそ:叩き上げの兵士、宇文護に仕えるが出世し国の重要人物となる
  • 鄭祁耶ていきや:楊素の妻
  • 高賓こうひん:忠臣仲間
  • 高熲こうけい:高賓の息子
  • 高霊こうれい:高熲の娘
  • 尉遅迥うっちけい:蜀国公
  • 尉遅寛うっちかん:尉遅迥の息子、酒乱
  • 尉遅容うっちよう:尉遅迥の娘、楊整に嫁ぐ
  • 尉遅文姫うっちぶんき:尉遅寛の娘、妙善庵で尼となる
  • 徐卓じょたく:独孤信の部下、宇文護への復讐のため伽羅に協力する
  • 耿康こうこう:刺史、楊堅が信頼する臣下
  • 宇文贇うぶんいん:宇文邕と阿史那頌の息子
  • 宇文闡うぶんせん:宇文贇と朱皇后 朱満月の息子、楊麗華が養母となる
  • 蕭薔しょうそく公主:梁の公主、楊広に嫁ぐ
  • 陳叔宝ちんしゅくほう:陳の元皇帝
  • 陳婉宜ちんえんぎ:陳の公主
  • 雲若霞うんじゃくか:平民の娘、楊勇と勝手に同棲

【全50話】「独孤皇后」あらすじ・ネタバレ・感想

「独孤皇后」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第22話


皇帝に即位することを決意した宇文ヨウは、宇文護に対し取り入るかのような態度を取り続ける。一方、宇文護は屋敷に楊忠ら重臣を招く。そこで宇文護は楊忠の言葉尻をことごとくとらえ、場の空気が不穏になるも高賓と尉遅迥が必死に宇文護をなだめる。

ネタバレ

晋国公府。結局、太子は見つからず宇文邕が即位することに。宇文護は独裁政治の邪魔になると不満を持つ。そこへ宇文邕がやってきて「大冢宰の意向は絶対のため即位のお許しを貰いに来た、大冢宰の庇護と助力がほしい」と媚びる。宇文邕は生き残るため従順な演技をすることにしたようだ。

晋国公府。宇文護に呼び出された楊忠・尉遅迥・高賓。楊忠は「天王がのちに知れば宇文護に与したしたと思われる」と宇文護の思惑を見抜いていた。宇文護は独孤信を陥れた時と同じように、言葉尻をとらえ追い詰めようと画策。しかし、3人はなんとか策略を交わす。宇文護は楊忠と尉遅迥に兵の訓練を、高賓に汚職の調査を命じた。

魯国公府。伽羅と楊堅は宇文邕に「父が陥れられた時と同じ、助けてほしい」と頼みに来る。渋る宇文邕だが、伽羅に説得され晋国公府へ。

晋国公府。宇文邕が現れ「即位の儀式について話を」と話を逸らす。楊忠たちは無傷で解放された。

随国公府。楊忠は宇文護から雑事を押し付けられたと楊堅たちに話す。それを聞いた楊堅は「元隠密隊を軍に入れたらどうか」と提案。さっそく隠密隊を軍に入れた。

蜀国公府。屋敷に戻った趙嫣と尉遅文姫。尉遅寛は家事を担当し優しく接しようとするが、尉遅文姫は心を開かない。落ち込む尉遅寛は壊れた凧を直す。その様子を見た文姫は心を開き父と話をする。

楊素は立派な屋敷を大冢宰から貰った。鄭祁耶に見せ、使用人も用意。だが鄭祁耶は「嬉しいけどなにか引っかかる」と不安を話す。楊素はそんな妻に「独孤伽羅とも親しくするな、出世のためだ」と忠告した。

蜀国公府。文姫は楊堅が作ったバッタのおもちゃを尉遅寛に見せてしまう。さらに楊堅のことを「母さんと幼馴染で優しいんだから」と褒めてしまった。尉遅寛は嫉妬し酒を飲んで「お前は不貞を働いた」と怒り狂う。暴行された趙嫣は階段から転げ落ちた。

尉遅迥の見舞いに来ていた楊堅と伽羅。そこへ使用人が駆け込んできて趙嫣の事を伝える。

医者はさじを投げ「葬儀の準備を」と帰っていった…趙嫣は「もうそばにいられないお父さんを憎まないで」と文姫に話す。楊堅を見ると「楊堅さんとの時間は私にとって最高に幸せな時間だった、文姫をお願い」と娘を託す。その話を尉遅寛が聞いてしまう。趙嫣は「私達は潔白よ」と訴え息絶えた。

葬儀。弔いをする文姫。伽羅と楊堅もやってくるが「あの女が母さんを家に帰したから死んだのよ」と文姫に罵られてしまう。さらに尉遅寛は「戦場で大勢を殺した…酒に走ったのは罪の意識を紛らわせるためだ、父上は幼い頃から侮辱し殴り続けた」と尉遅迥を責めた。騒動の最中、文姫が姿を消してしまう。


感想:お家騒動

家庭の問題は家庭で解決してほしいですね、そこでだめなら公的機関にゆだねてほしいですね。巻き込まないで!

うーん、尉遅寛が優しい人間だというのはわかるけど酒乱になって暴力を振るうというつながりはおかしくねえか。本来、そういう暴力性を秘めた人ってことでしょ。まあそれを育てたのがあの無骨な父親のようだけど。まあ、子供は娘だしそこで途絶えれば良いんじゃないですかね。

さーて、文姫ちゃんが伽羅を恨んで復讐しそうな勢いです。話をしても聞かなさそうだし、尉遅容も怖いね。

個人的に一番みてて腹立たしいのは楊素夫婦かなあ。あれだけ嫁が世話になってたのに、あっさり裏切って「出世のためだ!」って宇文護もびっくりの自己中だよ。でも彼は後々 実は良いやつで改心して楊堅の役に立つ~っていう展開なんでしょどうせ。わしゃ、気に入らん!!

第23話


覚悟を決め宇文ヨウは皇帝に即位するが、権勢の絶頂期を迎えた宇文護に朝廷を牛耳られてしまう。そんな中、楊家の門客、張剣は蕭左を通じ宇文護に楊家の情報を流していた。そのことに気づいた独孤伽羅はそれを逆手に取る策を思いつき…。

ネタバレ

妙善庵。家から逃げ出した尉遅文姫は妙善庵にいた。住職に見つかり「帰りたくない家族にも知らせないで」と懇願。住職は尉遅文姫を守ると約束する。

文姫を探す伽羅は「趙嫣に選択させたのは間違いだった」と後悔する。楊堅とともに文姫を気にかけできることをしようと誓った。

西暦560年4月宇文邕は即位し皇帝となった。阿史那頌は皇后に、魯国公は宇文贇が継いだ。

その後1年あまり、宇文護は皇帝を凌ぐ権力を誇り万事の決定を自ら下し、新たに設置した中外府に軍を統率させた。宇文護の権力は絶頂期を迎える。宇文邕は楊素に見張られ宇文護の傀儡となっている。

朝議が終わり部屋に戻った宇文邕は息子 宇文贇に遊びをせがまれ激怒。傀儡となった宇文邕は朝議から戻るたびに憤怒するらしい。阿史那頌は焦らず対策をと慰めた。

耐えきれなくなった宇文邕は王宮を抜け出し伽羅に会う。伽羅は「何事も一人の力では成せないと気づいた」と過去のことを振り返り「ますます横暴に振る舞わせ、自滅させる」と新たな作戦を提案する。

大徳殿。宇文邕は風邪気味の宇文護を気遣い「朕の隣に座れ、明日からは隣に席を設ける」と媚びを売る。さらに「大冢宰の名をそのまま呼ぶことを禁ずる」とまで命じた。

晋国公府。宇文邕の態度に気を良くする宇文護。しかし信じているわけではなく「皇帝の策を探れ」と趙越に命じる。趙越は「随国公府に間者を潜り込ませておいた」と笑う。

随国公府。高賓と楊忠が話をしている側で、門客の張妍は草木のスケッチをしている。そこへやってきた伽羅がスケッチを覗き込むと、張妍はその手帳をとっさに隠した。不審に思った伽羅は張妍の部屋を捜索し、手帳の中身を暗記する。

張妍を尾行すると、街で簫左に会っていたことが発覚。張妍は暗号化した文書で楊忠の行動を宇文護に報告していたのだ。報告を受けた楊忠は「すぐに始末を」と憤るが、伽羅は「放置し墓穴を掘らせよう」と話す。

楊忠は張妍を連れて食事に出かけ、そこで簫左一家と偶然であった風を装う。楊忠は簫左を食事に誘い、その一部始終を趙越が目撃。

晋国公府。報告を受けた宇文護は簫左を呼び出した。簫左は「しつこく誘われただけ、家中の話をしました」と素直に話す。唄以外を捨てきれない宇文護は「監視し怪しいときは殺せ」と趙越に命じた。

随国公府。宇文珠は餃子をほじくり返して金を探している。「伽羅さんが餃子に金を入れていたの!きっと私へのサプライズプレゼントよ!」しかし餃子から金は出てこない。そこへ話し声が聞こえてくる。

伽羅は「簫左の息子の誕生日に」と手作りの餃子を張妍に渡していた。不審に思った張妍は罠とも知らず伽羅と楊堅の様子をうかがう。伽羅は楊堅に「簫左から届いた文は燃やして、父上の手紙を届けて~」と話し関係を匂わせた。宇文護は報告を受け簫左を始末した。


感想:お気楽公主

宇文珠ちゃんは勘違いの天才なのかなあ?そうなのかあ^^

もうやめてくれ!また問題が起きるだろう!宇文珠ちゃんは公主なのに別宅さえ作ってもらえないのちょっと謎。楊瓚に地位を与えて僻地の豪華な屋敷で静かに暮らしてくれえ。そうすれば宇文護に情報が流れることもないし。

まあそれにしても、伽羅の策略で宇文護がボロを出し始めました。自ら策にはまりつつあるということで、終わりが近い感じがする。まあ周りがあまりにも無能なだけで、いつもの中国ドラマならもうとっくに排除されてると思うが。

とにかく伽羅がいないと話が回らないったら。その伽羅も時々やらかすので視聴者としては指導に入りたいくらいです。

第24話


楊忠は宇文護の間者だった張剣を楊家から追い出す。宇文護に楊家の情報を流している宇文珠は、張剣の一件を知り怯えるが…。その頃、突厥が周に侵攻してくる。皇帝は宇文護に押し切られる形で皇后阿史那頌の祖国突厥の討伐を許可することとなり…。

ネタバレ

随国公府。宇文護の間者となっていた張妍は楊忠に叱責され屋敷を追い出された。

宇文珠は宇文護からの呼び出しに焦る。体調が悪いことにして子女に「楊忠が簫左を騙し、張剣を追い出した」と伝えさせることに。その様子を見ていた伽羅は侍女を尾行させる。

晋国公府。宇文護は簫左の一件が楊家の策略だったと知る。警戒を強め「楊家のものが皇帝に接触したら知らせろ」と楊素に命じた。

部屋で怯えている宇文珠。そこへ侍女がやってきて「張剣が殺されました」と報告。宇文護と通じお金を貰っていた自分も危ういのではないかと慌てふためく。そこへ伽羅がやってきて「純粋さと正直さは保ち、分別は守ってください」と忠告した。

伽羅と楊堅は独孤家の墓へ赴き、簫左を討った報告をする。しかしまだ復讐は終わらない。

大徳殿。突厥が略奪を行っていることが議題に上がる。宇文邕は「干ばつによる困窮しているから仕方がない、時間をくれれば交渉し侵略などさせない」と戦を避けようとする。だが宇文護は独断で楊忠を大司馬とし戦をすると決めてしまった。

祖国と戦をすると知った阿史那頌。宇文邕と言い争いになってしまう。

皇宮。宇文邕は宇文護の横暴に憤る。伽羅は「憤っても無意味、臣下によってはやむをえず宇文護に付いているだけ、機会を与えれば良心に従うはず」となだめた。そして簫左と張剣のことを報告。伽羅は「戦をするのはおそらく野心のため、君主になり領土を広げるつもり」と宇文護の思惑を話し、わざと楊素に聞かせた。

そこへ阿史那頌がやってきて伽羅の頬を叩き「あなたが戦を起こさせた」と激怒。楊素は阿史那頌が落とした文を拾う。

晋国公府。楊素は阿史那頌が突厥に宛てた密書を宇文護に渡す。その内容は「和議を打診してほしい」というもの。皇后の勝手な振る舞いに苛立つ宇文護。

戦地。楊堅、楊忠、楊整は戦地へ。突厥は外敵の出現により、内紛を終わらせ団結していた。

崇義宮。李文貴は崇義宮に侵入し皇后を拉致する。

宇文邕に呼ばれた伽羅たちは、現場に落ちていた鳥の羽から潜伏先を割り出し、危ないところで阿史那頌を助け出した。

崇義宮。目覚めた阿史那頌は宇文護を罰してくれと取り乱す。しかし李文貴含め全員死んだので、証拠がなく手が出せないと言われる。


感想:

いつまで続くの宇文護政権

長いよう…もう半分終わったというのに…まだ「今はまだ動けない(`・ω・´)キリッ」ってみんな足踏みしてる。終わらんのじゃあ、みんな足踏みしとったら進まんのじゃ!ノブぅ!

それにしても宇文贇はなんであんな肥満児になってしまったの?このまま大人になるのか、はたまた痩せたイケメンになるのか知りませんが、どっちにしても麗華が可哀想である。今回出てきた側室っぽい2人のどっちかが本当のお母さんなのかしら。

話数の長い中国ドラマは「そんなとこまで説明せんでええ!」ってとこまで説明してくれるのに今回は端折る部分が多い。なので、間者の大監の名前もわかんないし、楊整が禁軍の頭領だったのも辞めさせられるときに判明したし。もうちょっと丁寧にお願いします!

次回、25・26・27話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。