【独孤皇后・全50話】25・26・27話のあらすじとネタバレと感想|偉大な父よ

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 独孤伽羅どっこから:独孤信の娘、宇文護への復讐を誓う
  • 楊堅ようけん:楊家の長男、伽羅との結婚が決まるが…
  • 独孤信どっこしん:衛国公、忠臣だが宇文護にはめられる
  • 崔氏さいし:伽羅の母
  • 独孤善どっこぜん:伽羅の兄
  • 上官英娥じょうかんえいが:伽羅の義理姉、独孤善の妻
  • 楊忠ようちゅう:楊堅たち4兄弟の父、随国公
  • 楊整ようせい:楊家の次男
  • 楊瓚ようさん:楊家の三男
  • 楊爽ようそう:楊家の四男
  • 楊麗華ようれいか:楊堅と伽羅の長女
  • 楊勇ようゆう:楊堅と伽羅の長男
  • 楊広ようこう:楊堅と伽羅の次男
  • 宇文護うぶんご:大冢宰、晋国公、いとこである天王を操り国を支配している
  • 宇文毓うぶんいく:天王
  • 宇文邕うぶんよう:宇文毓の弟、魯国公、伽羅と恋仲だった
  • 宇文珠うぶんしゅ:宇文毓と宇文邕の妹、公主
  • 宇文会うぶんかい:宇文護のうんこ息子
  • 独孤般若どっこはんじゃく:伽羅の姉、王后
  • 阿史那頌あしなしょう:宇文邕の妻、突厥の公主
  • 阿史那厥玷あしなてんけつ:阿史那頌の弟、突厥を治める
  • 趙貴ちょうき:楚国公、忠臣だったが宇文護に始末された
  • 趙越ちょうえつ:宇文護の腰巾着
  • 楊素ようそ:叩き上げの兵士、宇文護に仕えるが出世し国の重要人物となる
  • 鄭祁耶ていきや:楊素の妻
  • 高賓こうひん:忠臣仲間
  • 高熲こうけい:高賓の息子
  • 高霊こうれい:高熲の娘
  • 尉遅迥うっちけい:蜀国公
  • 尉遅寛うっちかん:尉遅迥の息子、酒乱
  • 尉遅容うっちよう:尉遅迥の娘、楊整に嫁ぐ
  • 尉遅文姫うっちぶんき:尉遅寛の娘、妙善庵で尼となる
  • 徐卓じょたく:独孤信の部下、宇文護への復讐のため伽羅に協力する
  • 耿康こうこう:刺史、楊堅が信頼する臣下
  • 宇文贇うぶんいん:宇文邕と阿史那頌の息子
  • 宇文闡うぶんせん:宇文贇と朱皇后 朱満月の息子、楊麗華が養母となる
  • 蕭薔しょうそく公主:梁の公主、楊広に嫁ぐ
  • 陳叔宝ちんしゅくほう:陳の元皇帝
  • 陳婉宜ちんえんぎ:陳の公主
  • 雲若霞うんじゃくか:平民の娘、楊勇と勝手に同棲

【全50話】「独孤皇后」あらすじ・ネタバレ・感想

「独孤皇后」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第25話


突厥との戦に臨んだ楊堅は阿史那テン厥を生け捕りにする。宇文護は捕らえた阿史那テン厥を利用し突厥を脅そうと思案していた。そのもくろみを悟った独孤伽羅は、周と突厥のさらなる関係悪化を防ぐため阿史那テン厥を解放した方が得策だと考え…。

ネタバレ

戦地。深夜、楊堅は兵を引き連れ突厥の軍営に潜入し あっさり阿史那厥玷を捕まえた。

皇宮。宇文護は阿史那厥玷を捕らえたことを宇文邕に報告し「無血勝利だ!楊忠を選んだ私の手柄」と大喜び。さらに虞州に刺史として宇文純を送ると言い出した。宇文護は好き勝手言って宇文邕の意見など聞かず帰っていく。

宇文邕は伽羅を呼び出し、宇文護に虞州を奪われた事を伝えた。伽羅は「宇文護は国盗りのために外堀を埋めている、阿史那厥玷を解放し停戦協定を結ぶべき」と提案。宇文邕は宇文護に抵抗できない。

牢。阿史那頌は捕らわれた弟のもとへ。阿史那厥玷は「宇文護に操られ、これでは先帝と同じ」と姉にあたる。しかし「各部族の長に即位を邪魔され部族の分裂を招いてしまった」と己の未熟さを反省した。姉弟は励まし合う。

随国公府。伽羅は楊堅に「解放すればいいのよ、陛下にも知らせずに」と提案。その夜、突厥の扮装で牢を破った楊堅は阿史那厥玷を脱獄させた。

郊外。助けたのが楊堅と伽羅だと知った阿史那厥玷は驚く。伽羅は「皇帝に和議を申し入れれば、助力を得て即位できる。民のための提案よ」と助言。阿史那厥玷は「恩は忘れない提案も検討する」と国に戻っていく。

皇宮。宇文護がやってきて宇文邕を問い詰める。伽羅が画策したとは知らず「皇后が逃したんだ!どう処罰するか考えておけ!」と憤り去っていった。

晋国公府。趙越は牢破りが突厥の扮装をしていたことから、我が国の者の犯行だろうと推測。さらに長期の服用で正気を失う薬を開発したと話す。その薬は無味無臭で何にでも混ぜられるという。宇文護は宇文邕を本物の傀儡にするため毒を盛ることに。

皇宮。突厥の申し出で和議が結ばれ、阿史那頌は宇文邕に感謝する。宇文邕はそこでやっと伽羅の策略だったことに気がついた。

楊堅・高熲・宇文邕がいつもの場所に集合。宇文邕は「隠密隊を再結成し、宇文護を追いつめてほしい」と二人に頼んだ。宇文邕はすでに毒が体に周り体調に変化が現れている様子。

文昌殿。毒のせいで宇文邕は頭が回らない。宇文護はそれをいいことに上州を手に入れた。

皇宮。伽羅と鄭祁耶は阿史那頌に呼ばれ皇宮へ。阿史那頌は民の暮らしを気にかける鄭祁耶を褒めた。そして伽羅と二人になると「様子がおかしい、突然言動が乱れたりほうけたり、太医が買収されたのでは?」と相談する。

伽羅はすぐに方求大師を呼び宇文邕を診察させた。方求大師は無味無臭の毒を盛られていると診断。宇文邕は宇文護を騙すため、毒と解毒薬を一緒に飲み続け芝居をすることを決める。解毒薬との拮抗が続けば体が弱るため、阿史那頌は心配するが宇文邕は「できる限り吐き出す」と安心させた。

晋国公府。宇文護は新たな長安城の模型を作りご機嫌。楊忠を斉の戦へ向かわせその間に長安城を制圧。「どっちも手に入れるぞっ^^」と笑った。


感想:もう何も食うな

あっさり毒に侵され過ぎなんじゃ…もう自給自足で暮らそうよ、側近の大監さえ排除できないなら他にどうしようもないよ!

なんだか巻の展開と早回しの展開がごっちゃになってて混乱します。せっかく突厥との戦に出かけたのに、ほぼ戦わず阿史那厥玷を捕らえて勝利しちゃうし。趙越が毒を開発してから、長期服用で効果が出るはずの薬があっという間に効いちゃうし…?ていうか方求大師 万能すぎない?趙越が開発した薬なのに、効能特徴を言い当てて解毒薬も瞬時に用意できる。もうこの人をこっそり主治医にしとけば毒殺の心配はないのでは?

さーてとにかく今は宇文護を討つことが最優先。話はそれから!

第26話


宇文護は斉から周を守るという名目により地方で徴兵と鉄器の没収を行い、長安を囲むように兵を配していく。着々とさん奪準備を進める宇文護の動きを察した独孤伽羅と楊堅は虞州に赴き、徐卓に協力を求める。その頃から楊忠の体調に異変が現れ…。

ネタバレ

長安。雨の中、街をさまよい歩く尉遅寛。妙善庵にたどり着き行き倒れる。そこへ住職と尼たちが出てきた。その中には尉遅寛の娘 尉遅文姫も…静空と名を変え尼になっていた。文姫は父の顔を見て恐怖が蘇り逃げ出す。

住職は文姫に「逃げずに向き合えば恐怖も消える」と話す。尉遅寛は文姫との思い出がある凧を握りしめていた。文姫は父に薬を飲ませ看病する。

大徳殿。宇文邕は臣下の前で正気を失った芝居をしている。

虞州。伽羅と楊堅は徐卓の協力を得るため虞州へ向かう。

虞州の酒楼。徐浜は「宇文護が各地で徴兵と鉄器の没収を行い、長安を囲む州で私兵を育てている」と話した。それを聞いた伽羅は「無理やり徴兵し兵の士気は低い、その弱みを突いて長安城内の兵を味方につける」と策略を練る。

随国公府。楊忠は風邪をこじらせ具合が悪い様子。楊爽は楊忠を乗馬に連れ出し、親子の時間を過ごした。しかしその夜、体調が悪化し養生することになる。

大徳殿。相変わらず正気を失った芝居をしている宇文邕。宇文護は独断で斉との戦を決めた。しかし、楊忠は療養中で出征できないと言われてしまう。

随国公府。楊忠の見舞いと称して宇文邕と宇文護がやってきた。宇文邕は気が狂ったふりをしながら必死に楊忠の出征をやめさせようとする。だが宇文護が諦めるはずもなく、病の回復を待って出征することになってしまった。

晋国公府。宇文護の目的は戦ではなく楊忠の排除だ。趙越は「この機会に排除してしまえば…」と提案。

伽羅は楊忠が出かけていく姿を見て胸騒ぎ。案の定、宇文護の刺客に襲われてしまう。伽羅に言われ楊堅が駆けつけるが楊忠は腹を刺されてしまった。

随国公府。楊忠は「燃え尽きる時が来た悔いはない」と家族に言葉を残し息を引き取った。

葬儀が行われ、宇文護が現れる。


感想:偉大な父

慈悲深く…ときに厳しく息子たちを見守り…ウッウギュ…最近もう涙もろくて涙もろくて。子供が一生懸命つみき積んでるだけでうるっときちゃう。うっうっしゅごいねそんなにたくしゃん!えらいねしゅごいねよく頑張ったね!!これは老化現象なの?知らない間に子供でも産んだかな。さて、茶番は置いといて楊忠父さんが亡くなりました。宇文護を討つところまで生きていてほしかった。話としては、楊堅が父の遺志を継ぎ活躍するほうが盛り上がるっていう選択でしょうね、いやあね大人って。

さて寛大なパパが死に、罪を犯したパパは娘に救われました。これから親子関係修復するのかな。どう考えても尉遅寛が立ち直るとは思えないんだけど。

あ!あと自分で刺客を差し向けておいてのこのこ葬儀に現れる宇文護さんやっぱパネェッス!ウッス!

第27話


宇文護は長安を無防備にするため、楊堅に大軍を率い斉を攻めるよう命じる。宇文護の狙いを察した独孤伽羅は皇后の書信を携え突厥に向かい、阿史那テン厥に助力を乞う。一方、楊堅は軍営に潜んでいた宇文護の間者たちを捕らえ、偽の情報を伝えさせる。

ネタバレ

葬儀。宇文護は一応悲しむ芝居をして、楊堅を次の随国公に指名した。さらに楊忠の意思をついで弟たちとともに出征しろと言い出す。伽羅は毅然と「3ヶ月の猶予を、喪に服す期間が必要です」と言い返し、宇文護は「四十九日の後出征しろ」と言い残して去った。

臨江楼。伽羅は鄭祁耶を呼び出す。楊素は人が変わったように家で飲んだくれているらしい。伽羅は「宇文護が謀反を企んでいる、あなた次第よ」と鄭祁耶に協力を求めた。

染色工房。阿史那頌から楊素が目を離す。そのすきに鄭祁耶は「四十九日までに備えを」と伽羅の伝言を伝える。

皇宮。伝言を聞いた宇文邕は「出征した後に宇文護が攻めてくる」と意味を理解する。そこで演技に拍車をかけ油断させる作戦に出た。

染色工房。鄭祁耶は伽羅の密書を阿史那頌に渡す。内容は「大軍が長安を出発してから宇文護が反乱を起こします。私兵が長安になだれ込むのです、皇后様の弟君に書信をしたため鄭祁耶を通じて渡してください、その書信は私が突厥へ持っていきます」というものだった。

随国公府。伽羅は阿史那頌から書信を受け取り突厥へ向かう。楊爽は伽羅を守るためついていくという。

出征の日が来た。楊堅たちは斉へ向かって進軍する。

軍営。楊堅は宇文護の間者をあぶり出し、宇文護に偽の情報を流すため利用する。

突厥。伽羅は阿史那厥玷のもとへ。皇后の書信を渡し「援軍を送ってほしい」と頼む。一度断られるが、宇文護が北を狙っている話を聞き了承する。

晋国公府。「楊堅が軍を3つに分け斉へ向けて進軍している」と報告が入る。宇文護はついに私兵を動かした。「私こそ皇帝にふさわしい!太祖がなんだ!天意とは他ならぬ私の意志だ!」

宇文護は10州を掌握し長安を包囲している。徐卓は華州と虞州で宇文護の軍を制圧し兵糧を取り戻した。阿史那厥玷の協力を得て、大軍が長安に戻るまでの時間を稼ぐ。各地で反乱軍の主力を足止めすれば宇文護を無力化できる。楊整と高熲が雍州と同州を制圧したあとは宇文護を討つのみだ。

あらゆる人々の尽力で宇文護の反乱軍が完全に鎮圧された。宇文護はそうとも知らず大徳殿へ向かう。

大徳殿。宇文護に買収された臣下は「大冢宰こそ皇帝にふさわしい」とはやし立てる。宇文護は反対意見を示した尉遅迥、高斌、張太府を死罪にしろと命じた。その時、宇文邕が芝居を辞め声を上げる。


感想:あともう一歩

いいとこで終わる〜!あともう一歩で宇文護を!ここまで来たら成功だよね?また大どんでん返しで独裁国家に逆戻りはやめてくださいよ。お願いしますよ。

は〜しかし独孤信が殺されたところから随分長かったですね。伽羅はやっと仇が討てるし、お兄ちゃんも長安に戻ってこれるかな。冤罪で消えちゃった人たちが報われると良いね。

しかし、独孤伽羅視聴組ならわかる。この国の騒動がこれで終わらないということを…題材にするには最高の時代だ。

次回、28・29・30話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。