【独孤皇后・全50話】28・29・30話のあらすじとネタバレと感想|ゴールは始まりに過ぎない

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「独孤皇后〜乱世に咲く花〜」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

DVD&配信情報

登場人物まとめ一覧

  • 独孤伽羅どっこから:独孤信の娘、宇文護への復讐を誓う
  • 楊堅ようけん:楊家の長男、伽羅との結婚が決まるが…
  • 独孤信どっこしん:衛国公、忠臣だが宇文護にはめられる
  • 崔氏さいし:伽羅の母
  • 独孤善どっこぜん:伽羅の兄
  • 上官英娥じょうかんえいが:伽羅の義理姉、独孤善の妻
  • 楊忠ようちゅう:楊堅たち4兄弟の父、随国公
  • 楊整ようせい:楊家の次男
  • 楊瓚ようさん:楊家の三男
  • 楊爽ようそう:楊家の四男
  • 楊麗華ようれいか:楊堅と伽羅の長女
  • 楊勇ようゆう:楊堅と伽羅の長男
  • 楊広ようこう:楊堅と伽羅の次男
  • 宇文護うぶんご:大冢宰、晋国公、いとこである天王を操り国を支配している
  • 宇文毓うぶんいく:天王
  • 宇文邕うぶんよう:宇文毓の弟、魯国公、伽羅と恋仲だった
  • 宇文珠うぶんしゅ:宇文毓と宇文邕の妹、公主
  • 宇文会うぶんかい:宇文護のうんこ息子
  • 独孤般若どっこはんじゃく:伽羅の姉、王后
  • 阿史那頌あしなしょう:宇文邕の妻、突厥の公主
  • 阿史那厥玷あしなてんけつ:阿史那頌の弟、突厥を治める
  • 趙貴ちょうき:楚国公、忠臣だったが宇文護に始末された
  • 趙越ちょうえつ:宇文護の腰巾着
  • 楊素ようそ:叩き上げの兵士、宇文護に仕えるが出世し国の重要人物となる
  • 鄭祁耶ていきや:楊素の妻
  • 高賓こうひん:忠臣仲間
  • 高熲こうけい:高賓の息子
  • 高霊こうれい:高熲の娘
  • 尉遅迥うっちけい:蜀国公
  • 尉遅寛うっちかん:尉遅迥の息子、酒乱
  • 尉遅容うっちよう:尉遅迥の娘、楊整に嫁ぐ
  • 尉遅文姫うっちぶんき:尉遅寛の娘、妙善庵で尼となる
  • 徐卓じょたく:独孤信の部下、宇文護への復讐のため伽羅に協力する
  • 耿康こうこう:刺史、楊堅が信頼する臣下
  • 宇文贇うぶんいん:宇文邕と阿史那頌の息子
  • 宇文闡うぶんせん:宇文贇と朱皇后 朱満月の息子、楊麗華が養母となる
  • 蕭薔しょうそく公主:梁の公主、楊広に嫁ぐ
  • 陳叔宝ちんしゅくほう:陳の元皇帝
  • 陳婉宜ちんえんぎ:陳の公主
  • 雲若霞うんじゃくか:平民の娘、楊勇と勝手に同棲

【全50話】「独孤皇后」あらすじ・ネタバレ・感想

「独孤皇后」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第28話


謀反に失敗した宇文護は、これまでに犯した罪の責めを負い公開処刑される。独孤家の汚名もそそがれ独孤伽羅の復讐は完結する。皇帝は宇文護の排除にあたり奮闘した臣下に論功行賞を与え、国の建て直しを図るために仏教を禁ずる方針を表明し…。

ネタバレ

大徳殿。宇文邕は「正気を失ったふりをしていた、お前が選んだ3人の大将軍はすでに突厥によって討たれた」と話し、大将軍の首を見せる。宇文護派の臣下に動揺が走った。

宇文邕はまず側近の大監を始末。兵がなだれ込み、大徳殿から逃げ出そうとする宇文護を尉遅迥が捕らえた。しかし楊素に邪魔をされ逃げられる。

同じ頃、楊堅率いる大軍が長安に戻った。楊堅は伽羅を連れて皇宮へ向かう。

逃げ出した宇文護は阿史那頌を人質に取る。そこへ楊堅が駆けつけ宇文護と楊素を捕らえた。

晋国公府。「大冢宰が捕らえられ斬首される」趙越に知らせが入る。慌てふためき逃げ出す。

長安の街。処刑場に連行される宇文護を民は口々に罵り残飯を投げつけた。

楊堅が罪状を読み上げ、宇文護は民の前で公開処刑される。そこへ伽羅が現れ最後の食事を差し出した。「忠臣の血をすすってきたあなたの最後の食事がこれよ」伽羅が暗躍していたと知った宇文護は襲いかかる。しかし楊堅が押さえつけ阻んだ。「お前の子孫は末代まで人々からあざけりを受けるだろう」宇文護は処刑された。

その様子を宇文会が見ている。宇文会は致命傷を負いながらも宇文護に助けられ生き延びていた。宇文会は「隠した金塊で家を再興し復讐する」と誓う。

皇宮。宇文護一派の粛清に貢献した楊堅たちには論功行賞が贈られた。独孤家の汚名はそそがれ、独孤善は官位を得て復職する。

さらに阿史那頌の提案で伽羅にも褒美が贈られた。

衛国公府。伽羅と独孤善は敵を討ち潔白を証明したことを報告する。

崇義宮。すっかり仲睦まじく過ごすようになった宇文邕と阿史那頌は「豊かな国を作っていこう」と誓い合う。そこへ伽羅が来た。阿史那頌は席を外す。

伽羅は「楊素を釈放してほしい、楊素を含む宇文護の側近を許すことで寛大さを示す」と頼み込む。宇文邕は悩んだ末、伽羅の言い分を聞き入れた。

牢。宇文邕がやってきてひれ伏す楊素。しかし「陛下の過ちを知っている、宇文護の弱みを握るため国が荒れていくさまを放置していた、陰険です」と指摘。宇文邕は心の迷いを言い当てられ驚く。

宇文邕は宇文護の家族と一派を赦免し閑職を与えた、これにより宇文邕は民心と忠心を掴む。伽羅は下賜品を売って難民の帰還事業に充てた。それ以降朝廷には関わらず幸せな家庭を築くことに注力する。

随国公府。楊素と鄭祁耶は伽羅に感謝を示す。楊素は皇帝の護衛になっていた。

大徳殿。宇文邕は寺と道観(道教の施設)が多く、僧侶や道士が溢れかえっているのは無駄だと指摘。寺と道観を整備し、家を持たぬものに与えると言い出す。さらに今後は仏教と道教を禁じ儒教を奨励するというのだ。

不安を感じた楊堅は「僧侶に違う仕事を与えては」と提案。しかし聞き入れられず代わりに「斉への侵略が今も可能か検討しろ」と命じられる。

命婦会。阿史那頌は民のために活躍した伽羅の事を褒める。そこへ太子 宇文贇の騒ぐ声が聞こえてきた。

宇文贇は楊麗華を気に入り妃にしたいと騒いでいる。だが麗華は横暴な宇文贇が気に入らない。伽羅と阿史那頌はそれぞれ子供を叱り、仲直りさせた。

妙善庵。阿史那頌は妙善庵で宇文邕の健康を祈る。尉遅文姫は帯同していた伽羅のこと見て、過去のことを思い出し、父を探しに向かった。


感想:達成

定めたゴールに向かっていく諦めない力がすごいです。素晴らしい。私もがんばります!と思いながらこたつに潜り込む日曜日。いいのいいの、そこそこで。

さて!やっとやっと!伽羅の宿願が果たされました!伽羅や楊堅にどれだけ正論をぶつけられても、宇文護は最後まで「悪いのは僕じゃないもん」と言い訳をしていたのでいっそ潔いですね。そして死んだと思われていた息子 宇文会はパパと趙越に助けられ一命を取り留めておりました。大した復讐ができるとは思わないけど、金塊の話は気になるな。

あと伽羅が無駄な優しさを見せて、宇文護の関係者を赦免させたのは後々問題になりそう。優しさは時に仇となって帰ってくるのです。そう言えば、文姫ちゃんも大きくなってましたね。彼女はまだ伽羅に恨みを持っているんだろうか。

第29話


周囲に理解者がいないことを嘆いていた皇帝は楊素の進言を聞き入れ、趙越を太卜として登用する。そんな中、大軍を率い出征するよう勅命が下った楊堅は出征し、斉の城を次々と攻め落とす。天下統一を目指す皇帝は、さらなる進攻を命じようとするが…。

ネタバレ

妙善庵。皇后の訪れを知り、父 尉遅寛を捜す尉遅文姫。厨房で父を見つけ姿を隠すよう言う。尉遅寛は正気を失っており子供のようだ。

文昌殿。阿史那頌は妙善庵でおみくじを引きいい運勢が出たと皇帝 宇文邕に話してしまう。仏教を禁じようとしている時に勝手な行いをしたと激怒する宇文邕だが、伽羅の提案だと知り黙った。

理解者を得られない宇文邕は「真の理解者をそばに置きたい」と考え始める。その考えを知った楊素は「趙越は才能に長けている贖罪の機会を」と推薦する。

牢。楊素に誘導され宇文邕は趙越を太卜(国の吉凶を占う官吏)に任じた。

大徳殿。楊堅の策で30万の兵を6つに分隊し斉を攻めることが決まった。宇文邕は出立の日について趙越に意見を求め、楊堅たちは怪訝な顔をする。

文昌殿。趙越はあっという間に宇文邕の信用を得た。宇文邕は「仏教を禁じる良策を練れ」と趙越に命じる。

趙越を紹介し手柄を得た楊素は、宇文邕に出征を懇願。その願いは認められ、楊堅と高熲に同行することになった。

随国公府。出征前夜、楊堅の身を案じる伽羅。離れたくないと涙を流した。

楊堅は大軍を従え斉との戦へ向かう。

大徳殿。楊堅と高熲が5つの城を攻め落としたと戦報が入る。宇文邕は「再起不能にするまで進行を」と命じた。しかし、高賓と尉遅迥は兵の疲弊を指摘し止める。そこへ趙越が「天の助けで打開できる」と賛成したため、宇文邕は強行してしまう。

楊堅たちは晋陽へ進行。その道中 虎が現れ楊堅が睨みを利かすと退散した。

同じ日、伽羅は空から落ちて楊堅に助けられ、金雲に乗る夢を見る。

文昌殿。楊堅と高熲が更に4つの城を落としたと戦報が入った。ここまで楊堅が功を立てると考えていなかった趙越は「命が危ぶまれるので進行を止めたほうがいい」と宇文邕に吹き込む。宇文邕は帰還を命じた。

宇文邕は皇后 阿史那頌の名で伽羅を呼び出す。

3人で祝いの酒を飲み、その夜伽羅と2人きりになった宇文邕は「今夜は返したくない」と迫ってきた。伽羅は「なにかしたら目の前で死ぬわよ!!!」と宇文邕の手に噛み付いて逃げ出す。

扉を開けると、戻ってきた阿史那頌と出くわした。


感想:ゲロがでるんじゃあ

そんなに伽羅が好きかね!?その割に権力には固執してるようですが?きもも。

とりあえず宇文護が消えるところまで見て放置してた独孤皇后を再開しました。えいげきの最終回を待たずにBS12で放送が始まるらしい。どうして?面白くなかったから…?

さてまだまだ宇文家の天下が続きます。これから宇文邕がおかしくなって行き、楊堅が動いて、更にその先には…いい終わり方だといいけどな。独孤伽羅視聴組は不穏な空気しか感じていないぞ!

第30話


独孤伽羅が皇帝に乱暴されかけたことを知った楊堅は、文昌殿に押し入り皇帝と取っ組み合いになる。高ケイと独孤伽羅が間に入ることでその場は収まり楊堅も不問に処されるが、皇帝は斉への征伐戦で楊堅に少数の先鋒隊による城攻めと、ろう城を命じる。

ネタバレ

皇宮。阿史那頌は宇文邕に媚薬入りの酒を飲ませ、伽羅と2人きりにした。侍女に「夫を差し出した」と打ち明けるが後悔し部屋に戻る。宇文邕から逃げ出した伽羅と鉢合わせた。伽羅は泣きながら立ち去る。

随国公府。戦地から楊堅が戻った。独孤善は家族の前で、楊堅が虎を追い払った話をする。その話を聞いた伽羅も空から落ちて雲に助けられた話をした。

皇宮。皇宮に遊びに来た宇文珠は「楊堅のために天が虎を使わせた」と宇文邕の前で話してしまった。さらに伽羅の雲の話もする。

随国公府。楊素と鄭祁耶は「皇帝に虎のことを尋ねられた」と伝える。宇文邕は有能な道士を捜し占わせるつもりらしい。伽羅は道士を指定し、楊素に探させる。

文昌殿。道士を招いた宇文邕は楊堅を呼び出し話を聞かせる。道士は周は盤石で、楊堅は大将軍になれると話した。

楊堅と二人になった道士は「いずれ間違いなく大人物になる」と意味深なことを行って立ち去る。

道士は皇宮に呼ばれる前、伽羅と密会し「未来の君主を窮地に追い込むことなく微力ながら助ける、時が来るまで耐えること」と話していた。道士の気遣いと伽羅の機転で、楊堅は難を逃れる。

随国公府。伽羅が皇帝に襲われかけたと噂を耳にした高熲がやって来た。高熲が伽羅を問い詰めていると、その話を偶然 楊堅が聞いてしまう。

文昌殿。話を聞いた楊堅はすぐに宇文邕のもとへ乗り込んだ。争いになる2人だが、高熲が止めに入る。伽羅が駆けつけ、高熲の手助けでその場を離れる。

随国公府。宇文邕は楊堅を不問とした。伽羅は楊堅が君主になる運命にあると教える。楊堅は怒りを沈め「努めを全うし君と家を守る」と誓った。

大徳殿。宇文邕は北方の統一のため斉を自ら攻めると言い出した。そこで楊堅に先鋒隊を率いて死地へ赴けと命じる。

随国公府。出征を知り伽羅は止める。「たった1万の兵では無理、戦を利用してあなたを殺す気だ」と説得するが、楊堅は「帰ってくる」と約束するだけ。

先鋒隊として出征した楊堅は晋城を攻撃する。晋城を落とし籠城するも斉軍に囲まれてしまった。楊堅は「攻め落としやすいなら籠城には不向き」という伽羅の言葉を思い出す。


感想:夜伽は苦しみ

そんな固執する…???だんだんわからなくなってきた。阿史那頌だって美人だし気立てもいいし、この時代なら引っ張りだこなのに好きじゃないからと言って夜伽が苦しみでしかないって…???すげえや^^

楊堅が勝ってさらに民衆の支持を得る未来しか見えないのでいいけどさあ。宇文家には君主の素質がそもそもないんじゃないですかね。

この時期花粉がすごくて集中力が続かない。ぼんやり見てたらエンディング迎えてたりする。アマプラにも見てないやつ続々来てるし見たいのに~。ままならぬ人生よ。

次回、31・32・33話はここから!

2 COMMENTS

Trois Ilets

ご無沙汰しています。
ようやく宇文護を倒し(ここまで長かった)宇文邕の親政が始まったのもつかの間、今度は宇文邕が加速度的におかしくなってきましたね。
極悪非道の権力者の宇文護でしたが、それ以上にイやな奴だった趙越がまさかの復権。彼のしたり顔をこれからもしばらく見続けるのは、ストレスがたまりそうです。
趙越との攻防の中で楊堅の存在が大きくなっていくのでしょうか?
10年後には宇文護以上にひどいことをして天下を獲る楊堅ですが、ドラマではその部分は描かないでしょうね。

返信する
ミルコ

Trois Iletsさんお久しぶりです!気候が不安定ですがお元気でしたか?

やっとここまで来た…という感じですよね、30話くらいなのに永遠のように感じた…
そうなんですそうなんです!なんでそうなるの〜!?っていう連続と、聖人のように描かれる楊堅と伽羅の存在がまじで意味分からなくて(゚Д゚)ハァ?という気持ちに
すごく良い題材なのは間違いないのに、もうちょっとうまく見せてほしいなと思いながら見ています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。